« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月 9日 (土)

普通の韓国を探して2975 江原道原州・ロデオ通りの居酒屋

099 100 101

 原州のモクチャコルモク、飲食店が多い通りです。次回、看板が出てきますがロデオ通りと名付けられていました。昔、何年前だったか、原州に泊まった夜に飯を食った店はこの辺だったな、、、と思いながら歩くと、2枚目、ほぼ同じ様子で残っていました。移り変わりの激しいソウルじゃないせいかもしれませんが、嬉しい気分です。フュージョンポジャンマチャ「浪漫コヤンイ(낭만고양이)」という名前、当時流行った若者向けの歌のタイトルだったような気がします。チキン1羽分とビールの夕食でした。外国人は当時も今も珍しいであろう、地方都市の居酒屋です。

 大通りの1本南を走るロデオ通り、3枚目の道を駅方面へ歩きました。本日午前は忙しいので今回は簡単に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記401 河渡の貯木場

006 007 008 009

 この木曜日、久しぶりに空気を入れて持ち出したロードレーサーで市内、郊外をちょっと走った時の写真です。まっ平らな新潟平野、沼垂のあたりに水門がある通船川というほとんど流れが無い運河のような川が東西に走っています。工場だの材木関係の場所が多いあたりにも近年大ショッピングモールができたりしていますが、そんなあたりにも貯木場が残っていたり、軽い非日常の風景を見ることができます。

 たまたまその近くの川辺に出てみたら、材木を運ぶためのものでしょうか?小さなボートが出帆するところに出会いました。なんか、何も住んでいないと思っていた川に小さな魚を見つけたような喜びがあります。あまりきれいな水とは言えませんが広い水面の見える風景、何度も書いているとおり心が休まる、広くなる、そんなふうに思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

普通の韓国を探して2974 江原道原州・延世大学からロデオコリへ

094 097 098

 カンウォン道の原州です。延大原州キャンパスの前を過ぎ、東へ歩きます。1枚目は何を撮ったのか??忘れてしまいましたが韓屋の屋根かな?ソウルではだんだん失われつつある古い建物、そして通り、地方都市歩きでならまだまだ出会うことができます。古いものと新しいものが一緒になって存在する、そんなのも韓国の風景の魅力でしょう。

 2枚目はちょっと行った交差点。前にもちょっとふれた、古い山の町、向こう側に見えています。ただ、この日は原州泊まりを予定していなかったため、残念ながらここで左折。3枚目の原州で一番飲食店が多く集まる地域に入りました。昔泊まったモテルのアジュマに教えてもらって夕食に来たときは「モクチャコルモク」と言っていたはずが、「ロデオ通り」、「ロデオコリ」になっていました。ソウルにも確かそんな呼び名の場所があったと思いますが、ころころ変わる韓国らしい呼び名の変化です。前に行った店、名前はなんだったかな?なんて思いだしながら歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記400 KAO第43回大会・仁川松島コンベンシア

027 028

 先日の日本矯正歯科学会大会(横浜市)の際、KAO、大韓歯科矯正学会のブースが設けられ、若い韓国人の先生方が日本語に部分的に翻訳したパンフレットを配っていました。11月の18日から20日まで、仁川市の松島新都市地区にある松島コンベンシアを会場に開催される大会です。一般会員である私のところには7月に送られてきており、9月の出張の際に事前登録してきました。切符はオーケー、安いホテルもオーケー。来月が楽しみです。

 サンケイの黒田さんの古い本(88年)を読んでいたら、当時から日韓両国の間で1人対1人の交流がもっと増えてほしいということを言っておられたようで、まさにその通りです。当時の韓国へ渡航する日本人は90万人(年間)とあり、現在はたぶん200万~300万人でしょうか?2002ワールドカップ、韓国ドラマ、映画の流行をはじめとする韓流、個人で旅行する日本人、韓国人も増えてきましたが、さらに両国の交流が深まることを願って止みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

2010年10月7日 昨日は出張でした

20100908_090

 おはようございます。休みの木曜日、久しぶりにレーサーに乗って2時間ほど走ってきました。日常乗りのスタンド付きの自転車、前のビアンキはクロスバイクとはいえ23mmタイヤにティアグラを備えたロード寄りの性格のものでした。でも、乗り換えて1年近くになる今のキャノンデールはMTBのフレームに部品はデオーレ、これもMTB用で、サドルとハンドルの位置関係がやはりロードとは違い楽ちんなのです。

 そんなのに乗って楽をしてばかりいたせいか、久々に乗るロードレーサーのブラケットはやけに遠くに感じるし、乗車姿勢もかなりの前傾。なんだか背中が疲れる状態です。さすがに楽々30キロ以上になる走行感は楽しいものがありますが、やはり街乗りを楽にってのには程遠いよう。もっとも、私の身体がなまったせいかもしれません。

 というわけで朝の運動の後は私が留守番。家内は車の定期点検とか買い物とか。夕方から、新しい韓国語学院に出かけますがそれまでのんびり休みます。写真は韓牛のトゥンシムクイ40000W。私にしては大贅沢の食事でしたがさすがに美味かったです。焼肉頼むとチゲはたいていサービスで出ますが、ごはん(コンギパプ)はしっかり別料金なのが韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

2010年10月5日 オープンデイです

422

 普通の予約は入れない研究日、オープンデイです。午前からお昼にかけてエアコンのクリーニングとモーター交換があり、スタッフと交代でお昼を食べに出ました。夕方、2人だけ予約が入っていますが、のんびりの火曜日になりました。

 先ほど、観光サイトを通じて来月の大韓歯科矯正学会の時のホテルを予約申請しました。8月9月の出張の時は帰国前日のソウルの宿がなかなか取れずにやきもきしましたので、早めに、、、といっても1ヶ月ちょっと前のホテル探しです。ソウル市内の便利な場所の安くて清潔な宿が確保できればいいのですが、、、

 しかし、新潟ソウル線、韓国行きのお客さんだけでなく、仁川乗り換えでのアメリカとかヨーロッパ方面への乗客も多いせいか平日だからと油断してると切符が取りにくいことがしばしばあります。今回も2泊3日の予定だったのに行きの切符が取れず、やむなく3泊4日になってしまいました。いつもより長い日程となると、1日くらい韓国の食の研究にどこか地方へも行きたいのですが大会ですので上着を着て歩くことになります。荷物もできるだけ小さくしたいので、諦めてソウル定着のつもりですが、できれば空いている1日、日帰りで地方を歩きたいと考えています。

 聞けば、11月にKTXの専用線がさらに開通、さらに速くなるということですので、釜山大の先生に会いに行ってお昼でも一緒に、なんてのも良いかもしれません。時刻表はきっと買わないといけませんね。

 写真はロッキーマウンテン社から出ているディスポーザブルのアーチマーキングペンシル。日本だと普及しなかったようで、最近はカタログからも消えてしまった(?)ような気がするのですが「일회용(1回用=使い捨て、ディスポーザブル)」がお得意の韓国、昨年の大韓歯科矯正学会の時に買ってきたリフィル(ディスペンサーは別売り)です。矯正治療の普及が進む中、感染予防に関してもより一層の対策が必要な我が業界です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記399 ひまわりの写真をいただきました

002

 先週の話になりますが、間をあけて観察中の患者さんから、春の開院20周年の時に差し上げたひまわりの種から咲いた花の写真をいただきました。医院でテスト栽培したものは前に紹介しましたが、小型の花の種類、やはり露地栽培のがちゃんと育つようです。早速待合室のコルクボードに貼らせていただきました。○川さんには心より御礼申し上げます。来年も何かこんな企画、やろうかな?って気持ちがわきました。

 下の恐竜の絵は医院のマスコット、前にちょっと話題になった恐竜の人形「プレオ」の絵です。こちらも患者さんのごきょうだいの方の絵です。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2973 中区区庁・昔のソウルの地図

404 405

 ホテルPJの前の道を左へちょっと行くと最初の大きな交差点の右手前角が中区の区庁。そのまま渡れば五壮洞の有名冷麺屋の集まる場所。左手に入ると乾物中心の中部市場です。95年の初ソウルの時からうろうろした街ですが、その区庁の入り口に昔のソウルの地図がありました。

 風水に基づいて作られたというソウル。北に取り囲むように山々。真ん中に清渓川。そして南にも一つだけ南山があって、その向こうを漢江という大きな川。そんなソウルの旧市街の絵地図です。大東與地図の複製は持っていますが、この地図、欲しくなってしまいました。最近のデジカメ、便利なものでフォーカスさえ良ければかなりの拡大が効きます。2枚目は大事にとってあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2972 ブルーバス261番、つづき

445 446 447 448 449 450 451

 バスからの町の風景の観察、楽しいものです。タクシーなんかだと低くて隣りの車だのが邪魔になりあまり見えない事もあったり。渋滞したって特に急ぐ移動でなければ全く苦になりません。

 1,2枚目あたり、わかる人はわかる、ウルチ路4街あたりの代表的な風景です。ビョクジ=壁紙(音読み)、パダkジェはパダk=床、ジェ=材かな?床材料と壁紙の店ってわけです。3枚目もタイルとあります。内装関係の材料の店が多いんですね。あとは電気関係、照明器具、家具だの、そんな店がたくさんあるあたりです。

 6枚目はジャンボ号かな?鉄筋でハンドルを補強した働く自転車、1台欲しいなぁ。7枚目は誰でも行ったことがある場所。地下鉄入り口の駅名表示でおわかりですね。この交差点で左折して乙支路から南大門路に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

普通の韓国を探して2971 ホリデイイン 城北ソウル・エグゼクティブフロア

124 136 090 095 091 092

 8月31、9月1,2の出張、なぜか市内中心部の安めのホテルがいっぱいでした。なんか韓流関係の大きな行事があったのかな?とも思いますが、私にしては珍しい10000円オーバーでもダメでしたので、結局特級のここになりました。まぁこれも社会勉強というやつでしょう。今までは公衆電話を使いに入ったくらいしかない高級ホテルです。

 例によって早めのチェックインでしたので、ダメもとで頼んでみました。「チョウン房にしてください。」って。で、さらには低い階をを頼みましたら、いい部屋にして差し上げようとしていますので上の階になりますとのこと。結局「いい部屋」を優先、9階になりました。はっきりものを言う韓国の人の話の通り、広大なキングサイズのベッドの部屋。久々の贅沢をしてしまいました。しかしこの後、最終日、早朝から台風対策に奔走することになるとはこの時は思っていませんでしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2970 またまたブルーバス261番より

436 437 438 439 440 442 443 444

 韓国旅行、やはりハングルが読めるとぐんと楽しくなりますし、ちょっと話せるともっと深い旅行ができます。かくいう私も前はバスが苦手でした。バスの前面に行き先と経由地、あれこれ札が表示されていても読むのが遅いので読んでいるうちに行ってしまいます。同じ番号のバスを2台くらいやり過ごして経由地の札に自分の行きたい場所を発見し、やっと3台目に乗車なんてこともありました。でも、だんだん速く読めるようになったし、停留所の番号ごとの行き先表示(以前は番号と終点だけしか書いてありませんでした)も統一化され、また大きくなり、前もって何番と何番ならどっちでもオーケーだの判断しておくことができます。さらにTマネーの普及もバスに乗りやすくなった要素だし、乗り換えサービスがあるため、とにかく便利で安い、そんな交通機関なんですよね。

 前にも261番の写真、アップしていますが新しいのでもう一度。似た場所のもありますが、みな新しい別の写真です。清涼里あたりから鍾路を西へ走り、東大門を過ぎてすぐに右折右折右折で南方向へ転換。東大門ロータリーを南下して乙支路に入り、ロッテ前、南大門市場など、ソウルのど真ん中を東西に走る重要路線です。今回は細かい解説は省きますがハングルを読むとなかなか今らしい、面白い写真(ex.7枚目)もあります。ソウルのバス、楽しいですよ。座れれば楽ちんですし、けっこう速さでも最近は行けてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記398 商店街が好きです

039 040

 自転車日記と銘打っていながら自転車で行ったのではない場所も多いのですが、割合最近の三ノ輪橋商店街(ジョイフル三ノ輪)、ずいぶん前になりますが、当地の古町とか本町、また目黒本町の平和通り商店街などを紹介しています。自分も自営業者であるためか、最近流行りの郊外型大ショッピングモールよりも、昔からの商店街、好きなんです。

 今回の写真は医局の先輩で横浜で開業しておられる先生に「高頭ならきっと気に入るよ」と推薦された横浜橋商店街です。中華街から少し離れた場所、市立医大病院のそばにあり、立派なアーケードがあります。また、驚くべきは、最近のどこの商店街でもきっとある空き店舗がほとんど無いこと。それと、店も、そしてアーケードを歩くお客さんも韓国初め中国、アラブ系、東南アジア系、、、実に国際色豊かな街のようです。この日の夜は東京の実家に泊まったのですが、流石に生ものは買えませんので中国の人の店で豚の尻尾の煮たのを買ってお土産にしました。2つください、というとそれを店の奥のまな板に持って行ってでっかい包丁でダンダンっと関節ごとに切ってくれます。太い部分は脂肪が多めでしたが甘辛く煮あげた豚の尻尾、皮のコラーゲンがとろりとした美味でした。

 横浜橋商店街、いつまでも頑張ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年10月 3日 (日)

すばらしい韓国の食事559 生野菜が好きな韓国

112_2

 2回連続で行っているユッケ専門店のミッパンチャンです。最初は泣かされることが多かったプッコチュ、まだまだ大当たりのは食べられません。メウォーだの言いながら嬉しそうに食べてしまう韓国人、なんか不思議です。慣れるものなのか?それとも、本当に辛さが美味しさなのか?

 キュウリ、ニンジンは日本でもありますが、たまに出てくる生コグマ(生のサツマイモ)は最初は驚きました。薄い甘さがありますが、やはりデンプン質の粉っぽさもあります。身体にはいいのかもしれませんが、やはり加熱したもののが好きです。

 こんなスティックだけでなく、サムチュの類はたくさん。また、サムチュの中に入れるムチム(細切りのネギ、ニラ、タマネギなどの薬味あえ)、生ではないけど加熱していない漬物のようなチャンアチ、そして、キムチ類。外食だけしていても野菜不足にならない健康食が韓国の食事です。

 写真、前の項でちょっといじりましたが、元に戻しました。しばらくこれで行きますか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2969 江原道原州・路地3

085 086 087

 1,2枚目は歩いてきた路地。3枚目は大通りに出たところにあった幼稚園です。その名も「江南オリニチプ」。江南ってソウルの地域の名前?新潟で世田谷幼稚園って付けるようなものかな?韓国人のソウル指向を感じるネーミングですね。

 原州の紹介、もう少しありますが、路地歩きはこれだけです。1日ではとても見て歩けない規模の都市ですので元から長居するつもりはありませんでした。でも、韓国、どこの都市にも趣のある古い街並みがあるはず。まだまだ歩いてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »