« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

2010年10月16日 (土)

とうちゃんの自転車日記401 10月12日 福岡の夜 「술고래」と「七島」

004 007 008 010 015_2 017 022

 福岡駅そばのホテルに入ったのが8時半過ぎ。サッカーの日韓戦を見たいなと思っていたのですが、ホテルの部屋のテレビ、何と電波が弱いだかそんなで肝心のチャンネルが写りません。さて、どこへ行けばいいかな?と思って思い出したのが昨年の秋の矯正学会大会の時に下調べしておいた居酒屋です。うろ覚えのまま、タクシーに乗り、行ってみました。ちょっと探しましたが流石は地図マニアの私のこと、なんとか裏路地にある店にたどり着きました。前半戦はちょうど終わったころです。それが1枚目、「スルコレ(ノンべい)」という韓国風の店です。夕食をとっていなかったのでビールと海鮮パジョンだったかな?卵たっぷりの黄色い生地が美味しかったです。生、何杯呑んだだろ??

 結局試合は無勝負(韓国語で引き分けのこと、ムスンブと言います)。店を出て、ちょっと歩いてみました。90年代前半は毎年のように来ていた福岡、佐世保。さらに昨年の土地勘もありましたので、繁華街へ向かいます。流石は大都会、遅い時間でも人がたくさん。有名な中洲へ近づくにつれ、さらに人が出ています。平日の夜なのに、、、新潟では考えられませんね。

 中州を歩いていたら、ちょっと頭に入っていた名前の看板がすぐに目につきました。少し前の新潟日報夕刊の特集記事で見かけた店、中洲で50年以上もやっているという老舗バーである「七島」という店です。 家賃が高いであろう中洲。ちゃんとした=地味なバーというと、ビルの中の目立たない場所できっちりやってる、そんなイメージがあったのですが、中洲のメインストリートの1Fにあります。当然入ってみました。

 長いカウンターと奥にVIP席のような区切れるテーブル席。また椅子の高い丸テーブルもいくつかあり、かなりのキャパがあります。でも、ほぼ満席状態。上手い具合に入り口の近くのカウンターに1席空きがあり、「ちょっとだけ飲ませてください」と頼んで座ります。カウンター内には男性2人、女性2人、やはり客も多いのでスタッフも多いのですね。忙しそうです。少しだけ時間をかけられるように(ショートのカクテルは3口、2分以内に飲むというのが持論です)とマティーニをロックで頼み、でも、さらっと流し込みます。その後はピコンソーダを頼み、ゆっくり。少しだけ女性バーテンダーと話せて、ここへ来た理由をと見つけることができて嬉しかったことを伝えました。

 それぞれ酒を楽しんでいるお客さんの中でストロボを焚く野暮はできませんので、酒の写真はありません。でも、いい店であることはわかりました。ちょっとうるさいのは九州人の元気の発露でしょう。

 最後に、美人女性バーテンダーさんのエプロンの後ろの写真、これはお願いして(発光禁止で)撮らせてもらいました。名前が入ったエプロンの後ろ姿も、なかなかカッコよかったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2979 江原道 原州 ロデオコリから中央市場へ

105 106 107 108

 またも「原州ロデオコリ」という標柱があります。焼酎の宣伝を兼ねているようで、醸造会社がスポンサーというかお金を出しているのかも。イヒョリもしかし変わりましたね。メンオル(素顔)で出ることも多いトップスターと言っていい女性芸能人です。

 ロデオ通り、もう少し続くようですが、前に来た市場も見たいのでここを右折、2枚目の通りへ入り、3,4枚目、大通りを越えて原州中央市場へ行ってみます。前にちょこっと紹介した写真とこの次あたり、重複があるかも知れませんが、お許しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 忙しいです

015 016

 午前中はたくさん予約が入っており全員でフル稼働という感じ。でも、午後は少し余裕がありますので空いている時間に新しい記事を更新できたらと思います。

 昨日、今日、明日とエイペックだかの会議が新潟市で開催されるとか。誰が来るとか、特に聞いたことある方の来訪も無いのに国際的な会議であるためか、すごい警戒態勢で、新潟駅には制服、スーツ、イアホンをつけた警察官がたくさん。空も海も川も、警戒している感じです。一般市民はどっちかといえば迷惑な感じで、早く済ませてほしい、そんな意見のが多いでしょう。

 写真はその新潟駅。少し前の秋の夕暮れの2枚です。なかなかきれいに撮れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

皿うどん2店 新潟市新津 「おばな家」 長崎県佐世保 「四海楼」

040 041

 1,2枚目、先日行った新津の「おばな家」という店の皿うどんです。前に書いたとおり九州で言う「皿うどん太麺」になり、チャンポンの麺を茹でたのを少し焼きつけたものに、いわゆる皿うどんのあんがかかって出てきます。細い揚げそばを予想してるとちょっと驚きますが(そういうのはこの店では長崎チャーメンというようです)、なかなか美味しいものです。

 3,4枚目は長崎県佐世保市戸尾町。有名なトンネル市場の裏手にある「四海楼」のもの。何も書いていない皿うどんを注文したら、やはり太い麺のやつでちょっと嬉しかったです。はじめから胡椒がかかっていましたが、それも長崎のやり方なのかと納得。新津は700円、佐世保のは650円。どちらも美味しいお昼になりました。

336 337

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2978 江原道 原州 ロデオ通り2

102 103 104

 ウォンジュの旧モクチャコルモク、現ロデオコリ(通り、界隈)です。飲食店、ファッション関係の店にまじってやはり韓国、薬局はどこにでもあります。

 2枚目は「原州ロデオコリ」という表示(イヒョリの広告付き)がある交差点を韓式中華の店の配達用オートバイが車体を倒してコーナリング。チャジャン麺の配達だと思われます。その先には軍用の四輪駆動車が停まっていますね。助手席のサンバイザーには「国民の税金で買った装備です。大事に使いましょう。」と書いているのを知っている人は少ないはず。

 そのほかにもいろんな看板が見えます。やはりもう少し表示サイズを大きくしたいですね。普通の韓国の写真、お楽しみいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州 佐世保バスターミナルの売店 2010年10月15日

243 244

 昨夜九州から戻りました。佐世保でのセミナー、研究会です。12日に新潟を飛行機で発ち、その晩は福岡泊まり。前には日に2往復あった福岡便、航空会社も厳しいのか、最近は1便ですので、初日は行くだけです。

 翌朝、駅前のバスターミナルから佐世保行きのバスに乗り2時間ちょっとで佐世保着。これはターミナルの中の売店での写真です。違うなぁ!!やはり九州だ、って思いました。焼酎がかなり幅を利かせています。こちらだと、ビールと酒のワンカップ、缶チューハイなんかはあるでしょうが、焼酎はたぶん売っていません。また、他の菓子類も、全国的な大メーカーのものはもちろんありますが、黒砂糖、ザボンの砂糖漬け、その他、見たことないものがたくさん。売店のおばさんとも話しましたが所変われば~というのは本当です。

 この後、午前の空き時間、ちょっと行ってみたかった場所へ行き、市内に戻って昼食の後、友人のオフィスでの勉強会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

普通の韓国を探して2977 韓国の秋の味覚、銭魚(チョノ、チョンオ)の季節

20100908_149

 日本名コノシロ、通ってる呼び名はコハダ、韓国では銭魚と書き、秋の季節に大人気、どこでも活けのやつが水槽でキラキラヒラヒラ泳いでいるのを見ることができます。前に値段の暴落で養殖業者がこのチョノをぶちまけて怒ってるなんてニュースがありましたけど、日本と韓国の好みの差を感じる魚です。

 コハダといえば、酢でしめて食べるのが一般的。また、新潟なんかではまず見かけず、食べたことのない人のが大多数、そんな魚です。東京ではどうでしょうか?普通に家庭の食卓にしばしば載るという感じではないでしょう?それが、韓国では天然、養殖含め、大人気。最初に知った時はなんか不思議な感じでした。頭とわたを取って、おろして薄切りにしたのを野菜と混ぜてチョコチュジャンで味付けして混ぜて、それをまた葉っぱでくるんで食べるのが韓国。一人でなら、チョノの刺身丼(フェトッパプ)がありますが、やはり酢コチュジャン味です。 たまに、市場の飲み屋なんかで焼いたのを魚に飲んでいる人を見かけましが、、、しっかり味わったことはありません。他の刺身も同様、結局チョコチュジャン味なんでしょう。酸っぱいのが苦手の私はあんまり特別食べたくないなぁ。

 前に秋の訪問の時、李準圭先生が日式の店で料理長に頼んで少しだけ刺身にしたのを出してもらったのを食べましたが、やはりチョジャン味だと、、、どんな魚もチョジャン味になってしまいます。

 臭いので有名なホンオ、高級干物のクルビ、どう違うのかわからない、同じイシモチの干物であるチョギ。東日本ではまず見ないマナガツオ、エツ、ハゼクチ。もちろん、サバ、サンマ、ヒラメだの、両国で共通して好まれる魚もありますが、国ごとの趣向、この辺は違うのが面白い点です。

 写真は典農洞、ソウル市立大のあたりの魚料理の店。今頃は「銭魚開始」だのいう旗が立ってて、銭魚専用の水槽にたくさん泳ぐ姿が見られることでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

普通の韓国を探して2976 本当のミアサムゴリ・現代百貨店前から

20100908_097

20100908_098

20100908_099

 とっておきの写真です。現代デパートミア店前からのミア三叉路の画像です。1枚目は下月谷洞とか長位洞のほう。かなりの傾斜の峠道です。たくさん見えるアパート群は90年代末までは下月谷洞のタルトンネだった山の街です。今はまったくその面影は残っていません。強いて言えば山頂近くの長位中学校からさらに 少し上ったあたりに社会福祉館が残っていることくらいでしょうか?

 2枚目はスユ里方面へ走る議政府街道です。右手、ビクトリアホテルが見えます。その先、ロッテデパートのミア店が見えるかな??バスが非常にたくさん走る通りです。このブログの最初のあたりに、ホテルビクトリアから撮影したタルトンネのオレンジ色の灯りの写真があります。最初の1年、まだあまり知られていなかったため、参照数も少なく、コメントもほとんど残っていませんが、珠玉とも言える貴重な写真、その辺にたくさんありますので、ご覧いただければうれしいです。

 3枚目はミアリ588がかつてあった鐘岩サゴリ方面への道です。今はキルム駅側にほんのちょっと名残を残すのみ。80年代、90年代に韓国に遊びに行った男性には懐かしい場所でしょう。鐘岩サゴリを直進で高麗大学前でまた三叉路。左へ行けば京東市場、東大門区庁前、馬場洞を抜けて往十里へ行く道。やはりバスがたくさん。江南方面へも1本で行ける、そんな重要な路線が走る道です。

 さて、とっておきと最初に書いたのはこの交差点、サムゴリといいながら斜めになった十字路になっています。この写真の3枚のほかに現代デパート前を右へ行くミアリコゲの吉音駅方面の通りがあるのですから。地図を見ながらの予想ですが、ミアリテキサスのあった三角の土地を挟む2本の道がここで一緒になって北へ向かう、その3本が昔からの道のようで、1枚目の写真の道だけやけにまっすぐに、また急峻な峠へ向かっています。たぶん、1枚目の道だけ新しい、そんなふうに考えられます。

 余談ですがやはり2000年ころ、この交差点上を通っていた立体交差が撤去されました。本での話で、自分でまじまじ見てるわけではありませんが、ここの立体交差、もし北韓軍がまた攻めて来たら爆破してこの大通りをふさぐためのものだったと聞いています。もう攻めてくる力が無いと予測してか?かなり前に無くなったのです。ミアサムゴリの立体交差、実際に見たことある方、爆薬を探してみた方、おられますか??

 本日も休みです。夕方、トラブル処置にちょっと出ていきます。雨模様の休み、活発に動いた昨日の疲れを回復する日、ということにしておきましょう。家にずっといるとついつい何か食べてしまうのに気を付けて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

2010年10月10日 連休

014

 今週は日曜が休みの当院、火曜日にスタッフが休暇を申請、許可したので連休になります。後半、ちょっと友人の先生のオフィスを見学に行きますが今日明日は休み。恒例の石膏トラップの清掃をやりに出てきました。

 雨の予報でしたが降ってはいません。長い時間の外出はできませんが、天気が大丈夫なら自転車にでもと考えています。これからどこかで牛丼でも食べて帰宅します。

 写真は何度か紹介している北越製紙の貨物列車。つい最近の写真なのですが、なるほど、ワム80000の30両編成だったのがコンテナ車に変わっていました。

  13時30分、追加です。ちょっと自転車乗ってきました。目的地は新津の、テレビやネットで紹介されている店です。長崎ちゃんぽんで有名な「おばな家」というお店で、そこの皿うどんというのを食べたかったのです。普通、皿うどんというと細い揚げた麺。ところが、皿うどん太麺というメニューが昔から九州ではありまして、ちゃんぽんの麺を茹でたもの、もしくは茹でて少しだけ中華の焼きそばのように焼いたものに、皿うどんのあんをかけています。

 最近はリンガーハットでもやっているようですが、毎年何度か行っていた九州の味、懐かしくて食べに行きました。700円と値段もまぁまぁ良心的で、エビやイカやアサリむき身などと野菜のあんがたっぷり。やや黄色く太い麺ももちもちで、美味しかったです。アダプターが家にないため、近日中に新津のちゃんぽんの店の皿うどん太麺、紹介いたします。思い出しただけで唾液が湧き出るメニューが増えてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »