« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

2010年10月30日 (土)

とうちゃんの自転車日記414 観潮橋と早岐田子の浦

304 307 308 309 310 312 313

 早岐田子の浦のバス待合所を見たくて途中で降りた話を朝に書きましたが、もうひとつ、この幅100mくらいの細い水路が海なのか?川なのか?湾なのか?それを見たくて、一つ手前、「観潮橋」というバス停で降りました。1枚目、少し歩くとその橋です。特に狭くなっているところに橋をかけたようで、しかし、かなりの急流になっています。海ならば平らなはず、と思うのですが、ここだけかなりの速さで佐世保方向からの流れが南に注いでいます。

 3枚目は振り返っての写真。針尾島という島で、やはりここ、昔からの観光名所のよう。旅館もありました。4枚目は北というか、佐世保市内方向。こちらは浅く静かな水面です。橋を渡り終えると田子の浦十字路。昔からの交通の要衝のような場所です。そこを左折して、6、7枚目。西肥バス早岐田子の浦待合所に向かいました。葉っぱの厚い、濃い緑色の木々が密に生えている感じ。やはりここは南国九州、ちょっと新潟の木々とは違う感じです。

 先ほど「早岐の瀬戸」というのを検索して調べました。やはり海のようで、佐世保湾と大村湾を結ぶ10キロほどの水路だとか。2つの湾の干満の差で、流れが生ずるという話でしたが、人口の運河のようにも見える、不思議な地形でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2995 現代星宇リゾート

196

 嶺東高速道路からの写真です。江原道横城郡屯内面にある現代ソンウリゾートが見えました。でかいのはコンドミニアムだと思いますが、田舎の山の中に突然こんなのが見えるとちょっとびっくりします。その他の建物は青瓦台風ですね。

 かなり前ですが、やはり江原道平昌郡蓬坪面のフェニックスリゾートのホテル、コンドミニアム群の写真をアップしましたし、辺山半島の格浦のところで、やはり財閥系のリゾート、コンドの写真があったはず。南原の川の向こうのコンドミニアムの写真は無かったかな?また、行ったことは無くて映画で見ただけですが、茂朱(「魔法の性」)とか、統営(『敗者復活戦」)なんかにもとんでもない大建築のコンドがあります。

 どうも共同所有というか会員制のリゾートおよびコンドミニアムという文化、日本ではあんまりだと思うのですが、流行に敏感でお金持ちがお金持らしくする韓国、半ば投資的な意味からもそういうのが盛んなようです。新聞の経済面でもしばしば新しいリゾートの広告は見られます。でも、実際、どれくらい利用されているのか??他人事ながらちょっと心配な私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2994 清涼里 2010年

105 106 107

 タイトルは少し前のこのブログを検索で訪れた方の入力したグーグルの検索キーワードです。やはり588関係の情報を知りたい方が多いのかな?なんても思います。初めて韓国を訪問した頃はバス通りを隔てた青果市場側までHな店が並び、通学通勤の人が通る場所でガラスをコンコンやる風景がありましたが、どんどん無くなって、今はどうなっているのでしょう? 北京飯店のアジュマの情報では2~3年で旧ロッテ含め、再開発されると聞いていますが、しばらく見守って行きたいと思います。

 私の清涼里はどっちかと言えば、駅、そしてロータリーの北の飲食店の多い当たり、清涼里在来市場のあたり、現代コアの周囲とかになります。写真は何度か似たようなのを紹介していますが、その辺の普通の町です。同じ写真ではありません。何度も行っているのです。 しかし、こんな街も、たぶん5年後、10年後には変わって行く可能性があります。まぁ、韓国も出産率世界最低(日本以下)クラスですので、スピードは落ちる可能性が考えられますが、昔からの韓国の普通の街、たくさん見ておきたいと思っています。

 次回の訪韓は大韓歯科矯正学会大会、松島コンベンシア大会です。切符と、安宿を予約してありますが、余った時間、どこを歩くか?そろそろ考えておきましょう。今年2度行っている乳牛の仔牛のユッケ専門店は是非また行きたいです。2枚目の写真奥の左手、3枚目の写真には写っていませんがすぐ右の角から2軒めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記413 やっぱり九州、バスが面白いです

258 314 315 316 317 318

 佐世保駅前のターミナルから西海コラソンホテル行きのバスに乗った話は前に書きましたが、早岐の瀬戸という川のような海、そして島じゃないみたいな針尾島は本州にはあまり無い風景です。1枚目、その早岐を過ぎるときのバスの中からの写真ですが、小さなバスターミナルがありました。おばあちゃんがバスを待っています。少し汚れたガラス越しですので、あまりいい写真ではありませんが、とてもいい感じです。

 目的地の見学を終え、バスで佐世保へ向かう帰り道、どうしてもこの早岐で降りたくなったのです。運転手さんに、早岐からは他の場所からのバスが佐世保へ向かうのでたくさん本数があることを確認して、早岐の瀬戸を渡る橋の手前で降りました。そして歩いて橋を渡って早岐田子の浦交差点、このターミナルへ行ってみました。2~6枚目の写真です。

 韓国でも田舎の町、とても小さなターミナルがあったりします。イメージとしては光州の南の花順かな?今は立派になったかもしれませんが、70年代の雰囲気を残した建物、そして化粧室でした。ここも、まぁ、停留所が立派になった程度ですが、やはり本州、少なくとも新潟ではこういうのはありません。思い浮かぶのは栃尾とか村松の昔の駅だった場所の営業所兼停留所ですが、もう少し大きいです。この早岐田子の浦バス停、来て良かったと思います。周囲には前記の十字路と、いくつかの店、飲食店があります。昔からのこの辺の交通の要所だった雰囲気がしっかり残っていました。

 写真を撮って、少し待って、バスで佐世保へ戻りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

普通の韓国を探して2993 ポジャンマチャ・鍾路

511_2

 ホテルソンビ入り口、鍾路の1本北のマウルボスが走る通り、マクドナルド前の幌張馬車、地べたビュー写真です。何度か紹介したカタルシスがなくなっており、大きめのが2つになりました。どこでも、肴は大体一緒で、10000w均一。酒はなんでも3000wだと思います。マッコリはでも、無いとこもあると思います。基本は焼酎ですので。うどんとかククスはもっと安くて、でも、普通の店よりは高いから5000wとかかな?これは頼んだことないので知りません。

 夏は開けっぴろげ、寒くなると本当にビニールのテントになり、けっこう暖房もがんばりますが、流石に零下10度以下とかの日はお客さんが少ないです。1品10000wとはいっても、2人で食える量だったりしますので、何度目かのソウル、少し話せるようになったらこういうお酒の屋台に挑戦してみるとよいでしょう。一応値段を聞いて注文したほうがいいです。

 あまり混んでいなければ店の人も相手になってくれますし、隣りの席の人と仲良くなってもう1軒という経験もあります。基本的に韓国の人、オープンマインドというかすぐに仲良くなれる、そんな感じですので。

 前記のカタルシスというポジャンマチャ、顔も覚えてもらえて、ご主人の名刺ももらってありますが、開業、廃業、転業の速い韓国、今は何をやっているのでしょう?あ、hp番号があるので今度連絡してみるかな?そういう人懐っこさも友達を増やすのに必要でしょう。ダメ元でかけてみましょうか、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2992 Wizard 마법사 魔法使い

463

 「설치마법사」で、自分で大うけしました。これ、自宅のコンピュータですが、なぜか基本が韓国語なんです。ところがキーが黒いため、ハングルの字母を記入できず、ハングル入力はえらく不便なのですが、こんな画面を見ることができます。

 魔法師は魔法使い、大昔韓国でも放映された「魔法使いサリー」は「魔法師セッリ」だったとか。ある年齢以上の韓国の方ならご存知のテレビアニメです。ゴルフ選手の朴セリさんの「セリ」は、この「魔法使いサリー」の「サリー」の韓国読みだとも聞いています。「お気に入り」は確か「チュルギョチャッキ」、こんなことでも面白いと思えるのは韓国語を勉強していたからに他なりません。なんだか嬉しいとうちゃんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2991 栄州駅 栄州市外バスターミナル

511 512 513

 何故かここで泊まることが多かった慶北北部の都市、栄州です。今回は江陵端午祭の帰り、念願の嶺東線の乗っていなかった部分を乗っての訪問です。ここから東テグまでの路線も、安東から先は未乗なのですが、ソウルへ帰るため、ヨンジュで無窮花号列車を降りました。1,2枚目は駅舎と駅前の様子です。もう少しソウルに近い原州はどんどん発展していますが、ちょっと遠すぎか?栄州はあまり変わってる感じはありません。タクシーで向かった総合バスターミナルも昔からのまま。旧市街の西の端、線路のそば、橋の手前にあるそれほど大きくない建築です。

 栄州名物はリンゴ、高麗ニンジン、奉化の松茸はヤンヤン産よりも品質がよく、高く売り買いされていると聞きます。次にここに行くのはいつになるかな?なんて思いながら東ソウル行きの市外バス(ほとんど高速バス)に乗りました。優等の車でした。最近は地方の市外バスでも、ソウル行きなどの幹線は優等車両であることが多くなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記412 佐世保市浦頭

265_2 266 267 268

 1,2枚目、佐世保市の南部、針尾島の浦頭というバス停の周囲です。セミナーは午後からなのに、なぜ早起きして佐世保入りしたかというと、ちょっと行きたい場所があったからなのです。ちょっと工事渋滞がありましたが、9時半過ぎに佐世保のターミナル到着。案内所でバスの乗り場を尋ね、10時6分のバスに乗りました。来た道を少し戻り、早岐田子の浦というところで海とは思えない水路を渡り針尾島へ。そしてここ浦頭です。

 歩き始めると3,4枚目。蜘蛛がたくさん。お尻がカクカクした感じの女郎蜘蛛はこちらでも見かけますが、これ、すらっとしたお尻ですのでコガネグモでしょう。しかし新潟の田舎でもこんな立派な大きなクモがたくさんという経験はありません。どこかで聞きましたが、九州南部では蜘蛛のケンカというか、飼っているクモ同士で闘牛、闘犬ならぬ、闘蜘蛛をやるなんて話も聞きましたが、こんなにいれば、そんな遊びも生まれそうだと感じました。

 田舎のバス、1時間に1本あるかないかですので、急ぎ足で目的の場所へ向かいましたが、九州、気候のせいか植物も、虫も、なんか良く育っている、そんな感じを受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

2010年10月27日 休みです

021 022_2

 石膏コーナーのモデルトリマー下に設置した自作の第1トラップの掃除に出てきました。流し下の本格的なトラップの清掃を楽にするためにあるのですが、掃除が簡単なのでできれば毎週くらいにやればかえって楽なのに気付きました。大事な院長の仕事です。

本日は休診。午前中はとうちゃんの休みということで、例によってスーパー銭湯へ行って買い物して帰ります。昨日午後から新潟は冬型の気候、急に気温が下がりました。今日も曇り時々雨の予報でしたが、今は青空が見えています。早めに帰って自転車乗ろうかな?とも思います。

写真は新津駅。初めて通った歩行者と自転車だけの跨線橋の上からの写真です。いつもは1枚目向こうに見える道路の橋を渡るのですが(自転車、車で)、今回、新津の普通の住宅街を走り、駅と道路橋の間にある幅の狭い橋、初めて通りました。自転車含め、お年寄りがけっこう利用しています。1枚目、左へ別れるのが磐越西線。右へたくさん線路があるのが信越本線です。近くの都市ですが、初めての景色を見ることができました。これも自転車のおかげです。2枚目は駅方向。こちらは信越線と、右へ別れる羽越本線の方向です。

 さて、それでは、出かけます。雑貨の買い物、そしてお風呂です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2990 国立中央博物館の帰り道 

398 397 400

 見学を終えての帰り道です。子供の日だったかな?韓国でも休みだったせいか、中学生、高校生の校外学習の生徒たちがたくさん。また、なんかのコンサートもあるみたいで準備をしていました。

 韓国の宝を集めたこの博物館、入場は無料ですし、レプリカは多いけれどゆったりした展示で、自由に見学時間を調節可能。最終日の空き時間などの訪問も面白いと思います。また、いつでも人が多いでしょうから、私のように話しかけて韓国語の会話練習にもなります。1人だと恥ずかしがってしまうかもしれませんが、女子の2人、もしくは3人連れならばほぼ相手になってくれると思います。この辺も韓国人の心の広さのおかげかも。また、日本語を勉強しているという生徒もかなりいますので、退屈しません。なんたって日本人からお金を稼ごうとしない韓国人です。これこそ普通の韓国とのふれあいだと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記411 天神バスセンター

078 079 089 095 100 105_2 106_2 108

 なんか写真がずれてしまいましたが、福岡の天神バスセンターです。博多駅前のターミナルを出たバス、多くは地方へ向かう前に繁華街の天神バスセンターに寄り、お客を拾います。駅前を左へ、柳橋市場を見つつ、ニューオータニ前から西鉄天神駅へ。細長い鉄道駅の下がバスセンターです。福岡ほか九州の人には当たり前の景色ですが、田舎から行った者にとっては珍しい風景。どこかソウルのセントラルシティのターミナルに似た雰囲気があります。

 1、2枚目、左折して進入路に入り、2階のバスセンターへ上がります。3枚目4枚目が乗降場。少しの余裕があるのか数分間停車します。6,7,8枚目が出場路。西鉄電車のホームが3階ですので、ちょうど出発する電車を見ながら一般道に出ていきます。乗り物好きには嬉しい九州の高速バスです。109

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

とうちゃんの自転車日記410 久留米ラーメン 「大龍」 福岡(空港東)支店でお昼を食べました

459 460

 九州出張の帰り、飛行場へ行く前に遅いお昼を空港のそばのラーメン店で食べました。博多駅筑紫口からタクシーで移動、空港入り口にあった「来来亭」という店も興味がありましたが、せっかくの九州の食事の〆、やはり豚骨ラーメンで行くことに。少し離れますが(食べた後は歩きで空港入りの予定でした)久留米の人気店である「大龍」の福岡店です。

 お昼時をかなり過ぎていましたが、駐車場を備えた郊外型の店舗ですので、入れ替わり立ち替わりお客さんが来ます。私のように歩きで来る客はほとんどいない、そんな場所です。九州の豚骨ラーメンと言っても地域ごとに、店ごとに様々ですが、この久留米の大龍はバリバリの濃厚豚骨で、豚臭さも満点。苦手な人は店のそばを通るのもいや、そんなタイプでしたが、食べ始めれば豚骨の匂いも気になりません。ご飯党の私ですがいいお昼になりました。

 さて、オープンデイではありませんが、いろいろ片付けというか医院の衣替えを行った午前、お腹がすきました。外は雨、だんだん気温が下がって軽い冬型にという天気予報の京、お昼は何にしましょうか?? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2989 江原道 原州から京畿道 安城へ

119 120 121 122 123

  韓国陸軍第1軍団のある軍都原州から京畿道へ向かいます。泊まるところを決めない旅、まずは前に一度、長湖院からバスで移動して歩いたことのある安城へと思い、市外バスに乗りました。原州の新しい市外バスターミナル、高速バスターミナルは前に紹介しています。近距離ですので安城経由天安行きの市外バスに乗りました。京畿高速の紫色のバス、仁川空港なんかでもよく見かけます。城南だの、そんな京畿道の都市からの空港リムジンもこの塗装です。

 ターミナルが移転のため、郊外に位置してることから市内中心部を通らずに高速のインターまで国道を走ります。原州の西側の隣りの町、文幕のインターから入るようです。市外バスと言っても必要あれば高速を通るのです。2,3,4枚目はそのムンマクインター入り口付近。「椅子」、町中、郊外を問わず、韓国ってなぜか屋外に椅子が置いてあるんですよね。普通の韓国がお好きな方ならお分かりでしょう。

 ちょうど高校の下校時間?3枚目、原州医療高校とあります。高校で看護師とかの資格とか取れるのかな?日本でも4年制か5年制のところが一部あるようですが。

 4枚目はインターの入り口。すぐ手前が信号で、ちょっと渋滞していました。で、5枚目は雨の安城市外バスターミナル。移転したばかりの大きな建物です。テナントも埋まっていないみたいで、コンビニが1軒営業していました。前に、90年代に来た時は町中にターミナルがあり、すぐ隣が市場だったりして面白かったのに、なんか郊外への移転、旅行者には面白くありません。この数年で、韓国の地方都市のバスターミナル、いくつ移転したのでしょう?なんか、、、面白くないですよね。何もない場所のターミナルって。

 結局、安城泊まりの線も考えていたのですが、ターミナル周囲に泊まる場所も無いし、泊まっても周囲には何も無いしで、最終バスで同じ京畿道の龍仁へ行ったのでした。美味しいマクチャンスンデを食べることができたし、まぁ、正解でした。

 しかし自分でも思いますが、ここってホントに普通の観光には役に立ちませんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記409 懐かしい道・佐世保市内

220 222 223 224 225 226 227 228

 90年代、年に1~2度、福岡、佐世保を訪問していました。その後韓国へ行くようになり、学会などで福岡までは行きますが佐世保まで足を延ばすことはなくなってしまいました。おそらく10年ぶりに近い佐世保行き、すべてが懐かしく感じられる道でした。

 福岡を出た西肥バスの高速バス、鳥栖の高速道路の見本みたいなジャンクションで長崎道へ入りかなりの山すそを西へ。長崎県に入って、昔は大塔というところが高速の終点でした。その後佐世保駅前、そして今は佐世保市の北の方、相浦のほうまで延長しています。さて、佐世保駅の裏まで直行かと思いきや、やはり高速を降りるのは大塔です。ぐるっと回って国道に入り、昔と一緒の道を佐世保駅に向かいますが、今回の8枚はその途中の写真です。バスの一番前の席からの連続写真、案外好きなんですよ。スライドショーで見ているとまた乗ってる気分になれます。今回はその一部を紹介というわけです。

 佐世保らしいのは2枚目、かなり前に造られた切通しの道で上を陸橋が通っています。長崎同様、平地の少ない街ならではの風景です。3枚目の向こうの姿のいい山は弓張岳。佐世保の港を見下ろせる山です。6枚目のでっかいマンション、昔は無かったです。

 7枚目、右手の薄いピンク色ののビルが佐世保駅前の交通センターというかバスターミナルのあるビルで、上はホテルになっています。このホテルができてすぐ、行っていたのを思い出します。最後は右折でバスターミナルへ入る、その直前が8枚目です。駅はすぐ先の左手ですが、ここも本当に変わりました。前は駅前に小さな地下街があり、そこで朝からチャンポンだの食べられたのです。皿うどん太麺を覚えたのも15年以上前のここでした。

 6枚目、歩道橋がありますが、この国道、昔はとても混みました。佐世保市内を通り抜けるにはこの道しか無かったのです。信号を少なく、車の流れを良くするために歩道橋が造られたのでしょう。でも、高速道路ができ、なおかつ無料の交通実験中だとのことで、渋滞がとても改善されたとのことでした。有料化されたらどうなるんだろう?人間は浅ましいものだ、ともその先生、言っておられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

普通の韓国を探して2988 嶺東線車窓風景2点

499 509

 在庫整理っぽくなりますが、どちらも韓国のかなりの田舎の写真です。

 1枚目は鉄岩駅のそばの民家、2枚目はだいぶ走った場所、慶北になると思いますが。県洞駅です。良寛さまではありませんが、最低、ご飯を食べて、少しでも誰かの役に立つならば、あまり老後は欲しいもの、やりたいことってありません。夢の夢ですが、韓国の田舎に住んで作男(農家の手伝い)でもして暮らせたらいいなと思ってもいます。空いた時間があれば近所の子供を集めて日本語を教えてというのもいいでしょう。

 사랑해요 대한민국!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記408 博多駅交通センター

051 052 053 054 055 056 058 061

 博多駅交通センター、さしずめ、福岡市市外バスターミナルです。博多駅博多口を出てすぐ右、地下からも直接行ける建物で、九州各地および、九州外の遠隔地へ行く高速バスの発着所です。もうひとつ、天神という、繁華街の中心地にもかなりの規模のターミナルがありますが、多くのバスはここが基点のようです。エスカレータで上がって、切符を購入、乗り物好きにはわくわくする場所です。

 鉄道よりも安く、本数も多く、何度も書いている通り、韓国にちょっと似た感じで九州の高速バス、頑張っているのが何だか嬉しい私です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2987 仁王山の麓、西大門独立公園

225 227 226

 まず、今までのここの記述で「仁旺山」と書いたことがあるかもしれませんが、「仁王山」が正しい漢字だそうです。最近知ったのですが、もともと仁王山だったのを、日帝支配の時代に、「王」は天皇陛下がいるので良くないということから「仁旺山」にしてしまったのだということです。伝統ある地名を勝手に無くしたり、変えたり、最近の日本の合併ブームでもありますが、あまり良いことではありません。謹んで韓国の方にまちがいをお詫びします。

 さて、ソウルの旧市街の西にそびえる仁王山、1枚目のビルの上に山頂が見えますが、なかなか目立つ岩山です。昔は青瓦台を望む場所でか、軍事施設もあり勝手に行けない場所だったとか聞いていますが山好きなら頂上へ上がってみたくなる独立峯です。その麓、昔朝鮮時代に義州へ向かう道(2枚目)の峠の手前に独立公園があります。中の様子は前に紹介していますが、もとは西大門刑務所だった建物が独立運動の記念館になっており、日本人には是非行って欲しい、そんな場所です。

 ここでも書いたように、昔は日本人にとってひどすぎる落書きだらけでしたが最近行ってみたらそういうのは無くなっていました。多くの人が命を落とした死刑場もありますが、過去は過去として、でも、知っておくのは大事です。1時間もかかりませんのでちょっと時間が空いた時にでも訪問してみてください。きれいな場所ですので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

2010年10月24日 休みの日曜です

001 002

 矯正装置のトラブル、取り外しのできる装置であれば、使用を休めばいいけれどお口の中に取り付けた装置のトラブルは患者さん、ドクター、双方にとって困ることです。接着ミスであればすぐに外れてしまうのでわかりますが、やはり不用意な食べ方による装置の脱落、たまに起きてしまいます。また、ワイヤの端が当たるとか、そんなトラブルの際にはできるだけ早く処置、改善する、これはうちの長所というか自慢でき得る点で、休診日でも院への電話は自宅へ転送され、私か家内が受けるようにしています。

 本日は休み。でも、昨夜帰宅する時に予約ノートを持ちかえるのを忘れたため、院長が医院にそれをとりに来ました。曇りですが自転車です。これから一回りして帰ります。牛丼かなんか、外で食べるかもしれません。

 追加です。このニフティのブログ、前にも言いましたが検索ワード、フレーズが詳しく調べられます。昨日、嬉しいことに「慶南山清郡 花渓里」だの、「山清」での検索でいらした方がおられ、たくさんの項を見ていただいた様子です。もしかして、仇衡王陵を目指している方が調べに来てくれたのかな?と思います。晋州からバスで山清まで行き、そこでタクシーを雇うのがよいでしょう。バスの便はありませんし、花渓里から相当歩かないといけない山の中にありますので。

 写真は自転車都市を目指す新潟市の新しい事業。南口の空いた場所を使ってのレンタサイクルと保管のサービスが始まりました。プラーカ2と3の間の地下通路でやっているのですが、降りてみたらアルバイトの若い女性でしょうか?2人で暇そうにしていました。「サイクルシティにいがた」というのかな?成功するといいですね。自転車乗りの1人として応援しています。さて、出かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »