« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »

2010年11月13日 (土)

2010年11月13日 医院の看板を張り替えました

003

 珍しくヒマな土曜の午後、診療はおしまいです。明日も仕事ですが、やはりそれほど混んではいません。のんびり、じっくり仕事できそうです。

 写真はビル下の新しい看板です。前は紺地に白い文字。何の飾りっ気もなかったのですが、少し目立つように、HPを作って管理してもらっている業者さん、D-Styleの川端さんに相談して作ってもらいました。HPのトップページを意識し、暖かい系統の色で、と頼んでのデザイン、2,3度の打ち合わせでいいのができました。川端政雄さんとD-Styleには感謝です。

 さて、片付けて、明日の予定をチェックして、自転車で帰宅します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事560 ミヨッkクッk定食・11000W

134

 2010年9月2日の朝はホテルの食堂でとりました。ワカメスープの朝食、確か11000Wです。普通なら朝早く出発するか、もしくは散策に出て普通の食堂でご飯を食べるはずの私でしたが、この日は台風7号곤파스(コンパス)が江華島に上陸したのです。早朝からテレビなどで台風情報を見ながら帰国対策を練っていたためのホテル飯でした。

 お昼頃に韓国上陸という話だった台風。前夜に考えていたのは早朝に空港へ行き、何でもいいから日本のどこかへ行く飛行機の切符をカードで買ってなるべく早く日本に入ること。でも、朝起きてみたら、どうも早く近づいている様子でした。

 メモにしている大判大学ノートを翻訳すると、

9/2

台風、予想より早く8時に江華島上陸?夜の飛行機なのでそのまま午後に空港へ行ってみる?

済州、航空、海運ともに統制

ソウルも何度も停電

6時25分 江華島に7時に上陸予想

これも経験 早くなってソウルは9時から影響 雷、雨、風

6時37分 全南は影響圏を脱した 雲が速い テレビは台風の話ばかり

「緑の魚」、「サマータイム」(映画のタイトル)

6時46分 10分前に江華島上陸

出勤時間 初校、中校、2時間遅れて始まる

別に雨は大したことない。風は強い。

ソウル潜水橋(ニュース映像)

映画「用意周到ミスシン」クォンオジュン(男優の名前)

九老→仁川 電鉄運休

「6時35分江華島上陸」確定 京機北部

済州 夜6時まで運休 北韓水害(少し前の水害)に100億援助 また台風

2号線堂山鉄橋上で電鉄30分停車

49キロで北北東へ

당초=当初(新しい言葉を覚えた)

1,4号線運休 ソウル→仁川 アンサン→サンボン 2号線運行開始

済州 60便欠航 登校時間

8時23分 クロ→仁川は依然運休 それ以外の地下鉄は大部分回復

今ソウルの北50キロ 午後には東海海上へ抜ける

3時ころには影響圏を抜ける

8時37分 雨 お腹が空いた。ホテルの食堂は高いけどこれも経験 何を食べるか?

国内線128便欠航

8時45分 漁民出航を自制

9時に食事

 と、ホリディイン城北ソウル1階の食堂でこの写真の食事をいただきました。味は悪くないですが、なんだかぬるいスープ。やっぱり普通の食堂でその半額以下でぐらぐら煮立って出てくるテンジャンチゲかなんかを食べたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3012 2010年6月17日夕刻 市庁前広場

600 601 602 603 605 604

 古い写真ですみません。南亜共(남아공)ワールドカップ、対アルゼンチン戦の前の市庁前広場、今はソウル広場になってのでしたっけ?あそこです。2002年の時は前日にプレジデントホテルに宿泊、あのときの写真もはじめの頃に紹介しているこのブログですが、韓国の人、集まるのが好きなのかな?って思います。こういうスポーツイベントだけでなく、やはり前に書いた「ろうそく示威」、米軍の装甲車に中学生2人が引き殺された事件の頃の話も思い出されますが、割合普通の人が、そういう集会、集まりに積極的に参加する傾向がありそうです。

 選挙でもなんだか熱気があるようですし、自分の意思を表示することに積極的、この辺、「どうでもいいや」、「私が行かなくたって何も変わらない」そんなふうに思ってしまいがちな我々日本人とちょっと違う感じを持っています。この辺も、どっちがいいとかではなく、お互い知るべき点、時により、見習うべき点のように思えます。

 この日、ずいぶん前から赤いシャツを買ってこの辺をうろうろした私もなんだかこれだけの人が集まるってだけで興奮というか、、、気分がハイになります。さらに交通規制が進み、さらに観衆が増えて、おしくらまんじゅうのように自由に歩けなくなったときには、戦後すぐに新潟県の弥彦神社で起きた初詣100人以上圧死事件を思い出し、怖くなってフェンスを越えて外へ出てしまいましたが、これだけ多くの人が集まる中に身を置いたのは初めてかもしれません。ここだけで10万人超だったと思いますので。

 なんか取り留めのない話になってしまいましたが、満員の野球場、サッカー場、それ以上にぎっしりの人の集団、すごかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3011 江陵端午祭11 

349 350 351 352 353 354 355 356

 1枚目,何種類かある、伝統文化体験教室を過ぎると、なんかの公演、ライブです。これがタルチュム?韓国の仮面劇なのかな?と思いながらしばらく観覧。背の高い外人さんが飛び入りで踊ってると思ったら、韓国人のアジュマも続いて参入。こういうの、日本人は苦手、私も入れませんでした。踊りもできないし、見た目は韓国人とほぼ一緒ですからね。変わったアジョシとしか見てもらえそうにありません。

 韓国のこういう伝統芸能、ほとんど知らない私ですが、いい意味で「力が抜けている感じ」があります。うまくやろうとか、そういう気負いが無い、やりながら自分も楽しんでいる、そんなふうに見えました。楽隊のアジョシ達も打っている人もいれば、休んで隣りと話している人もいます。また上記のような観客の飛び入り参加なんかも、日本だと制限がありそうです。ルールだの計画、ある程度皆が楽しむためならその場で変えてもオーケー、ケンチャンタ。そういう所、韓国のよい所の一つだと思います。

 最後は別の伝統芸能?もしかして、パンソリというのかな?ともかく、次の演目の準備をしているアジュマです。

 私の第一の目的はもっともっと庶民的な、街角芸能である「ヨッジャンス」でしたが、そこそこ楽しめました。でも、いつ、どこで、どんな公演があるとか、そんなパンフレットがあると観光客にとってはありがたいと感じました。

 本日は午前が多忙、午後は少し余裕があるので、また記事をアップできたらと思います。今日が休みの読者のみなさん、よい週末をお送りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

2010年11月12日 インフルエンザの予防接種をやってきました

036

 月曜日、金曜日は夜間診療、午後から仕事の日なのですが、院長は大抵早く出てきてあれこれ雑務をこなしたり、予約の変更とかトラブル処置のための電話番含め、医院で過ごすことが多いです。今日は前から予約していたインフルエンザの予防注射、9時を過ぎてから、かかりつけの(とはいえ年に1,2度しか行きません)内科の医院で受けてきました。

 体温を測りながら問診票の記入、平熱であることがわかったら署名して注射です。幸いめったに風邪も引かない私ですので、注射はここ数年、この秋の予防接種だけ。1年に一度でも、やはり緊張してしまいます。今日は思いのほか痛くありませんでした。簡単に注意を受け、お金を払っておしまい。今年から新型と従来型が一緒になったせいか3000円が3600円に値上がりしていました。でも、ま、これでこの冬、風邪を引きにくくなれば納得です。効果が出るまでに2週間と聞いていますが、なんだかもうウィルスに強くなったような気がしてしまう私です。「病は気から」とも言いますので、そういうのも必要ですよね。

 しかし新聞の記事だったか、「インフルエンザの予防接種が3600円というのは痛い出費」という話も聞いています。保険外ですからしょうがないのでしょうが、こういう健康に関すること、できれば国民全員、平等な条件であって欲しいものです。年金とかも、厚生年金とか共済は企業や国が余計に払っているのでしょうがないとはいえ、国民全員同額とかになればいいのになぁ、と思う国民年金しかない自営業者の私です。

 写真は柳都大橋から見た信濃川に係留されている船。なんか色が、面白いでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3010 ソウル・地下鉄駅のMTB

329

 確か2号線の新堂駅だったと思いますが、階段を下りた駅の中に自転車が置かれていました。ジャイアントのXTC-Teamというロゴが見えます。帰ってから調べたら最新型ではありませんが、けっこういいやつ。中級用の2~30万クラスのようでした。サドルも、これ、替えています。2万以上するのではないかな?これ。

 ここ数年スポーツとして自転車に乗る人がどんどん増えてる韓国。ソウルの市内でも車が多い道をぴしっとサイクルウェアできめて、ヘルメットもかぶり、排気ガスよけのマスクをした自転車乗りをしばしば見かけます。なぜか8割以上がマウンテンバイクという感じです。太くてごつごつしたタイヤ、トレーニングのつもりならいいけれど、快適に飛ばすには向いていないと思うのですが、なぜかMTBが人気です。山登り人口がやたらと多い韓国ですので、やはり山と絡めて選択するのかなとも思います。まぁ、何でもいいけど、自転車はいいですよ。「5万円、できたら10万円出してみて」、と先日の忘年会第1陣でも力説してきました。最初にスポーツ車を買うならばMTBはカッコいいけど安いのは重たいですから、細めの高圧タイヤのクロスバイクが無難です。実際山へ行くので無いのならばね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3009 江陵端午祭10  とにかく盛り沢山なお祭り

341 342 343 344 345 346 347 348

 移動遊園地は右岸の橋をくぐるあたりに店を出しています。橋の上は、、、やっとなんか伝統芸能の公演場のようなステージがありました。右手の川岸側は伝統文化体験コーナーかな?空港に外国人観光客向けのがありますが、あれよりもいろいろな催しがあるようです。おもに子供向けのようでしたが。

 とにかくまぁ、何でもいろいろたくさんあるお祭りです。何度かここで韓国では日本ではもう使われなくなった堅い漢字語が残っていると言っていますが、祭りのことは「祝祭」と言いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

2010年11月10日 石膏トラップ掃除、車タイヤ交換、雑貨の買い物

001 002

 写真は1週間ほど前の新潟駅南口、当院のあるけやき通りです。今はもっと紅葉が進んでいますが、昨日あたりの大荒れの天候でかなり散ってしまいました。天気のいい、光線のいい日には写真を撮りに来る人も多数、そんな通りなのですが、当分は軽い冬型。カメラ好きの方にはちょっと残念なこの秋です。不思議なことに、同じ木なのに赤くなるのと黄色くなる木、混ざった木、いろいろです。そこがまたけやきの紅葉の面白い所なのかもしれません。

 本日は休み、またまた自作の第1石膏トラップの清掃に出てきました。石膏の粉を食べる細菌がいるのか、時間が経つと硫化水素っぽい臭いが出てきてしまいます。メイントラップの機能を助ける簡単なトラップ、できれば毎週掃除しようと心掛けています。その後はタイヤ交換、雑貨の買い物、お昼を食べて帰宅し、留守番。明日はちょっと研修で出張予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3008 江陵端午祭9 オートバイのサーカスと移動遊園地

334 335 336 337 3381 339 340

 昔、新潟市の白山神社のお祭りでも見たことがあります。鉄製の籠のようなものの中をオートバイがぐるぐる横になったり逆さになったりして走るやつ。そんなのがありました。

 さらには小さなバイキング、そして、日本では逆バンジーとか呼んでいる所もあるみたいですが、ゴムのベルトで子供が跳ね上がるやつ。仮設の池を作ってのボートに、小さな汽車。移動遊園地です。

 常設の大きなものも韓国各所にありますが、全国の人が集まる場所、祭りを移動するこんな移動遊園地、なんか昔の貧しさ、、、というと失礼かもしれませんが、懐かしい感じを受けます。古い韓国映画でも見たことがありそうな、そんな風景でした。全部が1つの団体なのかはわかりませんが、次にどこへ行くのか、聞いてみたい気もします。日本でもテキヤという言葉がありますが、そういう人々のカレンダー、見てみたいですよね。

 江陵端午祭、何でもあるみたいです。

  ユーロバンジーとある下に010で始まる韓国携帯の番号yがあり、「パンタジ(ファンタジー)移動レンド(ランド)と連絡先が表示してあります。今どこで興行していますか?と聞けば韓国のどこかの、人が集まるお祭りなんかの場所がわかりそうです。だから韓国、おもしろいって思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

とうちゃんの自転車日記425 小ネタ・鳥屋野農協2Fの窓に

003 004

 新潟市中央区、ロイヤルホストのある鳥屋野農協交差点です。信号待ちで停まって、ふと右を見ると、2階の窓に白い看板。「みんなで行こう万国博」とあります。ここって昔は(番小屋)という居酒屋だった部分。今は閉店して空いているのでしょうが、物置なのかもしれません。で、えらく古い話だなぁ、と面白く感じてシャッターを切りました。たぶん1970年の大阪万博のことでしょう。まぁ、それくらい昔からある建物なんでしょう。

 1970年当時、中学生だった私、母方の親戚が毎年夏休みに集まる旅行で大阪万博へ行きました。熱海までしか乗ったことがなかった新幹線(たいてい、伊豆か房総が行き先でしたので)で大阪へ。池田市にあった転勤族の親戚の家に皆で泊まり、寒くない時期だったので大人数でごろ寝。今思えば宿賃の節約だったのでしょう。残念ながら万博は「大混雑」というイメージしか残っていませんが、夜に連れて行ってもらったミナミの賑わい、食い倒れの看板人形のことは覚えています。

 大阪の次はディーゼルカーの急行で宮津経由天橋立。ここでは今も残るなかなかの旅館に泊まって海で遊んだり釣りをしたりしました。当時はSL(あまり好きな呼び名ではありません)も残っていた時代。ドイツエンジン風のデフレクタが付いたD51499号機を運良く写真に収めることができて喜んだのも覚えています。また、東日本では見られなかったDD54(間違っているかも?)も見ることができたと記憶しています。同じ経路でまた旅行したいな、という気持ちが湧いてきてしまいました。仕事ばかりしていた父親はいつも同行しませんでしたが、小中学生時代、いろいろ経験させてくれたこと、感謝しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3007 ソウルの漢江

262 264 265

 初めてソウルへ行ったとき、金浦空港から市内へのバスの中で見た漢江の幅、水量に驚きました。我が新潟の阿賀野川も河口近くの幅、水量はかなり立派ですが、大都会の中をこんな大きな川が、という風景は初めてでしたから。大阪の淀川もかなり大きいけど、川幅いっぱいの水の量はやはり漢江のがすごいでしょう。

 さて、地方から戻ってきたときの写真なのですが、東ソウルへ入る前に漢江の橋を渡ります。失敗したら消せばいいデジカメ、お手軽な車窓からの眺めはバシャバシャ撮っていますが、やはり動きもあり、ピンボケも頻出、多少の甘さはご容赦ください。で、2枚目だったかな?軍用ヘリの3機編隊が飛んで行きました。訓練でしょうか?

 休戦中の国である韓国、なるべく目につかないようにはしていますが、あちこちに軍部隊、基地があります。たとえば、田舎をバスで走っていると部隊の番号を書いた看板がさりげなくあって、その先は林のなかへ続く道だったり。何でも面白かった昔はそんな部隊のナンバーを手持ちの地図にメモしていたりしました。しかし、万一そんな、ほんの少しではあれ、軍部隊の配置をメモした地図などを持っていると、何かあった時に余計な疑いを深めることになります。ソウルの市内でも、すでに龍山あたりは実戦部隊はいませんが郊外へ出る峠のあたりとか、詳しいことは書けませんがソウルを守る部隊がいます。北とか東へ行けばそれこそあちこちに、、、 ですので、むやみに、よく知らないでの車窓風景写真とかも気をつけましょう。

 大昔の記事で、ソウルの某所の刑務所(矯導所・教導所?)のフェンスの「撮影禁止」の看板をアップしましたが、ハングルで書いてあるだけだったりすることもあります。まぁ、カメラの絵とかでわかると思いますが、やたら写真を撮るのは、撮影禁止の場所を撮ってしまう危険もあること、覚えておきましょう。韓国のヘリ、軍用機の話はまた項を改めて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3006 江陵端午祭り8  一番大きな韓国の祭り

328 3291 330 3311 332 333

 南大川右岸を上流へ歩きます。川岸の側はやはりずっと飲食の露店が続きます。露店というよりは仮設食堂と言ってもいい収容人数100,200というような大型の店もあります。江陵の人はもちろん、韓国全土から遊びに来る人がいるのでしょう。実際、前に報告した豚丸焼き店での隣りの席のご夫婦はソウルから。お宅は金浦市で仕事は龍仁でスクリーンゴルフ場を経営しているそうです。車で江陵へドライブ。モテルに宿をとって端午祭を見物。1泊して翌日戻る予定と聞きました。

 ハングルの解説は省いていますが、やはり読めれば、いろいろわかるし、食べる、遊ぶにも便利です。少しでも韓国語を勉強する人が増えてほしいと願うとうちゃんです。4枚目の写真の→の案内くらいは読める人も多いであろうことを期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

普通の韓国を探して3005 江陵端午祭7 南大川右岸の露店群

322 323 324 325 326 327

 手すりというか欄干の無い沈下橋を渡って右岸です。右へ行こうか、左へ行こうか?まずは上流方向、右へ行ってみました。こちら側もぎっしりの露店が並んでいます。右側、川岸側は飲食関係の露店というか屋台がたくさん。いずれもかなりの大規模な店です。

 3,4,5枚目、トンテジバーベキューです。前にもちょっとこれはお見せしたかもしれませんが、豚の半身を直火の遠火で焼くもの。機械で回転させ、脂を落としながら時間をかけて焼いて行きます。焦げやすい部分はアルミ箔を当てて焼け過ぎないようにしたりの工夫もありました。ずっと前にここでも紹介したモラン市場の店は残念ながらなくなってしまいましたが、あの味を知っていたので、ちょっと食べたくなりました。でも、まずは端午祭会場をざっと見ないといけません。上流方向へ歩きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記424 懐かしい場所・弦巻神社

765 766 767

 東京へ行くよりもソウルへ行くことが多い年もある私ですが、たまに実家に行くと小中学校の頃遊んだ町を自転車で回ったり、歩いたりします。小学校の学区のはずれ、中学校のそばにある弦巻神社が今回の写真。秋祭りは楽しみでしたし、小学校の時によく缶蹴りをやった場所でもあります。地域ごとにルールの差はありましょうが、一種のかくれんぼ、ご存知の方も多いかと思われます。

 まず鬼を決めて、神社の境内の真ん中に缶を置き、それを逃げるほうの代表が蹴ります。それを合図に逃げる者はあっちこっちの逃げて隠れます。鬼の人は缶を走って拾いに行き、また元の場所に持って戻って缶を置きます。これでゲームがスタートなのですが、鬼は誰かを見つけて「○○み~っけ!」と叫べばその人はアウト、鬼と缶のそばに出て行かないといけません。鬼は全員をみつけて名前を叫ばないといけないので、お堂の裏などを探しに行くのですが、誰かが鬼が缶の場所を離れたすきに駆け寄って缶を蹴り飛ばせば捕まっていた者も逃げられ、また振り出しに戻ります。そんな、ちょっと駆け引きのあるかくれんぼなんですが、ちょっとずるい方法があり、数人まとまって突撃すると、全員の名前を呼ぶのに時間がかかるため、呼ばれていない者が蹴ってまた鬼は最初から、、、 そんなです。

 今考えるとこの方法、一種のいじめに近いようにも思えます。実際、ちょっと走るのが遅い子なんか、この方法でずっと鬼をやらされてというのもありました。でも、ま、のんびりした時代だったのでしょう?時には泣くこともあっても、すぐにそんなの忘れてまた遊ぶ、そんな時代でした。

 草木がぼうぼうの空き地に秘密基地を作ったり、クラス対抗で戦争ごっこがあったり、キャベツ畑の青虫を洗面器一杯に取ったり(農家の方には喜ばれたでしょう)、野球もしたり、今の子に比べると天気が良ければ外で遊んでいた時代、懐かしいです。

 3枚目、本殿の脇に小さな舞台があり、お祭りのときには地域の役員の方がそこで酒を振る舞ったり。もっと昔はお神楽なんかも上演されていたのかもしれません。東京23区とは言え、畑も多かった小学生、中学生時代の世田谷です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

普通の韓国を探して3004 清涼里駅前

150 149

 2枚ともこの9月の清涼里駅前です。新装成った駅舎にはロッテデパートが移転して入っています。90年代の平屋建ての旧駅をご存知の方はその変化の大きさ、おわかりかと思います。

 2枚目は駅入り口から駅前の風景。何度も変わった空港バスの乗り場、真正面でわかりやすくなりました。広場を歩く女性の脚、この夏は本当に韓国、脚を見せるファッションが流行したのです。毎年数回行っていますが、今年のスカート丈の変化は明らかです。ホットパンツというのかな?短いパンツもしばしば見かけられました。昔は韓国女性、高校を卒業したら、みなパンツだった感じ、店とかの制服を除けば一部のサモニム以外の大人の女性はみなズボンというふうな感覚がありました。時代は変わる、というところでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記423 福島潟の秋

038 039 040 041 042

 自転車でも来たことのある旧豊栄市新鼻乙という場所、福島潟の一部です。昔の地図の上では湖でしたが、干拓により田んぼに生まれ変わった潟ですので、各所に排水路、新しく造られた川が走っています。本来の湖としての部分はほんの少し、公園として整備されて残っていますが、湖だと思って行くと広い田んぼ、そんな場所です。

 阿賀野市から旧豊栄へ向かう道の途中、少しだけ家があり、その数戸のための橋がかかっています。秋の日、ちょっと車を停めて写真を撮りに橋の上へ行ってみました。川岸の黄色いのはセイタカアワダチソウ?外来植物ですが、これも自然と言えば自然なのかな?と最近思い始めています。自然も変化するものですから。

 今日は休み、でも、今朝も早起きしてベッドの中でテレビを見ました。小さな旅というNHKのプログラム、金沢市の紹介でした。これは知らなかったのですが、街の中に泉があり、水量豊富な用水路が各所に走っているのは魅力的です。江戸時代の名残を残す街というのも、こちらは有名ですが、観光の面ではどうも新潟市はかなわないあと思いながら見ていました。新潟の観光の魅力、、、なにがあるかな?といろいろ考えてみましたが、先日取り上げた路地とか、あとは海と川、水のある風景、でも、インパクトに欠けるかな?なんて、、、無理して作った感じがあっては魅力に欠けると思いますし、なかなか難しいもんです。街の魅力を引き出して、紹介、人を呼ぶのは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »