« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

2010年12月30日 (木)

普通の韓国を探して3086 ソウル駅から望む청파동の山

383

 ソウル駅の西側の風景です。山の多いソウル、南山とか仁旺山、北岳山とか、そのまま保存された山しか地図ではわかりませんが、他にもたくさんの山があり、多くはぎっしりと家々が建ち並んでいます。このチョンパ洞の山もその一つ、淑明女子大とかがある山です。右へ低くなった峠が「萬里洞コゲ(萬里ジェ)」で、アヒョン洞の谷を隔てて梨大駅南の老姑山へ続きます。気持ちのいい朝のソウルの風景、いいでしょう?

 しかし韓国の大学、なぜか山にあるんですよね。高麗大は開運山の中腹。延世大も山の斜面。梨大もそうですし、、、場所は離れますが光州の朝鮮大も山。たとえば全くの平地の都市にある円光大とかウソク大とかはしょうがないけど、韓国、勉強は山でする、そんなイメージがあるのでしょう。歌手とかスポーツ選手、政治家も山籠りすると聞いていますし、お寺も山。毎朝家の近所の裏山(ドンサン)に上るのも修行の一つなのかも。韓国人の登山好きはこの辺にも理由があるのかもしれません。「山がそこにあるから登るのだ」という言葉も韓国人のためにあるのかな?お金持ちの住む富者村、平倉洞だの城北洞も山ですし。 とにかく、ほぼ真っ平らな新潟市に住む者には、起伏のある都市であるソウル、それだけで面白い、そう感じる都市です。東京は山があるというより、台地に切れ込んだ谷がある都市ですので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3085 コリアナホテル前から北倉洞、南大門市場へ

105 106 107 108 109 110

 2、3回泊まったことがあるコリアナホテルです。歴史のある高級ホテルですが古いので部屋は狭めです。場所も官庁街という感じで、隣りはソウル市議会だったり。初心者の緩行となると、ちょっと歩かないといけない感じがしてしまうかもしれません。管理、清掃等は100点満点でしょう。2枚目は改装しましたが昔から1Fにある高級中国料理店、名前は確か「ミスターチャウ」。昔は中華街の店のように店頭に焼き物の場所があり、美味しそうな鶏だの、赤く染められた焼き豚だのがぶら下がっていました。一度入ってみたい店の一つなのですがまだ果たせていません。

 市庁前の地下道で渡り、北倉洞を通り、南大門市場へ。韓国へ行くとまず理髪をする私をも見抜く南大門商人の日本人を見分ける眼力は大したものです。どうしてわかるのだろう? 最後はキリスト教の熱心な信者さん。前にも鍾路あたりでの写真を紹介していますが、こういう人、いったい何人くらいいるのでしょう?宗教って、「信じれば救われる」ならいいけど、「信じなければ不幸になる」という宣伝の仕方は良くありません。肯定的に生きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

2010年12月29日 正月休み1日目

 おはようございます

 大きな洗濯物、スタッフ部屋のカーペットとか石膏コーナーのマットだのをコインランドリーで家内が洗ってくれました。それを持って医院へ出てきました。石膏コーナーはデコラ張りの板の上に敷く厚手ビニルシートを張り替えるのでそれが済むまで片付きません。混むのを避け、これからホームセンターへ行き、ビニールを量り売りで購入、あと、雑貨の買い物だのをして、と、院長はまだまだ雑務があります。 唯一、今年は年賀状だけは早めに済ませたので、これだけは自分を褒めてあげたい。まぁ、のんびり正月を迎えられることでしょう。

 楽しみなのは買って来たけど見ていない映画ソフトの鑑賞。鄭ジニョンの音楽シリーズのやつ、まだ封も切っていないのがあるのですが、楽しみです。他にも、また見たいソフトもたくさん。院長机のこの脇には「潜伏勤務」と、「約束」と「面白い映画」が置いてありますが、持ち帰らないと。あとは「ラジオスター」ももう一度かな。

 お勧めの音楽なのですが、中年の方はきっとご存知のバグルス、「Video killed the radio star」というの、いいですよ。なんか元気が出るような気がします。ユーチューブとかでも出ていると思いますので、聞いてみてください。大好きな「ラジオスター」の、パクジュンフンが上手く行きはじめたあたり、寧越の町、ソウルの街、その他韓国の主な場所の風景とともに流れる名曲でもあります。日本題は「ラジオスターの悲劇」でしたが、どうもこのセンスも、あんまりですな。でも、曲は最高、お勧めです。

 그럼 오늘은 이만.(それでは、今日はここまで)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3084 ソウル 教保文庫から東和免税店前

099 100 101 102 103 104

 新潟からの韓国団体、ソウルフリータイム旅行、空港からホテルへ入る前に連れて行かれる免税店は東和かロッテでしたが、最近は寄らないツアーが増え、嬉しい限りです。ソウルのど真ん中のあたりの写真、わかる方も多い場所のものです。

 1枚目は教保文庫の新しい入り口のへん。少し鍾路から引っ込んだ場所に地下の店へ降りる階段がありました。新しくなってから初めての訪問でした。周囲の風景はこのシリーズの少し前にもアップしましたが、寂しい限り。工事用のフェンスです。

 2~6枚目は本屋での買い物を終えて光化門駅の地下道を通り、反対側へ出た東和免税店前のもの。できてすぐ見学に行った東亜日報本社ビルもできてずいぶん経ちました。3枚目、茶色いビルが教保ビル。その先はアメリカ大使館でしたっけ?大使館はその先かな?とにかくいつも戦闘警察隊のバスと軽装甲車が停まって警備している場所です。

 本屋の次の用事は眼鏡屋。秋の気持ちのいい日でしたので、地下鉄に乗り換えるよりも歩きで、南大門市場方面へ進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3083 じっくり見てみたい場所 구문소

5021

タイトルのハングル、「クムンソ」と読みます。前にこで、韓国の「沼」という感じの意味は日本とはちょっと違って滝壺などの流れがゆるやかになった深い部分を言うのではないか?と書きましたが、漢字だと「求文沼」となる地名です。

 場所は江原道の太白市。今の太白駅がある黄池(ファンジ)洞とはかなり離れたほう。昔韓国最大級の炭鉱があった街、長省洞の端、最寄り駅は銅店駅です。最初に見たのは90年代後半、当時は中央線にもセマウル号が走っていたので、清涼里から安東行きセマウルで栄州泊。翌朝の市外バスで太白へ山越えをした時なのですが、道路が小さな岩の尾根をくぐるトンネルになっている部分、何とすぐ脇を流れる川もその岩尾根を貫通するトンネルになっていたのでびっくりしたのです。さて、自然にこうなったのか?どうも、川の流れが岩尾根を貫くのは、自然には難しそう。とにかく、山好き地図好き、岩山好き、変わった地形が好きな私にとってはとてもうれしい風景でした。

 栄州から太白行きのバスなんて、あまり乗る人はいないでしょうし、けっこう利用客も多いであろう中央線太白線嶺東線の汽車が通る場所でもありません。1日に数本しか汽車が通らない嶺東線の区間を乗ったことがある方は鉄道ファンか、よほどの物好き。汽車の窓からの写真なので、あまり鮮明ではありませんが、これ、その「求文沼」の川のトンネルのものです。

 左に見える道路のトンネルは、新しいトンネル。昔は1本だったのが、今は2本掘られています。その右手、橋のところの小さな岩尾根の部分を古い道路と黄池川という川がトンネルになって貫通しています。川はすぐに手前を流れる鉄岩川と合流して、洛東江と名前が変わりはるばる釜山まで流れていくのです。江原道の太白あたりの水が釜山のあたりまで流れて東シナ海に注ぐ。何だかこれも、想像しにくい話です。また、現在の太白市の中心、黄池洞の名前の由来でもある黄池という泉が市内にあり、底の水も洛東江の水源の一つだとか。ゆっくり歩いた経験が無い炭鉱の町だった太白、いつかゆっくり行ってみたい場所の一つ、そしてこの求文沼ももう一度近くで観察してみたい地形です。

 冬休み期間の特別小ネタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

2010年12月28日 仕事納め

 2010年の診療は本日午前でおしまいです。日頃+αの掃除をしてもうすぐ上がります。院長は雑務で出て来たりもしますので気が向いたら更新をと考えています。ほとんど普通の観光には役に立たない韓国ブログですが、嬉しいことにここならではの検索キーワードで訪問してくれる方もたくさん。1年間、見に来ていただいた皆様に感謝いたします。

 正月休み期間中、新潟市の天気予報は雪と曇りばかりですが、できるだけ外で運動できればと思っています。それでは、皆さん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3082 まだまだ知らない事がたくさん

117

 韓国の言葉ですが、「能力ある人ほど謙遜になる」というのがあります。「能ある鷹は~」というのに該当する言葉だと思いますが、どうも、そのへん、まだまだの私です。でも、けっこう自分の足で歩いて、自分の目で見て、韓国語をけっこう話して、、、日本人旅行者の中ではがんばってる方でしょう?  と、また自慢ぽくなってしまいましたが、まだまだ知らない事、たくさんあります。

 バスの中からの写真ですので、あまりきれいではありませんが、これ、東大門の屋根です。小さく見えている瓦の上の飾り、あれ、何なのでしょう?怪物みたいにも見えます。他にも韓国の古い建築で、こういう屋根瓦の飾りの小さな像、見たことがありますが、いったい何なのでしょう?ノートルダムの怪物は有名ですが、建物が火事にならないように、ずっとそのまま残るようにとかの祈りを込めての像なのかなと思いますが、機会があればじっくり観察したいと考えています。

 買い物けっこう、アガシ観光けっこう、カジノけっこう、自分のお金で遊ぶならどういう韓国旅行でもいいとは思いますが、外国、似てるけど違う韓国、まだまだ面白いものがありそうです。自転車と韓国と韓国語、あとは美味しい食事、私の興味はそんなところ。2011年も楽しい人生にしたいものです。医院は今日の午前まで。正月休み、肥らないよう、できるだけ動きたいと考えています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3081 公州市外バスターミナル 

299 297 298 300

 忠清南道、百済の古の都、公州のターミナルです。長項線始発で廣川、田舎のバスで青陽。ソウルへ戻るのに、西大田行きの市外バスに乗りました。

 大きな都市には複数のバスターミナルがあります。西大田のターミナルもその一つ。メインの市外バスターミナルと高速バスターミナルは大田市の東側にあります。西大田に着いても、東部ターミナルへの移動が必要ですし、KTXを利用するにしても駅まで行かないといけません。ちょっと時間がかかるなぁと思い、この公州で降りてソウル行きに乗った方が速そうだと考えたのです。

 韓国語を話す練習を兼ねて技士ニムに話しかけました。「ソウルになるべく早く行きたいのですが、西大田はソウル行きが無いですよね?この次の公州で降りてソウル行きに乗った方が早いですよね?」と。すると技士さん、「そんななら何でこのバスに乗ったの?青陽からもソウル行きはいくらでもあるじゃないか?どうしてソウル行きにのらなかったの?」と半ば怒ったような口調。でも、なんか、時間表などを運転しつつ見て、公州発ソウル行きの時間を見てくれました。やはり私同様、前の席に座っていたアジュマも、西大田はソウル行きが無いからやはり公州で乗り換えた方がいいと嬉しいおせっかい。なんか、韓国の人のフレンドリーな様子を目の当たりにした感がありました。不慣れな外国人旅行者、、、ではないのですが、嬉しい親切です。

 結局、大きな川の北にある公州のターミナルでそこから先の切符を捨て、キムパプ包装を誂えて乗り換えたのですが、このターミナルの周囲、えらく発展していました。90年代後半、全州、大田、西大田ターミナル(周囲のアガシの店が朝早くにもやっててびっくり)、扶余と回ってきたときのここ、周囲は空き地だらけでしたから。やはり市内の中心部から広い郊外へ移転したばかりだったのでしょう。でも、今は、モテルだの飲食店だのアパートだの、すっかり町中という感じ。ちょっとびっくりの公州再訪問でした。

 4枚目、韓国にしては落ち着いた色調の塗装のバスがあったので、1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3080 鍾路歩き 教保文庫まで

093 094 095 096 097 098

 5,6枚目が教保文庫脇の道。昔はピマッコル入り口があったり、ボゴキンもイナムジャンも、ナクチポックムの店だのもあったあたりです。人口の池を備えた遊歩道になるようですが、やはり昔のままのほうが趣がありましたよね。3,4枚目もその手前のあたりの再開発区域。だんだんソウルの古い街が失われていくのは寂しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

普通の韓国を探して3079 京東市場 東西市場 清涼里在来市場

353 354 355 356 357 358

 一口に京東市場と言っても、薬令市場、狭義の京東市場、果実中心の東西市場、その先の清涼里在来市場、さらに大通りの南にも鮮魚市場と野菜市場があり、非常に広い範囲の市場複合体という感じです。

 1枚目は京東市場の入り口から京東市場には入らず、大通りと並行した道を進んだあたり。この辺の韓薬材料、干した葉っぱや木の実、木の枝なんかを置く店の中に少しだけ本物の瓢箪で作ったひしゃくである「パガチ」を商う店があります。その他は果物店が多い感じ。珍しい「黒トマト」が売られていました。最近できたという新しいトマト、味は同じような感じなのかな?ニンニクも黒いのが珍重されますが、ゴマも、なんだか黒の方が栄養がありそうですね。

 2枚目の果実市場を抜けると3枚目4枚目は清涼里在来市場の入り口。5枚目はその中の様子です。韓国、魚の鮮度(特にイカ)はあまり気を使わないふう(刺身屋は別です)なのですが、貝の類の豊富さはすごいです。むき身もたくさん。人件費の安さもあるのでしょう。でも、うらやましい限り。一度台所を借りて自分風海物湯をやってみたいものです。

 この後も京東市場へ戻り、あれこれ探して、、、とにかく、この巨大市場コンプレックス、飽きることはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3078 국군철도수송지원단 

382

 タイトルは「国軍鉄道輸送支援団、写真の場所はソウル駅、西口そばの一角です。

 休戦中の国である韓国、大きな駅とか、バスターミナルに軍人専用の切符売り場みたいなのがあり、書類を記入して軍務での移動の際の乗車券を発行してもらっているようです。駅とかターミナル、どこでも若い兵隊の姿を見かけます。昔に比べれば期間もずいぶん短くなったと聞いていますが、やはり大変でしょう。でも、そのおかげか、韓国男性、一部の例外はあれ、みな屈強なイメージ。いろんな訓練を受けた軍隊経験者、ケンカしないほうが良さそうです。 でも、前にも書いたかもしれませんが、北の間諜などさらに特別な訓練を受けた者はもっと強いとかで、「1人に対し3人以上でやっつけろ」という規則みたいなのがあると聞いています。早く平和的な統一が為されればいいなと思いますが、韓国にとってものすごい重荷を背負うことにもなります。でも、きっとうまくいく、多くの韓国人はそう願っていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

2010年12月26日 新潟市 万代シティ レインボータワー

043 044 045 046

 今日も多忙です。なんとか自転車にて出勤、メールを見て、ブログを更新、診療準備、あとは診療開始というところです。酒無しデー2日目でもあり、快調。ただ、ホントに忙しい。午後は少し早く上がれるので軽く何か自分へのご褒美をと考えています。

 写真は新潟市の信濃川そば、万代シティの夕暮れ時の様子。レインボウタワーという展望塔がありますが1度しか乗ったことがありません。街灯と合わせてちょっと面白い写真になりました。今日、明日、明後日と仕事して正月休み、6日間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3077 ソウル 鍾路区庁前から教保文庫へ

087 088 089 090 091 092

 中央地図文化社前を過ぎるともうすぐ鍾路区庁。鍾路という名前は大抵の人が知っているでしょうが、その北側は仁寺洞とか各王宮なんかを除き、案外観光客には用が無い街です。でも、大昔のソウルの中心はこの鍾路と栗谷路の間の町、区庁だの警察署だの、、、朝鮮時代からのソウルの中心はこのあたりです。ただ、再開発が進み、4枚目のように工事用のフェンスに囲まれた地域があちこちにあります。10年、もしかしたら5年後にはこのあたりももっともっと変化している可能性もあります。タイトルの教保文庫まではもう少し歩かないといけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3076 祭基洞駅から市場へ

347 348 349 350 351 352

 11月の朝、1号線でチェギ洞駅。前にちょっと紹介したパガチを買いに京東市場を訪れました。8時半頃の写真ですので、まだ人通りは少なめ。陽光も斜めなのがわかる写真です。清涼里寄りの出口から出て、薬令市場の入り口を過ぎ、いつもの交差点へ。角に大きな高麗ニンジンの店がある十字路はソウルの北と南を結ぶバスのかなりの路線が通る大事な場所です。そこを渡ればもう京東市場の一角。歩道まで露店で埋まる盛況です。左へ少し行けば6枚目、斜めの市場へ入る道の入り口に着きました。さて、パガチ、前にも見ていますが、どの辺の店にありましたっけ???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »