« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2010年2月27日 (土)

普通の韓国を探して2667 ソウル清涼里・市場の小路にピンクの灯り

312 311

 ソウル特別市、、東大門区かな?清涼里のあたりです。1枚目は大通りの南側、鮮魚市場の入り口あたり。夜は割合早く店じまいしてしまいます。奥には青果の市場、細かいものでなく、白菜や大根、そんな大量に使う野菜の市場、荷降ろし場があり、早朝の風景はなかなかの見ものです。日本のようにきれいに包装されないままの野菜がトラックに満載状態でやってきます。その場でおろして、外の葉っぱとかいらない部分を除いて、、、そんなゴミの部分の量も大量。それを求めて鳥が集まっていたり、、、なんだか食いしんぼの私など興奮してしまうような食べ物の洪水です。

 2枚目は聖パウロ病院からガードのほうへ行くバス通り。左手は588ですが、反対側、前にここでもピンクの灯りがともる小路5枚全部別の日、というのをアップしましたが、その小路の清涼里側です。昔、90年代はこのバス通りにもピンクの蛍光灯がともるガラス張りの店がたくさんありました。今でも無くはないでしょうが、10分の1になった、そんな風に感じています。何度か書いているとおり、良いとも悪いとも言えません。世界中そうなんですもの。韓国がややストレートすぎるかもしれませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記410 やっぱり港町はいい?

462 469 492 493

 木更津シリーズはまだちょっとありますが、気分を変えて横浜です。前の前の学会の時だったかな?今年もでも、日矯学会大会は横浜です。

 わが新潟も港町。でも、平らな場所なので川のそば、海のそばに行かないと見えません。尊敬する先輩である前畑先生の診療所、今は中心地に引っ越しましたが前は佐世保の港のすぐそばで、裏の窓を開けると港でした。「浩然の気」とか言いますが、海とか川を見ていると気分が穏やかに、気持ちが大きくなるような気がします。できればそんな、水のというか水面が見える場所に住めたらいいなぁって考えています。

 動物の体の大部分は水ですし、生命も水の中から生まれました。エネルギーは太陽由来がほとんどでしょうが、人と水、切っても切れない関係にあると思います。

 本日は忙しく働いて、明日は休みの日曜。でも、東京で開かれるセミナーに参加予定です。今夜行くか?明日行くか?ともあれ、いい気分転換になりそうです。そういう講習会、1日1つ、役に立つことが得られればオーケーと考えています。そして実行するのは自分。変わること、変えることを恐れては進歩はありません。さて、どんな話が聞けるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

すばらしい韓国の食事521初めて食べたもの、「곰피(コムピ)」

220 221 222

 知り合いのアジュマの店、ホリディイン城北ソウルのすぐ裏手の店「プルティナ」のまかないです。話ができるように早めの時間にお邪魔することが多く、何度か主人アジュマとその旦那さんの妹さんのアジュマ、2人の夕食を一緒にごちそうになったりします。

 この時はテンジャンチゲでした。味噌も全南の親戚に頼んでのの自家製とのことで、在来型の豆っぽいからいもの。とても美味しいです。ご飯を大きく切った海苔にのせ、醤油中心のヤンニョムを少しつけて食べるご飯もなかなか。特にこの海苔、初めて食べる香りの高いものでした。私の人生で一番美味しい海苔だったかもしれません。

 そして今回のテーマは1枚目の左の皿にのってる深緑の海藻なのですが、昆布(タシマ)でもなく、わかめ(ミヨク)でもないコムピという冬から春の時期にだけ食べられるというものでした。たぶん年中あるのでしょうが、発芽した初期の薄く柔らかいものを食用にし、それ以外の季節は硬くて食べられない、そんなだと思います。で、このコムピがまた美味しいんですよ。

 新潟市あたりでもこれからの時期、大潮のときの干潮時などにテトラポッドについたワカメのほんとうの若芽をとることができます。それがまた美味しいんです。自分で海へ行って自分で採った人しか知らない本当の若布の香り、そんなのがこのコムピにもあったのです。日本語の検索では「コムピ」はほとんど出てきません。もしも冬から春にかけての季節に韓国へ行くことがあれば、ぜひ食べてみてください。海藻ですので素朴な香りですが、本当に美味しかったです。

 韓国の食の話をするこのブログ、コムピの紹介はたぶん日本語サイトでは初じゃないかな??だとしたら嬉しいです。数年前にここでアップしたソウルは広蔵市場のユクフェ(ユッケ)専門店(実はハンチもある)「姉妹(チャメ)チプ」もたぶんここがネット上では日本初紹介(お客で行った人はもちろん前にもいるでしょうが)。

 その数ヵ月後に芸術新潮だかの韓国特集でソウルのグルメハラボジの案内で紹介され、その後は一気に観光サイトなんかでもどんどん取り上げられました。うふふふ、私が先だったな、って嬉しかったもんです。ほんとに本当に一番かどうかはわかりませんが、、、そう思っていましょう、えっへんっっ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記409 木更津10

081 082 083 084

 羽田に降りる飛行機が上空を通過。気持のよい秋晴れの日でした。2,3枚目はたぶん、前に紹介した江戸時代とかからのメインストリートに代わって、でも、けっこう古い時期に海岸のほうに造られた新しいバイパスの国道だったと思われる道です。今は内陸を通るもっと広い道が国道になっているようでした。木がいかにも暖かい海岸の町って感じです。

 4枚目は港と、ドラマにも出てきた赤い橋です。あまり使われている感じではない、そんな橋のようです。渡った先に何があるのでしょう?この辺でまた駅のほうへもどってしまいましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2666 夜の往十里

067 701 711 721

 延世大歯科大の教授との会食を終え、帰ってきたときの写真です。観測史上最高の大雪を記録した後のソウル、あちこちに雪の山が残っていました。「冬だよ~」という感じの写真4枚です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

すばらしい韓国の食事520 野菜スンデのスンデクッk

3621

 一時は毎朝の朝食に食べていたスンデクッパプですが、最近はテンジャンチゲが多くなっています。わかりやすく言うと「豚骨スープかけご飯」というところですが、韓国人でも豚の匂いを敬遠する人も多く、食べられないという方も多いメニューです。

 豚の骨や内臓、慶尚地方では肉も、みんないっしょくたに煮込んでスープをとり、肉や内臓は途中で上げてスユクというかコギアンジュにしたり。食事用としてご飯を入れた容器にスープと内臓、スンデ、時には肉を入れて供するご飯がスンデクッ(スンデクッパ)。店ごとに、地方ごとにいろんなバリエーションがあるメニューです。

 今回の写真は野菜スンデのスンデクッ。スンデクッパプにもいろいろあるし、スンデにも本当にいろいろ。屋台の2000Wのは98%が春雨、あとは血とニンニクだのの香辛料。専門店だともち米だの野菜だの、ひき肉だの、いろいろ凝ったものがあります。また皮にする腸も厚い大腸を使ったものがあったり、、、興味は尽きません。話を戻すと、この一杯は、野菜中心のスンデと豚の内臓を入れた割合大人しめの味のスンデクッ。中身には野菜の他、卵やひき肉も入っている感じで、なんだか美味しい餃子のあんのような感じでした。人よりたくさん韓国に行っているとは思いますがまだまだ知らないことばかり。謙虚に研究を続けたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2665 ソウル・清渓川4街

3631_2 3641 3651

 チョンゲチョンの裏通りを歩きました。小さな鉄工所とか部品関係、そんな町工場が多い場所です。2枚目は前にもアップしたかな?古いものと新しいものが混在するのがソウルの魅力ですが、古いもののほうが多数を占める江北、旧市内のほうが私には性に合う感じです。3枚目、チョンゲチョンに出てみると向かい側、商街の一部が教会になっています。何度も通って知っていると思っている街でも常に新しい発見がある。その辺も楽しいソウルの街歩きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記408 木更津9

077 078 079 080

 時間は午前の10時ころだったと思います。人も車も少ない木更津の町、ゆっくり歩きました。海のほうへ向かうつもりです。閉館した映画館でしょうか?日本全国、こういう風景はあるのでしょうが、海の近くの漁師町だった木更津、昔の様子はどんなだったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

2010年2月23日 ちょっと前の記事の続きです

201 200 203 202

 4枚目は前に挙げた写真です。カレンダーに行事が書かれ、予想参加者数が出ていますが、ここ、千駄ヶ谷というか青山というか、国立競技場のそばのホープ軒というラーメン屋さんです。10何年振りかで食べたのですが、昔はもっと美味しかったような、、、でも、久々で美味しいラーメンでした。何千人、何万人という人が集まる催しのときにはすごい混雑になるのでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2644 零下20度の町・鉄原郡東松10

300 301 302 303

 昨年冬に近南面六丹里と瓦水里、今回は葛末(新鉄原)と東松(旧鉄原)、駆け足で見て歩きましたが、午前中のバスでソウルに戻ることにしました。東ソウル行きです。

 3,4枚目は東松を出てすぐの風景。この辺、部隊も多いため、写真を撮るときは注意が必要です。へたに目撃され、間諜申告でもくらえば、検問所でバスが停められ、M16を持った兵隊さんが乗ってきて拘束。2泊3日の旅行が強制的に4泊5日くらいになる可能性もありますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記407 木更津8

073 074 075 076

 赤い橋を渡って北へ進みます。ぽつぽつスナックなんかがあります。木更津の繁華街ってのはいったいどの辺なのでしょう?駐車場が目立ちます。寂れた街の特徴かもしれません。わが新潟も中心部はそんな傾向が見え始めています。3,4枚目、今までもそうですが、葉っぱの厚い、常緑樹が多いのは比較的暖かな海辺の町らしく感じます。知らない町、古い町を歩くのはそれだけでも楽しいものです。遠くへ行かなくても、お金をかけずに楽しめるのが街歩き、今風に言えば路上観察なのではないかと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

普通の韓国を探して2643 零下20度の町・鉄原郡東松9

296 297 298 299

 金鶴山、本当に立派です。地図を見ると磨崖仏もあるみたい。雪のない時期に登ってみたいとも思いますが、この辺は至る所軍事施設だらけですので、どうなのでしょう?カメラを持った外国人が山をうろうろしていて演習中の陸軍の舞台に会ったりすると、、、ちょっと不安もありますね。

 1枚目、「駐車禁止」とペンキ書き、いかにも韓国です。自分とこなのですからこれでケンチャナヨってとこでしょう。看板、「ナゴヤ」とあります。2枚目にも見えますが日式の店でしょうか?ご主人が修行したのが名古屋なのかな?なんても思えます。右手のビルには「中華料理」という表示です。建物に業種を書いて、、、店名は書かないでいいのかな?

 寒い中、歩いて、自販機コーヒー、量が少ないけど、ほっとするひと時を過ごし、またバスターミナルに戻ってきました。やはり零下20度、寒いです。4枚目はターミナルの中ですが、ここ、公衆化粧室が待機駐車場の一番奥にあるのが見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記406 木更津7

068 070 071 072

 ドラマの中でしばしば登場した赤い橋です。ストリップ劇場はこのすぐそばにあったのに、どこだかわかりませんでした。周囲は割合静かな街という感じですがいくつか飲み屋もあったり。昔からの漁港ですので、案外パーッとお金を使う、そんな風習もある街なのかもしれません。ドラマの撮影はたぶん2000年直後。ちょっと寂れた感じの古い町も好きですし、キャッツの5人がこの辺で撮影、それだけでもなんだか嬉しくなる私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

普通の韓国を探して2642 始興市月串・왕새우と 전어

690 691 695 696

 漁港と埠頭、そして海産物直販場を紹介している月串新都市です。1枚目は前にアップしたと思いますが、不思議な場所です。韓国の西海岸、西海沿岸にあるたくさんの干潟、どんどん埋め立てられて新都市だの工業団地、農地、そんなのに変わっています。いいのかなぁ?もったいないなぁ、そんなふうに思っていますが、これも外国のこと、文句は言えません。

 1,2枚目に見える池というか水面はたぶん埋め立てで残った元海の場所。流れないので汚れてしまうのでしょう。見た目はきれいですが、たぶんダメです。2枚目右手遠くの黒っぽい建物が3枚目の左すぐにあるビル。モテルです。1,2枚目の建設中の高架道路、既存の道路をオーバークロスする部分だけ未着工の様子。立ち入り禁止の赤白のフェンスがなんだか面白くてシャッターを切りました。今回のメインはですので3枚目です。

 その同じ場所、背中側は刺身屋さん。「ワンセウ」、「チョノ」とありますが、いずれも韓国西海岸の秋の風物詩である「王エビ(たぶんタイショウエビ)」と「コノシロ(こはだ)」という横断幕。こういうの、たぶん韓国すごく安く作れるのです。2009年9月下旬の写真でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記405 木更津6

061 631 066 067

 何で木更津がタヌキの町なんだろう?って思っていましたが、事前にちょっとネットで見て知りました。有名な同様にも出てくる「しょうじょう寺」(漢字失念)というお寺、この木更津にあったのでした。1枚目川の対岸の森がそのお寺の境内の一部です。

 川に沿って、ストリップ劇場の設定だった建物がある赤い橋のほうへ歩きます。昨日も書きましたがやはり水面のある風景はいいものです。海でも、川でも、池でも。昔の庭園、池を作るのはそんな目的だったのだろうと想像しています。1,3枚目は下流方向、2,4枚目は上流方向。いい雰囲気の千葉県の川という感じ、わかっていただけるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2641 零下20度の町・江原道鉄原郡東松

292 293 294 295

 韓国では割合珍しい野良ネコです。この朝の予想最低気温は零下26度。韓国でも最も寒い地方の野良ネコ、ちょっと意外でした。2枚目は角を曲がってやってきた子猫。昨年秋の子供のようです。こちらと目が合った瞬間、さっときびすを返して逃げてしまったので追いかけて3枚目。小さく子猫が映っています。親子かな?ともかく、厳しい寒さの中、生きている動物、なんだか感動です。

 4枚目は反対側へ歩いた角。モテルですが、地下はルームサロン「ウォシントン(日本語だとワシントン)だって。こんな田舎にでもあるのですね。ソウルとの値段の差はあるのでしょうか?「10%」、「テンプロ」=最高級という言葉があるそうで、先日お会いした大学教授のお話では最高級ルームサロン、2人で遊んで600万Wなんて店もあるそうです。未だに月収100万位の人も多い国なのに、、、接待なのでしょうが、韓国、どこかおかしな部分がある、、、でも、外国だから、、、そんなふうに思っています。いったいどんな店なのでしょう?宝くじでも当たったら行ってみて報告しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »