« すばらしい韓国の食事576 헛개차って初めて知りました | トップページ | 普通の韓国を探して3116 忠清南道洪城郡 田舎のバスの窓から »

2011年1月24日 (月)

普通の韓国を探して3115 忠清北道丹陽郡大崗面長林里2

552 553 554 555 556 557

 韓国の真ん中というと、忠清北道の忠州市がそれを名乗っています。通称「中央塔」という昔の石塔があるからでもありますが、この丹陽あたりもまぁ、真ん中辺と言っていいでしょう。ただの田舎と言えばそれまでですけど。

 思いの外だったソウル行き市外バスが停まるこのデガン面の邑内ですが、とても小さな村です。全部で100戸くらいでしょうか?それでもこの辺、大崗面の中心地のよう。初等学校もありますし、農協、面事務所、保険センター、最近は派出所と呼ばないのかな?治安センターという警察の出張所もあります。でも、まずは裏通り。大昔、たぶん朝鮮時代からあったと思われる細い曲がった道を歩きました。

 田舎ですので、古い韓屋もたくさん。目的の醸造所はどこかな?と思いながら、また、雪が凍ってつるつるになってる部分のある路面に気を使いながら歩きました。狭い谷の底の村ですが、すごい高い場所を高速道路も走っていますし、中央線の線路も走っています。

 5,6枚目に線路が見えますが、このデガン面。中央線の2つの大型ループ線、雉岳と小白山のループのうち、後者の出口というか入り口に位置しているのです。釣りをやっている人を見かけると、「何が釣れるのかな?見ている前で釣れないかな?」と期待しますし、線路があれば、「どんな列車がやってくるのだろう?今すぐ踏切がカンカン鳴り始めないかな。」と期待します。そんな気持ちで韓国の田舎の村歩きを続けました。

 2枚目のお宅では小さな犬が「誰か怪しいやつが来たよ!」という感じで吠えっぱなし。一人前の番犬のようでした。犬も小さいし、遠いし、見えますでしょうか?

|

« すばらしい韓国の食事576 헛개차って初めて知りました | トップページ | 普通の韓国を探して3116 忠清南道洪城郡 田舎のバスの窓から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/50672731

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3115 忠清北道丹陽郡大崗面長林里2:

« すばらしい韓国の食事576 헛개차って初めて知りました | トップページ | 普通の韓国を探して3116 忠清南道洪城郡 田舎のバスの窓から »