« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

普通の韓国を探して3177 タプコル公園裏通り風景

253 254 255 256 257 258

 ちょっと右へ行けばすぐに楽園商街、というあたりです。安い床屋、安い食堂がたくさん。ほんの200mほどしか離れていない、観光食堂&お土産屋街みたいな仁寺洞キルよりも、私はずっとこちらのが好きです。素顔のソウルって感じが素敵です。でも、10年後はどうなっているのでしょう、このあたり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3176 しっとり情緒のソウルの下町

2931 2941 2951 2971 2981 2991

 少し前にアップした「ここはどこでしょう?」の続きです。まずはダニエル黄さん、お見事です。本当の韓国通、ソウル通でらっしゃいますね。あっけなく私も降参、続けてアップするつもりの続きの写真を一挙公開です。

 ソウルの新堂洞、しょっちゅう顔を出す黄鶴洞側でなく、地名の上での新堂洞。2号線の駅の南側の古い街です。「東大門」は違ってましたが、すぐ次のコメント(編集画面からコメントを1つずつ読めるのです)で、訂正。方向が違いますからね。これもお見事としか言いようがありません。

 大韓航空の機内誌で紹介されていたタッkプルコギの店を探して久しぶりに新堂駅南側の町に行ってみたのですが、結局みつからず、昔からお気に入りのヒミツのスンデクッ屋でコギアンジュで1杯やったときのものです。新堂洞と言うとずっと東大門市場寄りのトッポッキ通りばかりが有名ですが、街としてはこのあたり、昔の様子をとどめている新堂5洞あたりが私の好きな場所です。

 ともあれ、ダニエル黄さん、さぞかし名のあるお方なのでしょうか。今後ともよろしくお願いいたします。他のコメント頂いた方にもここで御礼申し上げます。写真、いいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月28日 いい日曜日になりました

003_2 004 005 006 007

 晴れ後曇り、夕方から雨という予報だった昨日、天気のいいうちに、と思ってまたまた新潟市内ポタリングに出かけました。先日の休みと同じような場所を2時間ばかりゆっくり走ってお昼を食べて帰宅。と、思い出したのが新潟県立大で開催される韓国語の行事です。前に、学院の先生などから話は聞いていたし、ちょうど休める日曜日、きっと、と思っていたのに、時間は12時半。急いでネットで調べたら1時から。車を置けるかわからないし(実際は置けました。休日ですので)、一番速いのは自転車だと思い、急いで出発。家から大形という町の県立大まで16分で行けました。ぎりぎりセーフです。

 4,5枚目がその会場ですが、講堂がほぼ満席。出場者が多いのもその一因かな。「話してみよう韓国語 第2回新潟大会」という催しです。高校生、大学生から中年のアジョシアジュマまで、2人1組で30組以上の出場。あらかじめ準備されたストーリーに自作部分を含めてのスキット形式と、フリーの演目がありました。これだけの人数そして観客が韓国語に興味を持ってくれていること、単なる韓国ファンの私ですがとても嬉しいことです。途中で抜けるつもりでしたが、結局4時くらいまで、演題の最後までいることになりました。楽しかったです。

 一つ、いいネタになるなと思った出来事があります。最初の高校生の部、上越地方の新井高等学校から何組か出ていたのですが、どうも皆、、、訛っているみたい。映画「チング」の冒頭部分、主演のチャンドンゴン、ユオソンの国民学校時代の台詞みたいなんです。こりゃぁ、教えている先生、慶南サラmだな、と思い、休憩時間に聞きに行ったら大当たり。同じ県内の公立高校で釜山サトゥリが話されていること、何だか嬉しくなってしまいました。勉強を続ければ高校生たちもいずれ気づくはず。今は何であれ、楽しく話して学んで、それでいいと思います。

 帰りは予報通りちょうど雨が降ってきて、行きよりもさらに頑張ってペダルを回して戻りました。運動もできたし、韓国語にも触れられたし、いい休みになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

普通の韓国を探して3175 ホテルソンビ204号室

254 255 256 257

 帰国前日はソウル泊と決めている私、この時も1泊だけ、ソンビホテルを予約しました。最近、強気なのか?朝食無料の分もあるのか、6000円台後半ですが、まぁ、場所の良さも、部屋の広さ、管理の良さもあり、納得です。珍しく低い階でしたが、狭いタイプの部屋。でも、1人なら充分です。

 北側に2つ、南側に4つ、1つの階に6つ部屋があるのだと思いますが、南の真ん中2つがちょっと狭いのです。2階なら、201,202、205,206号が広く、3と4が少し小さめなのかな?早く着いて頼めば、広い方にしてくれるのではないかな?まぁ、鍾路の真ん中、仁寺洞すぐ、いい場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3174 タプコル公園の裏通り

245 246 247 248 249 250 251 252

 誰でも名前は聞いたことがあるであろうタプコル公園、南側は鍾路に面した直線ですが、北の一辺は斜めになっていて、北西の角から北東の角までは斜めになった道。「三一独立運動」の様子を描いた絵が掲げられていた道。今はその絵、あったかな?

 私のソウル散歩、前だけでなく、左右の路地、また、時には後ろを振り返ったりしながら、面白いもの、面白い風景を探しつつ歩きます。どっちかと言えば古い物が好き。日帝時代、できればもっと古い昔の名残なんかがないかな、と思いながらの散策、この鍾路3街あたりは絶好のポイントです。ハングルの読みは解説しませんが、ご質問があればお答えします。

 本日は休みの日曜。料理に使う豚足を買いに出てきたついでです。いい休日になりますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

普通の韓国を探して3173 話のタネになった話

203 202 206

 2枚目のデイパックを置いてある席が8号車9番B席、私の場所でした。話には聞いていましたが、まさか自分がここに当たるとは、、、ちょっとびっくりでした。反対方向だと料金が安いんだったと思いますが、けっこう空きもあったのに隣りには若い男子学生さん。早い時間の汽車でしたので話相手にもなってくれないし、、、私は地図を見たり、ノートを書いたり。窓際で無かったので写真も撮れず、ちょっと退屈な2時間半になりました。

 真ん中のテーブルは固定式で、畳まれた部分を開くと3枚目のようにちょっとしたスペースができます。まぁ、いい経験でしたけど、次は普通の席の窓側がいいな、と思っています。

 何度か書いているように、韓国の汽車の中は寝る場所でもあります。はっきりと「大きな声での会話は禁止」という表示もありました。これは昼間も共通ですのでハングルが読めない日本人のグループなど、はしゃぎすぎで叱られる場面、無いといいけどなぁ、というところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 まだまだ聞き取りがダメです

009

 今朝も4時前に起きてしまいました。あったかい布団の中は天国です。「寝られない寝られない」とか、「寝ないと寝ないと」と思うのはマイナス志向。眠くなったらまた寝るし、ということでKBSラジオをつけました。

 女性アナが大学の先生かな?慶北大のなんとか博士に話を聞くコーナーで、「ケッポ」という、たぶん植物の話です。植物も好きですが、韓国語ではまだまだ手が回っていません。さて、いろんな呼び名がある植物であるケッポ、ケッポドゥル、、、何だろうと思いながら話を聞きます。「~ドゥル」は「~たち、~の類」という意味だと思って聞いていましたが、どうも全部合わせて「ケッポドゥル」のようです。寒いけど、辞書を見るか、見ないか?迷ったけど布団から出て小学館の辞典を出しました。

 さて、でも、聞いただけの単語、「ケ」が「アイ」なのか「オイ」なのか?また、日本語の小さい「ツ」はどうやって出てくるのか?いろんなパターンがあります。でも、運がいい今朝はすぐにケッポドゥル、見つかりました。갯버들はネコヤナギでした。途中で出てきた仲間の「キポドゥル」というのは辞書に出ていませんが、やはり柳の類なのでしょう。すぐそばに「柳行李」という言葉までみつかって、ちょっと嬉しい朝でした。これは日本語かな?「ボドゥルコリ」で「柳行李」です。

 しかし、はたとまた気が付きました。日本語だと「猫」柳なのに、韓国語では「犬」柳なんですね。似ているけど違う、2つの言葉の面白い所、また見つけてしまいました。韓国語ノートにはちょっと前にメモした「赤手空拳(적수공권)」もあります。これは日本で言う「徒手空拳」。これも面白いでしょう?

 その後は口蹄疫予防の案内、フィリピン花嫁ジャスミンさん登場の外国人を優しく受け入れよう、同じ人間なのだから、という人権啓発の案内。4時53分に何かの歌、そして56分に愛国歌を4番まで。で、5時にニュースでやはり今日も一番はリビアの話でした。

 年を取ると自分では気づかないでも確実に耳が悪くなります。聞こえが良くても細かい音が聞こえない事もあるでしょう。でも、たくさん聞いて少しずつ、と思います。写真はベッドわきのファンヒーターの上の貯金箱。昨年11月にソウルの北村で買ってきたもので、韓国用小遣いを貯めています。もうすぐ一杯になりますが、さていくらたまっているか?楽しみです。恒常キッポハラ(いつも喜んでいなさい、聖書、テサロニケの手紙より)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3172 ソウルで一番食事代が安い街

237 238 239 240 241 242 243 244

 タプコル公園裏手です。1枚目のコーヒーの自販機に貼ってある広告、お読みになれますか?ガイドブックや観光サイトにも出ているソムナンチュオタン(ソムンナンチュオタン)は有名ですが、その他の店だって安い安い。2000Wで食事ができる街です。7枚目の店の看板はすべてが値段表。ここでも、かなり珍しいホンオ料理も5000Wから食べることができるみたい。

 よく、韓国観光サイトで「一人での食事が~」という話が出ますが、ここら辺で食べるちょっとした勇気があれば、何でも安く、1人で食えるのではないかな?私もじっくり見たのは初めてですが、次回、きっとここら辺での一食、報告できればと思います。

 何で安いかというと、昼間タプコル公園にたむろする(失礼)ハラボジ達がお客さんの中心だからです。年金生活だので小遣いは少ない。地下鉄の優待券でここに遊びに来て、無料給食にあずかるもよし、意気投合したらある人がお金を出してここらの店で一杯。きっとそんなことが毎日あるのだと思います。酒が入っての日帝時代話、独島話を持ち出されると、ちと厄介になりそうですが、前に焼酎2本持ってお話に行ったこともある私。今なら「ハングンマルモルムニダ」で逃げないでも済むかもしれません。これも、ちょっと興味がありますね。

 ともかくこの鍾路3街の裏手のあたり、男性同性愛者の集まる店も多いと聞いていますし、昼間はじいちゃん天国だし。我と思う者は是非、行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3171 下町の夜 ここはどこでしょう?

2921

 ソウルでの私の歩く場所、食べた場所、大体ここで公開しています。ソウルに詳しい方ならそれと合わせてすぐにわかってしまうかもしれませんが、ここ、どの辺でしょう?

10年ぶりくらいに歩いたトンネですが、すぐ近くまではちょくちょく来ています。昔はかなり怪しい雰囲気の店がたくさんありましたが、ほとんど無くなっていました。皆様のコメントに合わせて、ヒント、写真の追加などを考えています。電話番号は見えない、はずです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3170 何でも干してしまう韓国 

105

 10年くらい前の釜山、チャガルチ埠頭に並ぶ露天の飲み屋の店頭です。エイの類でしょうか?かなりの厚さの魚の肉が生干しになってぶら下がっています。今もこの辺、同じような感じでしょうか?鯨肉専門で飲ませる店もいくつかあって、一度食べてみたい、そんな場所です。

 ここでも、日本では見られないコウイカのスルメの話、蘇来浦口、永宗島船着場、格浦漁港、木浦の港のあたり、いろんな魚を干しているという話を書いていますが、とりあえず、余って残った魚は干してみる、韓国ってそんなふうに思えます。舌平目、マゴチ、ハゼクチ、エイ、ハモ、日本では見られないいろんな干物がある国が韓国です。

 また、干したサンマやニシンを生で食べるクヮメギも、あまり日本では一般的とは思えません。冬の厳しい寒さと、でも、天候が良いことなんかも関係あるのかもしれませんが、韓国の魚の干物文化、いろいろ調べてみると面白そうです。

 一般的に知られている、スケソウダラで作るファンテ、イシモチでつくるクルビ。こちらはいろんなところで記述がありそうですが、それ以外の魚の干物、どなたか研究してみる方はおられませんか?

 本日は忙しい土曜日。朝の更新はここまで。皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月25日 (金)

普通の韓国を探して3169 慶州市安康邑 安康市外バスターミナル

069 071 072

 경상북도 경주시 안강읍 안강시외버스터미널です。1枚目、見えにくいですがやはり慶北、「停留場」というのが正式な名前です。3枚目は、未公開の新しい1枚なのですが、安康の玉山書院そばにある浄惠寺址13層石塔。これを見に行った時の写真です。韓国に数ある石塔の中でも13層はこの1基だけ。他のどこの塔にも似ていない見事な造形美を誇る石塔です。

 金浦空港から国内線で浦項。浦項市外バスターミナルから永川行きだったかな?市外バスに乗って良洞民族村経由で安康のこのターミナル。当時の韓国語力はまだまだでしたが、何とかターミナル前で客待ち中のタクシーに交渉して行ってきました。

 釜山のあたりは台風の被害もしばしばですが、ちょっと北へ行った内陸のこのあたり、韓国でも最も自然災害が少ない地方だとのことです。秋のきれいに晴れた日、典型的とも言えそうな慶北の田舎の景色はとてもきれいでした。宮原さんの「誰も歩かなかった韓国」というちょっと変わったガイドブックでこの石塔を知り、是非とも行ってみたかった場所でしたので、感慨もひとしお。慶州の市内、普門リゾートなどへは行っていましたが、私にとっての慶州で一番の名所はこの安康の玉山書院13層石塔です。日本人はあまり行かない場所ですが、宮原さんによれば、欧米人のバックパッカーに人気だとのこと。一時日本語版も出ていたロンリープラネットというアメリカの(?)ガイドブックにもちゃんと出ていました。

 余談になりますが、このロンリープラネット、地図に飛行場の滑走路だの、「キャンプ」という区画がそのまま書かれています。欧米人はいいのかな?あまり売れなかったから問題にならなかったのだと思いますが、これを持って旅行していて何かで申告を受けると面倒なことになりはしないか、心配です。

 慶州も何度か行ったら、南山とかこんな場所もいいと思います。2002年秋の3枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事590 처음처럼 Premium を飲んでみた

339 340

 検索すると、やはりちらほら出ていますね。チョウムチョロムのプレミアムという焼酎。先日飲んでみました。白地のラベルでなく深緑色で高級感を出しているのでしょう。いくらだったか?覚えていませんが、「10年熟成させたオーク蒸留酒」を0.2%ブレンドと書いてあります。

 韓国の焼酎は「希釈式」と昔から書いてありましたが、工業的に作られたアルコール(酒精)を水だの甘味料を混ぜて薄めて調整したものだとか。そこに、蒸留酒としての何か(?)を1%加えて味に深みを出そうという試みなのでしょうが、その「オーク蒸留酒」って何なの?と思いました。「オーク」って普通、樽の材料でしょう?樫の木の類でしたっけ?ですので、「オーク樽で熟成させた蒸留酒」という意味なのでしょうが、じゃぁ、その蒸留酒は焼酎なのか?韓国で言う洋酒(ウィスキー)なのか?それとも焼酎なのか?

 まぁ、そんなのいちいち読んで考えるのは私のような物好きな韓国ファンくらいなんだろうな、、、結局カパカパ皆で飲んで酔っ払うんだろうな、、、と、そんなところでしょう。

 眞露ゴールドはほぼ見かけなくなったし、昔はメインだったと思う「チャムナムトンマルグンソジュ」もなくなったし、「山」ソジュはまだあるのでしたっけ?今のどこでもあるメインは「チャムイスル」と「チョウムチョロム」ですが、「結局いい気持ちに酔っぱらうことができればケンチャナ」なんでしょう、韓国って。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3168 ちょっと寄り道 タプコル公園東門前

228 229 230 231 232 233 234 235 236

 鍾路から楽園商街東出口へ行く道、左にタプコル公園へ入る行き止まりの広い道と言うか、広場みたいなのがあります。その辺の風景です。この一角もあの、深緑色の屋台が出る場所なのですが冬は休みなのかな? テレビでも露天商が、自分も寒いし、寒くてお客さんも来ないので休業しているというニュースを見ましたが、そんななのかもしれません。

 8枚目、湖南チプという2階の店、肉関係、特に生肉が得意な店のよう。どうも2Fだと入りにくく感じてしまいますが、物価の安いこのあたりですので、早めの時間に入ってみようかな?なんても思います。

 タプコル公園、じいちゃんのたまり場として有名です。政治討論あり、囲碁、将棋あり、中には昼間から焼酎での酒盛りもあり。タクシーの技士さんの話では家にいても居づらいから、面白くないから出てくるのだとのことでした。地下鉄は優待で無料だし、、、実際そうなのかもしれません。無料給食があったり、無料の理髪(露天で)があったり、案外ボランティアの盛んな韓国を見ることができる場所でもあります。韓国語の腕試しにいかがでしょう?ちょっと話題などの関係もあり、難度は高そうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記478 リハビリポタリング 新潟市内

003 004 005 006 007 008

 今朝はびしゃびしゃ雨。でも、昨日はいい天気で、気温も18度と4月並みだかで、南風の吹く暖かい日でした。脚はまだ痛いのですが、体重がかからない運動である自転車、2時間ほど市内を乗ってみました。

 1~4枚目は新潟西港。信濃川の河口にできた港です。栗の木川の河口部分に警察だの海上保安庁だのの船を係留する船だまりがあり、そこいら辺からの景色です。天気がいいと光の色も良好、きれいな写真になりました。

 その後はすぐそばの「ピア万代」を見て、柳都大橋で新潟島へ。昼間の繁華街、本町市場だのをぐるぐる。そして数年前に新しくなった中央公民館でひと休み。「盲導犬手洗い所」という看板が自転車置き場に隣接してありましたが、これ、何なんでしょう?水道の蛇口の絵がありますが、実際には無く、ただの2m四方くらいの空き地です。犬の足を洗う場所なのか?もしかしてお手洗いという意味なのか??不明でした。

 ゆっくり走るポタリング、ほとんど疲れません。市内であれば車との差はほとんどなく、バスで出かけるよりも速いくらいです。春のいい日に、自転車で出かけてみることをお勧めします。30分走れば相当遠くまで行けますよ?最初は近所でもけっこう。きっと車に乗っていてはわからない発見があるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

普通の韓国を探して3167 禁煙都市 仁川市延寿区のバス停

547 546 550 548 549

 昨年秋の大韓歯科矯正学会の時の仁川、松島新都市のバス停です。時刻表を見たり、ネットを見たり、仁川空港の案内所で聞いたりしましたが、結局行きはタクシーでメーター無しの45000W。帰りは、会場であった松島コンベンシアという国際会議場の案内の女性の話で303番のバスに乗れば安いし本数は多いし、すぐだとのことでした。

 会場そばのバス停ですが、1枚目、仁川市延寿区は公共の場所はすべて禁煙に、という厳しいポスターがありました。前に紹介しましたがすぐそばのシェラトン仁川も全館客室含め禁煙のホテルでしたし、国際会議場にも灰皿はありませんでした。ケンチャナヨの韓国、どれだけ守れるかは疑問ですが、このヨンス区では自分の家と車の中以外は禁煙ということなのでしょうかねぇ?

 303番のバスの話に戻りますが、3枚目、路線図のとおり、少しだけ松島新都市の中を走った後、新しい仁川大橋を渡って仁川空港まで30分ちょっとでした。韓国語での検索もできるつもりでいましたが、私の韓国力もまだまだだと感じた一件です。まぁ、189キロまで出してくれたじいちゃん技士さんのタクシーが話のタネになったのでよしとしないといけません。 最後の2枚は仁川アジア大会のポスター。前回の広州大会もかなり熱が入っていた韓国ですので、一生懸命運営、そして応援するのでしょう。成功を日本から、祈願いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3166 ハングルが読めると数倍楽しくなる한국여행

222 223 224 225 226 227

 鍾路から楽園商街の東口、5号線鍾路3街駅の方へ行く道です。ヌヌホテル(ヌヌモテル)、エメラルドホテル(エメラルド荘)=現鍾路ビズ、仁寺洞クラウンホテル、ホテルソンビなどに泊まるとよく歩く道ですが、日本語の通用度はかなり低下する繁華街です。

 でも、観光的な、日本語が通じる店には無い味があると考えています。親しみやすい国、似ている国、治安のよい国だからこそ、観光ルートを容易に離れることができます。でも、そのためにはハングルの読みは必須。ゆっくりでもいいから、看板、メニューのハングルを読めるようになれば、韓国旅行、数倍楽しくなること請け合いです。

 本日も休み。自転車に乗るか?車で出かけるか?予想最高気温は16度。春も近い新潟市です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

普通の韓国を探して3165 ヒルトンからソウル駅(地下鉄4号線)への近道

212 213_2 214_2 215_2 216_2 217_2 218_2 219_2 220_2 221_2

 前にも階段とカボチャ畑の写真だけ紹介しましたが、ソウル駅前、南山の中腹にそびえるヒルトンホテルまで、直線距離では200mちょっとですが猛烈な急坂です。少しでも近い道を、ということで主に下りで使うルートです。

 ヒルトンの玄関を出て右へ。車の進入路とは別れ、本館の建物に沿って裏手への道を行くと従業員の入り口、搬入口みたいなのがあり、そこを抜けると左手に、1,2枚目の降り口が見えます。玉ねぎ型の排気筒(2枚目)が目印。まぁ行けばわかります。1枚目のオレンジ色のテープは「警察統制線」とあり、捜査のときの一般人立ち入り禁止の印ですが、代用でしょ?ケンチャナ、ということで階段を下り、駐車場へ。

 3,4枚目はソウル城外、ソウル駅前にあった陽洞遊郭の名残。工事用みたいな階段を下って、左手にある駐車場出口(6,7枚目)を出て右へ。7枚目から8枚目の間は結構距離がありますが写真撮影はしませんでした。道路不法占拠の仮小屋みたいなスーパーでハルモニが商売してる前を過ぎ、右へ下る石段(ここは前にアップしています)を下るとその旧陽洞遊郭の入り口。「シウォッタガセヨ」という小さな声が夕方だと今でもかかることがあります。8枚目の三叉路を道なりに左へ下るともうソウル駅前はすぐ。南大門警察署の脇に出られ、すぐ左にビルの入り口を兼ねた4号線の入り口があります。

 9枚目はどうも火事のあとのよう。黄色いテープが残っていますが、これが本物の警察統制線を示すテープでした。警察のすぐ裏。刑事さん達も驚いた火災だったことでしょう。

 私も、そしてソウルの普通の庶民にも縁が無いヒルトンホテル。みなきれいな服装で出入りしています(カジノへ行く中国人、日本人観光客を除く)。歩いてヒルトンへという人は少ないでしょう。でも、カジノでスッカラカンになった人は歩くかもしれませんので、一種の韓国オケラ街道かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3164 楽園洞入口から楽園商街のほうへ

213 214 215 216 217 218 219 220 221

 1枚目、鍾路3街あたりの鍾路大通り沿い、貴金属の店がそれこそたくさん並んでいますが、その始まりのあたりです。少し3街方面へ進めば3枚目、楽園商街への道。飲食店、モテル、遊興酒店などが集まる大昔からの繁華街になっています。「ヌヌモテル」も見えますね。前に泊まった時、通路があまりに暗くて部屋の番号を間違えてカギをがちゃがちゃやってドアをがたがたさせ、お楽しみ中(?)の中の男性に怒鳴られて慌てたことがありました。裏口は広いけど、ピマッコルからの通路は狭く、いかにもラブホテル風の装飾があり、一見の価値は、、、無いかなぁ。ちょっと高いです。ずいぶん前に6万Wもしましたから。

 4枚目はなんだか可愛い韓国の消火栓。ここのにはガードは無いですが、場所ごとに車から守る工夫がされているのがあり面白いです。「元がなんだか飼い主もわからない小型の雑種犬」、「複雑怪奇な都市ガスの配管」とともに、「消火栓の防御構造」も韓国歩きの面白いテーマになりそうです。

 5枚目、昨日の写真にもありますが、ソウル旧市内で、最も伝統があり、有名だった国一館ナイトクラブのビルです。今もやっているのかな?6,7,8枚目は左へ折れた楽園商街への道。飲食店、遊興業所ばかり。昔の鍾路3街は私娼街もあり、とにかくソウルの遊ぶ場所だったと韓国人の先生から聞いていますが、そんなのの名残がこの辺なのかもしれません。少し前に紹介したプソクコギ、内臓肉などの安い豚の焼き肉店「ソレ」は、ここら辺にもあります。

 ソウルの古い街、ただ歩いて、見ているだけでも楽しい私です。9枚目は手造りの吸い殻専用ゴミ箱。こういうお茶目な韓国人も大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月22日 (火)

普通の韓国を探して3163 쓰레기를 버리는 것은 양심을 버리는 것입니다.

207_2 208_2 209_2 210_2 211_2 007

 ずいぶん前に群山西初等学校の2年生3人を連れて月明山公園の展望台に上った時の話に書いたと思います。今回のタイトルは「ゴミを(その辺に)捨てることは良心を捨てることだ」という韓国の標語です。

 韓国を愛している私ですが、どうも街角のゴミは日本よりも多いように感じます。もちろん、早朝から一生懸命清掃をしている人たちのがんばりも知ってはいますが、「そこら辺にに捨ててしまう」というのは依然、男性、特に中高年には残っている残念な行動かもしれません。

 写真はソウルの鍾路区。飲食店の多い通りの除雪して集められた雪の山ですが、最初は見えなくても徐々に雪が溶けるにつれ、隠されていたごみは濃縮されつつ姿を現します。別に韓国を下に見ているわけではありませんが、残念な点、改善すべき点の一つだとは考えています。

 日本でも雪の中にゴミをというのはあります。かなり前、新潟大の医局時代、留学生の世話係みたいなことをやっていました。国費で来ていたブラジル人の留学生、1年の期間の最後の頃、できるだけ日本のあちこちを見たいということで雪祭りの後の札幌にに連れて行ったことがあります。新潟から小樽行きのフェリーで18時間。当時は5000円くらいだったかな?安く北海道へ行けます。その時の札幌大通公園、まさにこんなでした。雪に埋めればわからないや、ということで捨てられたゴミが雪解けによって姿を現しつつある様子、大袈裟ですが、ブラジル人に対してもちょっと恥ずかしく感じた一件です。25年も前の話ですので、今は改善されているはず、と思いたい私です。

 1枚目は、韓国らしいゴミ、コルベンイ水煮の空き缶。2,3枚目は同じ場所ですが、少し前にマッシーさんからコメント頂いた「凍ってそのままのオーバーイート」が見事に片付けられていました。わかるかな?浮いている様子。4,5枚目はもうすぐ鍾路の大通りというあたり。最後は30分ほど前に銀行へ行くときに撮影した新潟駅南口です。人通りの差による少なさはありますが、雪があるからと言って吸殻だのゴミをそこらに捨てるのは日本であれ、韓国であれ、やめましょう。 本日はオープンデイ、これから来客、そしてお昼です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3162 韓国のタクシーのこと

121

 最初はガイドブック片手でも、韓国の地方を歩く人が増えるのは嬉しいことです。でも、たまに聞かれるのがタクシーのトラブル。でも、やはり外国なのですから多少は違うことがあっても仕方ありません。誤解とか無知から生ずるタクシーの苦情が大半ではないかなと思っています。知人の技士ニム、11時から1時は稼ぎ時なので電話をしてくれるな、という人もいます。意味、わかりますよね。

 写真は馬山駅前。向こう側にタクシー乗り場が見え、客待ちの車が数台。先頭に近い技士ニムは車から出て「鎮海方面」だの、「金海!」だの、行きたい方向を言ってお客を呼んでいます。 運転技士さんが行く方向を決めるタクシーがあるようです。大体、ソウルのホテル前だって、長いこと待ってて近い距離だと拒否されたり、ガックリされたり、技士さんの気持ちもわかります。

 前に神戸で、大きな病院の前で客待ちしていたタクシーに乗った時、「兄ちゃん、2時間待ってたんやで!そんな近いとこじゃ、商売あがったりや。流してるのに乗ってくれんと。」なんて感じでずけずけ文句を言われて恐縮したことがありましたが、流石関西、率直だと思い、すみませんすみませんと謝りつつ関西空港へ行く船の乗り場まで乗りました。 韓国だって一緒です。駅前やホテル前、客待ちしてる車には遠慮が必要です。

 写真の話に戻りますが、こいつぁ、待っている車は載せてくれそうもないね。と思ったら少し先、この写真を撮った場所に数人のお客さんらしい人が集まっています。最後尾の親子連れに「ヨギ?? カカウンゴセカヌンテクシタヌンゴシエヨ?(ここが近くへ行くタクシーに乗る場所ですか?)」と質問。当たりでした。しかしびっくりしたのはその後、そのアジュマが、大声で「この方は外国人でらっしゃるので、乗せてあげてください」と、ちょっと順番を飛び越えて車のドアを開けて技士さんに頼んでくれたこと。親切すぎる行為はありがたかったけれど、順番を飛ばしてまで外国人旅行者を先に乗せる、、、やり過ぎなようにも思えました。周囲の人もしょうがないな、という感じで私を先に乗せてくれましたが、こちらが恐縮してしまいますよね。

 日本人だけでなく、すべての外国の人に親切にしよう、喜んでもらおうという運動が韓国ではあります。ありがたいと思います。観光客の多いソウルはともかく、こんな慶南の地方都市でもそんな扱い、、、田舎のベテランとしてもちょっと驚いた出来事です。

 韓国のタクシーは日本の3分の1か4分の1の料金。ガスの値段は同じくらい。大体1キロ1000Wちょっとです。法律に反していなければ何をやってもいい、日本人、そう思ってしまっている方が多いように思えます。お互い、気持ちよく、できれば、お互いに嬉しくなるような旅行をしたいものです。ちょっとうまく言えませんが、タクシー技士ニム、99%はいい人だと思うのです。基本は「近距離なら流してるタクシーを」です。やむなく、停車してる車の場合は「○○ガヨ?」と聞くのが韓国の常識だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事589 元祖奨忠洞ハルモニチプの包装

259 260 261 263

 私が韓国に関する本を集め始めた20数年前からの有名店、東大入口はチャンチュン洞の老舗で、チョッパル大40000Wの包装を頼みました。皮の部分が多めで、かつ一つ一つの筋肉が小さい前足のほうが美味しいことを知っているので、特、大、中、それぞれの肉の構成について質問したら、ここはそれぞれ取り交ぜて、ということでした。それじゃぁ、量は多少少なくても前足(アプタリ)を多めにお願いしますと注文。レジのアジュマが切ってくれるアジュマに、笑いながら「このお客さん、美味しい所をわかっておられるので、お願い」と言ってくれました。

 広い店内、夕刻でもあり、ほぼ満席。できれば温かいうちにその場で食べたかったのですが、大昔から何度か泊めてもらっているハルモニのお宅に土産にと思っての包装でした。さて、前回の孔徳市場の宮中チョッパルも美味しかったし、韓国でも最も古く有名な店であるここのはどうかな?と期待して移動を開始しました。でも、偶然にも、そのお宅のお孫さんが額をぶつけて怪我をしてしまい、急患センター(応急治療室)へ行くという話になり、久しぶりにお会いした挨拶だけで、この4枚目の袋はそのまま差し上げただけ。もう一度、今度は鐘岩洞のホプ持ち込みで、この店の豚足、食べてみたいです。

 先日、日本の新潟のちょっといい店へ行った際、カニの目利きでは新潟一というご主人の話を聞きました。「カニは冷蔵庫へ入れたらおしまいだ」、とのことです。生きているのを茹でるか蒸すかして、その場ですぐに、ということです。後で食べるからと言って茹でたのを冷蔵庫に入れるだけでも味が落ちるそうです。 ちょっとこれには賛成。前に世話になった柏崎の先生の、「蟹は生きているのを自分で確認したものでないと食わない」という持論同様、当たっていると思います。蒸したての本ずわいを食える韓国、このチョッパルも冷蔵庫へ入れたらお終いなのではないかな?と予想する私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3161 ソウル早朝散歩 鍾路2街から鍾路3街へ

204 205 206 207 208 209 210 211 212

 タプコル公園正門前から鍾路3街のほうへ歩きます。2枚目はソウルの伝統ある外国語学校である、時事YBMのビル。英語はじめ、日本語、最近では中国語、韓国の人、外国語の勉強が盛んというか、沢山の人がいろんな外国語学校へ通っています。時には出勤前の1時間だったり。アメリカ人も勤勉な人が多いですが、韓国人も一緒。勉強する人はすごいですよ。

 3枚目は派出所。最近では治安センターという名前のところもあるようです。ちょっと大きい所は地区隊だったりするのかな?まぁ、韓国、あちこちで警察の人がいますし、地下街やビルでは自前のガードマン(たいていは割合高齢)も多いので、治安に関する不安はあまりありません。

 7枚目は有名な高麗ニンジンの店。正官庄でしたっけ?お金のある人など、かなりの金額を日頃の高麗人参につぎ込んでいます。信じて飲めば効く、そんなふうに思っています。8,9枚目はもう3街近くのあたり。夜中までモテルでテレビを見ていてもついつい早起きして歩いてしまう韓国、元気をもらえる国のように感じています。もう30分か1時間もすればどんどん人や車が増える鍾路の朝の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

2011年2月21日 何故か寒く感じる今年の冬

024

 写真はミノウラ製のつっぱり棒タイプの自転車ラック。2階にある私の部屋に自転車を置くつもりでしたが、流石に壁が汚れる可能性が高いため、チネリは玄関に。ということでデイパックだのヘルメット、帽子だのを置く場所になっています。

 昨年に続き、今年の冬も新潟市付近、天候が悪い日が多かったことと、1月中旬の足の捻挫でほとんどと言っていいくらい自転車に乗っていません。さらには前記の怪我のため、車での通勤が多かったので、完全に運動不足でしょう。幸い、酒の量が減ったため、そんなに肥って、ということはないのですが、何だか寒いのです。 2月になって雪の降る日も減り、割合暖かい日も増えてきましたので、若い人は真冬とは違う、薄めのジャンパーやジャケットで歩いていたり。でも、私はまだ真冬と同じ服装です。

 もしかして??と思い当たるのは「トシ」のこと。たまに行くスーパー銭湯、日帰り温泉などでも、脱衣場で観察すると冬の季節、お爺ちゃんは例外なく股引を履いています。日中も零下の韓国へ行く時だってももひきははかないぞと心に決めている私ですが、なんか、そんなじいちゃんの気持ちがわかるような気もしてしまってます。老化により同じ気温でも若者に比べ、より寒く感じてしまうという変化が自分にもあるとすれば、ちょっと困ったことです。

 もう一つ、できればこっちを信じたい仮説が運動不足です。上記のように、天候、そして脚の怪我でほとんど自転車に乗らない生活が2カ月にもなってしまい、身体の筋肉が減ってきてしまった可能性があります。脂肪を燃やすのも筋肉、そして熱を出すのも筋肉です。運動をしない期間が長引く→筋肉が減る→寒く感じる、そんなのもありそうです。

 昨年の冬まではこんなはずじゃなかった私。先週から自転車での通勤をスタートしました。もう少しで春。通勤だけでなく、休みの日の積極的なサイクリングで、また冬でも寒くならない身体に戻せたらと考えています。

 本日は午後からの仕事の日。かなり忙しい日になりそう。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事588 KE764便、763便 機内食

032 034 363 364

 1、2枚目が新潟発ソウル仁川空港行き、764便、3、4枚目は仁川空港発新潟行きの763便の機内食です。行きはビーフシチューご飯、帰りはタッカルビご飯(勝手に命名)でした。後者は唯一、ニンニクが効いてるメニューかもしれません。あとは、後者ではタクアンの細切りか、写真にあるオイチャンアチ(きゅうりの漬物)、そして生のパイナップルが付くのが違う点。朝と夕方の違いかもしれません。飲み物くらいのサービスでいいから1000円安くしてほしい、個人的にはそんなふうに思っています。まぁ、昔の冷たい食事よりはよくなりましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3160 どんどん進む線路の改良?

094 095 096 097 098 099 101 102 104

 鉄道に興味が無い方には面白くないテーマですが、12月中旬からKTXが馬山まで走るようになり、3時間ほどで行くことができるようになりました。ソウル駅から東テグまで走り、そこで前よりの10両か8両?それくらいが在来線に入り、密陽経由で馬山まで行きます。

 1枚目は密陽を過ぎたあたり。ミリャンも歩いたことがありますが、川の町、水の町という感じで、ゆっくり滞在してみたくなりました。2枚目が三浪津の慶全線分岐。このあたり、やはり新線に付け替えられている部分が大半で、並行する旧線の築堤があちこちで見られます。

 鉄道が高速で走るには、高架化、複線化、電化、そして直線化が必要なのでしょうが、速さだけの追求、車窓風景も楽しみたい日本人観光客にはマイナス面も多いように思えます。翌日乗車した釜山から新慶州経由の専用線もほとんどがトンネルでした。日本でも新幹線開業とそれに並行する在来線の問題がありますが、もともと鉄道の本数が少ない韓国、主役はバスですので大丈夫なのかもしれません。

 6~9枚目は昌原中央駅。この駅も新しい路線の新しい駅のよう。90年代後半に、初めて乗った時には腕木式の信号機も残っていた慶全線も大きく変わってきています。また地図を買わないといけなくなりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3159 朝の鍾路 タプコル公園前

195 196 197 198 199 200 201 202 203

 昼間はたくさんの観光客、そしてタプコル公園に集う爺ちゃんたちで賑わうこのあたりも朝はがらんとしています。文化財の類も多い公園ですので、夜中は入れないのですね。広い歩道に鍾路警察署のパトカーが置かれています。人通りの少ない時間なのでケンチャナヨなのでしょう。韓国のパトカー、これは2000ccのソナタですが、1600cc、1800ccクラスの小型車であることがほとんどです。日本のパトカーは何でクラウンが多いのでしょう?税金の無駄遣いという意見が出てもおかしくないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

普通の韓国を探して3158 釜山 西面 チェロモテル 40000W

174 175 176 177 178 182 179

 釜山の繁華街、西面。ロッテホテルの南に広がる歓楽街にあるモテルに泊まりました。40000Wです。大都市で、ど真ん中、まぁしょうがない値段でしょう。5、6枚目、わざわざ撮影しましたが、ベッドのマットがずれないように飛び出した部分が脚の側=テレビの側にあり、数センチですが飛び出しています。韓国の家具類、ど派手なデザインだの大きさだの、ちょっと理解できない趣味の物にたまに遭遇しますが、この飛びだした部分、はっきり言って邪魔です。テレビを見るのに座る部分でありながら、堅い分厚い合板がつき出ているので一晩の滞在で数回、尻だの脚だのをここにぶつけました。

 4枚目は釜山のマッコリ、「センタク」。7枚目はエレベータの中にあった注意書きです。愛玩動物禁止はわかるけど、モテルの部屋でカセットコンロを使う人がいるのが韓国なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事587 冷麺は別腹 そんな言葉ありましたっけ?

360 361 362

 新潟へ行くKE763便は夕方18時の出発、最終日も時間はゆうゆう、のはずなのですが、個人で行く時はどうしても早めに空港へいってしまう癖があります。重荷から早く解放されたいというのが第一の理由かも。たまに一人部屋割り増しで紛れ込む団体の時にはソウルの宿を2時だの、2時半、そんな時間ですので、かえって時間を有効に使える感じです。

 テレビを遅くまで見ていて、ちょっと寝坊、もしくは二日酔いで朝飯が遅めになると昼飯も遅めに。となると空港でってことになり、この日は出国後に水冷麺を食べました。出国後のゾーンに、ビョクジェカルビの店があります。カルビもあって、でも、焼いて出てくるタイプだそうですが、なかなか美味しいらしい、という話を耳にしていますのでそこで冷麺をと思って行ってみました。すると、食券売り場のアガシが「ちょっと待ってください。冷麺できるかどうか、聞いてみます。」とのこと。食堂内の無線電話で問い合わせると冷麺は今はダメとのこと。時間は2時過ぎです。もしかして、大鍋に機械で生地を絞り出す、ちゃんとした冷麺だから、お湯を落としてしまうとできない、そんななのかもしれません。

 しかし冷麺食いたいという気持ちは収まらず、通路の反対側の、こちらはもう少し安いフードコートへ行ってみたら、ありました。細かい氷が浮いたスープにひたされた堅めの麺。するする入ってくれます。牛肉スープとトンチミ(大根のムルキムチ)の汁の配合もちょうどよく、美味しいおやつみたいになりました。ぺラッと入ってるスユクもなかなか美味しかったけど、、、やはり次回はビョクジェカルビで食べたいなと考えています。

 この高級カルビ店、ポンピヤンという名前でやや安めの価格設定のレストランもやっているようで、空港の店も、そのクラスかもしれません。また、空港鉄道ソウル駅の地下5階、改札のあるフロアにもポンピヤンが入っています。カルビと冷麺のセットで、確かソウル駅は33000W、空港は35000W。ちょっと高いけど、ビョクジェカルビのお手並み拝見、というところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

普通の韓国を探して3157 馬山市外バスターミナル ありがたい韓国の交通費

165 166 167 168 169 170

 慶南の馬山市、最近合併して昌原市になったそうですが、釜山に似た港町です。2度目の訪問でしたが、どうも気に入ったモテルが見つからず、釜山へ移動することにしました。タクシーで駅の近くにある市外バスターミナルへ。そこで釜山西部(ササン)までの券を買ったら3500Wでした。本数もたくさん、10分おきくらいに高速バスが出ている感じで、通勤のお客さんもいる様子。4~50分乗って3500Wは安いです。

 たとえば、新潟市のバス。家の近くのバス停から繁華街である古町へ飲みに出るとすると、1時間に1本くらいしかない上に停留所10個くらい、距離は5キロくらい。それが20分ちょっとの乗車で260円。今のレートで3500Wは大体270円ですので、韓国のバスの安さ、路線の充実度がうらやましく思えます。ガソリン類も韓国、高いのに、いったいどうしてこんな値段なのかな?と心配になるほどの安さだと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事586 内緒の店でコギアンジュとマッコリ

303 304 305 306 307

 ソウル市内某所のスンデ屋さんのコギアンジュ小3000Wです。早ければ夕方に売り切れ店じまいになってしまう人気店で、この日も、内臓は売り切れ、モリコギしかないけれど、ということでギリギリセーフでした。ただの茹で肉とはいえ、なんでこんなに美味しいのか?と不思議になるような味です。サービスのクンムル(スンデクッパプの飯、肉なし)も表面にゼラチンの膜ができる濃厚さ。小柄なアジュマとハルモニ2人でやっている小さな店なので常連の方の迷惑にならぬよう、場所、店名は非公開とさせていただきます。

 普通は3000Wである酒も、マッコリだと2000Wです。5000Wの幸福な一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

2011年2月18日 私が好きな韓食 肉料理の話

811

 80年代、普通の日本人の韓国についての知識、関心などはあまり無く、韓国=焼肉、キムチ、軍事政権でおっかない朴大統領、私もそんなイメージしかありませんでした。男性が韓国に遊びに行くというと、なんかHな方面に受け取られてしまう、そんな感覚もあったと思います。韓国の人との交流も、実際に行ったことが無い者には特に無く、在日の同窓生の名前くらいしか思い浮かびません。

 それが、89年、新潟大学在職の終わりころに短期研修で出かけたアリゾナ州ツーソンで李準圭先生と2週間、顔を向かい合わせで過ごして、すごい韓国人がいるもんだって感じ、一気に韓国への関心が高まりました。その後、帰国して開業、年賀状のやり取りだけの付き合いでしたが、私の韓国熱は着実に高まって行きました。

 医院が軌道に乗ったと思われた92年に医院旅行でスタッフを引き連れての済州島、そして、95年の初ソウル、李準圭先生との再会となるのですが、基本的に韓国の食べ物に対する興味が私を引っ張ってくれたという感じがします。

 80年代に買った文春文庫ビジュアル版の「B級グルメが見た韓国」で、ソルロンタンに憧れ、しばらくはソルロンタンばかり食べていました。その後、スンデクッパプの時代を経て、今は「韓国の食事の中で何が一番好きか?」と聞かれるとテンジャンチゲが基本だと思うって答えています。

 韓国の食事も日本の食事も基本はご飯と汁、それに漬け物、キムチの副菜、とてもよく似ています。うらやましいのは韓国、野菜中心のおかず(ミッパンチャン)がたくさん出てきて、おまけにお代わり自由なこと。世界一の健康食、外食だけしていても野菜不足にならない最高の食事と、よく周囲に話しています。実際、韓国へ行くと大便が立派にという経験は皆様もお有りだと思います。

 韓国の食事→唐辛子とニンニク、というイメージもありますが、辛くないメニューもたくさん。一般にスープ料理で行くと魚系は辛く、肉系は辛くない、そんなふうに言えると思います。また、ニンニクも、加熱したものを食べている分にはすぐに臭いは抜けますし、しばしば出てくる生ニンニクを食べないという韓国人も大勢います。生のを食べると、前にも書いたように身体にしみついたような、毛穴からも臭いが出るような感じになってしまいますので注意が必要です。

 韓国の肉料理

 さて、今でも韓国、韓国旅行というと第一に浮かぶ焼肉ですが、昔の日本同様、牛はごちそうという感覚は今でも残っています。輸入牛が増えて、安く牛肉を食べることができる店もたくさん増えましたが、和牛に相当する韓牛となるとめったに食べられない御馳走でしょう。ソウルの高級な焼肉店へ行けば、1人前5万W以上もする韓牛の焼き肉、この私もだいぶご無沙汰です。また、韓国=カルビというイメージもありますが、外で食べるごちそうの一つがカルビクイ。家での牛肉料理の代表はやはりプルコギです。庭で焼き肉ができるようなお宅はめったにないでしょうし、ボウボウ炎と煙の出る焼き肉は家ではできません。何度か一般家庭に招かれて食事をという経験がありますが、かなりの率でプルコギだったりします。甘いすき焼きみたいなプルコギ、私は甘すぎであんまりなのですが、精一杯の歓迎の気持ちと受け取るべきでしょう。

 実際に向こうの方に、韓国で最もポピュラーな肉料理は?と聞くとサムギョプサルでしょうという答えが多いのです。安い豚肉が日頃の肉、高い牛肉は外食時の楽しみ、そんななのだと思います。

 秋夕前、旧正月前に韓国へ行くことが多いのですが、マートやデパート、それに新聞だのKRの車内通販などでも、故郷の実家へのお土産の広告がたくさん出ます。代表的なのが高級韓牛セットとか、冷凍アワビセット、身体にいという高麗ニンジン、生のハチミツ、薬酒、いろいろありますが、代表が韓牛セット。50万、80万、そんな高級な箱入りの牛肉が大事なお土産なのでしょう。日本の帰省でも土産は持っていくでしょうが、5万円10万円、そんな高いものは準備しないはず。使うときには派手にお金を使う、悪く言えば見栄っ張りが多い韓国らしいなと感じる1件です。

 でも、上に書いたように、カルビはどうするの?田舎の家なら庭で焼けるの?と韓国人に尋ねたことがあります。やはり豪華韓牛カルビセットをもらっても、家では焼かないで、多くはカルビチムにするというお話でした。秋夕と旧正の御馳走のカルビチム、一度食べてみたいもんです。

 さて、それじゃぁ、もっとも一般的な豚肉ですが、安い焼肉の代表であるサムギョプサルはじめ、テジカルビ、ソグムクイ、少し前に紹介したようなカルメギサルなどの特殊部位、そしてコプチャンクイなどの内臓系、コプテギと呼ばれる皮、1人前数千Wからありますので気軽に食べることができる、美味しい料理です。値段が安いからか新村あたりには豚焼肉の店がそれこそたくさん並んでいます。一人旅が多い私はなかなか食べることができませんが、韓国の豚肉、本当に美味しいです。

 今私が食べたいのは、分厚い大腸を使ったちょっと高級なスンデ、あとはチョッパル、美味しい店のモリコギなんかも、シンプルな味なのにどうしたらこの味が出るの?と思うほどのものがあります。近日中にとっておきの店のコギアンジュを紹介します。お楽しみに。お昼前、もうお腹が空いてきてしまいました。健康な証拠かな??

写真はチョッパルを包装で買いに行った孔徳市場の夕方です。いいでしょ?なかなか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3156 鍾路の裏通り夜景

320 321 322 323 324 325

 「早朝散歩シリーズ」とは別、夜の鍾路の裏通りです。一人で行っていて不便な事は肉とか刺身を食べにくいこと、あとは、飲み屋に行きにくいことです。一人で食事をしない韓国人とは言いますが、まぁ、オフィス街なんかではたまには一人めし、見かけます。でも、飲み屋は、やはり一人で入れる感じはありません。日本のようにおばちゃん相手に話ができるようなスナックも無いし、、、思い当たるのはホテルのバー。でも最近はそんなバーがあるようなホテルにもご無沙汰ですので、せいぜいがポジャンマチャか知り合いのホプとか、そんなです。漢南洞あたりには日本人駐在員向けの女性のいる飲み屋が前はたくさんあったと聞いていますが、最近はどうなんでしょ?梨泰院あたりの観光客向けカラオケとかはまだあるのかな?どうも、変なこだわりですが、普通のリピーターアジョシじゃないんだぞ、という想いがあり、日本語が通じる女性のいる飲み屋には抵抗感があります。わかってもらえますよね?こういう感覚。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3155 鍾路2街早朝散歩

186 187 188 189 190 191 192 193 194

 韓国の時間は日本と一緒。ですので、東日本に住む私なんかが冬に行くと、夕方は遅くまで明るいけれど朝はなかなか明るくならない感じ。九州に住んでいる方ですと違和感が無いのでしょうね。でもなんか不思議です。

 寛勲洞から仁寺洞、鍾路に出て、タプコル公園方面へ歩いてみました。気温の低い韓国の冬ですが、割合天気が良い日が多く、風もそんなに強くないのでわが新潟よりもずっと暮らしやすい感じがします。手袋して、首の所をうまくふさいでいれば、マイナス10度でもぜんぜん平気なもんです。

 鍾路2街交差点の朝の風景、そのままお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事585 釜山라고 하면 テジクッパプ

1861 1881 1891 1901 1911 1921

 釜山と言えばテジクッパプというタイトルですが、まぁ、豚骨スープかけごはんです。西面のロッテホテル釜山そば、西面市場の一角にチキンの店が集まる場所と、このテジクッパプの店の集まる場所があり、いずれも24時間営業。いつでも温かいご飯が安く食べられるのは嬉しいもんです。

 なかなか新潟からだと行きにくい釜山ですが、何度か行っています。テジクッパプも何度か食べていて、この西面テジクッパプコルモクも初めてではありません。で、行っていない店でと思い、一番手前の密陽テジクッパで一番基本のやつを注文しました。2枚目に壁のメニューが見えていますが4000Wだったかな?300円ちょっとで食べられる朝飯としてはベストではないでしょうか?日本にもこんな店があればいいのにって思います。

 出てきたクッパプにニラを全部ほうりこんで、セウジョッで塩味をつけていただきます。テジクッパプに似た料理として全国的に見られるスンデクッパプがありますが、それは釜山ではネジャン(内臓)クッパプになる感じ。テジクッパプと言えば豚肉だけです。

 豚の薄切り茹で肉たっぷりの汁かけご飯、身体があったまりました。ありがたいありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

普通の韓国を探して3154 仁寺洞入口早朝散歩3 

174 175 176 179 180 181 182 183 184 185

 1、2枚目はインサドンですが、3枚目からは鍾路2街と行った方がいいかも。ソウルの旧市内中心部の朝の風景です。すごいなと思うのは9枚目。近郊のベッドタウンからソウルへ来る座席バスの大群。確かに、地下鉄で来るよりも楽だったりするのでしょう。10枚目の1005ダッシュ1は私も何度か乗っている盆塘からの高速道路経由のバスです。かなりの早朝、深夜にも頻繁に走るブンダンとソウルを結ぶバスです。これだけでなく、その他の地域からもこれだけのバスがやってくる。韓国のバスの凄さ、充実度を感じる風景と言えましょう。

 本日も休診。脚の療養のため、温泉にでも行こうかな。早く走れるようになりたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事584 청량리 북경반점 새우볶음밥

351 345 346 347 348 350 349

 清涼里駅前、旧ロッテ裏手の北京飯店、また行ってしまいました。ここが1番とは言い切れませんが安くて美味しい韓式中華の店です。ここで休暇中の最後の飯を食べた軍人さんはたくさんいることと思います。あと2~3年で再開発されるという店、通うつもりです。

 チャジャン麺は3500W、コッペギ(大盛り)は500W増し。でも、ご飯をと思いセウポックムパプ6500Wにしました。セウ=海老、ポックムは炒めるという動詞の名詞形、パプはご飯、エビチャーハンです。この日、ご飯が炊きたてだったのか、ちょっとパラパラ感は不足気味、焦げた部分も見えますので、ご主人、ちょっと苦労して炒めてくれたみたいです。

 タクアンにタマネギに白菜キムチ、メインのチャーハンにおまけで、チャジャンのソースと、いつもはチャンポンクンムル(クッk=汁、ムル=水、似た意味の言葉をくりかえすのはよく韓国語にあるんです)なのですが、この日はケランタンというか、卵スープでした。チャンポンスープよりも私は好きです。写真では伝えられない、美味しい店、お勧めはやはりチャジャン麺です。

 この日、後から入ってきた老夫婦がウドンのコッペギ1つ、ふつう1つを頼んでいました。はてさて、どんな料理?中華の店のうどんは見たことないので興味津津。で、出たのはなんか、タンメンのような白い野菜入りのスープのストレートな細めんのうどん(?)。次回トライしてみようかな? 韓式中華の店のうどん、どなたか食べたことお有りですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

普通の韓国を探して3153 最後の瞬間まで夢を諦めるな

079 073 074 075 076 077 078

 新型純国産KTX電動車サンチョン(山川?)です。

 へんなタイトルですが、日本でも韓国でも見ているミュージカル「地下鉄1号線」の最後の方の歌、大好きなのですが、「ま~じまkスンガンカジ、クームクォヤヘ~、ヘ~ンボグrクmクォバ、ノルチャ~ジャオルコヤ~」というのがあります。歌詞は著作権とか厳重ですので、韓国語勉強してる方、上のカタカナでわかりますよね? 夢は最後まで諦めるな、ということなのですが、 我が新潟からのKE764便は11時45分頃インチョン空港着。入国して、荷物受取、そして税関、両替して到着出口なのですが、入国審査の混み具合、その日によってかなり違います。

 この時は大阪便と重なってかなりの列でした。早ければ12時前に出られるのに12時10分にやっと出られて、そこで考えます。バスか、空港鉄道か?機内でも時刻表を見ながら、釜山行ってバス?東テグで降りてムグンファ?それとも密陽で乗り換え?だの、あれこれ考えましたが、やはり一番は13時40分の直行KTX。リムジンバスでソウル駅へ行くか、入国時は初めての空港鉄道でソウル駅か?? バスはすぐ前で乗れるけどいい時間のが無いと20分とかも待たないとダメ。渋滞もあるし、降りてからの歩きもあるし、、、駅までの歩きが結構あるけど時間が正確な電車を選択。痛い足にムチ打って駅へ。

 ここで、12時30分の無停車に乗るか、普通に乗るか?また決断の時。でも、無停車は高いんだよな、というけちな考えが脳裏をよぎり、Tマネーも使える普通の改札に入ってとにかく直行を心がけました。メモを見ると14分、空港鉄道駅、12時25分発車とあります。普通電車の所要時間は確か53分。プラスすれば、13時18分ソウル駅。でも53分だっけ?ソウル駅の空港鉄道ホームは地下7階だからけっこう時間がかかるし、、、22分で上がって、切符買って、、乗れるかなぁ???と気をもみます。後発12時30分の無停車にすればよかったな、、けちって失敗したなとも反省。

 電車は時間通り13時18分にソウル駅地下の空港鉄道駅に到着。急いで降りて改札を抜けて、、、長いエスカレータがもどかしくも、地上へ上がってさらに2階へ。ラッキーなことに西部駅側にも割合すいてる売票所があり、2~3人の待ちで窓口。「マサンヘンハンシサーシップンチャ、タルスイッチョ?」と言いながら切符を買って13時33分。KTX387ヨルチャ17ホチャ4D席に座れました。このKTX,後ろ半分は東テグ行き。そこで切り離されて前半分が馬山まで行くのです。、ほっと一息、、、「最後まで諦めない」は大事だな、と思いつつ、ホームの時計を見たら、、まだ13時29分!?!

 前に、時計の文字盤の中のエンブレムが外れて中でカラカラ動くようになり、そのままでもいいかと思ってたら長針と短針の間に挟まって停まってしまって危うく飛行機に遅れそうに、という話を書きました。その後時計無しの生活をしていて、この時は前に買ったGショックのプロトレックというごついのをしていきました。ずっと使わずに自室に置いておいた古い時計、2年も経つうちに5分ほど進んでいたのです。ゆうゆう、間にあったのにえらく気をもまされた一件、今にしてみれば笑い話ですが、「夢は最後まで諦めるな」は大事です。

 7枚目、車両間のドアはこのボタンで開けますが静電気でパチッとしびれます。冬だけならいいのですがねぇ。ともかく、KE764で仁川に11時45分過ぎに着いて空港鉄道に乗れば、ソウル駅13時40分のKTXに充分余裕で乗れること、わかってよかったな、というところです。無停車に乗れば、12時30分発でも可能でしょう。切符売り場が混んでいなければ、ですけど。

  新しいKTXですが、いろいろ不評だった点が改良され、よくなった感じがします。車体の外観も、丸くなって、よりカッコよくなったのではないかな?

 さて、本日は出張、コメントへのレスは後日、ご勘弁ください。さて、出かけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事583 安くて美味しい소래の 갈매기살

242 241_2 244 245 248 246 249

 前に楽園商街そばの店舗を紹介したプソクコギの店、「ソレ」のカルメギサルです。食堂アジュマに頼んでの焼肉昼食でした。やはり以前に紹介した「トゥンタンジ」同様に、豚の内臓肉などを安く提供するチェーンの焼肉屋です。

 韓国の卒業式、2月の10日前後が多いとのことで、そんな式を終えた風の高校生のグループ、親子なんかでかなり賑わっています。1つの肉は500gとか600gもあり、2人分かな?それで10000Wちょっとですので、気楽に行ける安い焼肉ということなのでしょう。不景気の韓国でここ1~2年、すごく増えています、こういう店。「プソクコギ」って「付属」かと思ったけど違うみたい。どういう意味か、、、わかりません。

 注文はカルメギサル。豚のハラミでしょうか。細長いのをぶつ切りにした感じ。90年代に李準圭先生のオフィスのスタッフと一緒に江南は瑞草洞で食べましたがあの時は塩味。この「ソレ」は少し甘いもみだれで味が付いています。焼き始めて、やはり豚はよく焼いてからとのことで、5枚目でオーケー。最初はそのまま味わいますが、軽く甘じょっぱい味付けがなかなか行けます。脂はほとんどなく、かといってもも肉とかのようにパサパサでもなく、きめ細かいハラミ、美味しいです。

 1枚目は最初に出るおかずです。豆もやしはごく普通のもの。肉が焼ける前につまむ感じです。薄切りの玉ねぎはちょっと酸っぱい芥子味のたれに入れてとのこと。7枚目が入れたところですが、これが後で気づいたのですがなかなかよかったです。

 何でも食う私ですが酸っぱい味があまり好きでありません。酢のものとか、食べますが、特にありがたくありません。そのままか、醤油味が好きなのです。焼肉に酸っぱいつけだれ???と思いましたが、生の玉ねぎを入れて、肉と一緒に食べると口内がさっぱりして食べやすくなります。甘さと、醤油味、香ばしい香り、そして少しの酸っぱさと玉ねぎの香り、実に見事な調和です。たいてい肉を残すけど、ここではご飯も肉も全部美味しく平らげました。チェーン店の強みか、よく研究された味、システムだと感じました。

 この「ソレ」、ソウル市内のあちこちにあります。安い店なのでたくさんのパンチャンとか葉っぱは出ませんが、安く肉をというのにぴったりです。帰ってきて検索したらソウルナビなど観光サイトにも紹介されています。へたなガイドブック店よりも、ネット有名店よりもお勧めかなって思います。いいですよ、「ソレ」の焼肉。カルメギサルの他にもトゥンタンジ同様のコプテギ、コプチャン、おっぱい肉などの盛り合わせもあるし、とにかく安く美味しく豚の焼肉を、という店、流行るのもうなづけるなと思った味、そして値段でした。コンギパプ、テンジャンを頼んで17000W。今のレートで1300円。1人650円で美味しい焼肉、日本では考えられません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

2011年2月15日 ゴムメタル 矯正歯科 材料

001 002 003

日曜の夕方だったでしょうか?帰宅するとこたつでテレビを見ていた家内が「ゴムメタル」って知ってる?なんて聞いてきました。「知ってるさ。うちにもあるよ。去年の学会で買って、○○君に使ってうまく治ったけど、何で?」と聞き返すと、とある漫才の人の実家がその製造元で、今たくさん売れて大儲けだか、、、そんな話でした。

 さらには、今朝、こちらはレコーダーに録画したのを見たというスタッフが、「先生、ゴムワイヤーだか、知ってますか?」と同じ問い。同じように答えておきましたが、珍しく純国産、日本で開発されたちょっと優秀かな?と思う歯科矯正用ワイヤーです(写真)。

 矯正治療で主に使うのはステンレス線と、治療初期のデコボコなどがひどい時期にはニッケルチタン合金の柔らかいけど復元性が高いワイアー。昨年秋の日本矯正歯科学会大会の業者展示で見つけたそのゴムメタルは、しっかり強い力を発揮するステンレスと柔軟で、でも、復元性のあるニッケルチタン(超弾性)ワイヤーの中間の性質だという触れ込みでした。柔らかい力のニッケルチタンは、その強い復原性のため、ドクターが自分の意思で曲げることはできず、既製品をそのまま使用するのですが、このゴムメタルは曲げての調節も可能でありながら、柔らかい力と強い復原性を持っているのです。

 珍しい純国産の新しい製品、ちょっと高いけど患者さんのためには材料代をケチってはいけません。少しだけですが買ってみました。早速使ってみましたが、自分で自由に曲げられるけれど、確かに超弾性ワイヤーに近い柔軟性、復元性を持っています。ちょっと難しかったケースの治療を一気に解決してくれました。

 「2つの材料の利点を併せ持つ」、、という触れ込みの材料はいろいろ、どこの世界でもありますが、案外ハズレが多い感じがすることが多いような、、、 2つの長所を合わせ持ちつつも、短所も強調されてしまっていたり。世の中上手い話は無いんだな、という経験が多かったけど、この「ゴムメタル」、なかなかスグレもののようです。

 3枚目、「豊通マテリアル」というのがその漫才の方の実家の会社でしょうか?外国からも問い合わせが多い(スタッフの話)とのこと。たくさん売れるようになったらもう少し値段を勉強してくれたらなぁ、っていうのが一矯正臨床医の希望です。

 スタッフの話ではテレビではこのワイヤーの性能、長所、そんなのがだいぶ言われていたということですが、ちょっと専門医から見ると大げさなような気もします。治療期間の短縮には確かに効果があるけれど、患者さんの状態は千差万別。テレビの報道はちょっとやり過ぎのことが多いけど、、、まぁそれで矯正歯科、矯正歯科専門医院への関心が高まってくれるとよいのでしょうかねぇ。情報が氾濫する今現在、あまりにうまい話だと、かえって疑いの気持ちが湧いてくるのが人情ではないかとも思えてしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月15日 春の兆し=東京の雪、そして仁川の流氷

358 359

 おはようございます

 今日はのんびりの火曜日になりそうです。テレビでは東京などの雪が報じられていますが、これって春が近いことを知らせるものでしょう。2月から3月初めにかけて、私が住んでいた頃もけっこう雪が降った記憶があります。一度、小学生のころ、30センチ近く積って先生が出勤できずに3日ほど学校が休みになって嬉しかったこと、思い出します。車の増加、ビルなどの増加、暖房の余熱等々、地球規模の温暖化以外にも大都市の温暖化はあるのだと思っています。ともあれ、今年は雪で滑って転んで怪我をした私ですので、皆様、雪道にはお気をつけください。

 昔、山をやっていました。冬山もやりましたし、気象通報から天気図を書くことが日課みたいだった時期もあります。春山の危険な兆候として本州の南岸を低気圧が通過するってのがあります。そんな時に関東とかに雪が降りやすいのですが、時には日本海側、太平洋側、本州を挟んで2つの低気圧が並んで東へ移動する通称『二つ玉低気圧』というのが春によく出現します。この時、2つの低気圧に挟まれた本州中部の山岳地帯では、快晴一転猛吹雪とか、急激な天候の変化、気温の変化が起きやすく春山の遭難の大きな要因だったりします。まぁ、平地から見ると、今のような「日頃雪が降らない地方に雪が降る」というのは春の兆しって言えるのでしょう。

 写真は韓国、ソウルから仁川空港へ向かう空港鉄道が空港大橋を渡りきったあたりの江華島側の干潟です。夏にはサンゴソウ(アッケシソウ?)だか、赤紫の塩に強い干潟の植物がたくさん見られるあたり、なんか見慣れぬ灰白色のでっかい板みたいなのがたくさん転がっていました。これ、氷です。察するに1月の極寒の時期に漢江などに張りつめた厚さ数十センチの氷が海に流れ出してその辺を漂って、干潮時にはこんなふうに干潟のあちこちに載った状態になるのでしょう。

 北海道の流氷もロシアの川の氷が気温上昇で割れて、それが流れ着いたものであり、春の兆しって聞いています。韓国でも規模の違いはあれ、流氷が見られるのだなぁ、と思っての写真でした。ちょっと自分的には珍しく、面白い風景です。

 あと2週もすれば春、そんな気がする2月の雨の火曜日です。がんばりましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3152 慶尚北道 醴泉市外バスターミナル

481 482 483 484 485 487 488 489 492

 イェチョンという町、どれくらいの方がご存知でしょうか?安東のそば、と言えばわかりやすいかもしれませんが、そんなに険しくない山の中の、けっこう大きな川が流れる田舎の町です。町の少し西に空軍と民間を兼ねた小さな空港があり、一時は済州島路線とか、この安東醴泉空港に飛んでいたのですが今は飛んでいないようです。

 ともかく、そんな慶北の小さな町、前から来てみたかった場所へ行くことができました。残念ながらこの後ソウルへ戻って帰国という間にメモリーを1枚紛失。経由地の東ソウル、聞慶市店村、そしてこの醴泉の駅とか、町、市場、お目当てだった町中にある石仏と石塔の写真がありません。今回の9枚は慶北線の醴泉駅のすぐ目の前にある市外バスターミナルの様子です。小さな町ですのでバスの本数も少なめ。のどかな雰囲気満点の場所でした。

 1枚目、バスの停車場所に自家用車が、、、 2枚目は泊まったグレンドゥ(グランド)モテルです。6,7,8枚目あたり、いかにものどかな地方の小ターミナルっぽい写真です。韓国の地方の経験が無い方にはちょっとピンと来ないかもしれませんが、こんなターミナルもあるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3151 スピードがある韓国の行政

354 357 356 355

 写真は空港鉄道の桂陽駅です。ソウル駅までこの冬開通し、各駅停車でも50分ちょっと、無停車の電車(毎時00分30分発)なら40分ちょっとでソウル駅から仁川空港へ行くことができます。値段も普通の電車なら3700Wだったかな?荷物が大きくない人にはなかなか便利な交通機関の誕生です。

 ソウル駅の乗り場は西部駅寄りの地下で、エスカレーターを何度か乗って地下7階くらいまで降りるとあります。まだ利用者が少なく、すいています。で、しかし、何でケヤン駅で降りたかというと車庫入りなのか、コマン駅停まりの電車がけっこうあって、たまたまそれに乗ってしまったのでした。寒いのだけどいずれにしろ乗り換えないといけないので気付いた駅で降りました。するとそこにあったのがこんな表示。

 前にソウルの地下鉄、電鉄、乗降できる駅は限られますが日曜と慶祝日に限り一番前と一番後ろの車両には自転車をそのまま載せられること、紹介しました。なんとこの空港鉄道でも、最後方の1両ですが自転車の乗車が可能なのです。前から韓国への自転車持ち込みを考えていました。できれば、仁川空港から自転車でソウルへ入りたいと思っていたのです。橋があるので全部は無理ですが、これならば、空港大橋を渡った先のコマム駅で降りてソウルへ自走で走って行くのも可能です。

 他の荷物があると乗りにくいので誰かサポート者が必要ですが、面白そうです。この休日に限っての自転車を電車に載せていいという実験、すぐに日本でもやろうと思えばできると思うのですが、、、早くて3年とかかかりそうです。

 いいと思ったら、面白そうだと思ったら、まずやってみる。ダメならまたそこで考える。自己保身と失敗したら、なんてことばかり考えてしまいそうな日本の行政にもこんな韓国の身の軽さ、見習ってほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

普通の韓国を探して3150 私の韓国地方歩き3

085 086 087 088

 写真はKRの車内雑誌です。大韓航空の機内誌はご自由にお持ちくださいなのですが、こちらはダメですので写真を撮りました。

 「湖南平野近代建築紀行」とあります。近代建築って?と思って読んでみると、やはり日帝時代の日本建築の話でした。今ではけっこう観光客も行くようになった群山から南、井邑だののあたり、韓国の本でもけっこうそんな記事がありますし、神谷丹路さんなんかがけっこう詳しく報告してくれています。井邑に泊まり、タクシーを交渉で借り切ってあの辺の田舎を回ったことがありますが、日帝時代建築を目的にという旅行ではありませんでした。しかし韓国の方も、こんな旅行、どちらかと言えば地味な、また日帝時代というマイナスの歴史の跡をめぐる旅をする人が増えているのかなと、ちょっと嬉しく感じました。

 さて、私の韓国地方歩きの話ですが、前の項、ちょっと間違いがありました。古い韓国語学習ノートを引っ張り出してみたら2001年秋までの簡単なメモがみつかりました。ちょっと紹介すると、

1992年 初韓国。医院旅行、団体で済州島。台風の時。2泊3日。「キオクチャドモルム       ニダ(全く文字がわからない)」、「読めないと全く面白くない」

 ここで独学をスタート。

1995年9月 2泊3日 初ソウル。初めての個人での外国旅行。

1995年11月 3泊4日 APOC大会、ソウル、新大ドクターと一緒に

1996年7月 2泊3日 ソウル→議政府→ソウル キルム、チョンアム洞周辺 驚いた

1997年3月 2泊3日 登坂先生とソウル、ソウル大歯科大

 この辺で学院での勉強をスタート

1997年7月 2泊3日 群山、天安、独立記念館、初めての地方旅行

1997年11月 2泊3日 水原→仁川→ソウル 寒かった

1998年2月 3泊4日 ソウル→麗水→筏橋→木浦→ソウル 初めての国内線

1998年5月 2泊3日 大竹先生、前畑先生とソウル

1998年9月 2泊3日 ソウル→全州→鎮安、馬耳山→ソウル

1998年11月 2泊3日 KOS学会、ロータリークラブでスピーチ

1999年3月 2泊3日 スタッフと医院旅行 ソウル

1999年5月 3泊4日 ソウル→栄州→太白→ソウル→東豆川

1999年7月 2泊3日 大竹先生ご家族とソウル

1999年9月 2泊3日 長湖院、ソウル

1999年11月 3泊4日 KOS学会 新潟→大阪→釜山→福岡→新潟 ノーマル券

1999年11月 2泊3日 ソウル→全州→大田→プヨ→ソウル

2000年1月 2泊3日 医院旅行 ソウル

2000年1月 1泊2日 ソウル

2000年2月 5泊6日 カナタ韓国語学院

2000年4月 6泊7日 ソウル→釜山→晋州→救礼→順天→光州→ソウル

2000年7月 2泊3日 ソウル、テグ

2000年9月 3泊4日 ソウル→群山→保寧→安眠島→泰安→温陽→天安独立記念館

2000年11月 4泊5日 KOS学会、束草、江陵、寧越、フェニックスリゾート

2001年1月 大雪で欠航 中止

2001年2月 3泊4日 光州→南原→群山→ソウル

2001年3月 2泊3日 ソウル、盆塘

2001年5月 2泊3日 群山

2001年7月 2泊3日 群山

2001年8月 親戚が急に亡くなり中止

2001年9月 3泊4日 ソウル→井邑→群山→ソウルあ

 とまぁ、そんなでした。仁川空港ができたのは何年か?ちょっとわかりませんが、金大中大統領が開港式に出たのを覚えていますので2000年頃でしょうか?言葉ができるようになればなるほど面白くなるのが韓国地方歩きです。思うに、最初の19回、1回で1000マイルの時代にマイレージ会員になっていなかったのが悔やまれます。38000マイルあれば1回往復できるのに、、、もったいない話です。最初はこんなに韓国を好きになるとは思っていなかったんですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3149 私の韓国地方歩き2

353_2

 写真は空港鉄道の桂陽駅。ソウル駅行きの無停車の列車が仁川空港駅の方からやってきました。仁川空港は確か2002年の日韓ワールドカップに先だって作られたはず。もう10年くらいになりますので、金浦空港時代を知らない韓国ファンの方も多いでしょう。国内線庁舎と国際線の第1第2,3つの庁舎がありましたが、やはり手狭な感じ。特に日本各地からの国際線が到着する12時ころの入国審査の混雑はかなりのものでした。ただ、国内線への乗り継ぎが簡単という点、市内中心部までタクシーに乗っても20000Wもかからない、そんなよい点もありましたけど。

 さて、95年9月の初ソウル、その後11月に2回目。そして96年夏に初地方で議政府、次の11月、4度目のソウル行きの時に水原へ行ってみました。まだガイドブックを端から端まで読んで、いろいろ計画して、そんな時期でもありました。

 金浦空港からKALリムジンで江南の最初の停留所であったパレスホテル前で下車。タクシーで李準圭歯科。挨拶、研修を終え、これから水原に行くので2号線で新道林に出て、なんて李先生に話したら、水原へ行くならすぐそこの江南駅前からしょっちゅう水原行きの座席バスが出ていること、教えてくれました。その通りに、江南駅へ行き、常に待っている感じで10分おきくらいに走っているバスに乗り舎堂経由で水原はあっという間。今は移転してしまいましたが水原駅前にあった市外バスターミナルに着きました。

 地方旅行で目的地のターミナルに到着したら、まずは宿探しです。ターミナル周辺にも荘旅館はあるにはあるけれど、何かおかしな雰囲気。あとで知ったのですが旧ターミナルのあたり、ちょっとHな店が集まる場所だったようです。ですので、ガイドブックの地図を見ながら水原城のある市内中心部を目指し、タクシーに乗りました。あこがれの水原城、その門、でも、もう夕方で暗くなってきました。11月の韓国、昼間はいいのですが3時4時、陽が西に傾くと急に寒くなるのです。

 結局これもガイドブックを頼りに石山観光ホテルという宿に決め、フロントへ。「オヌルパム、ピンバンイッソヨ?」と会話集のままに話し、キーをもらいます。いくらだったかな?10万はしなかったけど6~7万Wだったでしょうか? しかしこの時、「ヨンスチュンチュセヨ」と頼んでも領収証をくれず、まぁそんなもんなのかな?と思って泊まって、翌朝チェックアウトの時に同じ金額を請求され、フロントマンと戦った話は前に書きました。察するに前夜のドアボーイが宿泊料を自分のポケットに入れてしまったようで、、、バレないと思ったのか?それとも、私が泣き寝入りでもすると思ったのかな?「絶対払った、なんなら警察行きましょう」、言うと、あちこち電話をかけて1件落着。その後、首にならなかったのかな?今では前夜の彼が心配です。

 結局、夕方の到着。でも、部屋に荷物を置いて水原城に近い市場を見て、スンデコプチャンを食べて早めに就寝。翌朝は早起きして暗い中を散策。大きな教会を見て、水原城の城郭歩きで3分の2周。一番きつい山の部分だけパスして、あとは城郭内の普通の街を見物して、、、なかなか楽しいなと感じました。 今では水原あたりは観光に力を入れているのでだいぶ通じそうですが、地方へ行くと格段に日本語が通じなくなります。でも、そこがまた面白いとも言えます。ホテル料金でのトラブルはありましたが、地方都市の観光的でない場所の普通の韓国人とのカタコトの会話の面白さ。水原城も良かったけど、普通の水原旧市内の街の面白さ。そんなのを知った旅行になりました。

 このブログの最初の頃に水原城の「ポンドン」だったかな?黄色いガイドブックで「異様な姿の~」という記述に惹かれて見に行った、それが水原へ行く契機だった感じです。2年続けて年に2回も韓国へ行くなんて、、、自分でも不思議に思っていた頃ですが、翌97年に民団の学院に通い始め、金洪晩先生、同じクラスの先輩アジョシたちの話を聞くことでもっともっと韓国が好きになっていったのでした。

 次回97年はソウル5回目(韓国としては6回目)にして初めての3泊4日、そして初めての国内線搭乗で、麗水。翌朝の慶全線ピドゥルギ号で光州。今は無き路線の南光州駅で降りて周囲の状況にびっくりしたり。全羅道が好きになった、そんな旅行だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事582 馬山式アグチムを本場馬山で

1591 1601 161 1621 1631

 我が家の昨晩の夕食はアンコウ鍋でした。アンコウと白菜と椎茸と豆腐と白滝、そしてネギを、ちょっとだけ甘めのみりん醤油味噌味でいただきます。美味しかったです。で、今回の写真はアグチムなんですが、「チム」=蒸し煮というのが一番適切ではないかな?少なめの汁で煮た具だくさんの煮物のこと。他にカルビチム、ムグンジチム(熟成キムチと豚肉の煮込み)なんかがあります。

 このアグチム、魚系の料理は辛いものがおおい韓国でもナクチポックムに次ぐ辛い料理の一つですが、初めてのソウルの夕食でも、李準圭先生の「何が食べたい?何でもいいよ。」というお言葉に甘えてこれを食べたのです。アンコウの身、皮、ひれ他にミトドクという小さなホヤ、そして豆もやしとセリ、基本はそんな材料をたっぷりのトウガラシとニンニクを入れてさっと蒸し煮にしたものです。で、その本場はこの慶尚南道の馬山市ということになっています。少し前に合併して昌原市になってしまったということですが、釜山に似た湾の周囲に広がる馬山市街は健在。駅からタクシーでアグチムコルモク(コルモク=通り、小路)まで行き、散策の後、また戻って「チンチャアグチム本店」だったかな?そこそこ客が入っていた店でいただきました。

 入店して1人なんだけど、小さいのできますか?いくら?と聞いたら15000W。ソウルなんかだと大と中しかないことが多く、中でも30000Wくらいはしますのでオッケー。「アグチムの小とマッコリ1本」と頼みました。すると次に聞かれたのは「乾かした肉のアクチムか?それとも生コギのアグチムか?」ということ。 こちらにコメントをくれるエクスプローラーさんのすごいブログで、マサン式のアグチムは一度アンコウを干して、それを煮るものだと聞いていたため、本場馬山式にしてもらいました。

 マッコリをやりながら待つこと数分。出てきたのが写真の料理です。これなら食えるかな?と思う量ですが、、、やはり辛かった。半分くらいでギブアップしたかな?干したアンコウの身肉、なんか堅くて、それと魚っぽい臭いがします。魚らしいといえばそうですが、もともとアンコウの身上は淡白でぷりぷり瑞々しい白い身にあると思う私。ちょっと「普通のアグチムのが好みだな」というのが最終的感想です。エクスプローラさんが書いているように、干すことによって味は濃くなるのですが、身が縮んで、、えらくアンコウの少ないアグチムであったこともちょっと不満の残る点です。

 本場馬山での馬山伝統式アグチム、ファーストゴロという感じだったかな?でも、ま、本場で本物を知ることができたと満足しないといけませんね。

 特筆すべきは写真にある白菜キムチ、山椒がたっぷり入っていたこと。「山椒」という韓国語を知らないため、「ミカンの仲間だけど、最初は緑で次に赤くなって最後に黒くなる小さな実がたくさんつく植物で、日本では淡水魚料理の泥臭さを消すのによく使われる。粒を噛み潰すと舌が麻痺するような感じの実」で、通じました。コチュカル+山椒のキムチ、この辺ではよくやるのだそうです。これも勉強になりました。5枚目、ひれの付け根ですが乾かして縮んだ様子がわかるといいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3148 私の韓国地方歩き1

166_2 167 168 169 170 171 172 173

 92年の初韓国は団体で医院旅行。その後、95年9月に初ソウル。まだ光化門のとこに朝鮮総督府だった建物が残っていた時代です。本館中央の尖塔だけ撤去された状態でした。同じ年の11月にアジア太平洋矯正歯科学会大会で2度目のソウル。この時は大学の先生とか、医局の同輩と一緒でした。96年になって、確か夏に1度、それと秋に1度くらい。その96年夏の時に初めてソウルから飛び出しました。

 私のソウル行きは瑞草洞の李準圭歯科や大学路のソウル大学校歯科大学の見学などから始まったので、基本的に団体ではなく、格安航空券を買っての旅行。泊まる場所は決めていません。初めてのソウルで荘旅館でも充分、ってわかったので、そんなです。

 最初に行ったのは新潟市の隣の新発田市と姉妹都市だった議政府市でした。1号線の電鉄で1時間もかかりません。途中、北へ行くほど軍部隊が目立つようになってきたのが新鮮でした。まだ西口は区画整理直後で、ぽつぽつビルが建ち始めたくらいの時期。東口の普通の街を歩き、ペクパンを食べて、さてどこに泊まろう?と東口の線路沿いだの、西口をうろうろ。でも、結局、気にいったモテルを決められず、また電鉄でソウルへ逆戻り。倉洞駅で4号線に乗り換え、ミアサムゴリ下車。吉音洞の方へ歩きながら途中の薬局で筋肉痛のスプレーを買いました。「たくさん歩いて脚が痛い」というのをなかなか言えず、身振り手振りを交えて「エアシンシンパス」というのを買ったのを覚えています。

 吉音と言えばミアリテキサス。96年当時はフェンスはあったもののすごかったです。結局そこらへんから左へ向かい、今でもよく行く鐘岩洞の裏通りの市場(今はありません)の裏手にあったボロイ荘旅館で泊まりました。エアコンは故障、ベッドの上の扇風機もガチガチ首振りの音がうるさいもの。おまけにトイレのタンクへの給水がダメで、自分で浴槽から洗面器でトイレのタンクに水を運んで貯めて流す始末。さらには浴槽の底はヌルヌル。でも、近所のシュポで買ってきたあまり冷えていない缶ビールを飲んで、、、そんなのも楽しいソウルの夜でした。

 翌日はもう少しまともな宿を、と思いましたが、予約無しのソウルのホテル、すごく高いのです。あちこち回って経済的理由で断念。結局、今は改装してきれいになったという話ですが、南大門市場南側、フェヒョン洞のパレスホテルに5万ちょっとくらいで泊まったのでした。まぁ、ちゃんとエアコンも効くし、当時はまだまだ物珍しかった南大門市場もすぐ。でも、男性一人とわかるとすぐにホテルの男性職員が女性の斡旋をしてきたのにはびっくり。今思えばあの辺、そういう荘旅館がたくさんある地域なんですよね。

 3度目のソウルにして、やっとソウル脱出、、、でも、結局ソウルに戻ってしまって、そんな尻すぼみの地方都市初体験でした。その後、秋の、11月の時には水原市へと行ってみました。この時もちょっとしたトラブルがありましたが、その話は次回にでも。

 写真は仁寺洞入口のあたり。昼間は観光客を運んできたバスがたくさん停車しているあたりのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 また雪が降りました

124

 おはようございます。昨日は休みの日曜、そろそろリハビリも兼ねて自転車出勤を始めようと、トレーニングまでしたのに、今朝起きたら窓の外が暗く、開けてみたらまた雪。結局車で出てきました。

 今日は朝から会計を見てもらっている所に行き、決算の打ち合わせ。これから車で出かけます。いただいたコメントへの回答、新しい記事のアップはその後に予定しています。診療は午後から。今日も忙しい一日になりそうです。

 写真は慶南馬山のアグチムコルモク。10数軒のアグチム専門店が軒を連ねる町です。本場のマサンアグチムをいただきました。次の記事をお楽しみに。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

普通の韓国を探して3147 夕暮れ時の孔徳市場歩きの続き

807 808 809 810 811 812 813 814

 マポのコンドク市場です。2枚目に見えますが、金色の高層高級アパートであるロッテキャッスルの麓にある古い市場。韓国、ソウルの面白さの一つに古い部分と新しい部分の混在ってのがあると思うのですが、ここもそんな町の一つでしょう。旅行者の勝手な趣味と言われればそれでおしまいですが、こういう古い界隈が無くなってしまうのはやはりソウルの街の魅力が低下する、、、そんなふうに思っています。

 明洞、東大門市場、南大門市場、梨泰院、ロッテワールド、COEXモール、各デパートに大型マート、有名ブランドの直営店、そしてあちこちの免税店と土産品店。それぞれの観光のしかたがあっていいと思いますが、自分の足で歩いて、面白い場所を探す。安い店を探す。数回行って自由に歩けるようになったなら、ガイドブック離れ、明洞離れができた方にはこんな場所もお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3146 仁寺洞入口早朝散歩2

156 157 158 159 160 162 163 164

 朝の鍾路区歩きの続きです。人通りの少ないインサドンキルの南の端のあたり。鍾路2街と3街の間に当たる場所。タプコル公園入り口、楽園商街入り口と言っても通じるでしょう。何でこんなところに?と思うバッティングセンターがあったり。結構夜にも飲んだ後の韓国の人達が遊んでいます。建物の間から鍾路タワー、三星証券ビルが見えると、「ああ、鍾路にいるんだなぁ」と感じる私です。165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

普通の韓国を探して3145 地べたビュー 「鍾路2街夜景」

308 309 310 311 312 313 314 316 317

 地べたビュー、堅めの薄いスポンジとか、柔らかめのゴムとか、下に敷いて固定しやすくするベースを用意すると上手く撮れると思います。私自身は準備してはいませんけど。

 ソウルの鍾路、賑やかな街角、対角線に当たる建物を撮ろうと思いましたが退勤時間でどんどん車やバスが来ます。シャッターを切っても切っても車が入りますので、こんなシリーズになりました。かえって結果としては面白い写真になってくれた感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 「구주(クジュ)」ってオディヤ? 

017

 大韓航空の機内雑誌「Morning Calm(モーニングコーム、モーニングカーム)」は持ち出し自由。チェックインカウンターにも置いてありますので、面白い記事があると1冊もらってきます。ですので、家だの医院だの、何冊かあるのですが、次はどこに行こうかな?なんて、たまに引っ張り出してmmいたり。で、その機内誌、先日マイレージのページを見ていたら見慣れない単語にぶつかりました。

 インチョン空港からのマイル距離の項、「구주.중동(クジュ・チュンgドンg)」とあります。後半は日本でもよく使われる「中東」ですが、前半の「クジュ」はどこだろう?と思い数秒考えた後、「欧州」のことだと気付きました。しかし「オウ」がどうして「ク」になるの?とまた思って出てきたのが昔の字。日本でも昔は「欧州」ではなく、「歐」の時だったはず。韓国語だとヨーロッパのこと、「歐州」で、「クジュ」になるのでした。なんとなく、「ク」と読むのが日本式でも正しいような気がする漢字です。

 少し前の記事、「嘔吐」も韓国語だと「구토(クト)」になります。「구타(殴打)」=「歐打」も確か「クタ」だったし、何だか韓国の方が昔の漢字を正統的に維持しているような気がした一件です。

 だいぶ話が飛んでしまう感じですが、先日KBS寝床視聴の中で、「공정거래위원회(コンgジョンgコレウィウォネ)」という言葉が聞こえました。これはすぐにわかりましたが、「公正コレ委員会」。韓国では商売含む取引のことを「コレ」と呼びます。小学館の辞書に寄れば「去来」と書いて「コレ」。これも、どっちかと言えば日本が漢字語の間に訓読みの言葉を挟んだ名前です。

 気付いたこと、できるだけ韓国語ノートにメモするようにしていますが、韓国語の勉強、ハングルの壁さえ乗り越えれば、日本人の脳にはすごく優しい(Brain friendly)、かつ、易しい外国語だと感じています。

 新年度、韓国語工夫(勉強)、始めてみませんか?

 忙しい土曜日です。お昼にでも新しい記事をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

2011年2月7日 私が考える理想のブログ

331

 おはようございます

 いつもたくさんの方に見に来ていただけていること、感謝します。

 ここでも何度か、このブログの一番良かった時期は2005年の秋のスタートからの1年間くらい、と書いています。できるだけ他に無い記事、情報をと思っていますが、最初の頃の、珍しい1枚の写真でじっくり語る、そんなふうにできたらと考えています(右の「バックナンバー」で行けますので時間のある方はご覧いただければ幸いです)。

 ただ、これだけ記事の数が増えると、どうしても同じことを書く機会が出てきて、その辺自分でちょっと残念。もちろん、全部の読者の方がここの記事全部を読んでいるわけではないので、そのまま書いてもいいとは思うのですが、自分の頭の中では「ああ、またこれ、書くのか」って想いがよぎります。

 写真の使い回し無しというのは可能、実際、一部の特別な記事以外はそう徹底していますが、文章というか記述では、同じ韓国、同じ場所、一緒になってしまうのもしょうがないのかなぁ。かえって「前にも書きましたが」が頻出するのもカッコ悪いですよね。

 上の1枚の写真。鍾路で見かけたちょっとたくさんは走っていないバスですが、この写真1枚で読者の方に「ふぅん」とか、「へぇ~」と感じてもらえるブログ、それが理想です。ちょっと休んで構想を練ろうかなって考えています。

 それじゃぁ、今週もカッチ、がんばって行きましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3144 夕暮れ時の孔徳市場歩き

797 798 799 800 801 802 804 805 806

 孔徳駅そば、孔徳市場です。大昔、一度来ていますがじっくり見て、チョッパルを包装でというのは初めて。前にも書いたとおり「漏電による火災の危険性」なんてニュースでも出てくる古い在来市場です。2階部分とかはほとんど空きなのかな?1Fでも、空きが目立ちますが、全体としてはまだまだ元気、そんな雰囲気です。

 前に紹介したティギム専門店、6,7枚目あたりに見える「青鶴洞」、「マポハルモニピンデトッk」なんかは大賑わいですし、4枚目の「クンジュンチョッパル」もどんどん大きくなった巨大人気豚足店です。

 狭い通路を歩いたり、また外の道を歩いたり。韓国の市場歩き、楽しいものです。魚屋も一日中零下の冬は冷蔵設備が必要ない、そんなソウルです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3143 Over eat 韓国と日本くらいだという話

178 177

 このブログでは2度目でしょうか? 韓国でのオーバーイート、食べ過ぎという意味ではなく、吐瀉物のことです。前は仁川の月尾島のフェリーボートの着く埠頭でした。

 Over eat というとなんか上品な、奥ゆかしい表現のようにも聞こえてしまいますが、飲み過ぎてのこういうの、困ったものです。 どこかの本で読んだのですが、夜の町でぐでんぐでんに酔った人がたくさんいる国は日本と韓国くらいだとか。実際、日本も韓国も酔っ払い天国。夜中や朝方、そこらで寝ている人を見かけたり、まぁ治安がいいからというのもあるでしょうが、そんな点でもよく似た2つの国です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

2011年2月7日 新潟市 かなり雪も消えてくれました

112

  先週、新潟で、釜山大に留学している先生と食事をする機会がありました。ご両親を含む友人です。大学は新潟ではないのですが、韓国の国費留学に応募、合格されて、最初は韓国語の研修で益山の円光大で半年くらい学ばれた後、釜山大の大学院で研修をしてきた方です。ずいぶん前からの付き合いなのですが、彼も韓国好き。韓国人の友人も多く、韓国を愛する日本人の一人です。 たまに日本で会うと、飲みながらの韓国話、楽しい時間を持てる人です。一緒に韓国居酒屋なんかへ行くこともしばしばで、でも、言葉が上手なのは私の方。「連れて行ってあげる」感覚というか、「私が主役」という感じだったのです。

 しかし今回久しぶりに会って、食事して飲んで最後にちょっとだけと思って韓国居酒屋へ行ってみたら、彼の韓国語、完全に私を追い越してしまっていました。語学研修の時期を含めると韓国生活も3年目になるという若い友人ですので、まぁ、無理もありませんが、うらやましさと、ちょっとの悔しさが混じった気分で彼と韓国人のご主人の会話を横で聞いていました。私も、韓国好きの日本人の中ではがんばっているほうだと自認してはいますが、やはり現地で長く働いている方には敵いませんね。

 写真は2002年冬の釜山。まだ新しい建物ができる前のチャガルチの夜明けの写真です。釜山もまた行ってみたいけど、短い日程だとやはり交通機関に乗っている時間ばかりが長くなります。次はどこへ行こうかな?なんて、昨夜もベッドの中で地図と時刻表を見ながらあれこれ考えていましたが、~市とかいう場所は大抵は行って、歩いています。唯一手薄なのが慶南の海辺のほう。巨済島とか南海島とかあっちのほう。できれば1週間とかの日程でのんびり韓半島南部をたどってみたいものです。

 脚は3週間経ちましたがまだ痛い状態で、普通には歩けません。捻挫部分をかばっての歩行でか、少し上のあたりが最近痛くなってきたり。また、インフルエンザではなさそうですが、先週後半からちょっと風邪っ気も出てきた感じ。韓国の地方都市、田舎を自分の足とバスでずんずん歩く私のスタイル。もう少し回復を待たないと難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3142 忠清南道洪城郡廣川邑の塩辛市場

219 220 221 232 233

 長項線廣川駅前から線路に沿った道に並ぶ塩辛専門店の話は前に書きました。昔から長項線の汽車に乗る度に驚いていたのですが、その奥にある市場も半分以上は塩辛の店だったのです。江景とかの塩辛市場は有名ですが、その他にもこの廣川含め、塩辛の店が数十も軒を連ねる場所、韓国にはありそうです。韓食研究は私のライフワーク、まったくもって韓国の食事に占める塩辛の重要性を認識させられる光景でした。

 メインはセウジョッ。アミの塩辛です。正月前に紹介した新潟は阿賀野川河口付近で獲れる「アカヒゲ」は小さめですが、けっこうな大きさの、釣りをする人はコマセにするのでおわかりでしょうが、殻の薄い、ほとんどエビに近い大型のプランクトンがアミ。全南木浦市、木浦漁港の衰退は近海でのアミ漁の不振が原因だといいますが、とにかく、韓国の食事に欠かせない材料の一つです。

 忘れてしまいましたが、まったく同じように見えるアミの塩辛でも、3種類だか、4種類だか、重要な区別があるとか。また、セウジョッ(アミの塩辛)だけでなく、他の小魚の塩辛、ものすごい種類があります。中にはとろけていてかなり臭いのもあったり、小さい魚は何でも塩辛にしてしまう、そんな国が韓国です。

 1斤は400gでしたっけ?最低の単位がそんな感じ。瓶詰もしてくれるようですが、塩辛文化後進国の日本アジョシにはとても使いきれそうにありません。自家製のアカヒゲ塩辛で充分だなぁ、と思いながら市場を歩きました。

 4枚目はそんな市場の端の方、「洋装」という看板が何だか昔風の言葉のように感じての1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3141 ソウル特別市鍾路区仁寺洞入口あたり

147 148 149 150 151 152 153 154 155

 昼間の雑踏は敬遠してしまいたくなるインサドン。入口からまた戻ってみました。冬の晴れた朝の散策、もう少し続きます。ソウルの町、町ごとの顔もありますし、こんなふうに時間ごとでも違った風景を見せてくれます。朝食を兼ねての散歩、暖かくして出かけてみるのも旅行の楽しみのひとつでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

普通の韓国を探して3140 5号線孔徳駅から孔徳市場へ

796 795 794 793 792 791

 目覚めが悪い我がオンボロコンピュータのせいか、それとも、まだ掴めていないニフティブログのせいかわかりませんが、写真の順番が逆です。6枚目が孔徳駅の出口あたりから見上げた金色に輝くロッテキャッスルアパートの威容。そこから、5,4,3,2,1とマポチェデポの前を歩いて孔徳市場の方へ向かう途中の写真です。

 また後で、文章を追加しますが、韓国人、金色が好きなのでしょうかね?IMF通貨危機の時に国のためにと各家庭から供出、買取された純金の亀だの鍵だの、そんな装飾品の量はすごかったと聞いていますし、今でも貴金属の店へ行けば、これ、どこに置くのだろう?と理解に苦しみそうな純金でできたいろんなもの、売られています。ロッテのウルチロ本店の地下からロッテホテルへの通路あたりでもそういう店、あります。

 5枚目、4枚目、大通りに挟まれた三角形の場所を左に見て歩きました。「マポチェデポ」の看板が見えます。こちら側は間口も狭いけれど、細い路地の入口から入れば本当に「展開図のように」周囲を買って大きくなった店であることがわかります。看板の大きな「マポカルメギスップルカルビ」ももしかしたら、次に行ったらチェデポチプになっているかもしれない、そんな感じの盛況です。

 2、3枚目は実は同じ看板を撮ったのです。やはりストロボ無しのが自然に写ります。「セクシクラブ ティップ50000W」とあります。ここも遊興酒店の一つ、団欒酒店というかビジネスクラブというか、ルームサロンまで行かないけど、高い男性のための酒の店でしょう。「セクシ」というのは색시で、若い年頃の女性のこと。昔はちょっとぎくっとしましたが、SEXYは 섹시って書きます。まぁ内容は似たようなものかもしれませんが、アイとオイの区別ばかりはそのまま覚えるしかありません。一度そういう店、行ってみたいと思っていますが、一人で入る韓国人はいないでしょうし、ルームだと最低でも1人当たり100万とか、そんなお金がかかると聞いています。

 1枚目はそのマポチェデポの隣の焼肉屋。カルメギサルというのは豚の特殊部位ですが、それだけ売る店ではなさそうです。この麻浦、そして孔徳、昔の水運が大事だった時代のソウル第一の港町。昔から美味しい店、男性の遊ぶ所がそろっていたのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3139 仁寺洞早起き散策4

139 140 141 142 143 144 145 146

  朝のインサドン歩き、もう少し続きます。昼間は人だらけのこの道、この町、こういう時間だとじっくり見て歩けます。朝ごはんを食べられる店とかはほとんどありませんが、また、外国人観光客向けのお土産屋さんも閉まっていますが、私なんかにはこういう時間のほうが快適に感じられます。 午前中は忙しいので画像を見て、また午後にでも文章を追加するつもりです。

 1、2枚目は仁寺洞ネゴリの続きです。前の項では2人で何か話していたヤクルトおばさん、別れてそれぞれの担当区域に移動でしょうか。マウルボス、早い時間から運行しているようです。

 3枚目は「安房」という漢字に気づいての一枚。韓国の居間のこと、「アンバン」というのは知っていましたが、こんな漢字なのかな?千葉の人もちょっとぎくっとしそうな漢字の看板です。

 さて、南の方、鍾路の大通りの方へ歩きました。4,5,6,7,8枚目です。街路樹の周囲の枠にも「ウェルカムトゥソウル」とあります。まぁ、この辺、日本人だけでなくいろんな国の人が歩く町ですので、がんばっているのでしょう。昔は梨泰院が外国人の町ってことになっていましたが、米軍もほとんどいなくなり、その他の外国人もそんなに目立たなくなった感があります。ソウルの町で新たに大きくなってきた外国人街は九老とかあっちのほうの中国人の町ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

普通の韓国を探して3138 雑居ビル化粧室の鍵

651

 キャンセルもあって午後はゆったり、小さなネタを紹介します。昔は当たり前にガイドブックなどにも書いてありましたが、いくつかの店とか事務所が入ったビルの共用の化粧室、大抵は階段の踊り場なんかにあったりします。 商売に有利な1Fをできるだけ活用ということでしょう。で、そんな化粧室にはカギがかかっていることになっていて、外からの者の自由な使用はできず、テナントとして入っている飲食店、もしくは事務所にはそこの鍵が貸与されている、、、そんなシステムがあるのです。

 最近の大きめの再開発ビルなんかだとやはり自由に入れる2階3階あたりに共用の化粧室があったりしますが、古めのビルだと依然、そんな「関係者以外の使用を禁ず」という感じの場所が残っているのです。この写真、ソウル某所のダンキンドーナッツの店のものですが、化粧室の鍵を置く場所、そして、化粧室の場所を示す表示がハングルで書かれています。

 知り合いのホプアジュマの話では、外から勝手に入った人がトイレを汚すことが多いので昔からそうなっているのだとか。でも、そのビルも最近は男性用の化粧室は大抵カギがかかっていません。女性用の方は防犯の意味も兼ねて、まだ施錠されているのかもしれません。

 ちょっと前に書いた鍾路1街、永豊ビル並びのウリ銀行の入っているビルの入構規制が厳しい話。あんな最新のビルだと外からトイレを借りに、、、というのはどうなのでしょう?受け付けてもらえるのかな?とても外部の者が入れる雰囲気ではありませんでした。

 これもガイドブックにあった話ですが、大きなビルの入り口に「公衆化粧室をお使いください」という親切なスティッカーが貼ってある所もありますし、、、まぁ、韓国のトイレ、小は何とかなるとして、大の方は、「あれ?と思ったらば行けるときに行っておく」、これが鉄則です。駅とかデパートのトイレは案外混んでいることが多い感じ。案外穴なのがブックスリブロの奥だの、永豊文庫とかのでっかい本屋の化粧室です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月5日 トン将軍 今朝のKBSラジオより

003

 忙しい土曜日です。韓国は2,3,4と旧正月(ソル)の休み、今日明日を休んで5連休という方も多いのかな?そして旧正月が過ぎれば、暦の上ではもう春なんですよね。今朝の寝床の中でのKBSラジオ視聴では済州島で梅の花が咲き始めて、「トンチャングン」がなんたらかんたら、というニュースをやっていました。すぐに気付いたのですが동장군って「冬将軍」でした。

 日本語だと訓読みの「冬」+音読みの「将軍」で「ふゆしょうぐん」なのに、韓国では全部音読みで「トンチャングン」。似ているけど違う、でも、どっちも漢字が基本の2つの言語、2つの国、面白いです。

 話は変わりますが旧正(クジョンgとも言います)休暇真っ最中の3日、韓国の先生から「雪は大丈夫か?」という見舞いの電話をもらいました。「新潟県の大雪で自衛隊が出動」というニュースが韓国のテレビでも流れたとかで、ご心配いただいたようでした。

 新潟=雪、新潟人=スキー、新潟=大地震、そんなイメージ、日本の他の地方の方でも持っておられることが多いのです。いつもの年よりはたくさん積ったけれど新潟市の雪はだいぶ溶けてケンチャンスmニダ、と答えてお礼を言いました。

 午後は空き時間もありそうなのでヨッジャンス、飴売り芸人ショーの動画アップを試みます。見たことある方しかわからないでしょうが、見事な「庶民に根付いた民俗芸能」の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3137 醴泉市外バスターミナルの待合室

471 472 473 474 475 476 479 480

 慶尚北道の醴泉ターミナルです。1時間もあれば邑内を一通り歩けそうな小さな町です。東ソウルから聞慶市店村へ。店村はかなり大きな都市と言ってもいい場所だったので遅い時間のバスでここイェチョンまで来ました。宿を決めて、荷物を置き、夕飯にと外出。しかしターミナルと駅のあるあたりの食堂、みな8時でお終いだとのこと。結局中型マートであんパンとカニカマとマッコリを買ってモテルの部屋で、、、寂しい夕食となりました。

 泊まったことのある小さな町と言うと、北から江原道の華川、京機道全谷、長湖院。忠北報恩、あとは、、、全南ワンドくらいかな?? どうしても夜は街の灯に引き寄せられてしまう私です。 この醴泉、珍しく鉄道駅のまん前に市外バスターミナルがありました。翌朝起きて、石塔と石仏を見に歩いて行きましたが、本来の町は少し東のほうにあり、そこにもモテルがいくつかありました。そっちに泊まれば温かい夕飯も食えたのでしょう。ちょっと失敗でした。残念ながら仁川、ソウル、東ソウル、店村、ここ、醴泉までの初日と、2日目の朝の写真のメモリーを紛失してしまったので、醴泉の町の写真、石塔、石仏の写真がありません。中くらいの川が流れるこじんまりしたいい町でした。石塔も町中にあり、ちょっとびっくり。もう一度ゆっくり町中を歩きたいと思っています。

 今回の写真はバスターミナル。寒いので売店の人も売票所の人も皆待合室のストーブに集まっておしゃべりしていました。のんびりしたもんです。2枚目は時刻表、30分おきの安東へ行く路線以外は多い路線でも1時間に1本くらい。でも、ソウル行きもあるんです。

 3枚目は、これも、地方歩きをしたことがある方ならきっと見ている失踪児童の手配広告。よく韓国の悪口、失敗をことさら取り上げたサイトなんかで、治安が~だの書かれていますが、実際普通に歩いている限りでは日本と同等か、それ以上に治安は良いと感じています。でも、失踪児童、、、アメリカなんかで韓国人は人気があると言いますが、、どうなんでしょう?

 4枚目はJC,青年会議所が寄贈したデジタル時計。大袈裟ですが、あまり役に立たない感じ。昔の韓国って感じ、わかります?この面白さ。

 5,6枚目は新しい自販機。「ティケッ」と言う言葉のがもう一般的なのかな?「ボスピョ」のが好きな言葉ですけど。あとは手荷物輸送とガチャ。読めますよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3136 仁寺洞早起き散策3 인사동네거리

133 134 136

 早起きしての寛勲洞、仁寺洞歩き、もうちょっと続きます。こんなとこ、行ったことあるよという方も多いでしょうが、ご勘弁ください。別にネタ切れというわけではありませんが、これはこれなりに面白いと思っています。タイトルのハングルは「インサドンネゴリ」と読みます。ポストの下の石の標識に刻んであったのですが、そんな名前のある交差点だとは知りませんでした。何度かここでも書いている、また少し前に写真でも出てきた「スド薬局前」の方が韓国の方にとっても有名な待ち合わせ場所だと思います。ここより少し北の、やはり小さな十字路にある薬局なのですが、ちょうど前に少し広いスペースがあるため、待ち合わせの名所になっているのでしょう。

 写真の配列がちょっとおかしいですが、ニフティ、ちょっと間違えるとこうなってしまいます。これもご勘弁ください。137 138 135

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

普通の韓国を探して3135 どうってことないソウルの風景

310 311 367 402 412

 こういうブログをやっているということは大体の私の歩く街、歩く道を紹介することになっていると思います。一緒にアップロードするはずの写真を置き忘れたりすることもあるので、1枚ずつのばらばらで残っているものもしばしば生じてしまいます。でも、それなりに私が感じるところあって撮影した風景です。このままお楽しみください。どこらへんだか、けっこうこちらを覗きに来てくれる方々でしたらお分かりかとも思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3134 仁川空港到着階、だったかな

425 428 427 429

 誰でも行ったことがある仁川国際空港です。前にも書きましたがたまにやる団体だと、キムチ屋さんへの寄り道がありますが、ソウルの出発は2時とかそんな。ガイドさんに連れられて空港へ行きチェックイン。最終日のお昼まで丸まる遊べます。すでに私もベテランと言っていいくらいだと思っていますが、どうも最終日の居心地というか、行動、早めに空港へ行って大きいほうのカバンを預けて、という感じになってしまいます。やはり心配性なのかなぁ、、、

 早めに空港へ行って身軽になって、あとは食事をしたり、いろいろ観察したり、それでも時間をもてあますようなら無料の循環バスに乗ってみたり。到着階へ行って知り合いのガイドさんがいないか探してみたり。そんな時の写真です。

 1枚目、コンビニのスナック菓子ですが、「生生チップ」、「オサチュ」、「新堂洞トッポッキ」というのが面白いでしょ?韓国も日本同様、新製品始め、ものすごくたくさんのスナック菓子があります。かさばるけど、ハズレが無さそうなお土産好適品です。

 2、3枚目は食堂。「本粥(ボンジュク、ボンチュク、ポンチュク)」というチェーンのお粥屋は韓国のあちこちにありますが、ここ、「本ビビムパッp」という表示もあります。粥だけよりも韓国人の国民食とも言えるビビンバのが出るのかもしれません。なんとなく力が出そうですしね。

 4枚目はボゴキン、バーガーキング。日本では再出発したと聞いてはいますがあまりポピュラーではないけれど、世界的には、また、韓国では人気のハンバーガーチェーン。出国後のゾーンの店はまだあるのかな?とにかく、かなりの賑わいで注文する人の行列ができていました。ワッパーセット、今はいくらなのでしょう?本体以外にもポテトの量も半端じゃありません。アジョシは本体だけで充分、そんなボリュームのある直火焼きパテの美味しいハンバーガー、今これを打っていてもちょっと食べたくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3133 仁寺洞早起き散策2

123 124 125 127 128 129 130 131 1321

 明洞って言えば韓国へ行ったことがある人なら、もしかしたらこれから韓国へ行こうと思っている人でも知っている地名ですが、昔の日帝時代、総督府が勝手に「明治町」と名付けたのがその起源だってことになっています。今のようにんしっかり残って定着してしまうと流石に韓国政府も日帝残滓だから止めようとは言えないのでしょう。 この仁寺洞は、たぶん本来の名前。なんとなく鍾路から安国駅のある栗谷路までの斜めに走る道をインサ洞と言っていますが、地図を見ると鍾路側の南半分が仁寺洞マウルボスの走る楽園商街の道から北は寛勲洞になっています。

 寛勲洞から仁寺洞キル、早朝の人通りのほとんど無いインサドンキルの散歩。寒い時期でしたがなかなか楽しいものでした。路地があれば覗き込み、時には振り返り、時には上を見上げて。韓国の一人歩き、ちょっとした観察眼があればいつでもどこでも楽しめます。でも、やはりハングルの読みができてこそ、と思います。ハングル工夫、1時間、いや、30分でも韓国へ行く前にやってみましょう。きっと数十%、楽しくなるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

すばらしい韓国の食事581 죽기 전에 꼭 가봐야 할 오래된 맛집111

470

  タイトルは本の題名で、「死ぬ前にきっと行かないといけない古い美味しい店111」というところでしょうか。著者は황광해さん。出版元は네오프랜社というところ、値段は12000W。ソウルの大きな本屋なら平積みで売られています。タイトル下には「ソウル編」とあるので、続きも出るのかな?日本の本のように奥付がないのですが、前書きを見ると昨年の3月となっていますので、ご存知の方もおられるかもしれません。

 中身は11の項に分かれていて、それぞれ面白そうな名前が付いています。韓食と韓定食の差異をご存知ですか?というのが第1項。続いて、ビビムパッp、ククス、キムチチゲ、肉を焼く文化、肉スープ=湯と付く食事、魚から作る料理、チャジャンミョン、饅頭とピョンス(開城の話、ケソンgですよ、かいじょうじゃなく)、冷麺、最後は豆腐料理。とうとう11項全部挙げてしまいましたが、一つ一つの店の紹介が1~2ページなので読みやすい感じです。唯一要望があるとすれば、これは電話ですぐに聞ける韓国の方には必要ないのか、店の場所の略図が出ていないこと。住所と電話番号、あとは本分の中の記載だけです。

 内容は、すでに日本でも有名になっているガイドブック店もたくさんありますし、ぜんぜん知られていない店もたくさん。とにかく、美味しい韓国料理、韓食の食べ歩きを目指す方にはなかなか面白い本です。韓国語学習者の方にも、もちろん、私にも、興味を持って読める本だとも言えます。次回、日本では有名でない、でも、この本に出てる店、行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3132 日曜日と祝日(公休日)は自転車を持ち込めるソウルの地下鉄

085 086 087 088

 ハングルが読めない方には面白くない写真かもしれませんが、昨年夏のものです。2枚目と3枚目がまぁ、大事な部分なよう。2枚目はスロープのある駅に限り、日曜日と祝日には自転車持ち込みが可能という広告、3枚目はその自転車とともに乗降が可能な駅の一覧です。

 前にブロンプトンをそのまま持ってきて改札の手前で折り畳んでホームへという写真を紹介しましたし、新しく伸びた中央線の電鉄線でのMTBのそのままの持ち込みの写真をアップしましたが、韓国の地下鉄、どんどん自転車熱が上がっているなと感じます。

 4枚目が細かい注意書きでしょうか。前の中央線電鉄線の時は先頭車と最後方車に限り、ということでしたが、市内の地下鉄も混乱を避けるため、そうなっているのかもしれません。 さらに、KR(韓国鉄道、旧国鉄)でも、MTB列車が運行されていますし、鉄道と自転車の連携に関しては日本は後れをとっている感じです。自転車道、大通りの自転車レーンもどんどんできつつあるようですし、マニアックな高い自転車の割合は低くても、「まずはとにかく楽しもう」という韓国のみんなの姿勢は自転車乗りとしては嬉しく、またうらやましくも思います。

 他の乗客の安全、便宜、改札通過の問題、事故になる可能性、細かい規則だの、日本だと慎重に慎重に検討して計画して、、、それでやっと一部で試験的に施行だの、たぶんえらく時間がかかるでしょう。よくここでも書いていますが、

 「シジャギパニダ精神で、まず始めてみて、問題があればそこで再度考えて改善する韓国のやり方」、失敗と自分の責任とかをまず考えてしまう日本のお役所等には見習ってほしい点の一つです。もちろん、韓国にも日本を見習うべき点はたくさんありますけどね。

 アップして写真を見てみました。日付は2009年、でも写真は2010年夏。そして、「試行」のようです。中央線電鉄線の龍門方面へのMTBを見たのは確か昨年の4月の時か5月の時でしたから、KRの電鉄線の試行と並行して地下鉄でも行われていたようです。めったに休日に韓国にいることがない私でしたので気づきませんでした。 でも、ともかく休日の電車の一番前と一番後ろの車両には乗降駅を決めて自転車をそのまま載せられる制度はなかなかの英断だと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3131 仁寺洞早起き散策1

114 115 116 117 118 119 120 121 122

 ホテルソンビから裏手へまわって、の続きシリーズですが、タイトルを変えました。朝のほとんど人のいないインサドン、何だか不思議な雰囲気ですが、都市観察には最適な時間でもありました。

 1枚目はサムジーキルの地下の店への入り口だったかなぁ、お昼、そこで食べてみました。面白いのは4枚目、これ、「観相達人」とありますが、全体としては町内全域で禁煙という看板になっています。お役所の方針に協力するから勘弁ね、というところでしょうか。韓国人の大好きな占いの先生のオフィスなのでしょう。 ぶらぶら歩いて8枚目。何かと思ったら即席ハンコの店かな?たくさんの小さな紙は作品のハンコの図案なのでした。しかしこの仁寺洞、裏通りには普通の店もありますが、全体としては町内あげてのソンムルカゲ、お土産屋さんというイメージは変わりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

2010年2月2日 温泉療養

060 061 062 063

 写真、2002年の浦項空港です。もしかしたら前に紹介したのがあるかもしれません。あったらごめんなさい。大韓航空で、機材は確かフォッカー100という小型のジェット機だったかな?麗水線とかの小さな地方空港への便で多様されていましたが、今はもう使わなくなったかもしれません。

 今日は休み。昨夜はまた、普通に飲んでしまいました。早めに寝たのでまたも早起き。よかったです、おは4、やっていました。しかし寝ながらテレビ、首が疲れるので、またもKBSのラジオを布団の中で聞きました。聞こえたのは

日本経済の信用下落  国債の評価が下がって、というやつでしょう

今はシルバー時代  番組の名前

気象通報で 「東中国海」

=「トンgチュンgグッkヘ」という言い方 海のというか海域の天気予報が詳しいです。

「国民の放送 KBSが4時を アルリョトゥリゲッスmニダ」

 情けないことに、5時のニュース、一番の題材を聞きもらしてしまいました。先日の教育院院長先生の送別会では他のクラスの学生の方たちとも話せたのですが、やはり最後に残る課題は聞き取り、これ、日本人学習者には間違いないようです。

 右脚、医院内とかではほぼ普通ですが、外の道、また雪道を歩くのはまだまだ不自由な状態。今日の休み、お昼過ぎまで、ちょっと車で温泉療養にと思っています。今日も晴れの予報。雪の多い長岡、小千谷方面へでも行ってみるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事580 마포궁중족발

833 829 830 832 831

 「大統領の美味しい店」の最初の部分にあった孔徳市場へ行ってみた時の写真です。少し前にアップしたように、天ぷら(ティギム)専門店の「青鶴洞」を見たけれど、どうも1人で入る感じではありません。てんぷら専門店が2軒向かい合っているのは見ものではありましたが、このコンドク市場の名物は、というと、歩きまわって目立ったのは豚足煮込、チョッパルの店です。いくつも豚足の店がある中で一番大きく、流行っていたのがこの「マポ宮中(漢字不明)チョッパル」でした。

 孔徳駅からこの孔徳市場へ来る時に通る道、やはり有名店である「マポチェデポ」というテジカルビとソグムクイが売りの豚焼肉店があります。行ったことがある方ならおわかりでしょうが、最初の店から周囲の店を買い取って広げて、直方体の展開図のように大きく発達した店なのですが、この「マポクンジュンチョッパル」も同様です。メインの厨房を中心にいくつかの区画に同じ店が広がっていました。冬ですので、通路から厚いビニールのテントで囲んだ店内、早めの時間だったのに半分以上埋まっている感じ。皆豚足で焼酎をやっています。

 さて、前にここでも書いたかもしれませんが、豚足、美味しいのは皮の部分が比率的に多く、また筋肉も小さめのがいろいろくっついている前足なのです。これは韓国、日本を問わず、知っている人は知っている豚肉の秘密なのですが、韓国の豚足専門店、大と中と、場合により小があります。当然大が高くて中が安いのですが、大=後ろ足、中=前足だから美味しい前足のことを知っている人は中を頼むものだとばかり思っていました。この店のメイン厨房でアジュマに聞いたら、これ、大間違い。一番高い4万Wの大が前足中心。中の方が後ろ足だとのこと。やはり「うますぎる話は無い」という感じでした。

 一人で食べて、余りを包装してもらえますか?と聞いたら渋い顔。これ、後でわかったのですが、豚足の肉だけでなく、野菜だのスンデだの、4万Wは高いけどすごく附属品が多いのです。包装=肉だけ、と私は思ったのですが、たぶんアジュマは全品を考えてくれたのでしょう。この店の豚足の食べかけでの包装はとても無理なのを後で知りました。 結局4万Wの大の包装を決めて、準備してもらってる間に写真を許可してもらい、ちょっと撮影させてもらいました。

 繁盛店だけあってどんどん煮あがったばかりの豚足が運ばれてきます。これだけ売れている店であれば、常に出来立てを出せる感じ。流行っている店の強さでしょう。この後持ち込んだ鐘岩洞のホプ。いつもは全部くらい出してくれるのに、この豚足は半分も出てこなかったのは、、、やはりアジュマ達のおかずになったのかな??? それくらい美味しいチョッパルでした。またこれ、やるかもしれません。コンドクシジャンのチョッパル、お勧めできるメニューです。

 しかし「宮中」でいいのかな?王様は豚足など食べそうにないですよね、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3130 鍾路夜景 鍾路2街の裏通り

851 852 853 854 855

 「一番近い道が常にベストとは言えない」って思っています。宿への帰り道もいろんなところ、寄り道して歩いたり、そんなのも旅行の楽しみの一つでしょう。

 鐘岩洞からの帰り、タクシーを楽園商街入り口あたりで下車。ピマッコルからYMCA脇あたりで北へ。適当に左方向の路地を選べば鍾閣駅からホテルソンビへのカーブした飲食店の多い通りに出られます。言葉で説明するのは難しいけれど治安のよい韓国、街の中心部ですので照明も明るく、人通りもあり、ぜんぜん不安なく夜の路地裏探検を楽しめる界隈です。

 5枚全部が地べたビュー写真。4枚目はちょっと工夫して鍾路タワー、三星証券ビルのてっぺんのイルミネーションを狙ってみました。これ、ビルができた時には無かったはず。割合最近になって新設された明るいもの。常に変化する韓国。思いついたらやってみる韓国らしいことだと考えています。

 縮小してこのブログのために準備した写真は、掲載後には消去していましたが、ここ数カ月、自分でいいなと思う写真、気に行った写真を医院待合室のフォトフレームで流しています。要は「お気に入り写真だけのUSBメモリー」を作っています。すべて再掲になってしまう訳ですが、いつか、そんな「普通の韓国を探して傑作集」を発表できればと思っています。どうかお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

2011年2月1日 今朝のKBSラジオの話

 布団ってうまくできています。最初に潜り込むときは冷たく感じても、すぐに自分の体温で温まります。適度に余計な熱は放出してくれますから、冬の朝方の布団の中、生理学とか歯科理工学で教わった「平衡」という感じ。まさに天国という感じの気持ちよさ。ぼーっとしてるだけで幸福です。

 ところが、中年になるとテレビでもしばしば宣伝がありますが、ちょっと酒を飲むと、夜中にオシッコで起きるという問題が生じます。足もだいぶ良くなってきたので昨夜は缶チューハイを2本。遅めの時間に飲んだので4時ころに目が覚めてしまって、2階のトイレで小用。急いで布団に戻って、、、眠れそうに無いので、テレビを点けました。中田キャスターのファンですので第一選択はおは4なのですが、なぜかやっていません。毎日見ているわけではないのですが、終わってしまったのかな?昔風の髪型で、でも、キリッとした感じの才気を感じさせる読みとか、好きだったのですが。

 で、しょうがないので、また電気を消してラジオです。今朝はKBSがなかなかよく聞こえました。女性アナウンサーと声の感じから結構な年のアジョシの対談です。チューナーを合わせた時にやっていたのが、どこかで聞いたことがある「歴代大統領の演説の真似」でした。「どこかで~」と書いたのは、韓国のテレビで、何度か大統領の真似をする様子、見たことがあるのです。確実な話は「全国ノレチャラン」。日本のNHKのど自慢に相当するプログラム(番組)で、やはり各地を回りながら素人が歌って最後にゲスト歌手が、という番組。日本ではほとんど歌だけ、たくさんの人に出場させる感じなのが、韓国ののど自慢はけっこう喋りとか、得意なダンス、そんなのも披露してから歌というやり方。その中で「歴代大統領の真似」を見たことがあります。

 今朝聞こえたのは李承晩大統領と金大中大統領の真似。前に聞いたのとポイント的にはそっくりでした。日本だところころ変わる首相、「歴代」と言ってもとても全部はできませんし、物まねのネタになりそうな特色ある方は少ないでしょう。韓国の大統領制の良い点かなとも思いました。

 聞き取り練習のつもりですが、ニュースなんかは良いけれど普通の会話、電話連結での地方訛りの言葉はまだまだ難しいです。とぎれとぎれに聞こえたのを総合すると芸能生活60年になるゲグメン(お笑い、漫才、コント)の方のようでした。途中、歌謡曲を流したり、ウサギ年の話をしたり。そういえば今週は旧正月、ソルだなぁ、なんて思いながらの視聴でした。しかしゲストの名前が聞き取れないのは情けない。かろうじて、推定ですが「南ボン」さん?そんな韓国お笑い界の長老、いらっしゃるのでしょうか?

 もうひとつ感じたのが、女性アナの喋りで、「はい」、「そうですね」に相当する「ネー」が「デー」に聞こえること。他のブログ、HPでもこれ、見たことがありますが、韓国語の「ネー」を特に女性で「デー」と発音するのはあるのかなぁ??皆さん、そう聞こえたこと、ありませんか?

 4時50分くらいからは気象通報。韓国の地名というか観測地よりも日本の観測地点のが多いのが面白かったです。あとは、南大東島は「ミナミダイトーソm」なのに、父島は「チチジマソm」でした。最後には気象情報を読んだ予報官の名前を言って、「KBSオヌルエナルシでした」でお終い。「気象通報」とは言わないのですね。

 その後は体操の歌みたいな音楽が流れて、KBSの挨拶、周波数案内、で、ラジオ放送だと5時にあの愛国歌です。2番の「南山の上の松の木~」の南山はソウルの南山ではなく、慶州の南山だそうです。ご存知でしたでしょうか?その後、「KBSラジオが5時をお伝えします」で、ニュース。今朝の一番は「ヤンヤンの山火事」でした。

 こんな話、面白いと思っていただける方は少ないかもしれませんが、なるべくお金をかけずに楽しめること、人生後半戦には大事だと思ってますので、韓国と韓国語が好きになってラッキー!というところです。写真は昨日大きな山火事が起こったヤンヤンのそば、江陵の夜の町の様子です。「任堂市場」の任堂、5万W札のアジュマでしたっけ?421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3129 寛勲洞から仁寺洞キル 早朝の散策

106 107 108 109 110 111 112 113

 1、2枚目は世林ホテル前の道。民族食堂の看板と、突き当り、インサドンキル(キル=通り、道)です。3枚目以後は朝の、ほとんど人のいない仁寺洞キル。昼間は日本人、中国人、欧米人の観光客だらけ、客引きの声もうるさい観光名所ですが、朝は静かで落ち着いています。

 たくさん歩いて面白いものを探すのが私の韓国歩きの基本。いいなと思う風景、面白いじゃんと感じる光景、デジカメですのでパシャパシャシャッターを切りながら歩きました。外国での写真撮影、写される人への配慮も必要です。重大なトラブルの原因になることもありますし、良識を持って旅行しましょう。でも、こんな朝は、あまり気を使わないでも済みます。7枚目の店舗の工事と、1Fに突っ込んで駐車してあるトラック、面白いでしょう?流石は韓国、という感じの1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3128 農産物が安い韓国

602

 どこだかわかりますか? 忠清北道の丹陽の邑内、メインストリートのトラック露店で干し柿を売っている様子です。

 丹陽というと、丹陽八景で有名。でも、何度も中央線の汽車で通り過ぎていただけでしたので、思ってたよりも小さい「トダム三峰」でちょっとがっくり。景色のいい景勝地というよりもいくつも車窓から見えるセメント工場ばかりがイメージにありました。でもここ数年、グーグルアースやら、KE764便の窓からの景色などで、本当の丹陽の町は汽車からはほとんど見えていなかったのに気付きました。川が大きく蛇行している中の一番広い平地に広がる三日月型の町が丹陽です。今回、栄州から大崗面、そしてタクシーで丹陽と走って、初めて見た丹陽の町、決して広いとは言えませんが川に面したなかなかきれいな場所でした。ちょっと自分の無知を恥じた、そんな経験でした。

 で、タイトルの「農産物が安い」ですが、たとえばソウルの食堂で5000Wのチゲだの白飯を食べると、数種類の野菜中心のおかずが出てきます。そしてお代り無料。少し前に書いたように、日本の野菜のように規格化されてきれいに束ねたりした商品ではなく、包装も特になし、大きさも長さもばらばらですけど、韓国、野菜が日本よりずっと安いのだと思います。大型マートのきれいにパックされたものは高いけど、食堂のアジュマが仕入れにいったりする市場の野菜の値段、日本の半分以下か、もっと安い、そんなだと思います。これって地方の農家の大変さ、競争の激しさを示すとも考えています。

 みんなソウルへソウルへ行きたがる。農村の嫁不足が深刻。映画やドラマでも、農村の生活、田舎の生活は大変そう。日本だと田舎のが土地代が安い分、家が立派だったり、そんなよい点もたくさんある感じですが、韓国の田舎、あまり立派な農家は無い感じ。農家の労働が厳しく、収入が少ないことが野菜などの安さの原因のように思えてしまいます。

 このトラックの荷台にある干し柿。やや形とか大きさ、不揃いですが33個でマノンです。今のレートだと1300前後。750円で33個。1個25円とかで大きな干し柿が買えるのはすごいでしょう?

 身体に良いとされているのは韓国も日本も一緒。でも、日本だとこのクラスの干し柿は1個200円くらいはします(新潟市での調べ)。もちろん、きれいに整えた高級品ではないけれど、京東市場の最高級品でも10個10000Wとかそんなくらい。韓国の農産物の安さと、農村の大変さが感じられる価格差です。

 韓国の柿、慶尚北道の尚州(キョンサン道の「サン」は尚州の尚)が有名ですが、慶尚北部から忠北にかけての山の多い地域ではリンゴに柿、どこでもたくさん作っている感じです。京東市場の北側、冬になると干し柿をたくさん扱う店がありますが、そこでも「尚州の柿」って札がたくさんです。また話がそれてしまいますが、各地方の名産品を覚えておくと、韓国の方との会話がうまく行く、そんなことがしばしば。「柿は尚州」、「テグ、栄州はサグヮ(りんご)」と覚えておきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »