« すばらしい韓国の食事589 元祖奨忠洞ハルモニチプの包装 | トップページ | 普通の韓国を探して3163 쓰레기를 버리는 것은 양심을 버리는 것입니다. »

2011年2月22日 (火)

普通の韓国を探して3162 韓国のタクシーのこと

121

 最初はガイドブック片手でも、韓国の地方を歩く人が増えるのは嬉しいことです。でも、たまに聞かれるのがタクシーのトラブル。でも、やはり外国なのですから多少は違うことがあっても仕方ありません。誤解とか無知から生ずるタクシーの苦情が大半ではないかなと思っています。知人の技士ニム、11時から1時は稼ぎ時なので電話をしてくれるな、という人もいます。意味、わかりますよね。

 写真は馬山駅前。向こう側にタクシー乗り場が見え、客待ちの車が数台。先頭に近い技士ニムは車から出て「鎮海方面」だの、「金海!」だの、行きたい方向を言ってお客を呼んでいます。 運転技士さんが行く方向を決めるタクシーがあるようです。大体、ソウルのホテル前だって、長いこと待ってて近い距離だと拒否されたり、ガックリされたり、技士さんの気持ちもわかります。

 前に神戸で、大きな病院の前で客待ちしていたタクシーに乗った時、「兄ちゃん、2時間待ってたんやで!そんな近いとこじゃ、商売あがったりや。流してるのに乗ってくれんと。」なんて感じでずけずけ文句を言われて恐縮したことがありましたが、流石関西、率直だと思い、すみませんすみませんと謝りつつ関西空港へ行く船の乗り場まで乗りました。 韓国だって一緒です。駅前やホテル前、客待ちしてる車には遠慮が必要です。

 写真の話に戻りますが、こいつぁ、待っている車は載せてくれそうもないね。と思ったら少し先、この写真を撮った場所に数人のお客さんらしい人が集まっています。最後尾の親子連れに「ヨギ?? カカウンゴセカヌンテクシタヌンゴシエヨ?(ここが近くへ行くタクシーに乗る場所ですか?)」と質問。当たりでした。しかしびっくりしたのはその後、そのアジュマが、大声で「この方は外国人でらっしゃるので、乗せてあげてください」と、ちょっと順番を飛び越えて車のドアを開けて技士さんに頼んでくれたこと。親切すぎる行為はありがたかったけれど、順番を飛ばしてまで外国人旅行者を先に乗せる、、、やり過ぎなようにも思えました。周囲の人もしょうがないな、という感じで私を先に乗せてくれましたが、こちらが恐縮してしまいますよね。

 日本人だけでなく、すべての外国の人に親切にしよう、喜んでもらおうという運動が韓国ではあります。ありがたいと思います。観光客の多いソウルはともかく、こんな慶南の地方都市でもそんな扱い、、、田舎のベテランとしてもちょっと驚いた出来事です。

 韓国のタクシーは日本の3分の1か4分の1の料金。ガスの値段は同じくらい。大体1キロ1000Wちょっとです。法律に反していなければ何をやってもいい、日本人、そう思ってしまっている方が多いように思えます。お互い、気持ちよく、できれば、お互いに嬉しくなるような旅行をしたいものです。ちょっとうまく言えませんが、タクシー技士ニム、99%はいい人だと思うのです。基本は「近距離なら流してるタクシーを」です。やむなく、停車してる車の場合は「○○ガヨ?」と聞くのが韓国の常識だと思います。

|

« すばらしい韓国の食事589 元祖奨忠洞ハルモニチプの包装 | トップページ | 普通の韓国を探して3163 쓰레기를 버리는 것은 양심을 버리는 것입니다. »

コメント

関空行きの船乗り場が近いと言うことは・・・
神大か中央市民でしょうか?
ちなみに私は神大のす~ぐ下にいます^^

投稿: こゆみ | 2011年2月22日 (火) 21時46分

コメントありがとうございます

 すぐ近く、今地図で見ましたがたぶん中央市民病院だったと思います。1メーターくらいの距離で、ほんと、ずけずけ苦言を言う運転手さんには驚きました。

 これも、書いたかもしれませんが、メーターを押し忘れて、、、1000円とか2000円でいいですよ、という経験もありました。テレビでも見ていますが関西のタクシー、大変な競争のようで、長距離の割引だのがあったり、、、韓国も一緒なのかもしれませんね。

投稿: おとう | 2011年2月23日 (水) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/50938859

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3162 韓国のタクシーのこと:

« すばらしい韓国の食事589 元祖奨忠洞ハルモニチプの包装 | トップページ | 普通の韓国を探して3163 쓰레기를 버리는 것은 양심을 버리는 것입니다. »