« 2011年4月25日 東京もそれなりに面白いです | トップページ | 普通の韓国を探して3241 ソウル 楽園商街東 »

2011年4月26日 (火)

普通の韓国を探して3240 고양이もやっぱり、、、

142

 黒田福美さんが90年代初めだったかな、「ソウルの達人」の中で書いた言葉である「モメチョッタ」、モm=身体、エは副詞で、チョッタ=良い、という訳で「身体に良い」、韓国の人の生活の中に根差した言葉です。

 食事でも、その野菜や魚の効能が謳われているし、薬も大好き、また、伝統的な韓方薬、補薬というのも映画やドラマ、そして、日常生活にごくごく当たり前になっている感じです。風呂とか、サウナ、寝台用のマット、そんな方面でも身体に良い、というのはアピールされてるし、とにかく、「そういうのが好き」なのが韓国人です。

 写真は釜山のとある町の路地にあった看板なのですが、読んでみますと、右から「フギョムソ(黒山羊)」とあり、次が「コヤンgイ」、次が「ホバク」です。男性には犬、女性には黒山羊というのは有名ですが、どうも韓方の飲用エキスの材料のようです。しかし「コヤンgイ」も本当にあるのですねぇ。

 90年頃から韓国に関する本は見つけるときっと買うという感じでしたが、その中のどこかで、韓国には野良ネコはいない、なぜなら、漢方材料として捕まえられて、薬にされてしまうからだ、という話がありました。なるほど、この16年、韓国を歩いてきてめったに野良猫を見かけません。家の前に紐で繋がれた猫はけっこういますが、日本に比べてごくごく少ないのは確かです。

 この店のその「コヤンgイ」の材料、さて、どうやって持ってくるのでしょう?犬はあちこちに専用の小規模な牧場もありますし、田舎では前にここで書いたように子犬を預かって残飯などで育てて、半年とか1年後に数十万Wで引き取ってというアルバイトがあります。でも、猫は、、、やはり専門に薬用の猫を育てている施設があるのでしょうか??

 日本だと嫌がられない「冷やかし」、買うつもりもないのに店に入って、、、というのを嫌う韓国です。どこで猫を用意するのか?尋ねるわけにも行きませんのでそのまま路地散策を続けましたが、猫も薬になる、聞いてはいましたが、流石「モメチョッタ」の国だと思った看板写真です。

 「ホバク」の左は、何でしょう?この時点では画面が小さくて読めませんが、いずれも身体に良い、韓方材料なのでしょう。皆さん、読んでみてください。

|

« 2011年4月25日 東京もそれなりに面白いです | トップページ | 普通の韓国を探して3241 ソウル 楽園商街東 »

コメント

その理由なんでしょうか?(><)
私も、韓国では猫を見かけないな~?と思っていたんです。

投稿: こゆみ | 2011年4月26日 (火) 18時50分

コメントありがとうございます

 はい、猫は、その辺うろうろしていると捕まえられて薬になると聞いていました。実際の看板を見かけたのが珍しくて、1枚です。

投稿: おとう | 2011年4月28日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51496834

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3240 고양이もやっぱり、、、:

» 猫よけ対策 猫よけグッズ 正しい猫よけ情報館 [猫よけ対策 猫よけグッズ 正しい猫よけ情報館]
猫よけ対策について解説しています。 [続きを読む]

受信: 2011年4月26日 (火) 23時02分

« 2011年4月25日 東京もそれなりに面白いです | トップページ | 普通の韓国を探して3241 ソウル 楽園商街東 »