« すばらしい韓国の食事601 スンデ定食 | トップページ | 普通の韓国を探して3287 空港鉄道ソウル駅2 »

2011年5月30日 (月)

普通の韓国を探して3286 全南第2の都市 木浦を歩く7 

233_2 234_2 235_2 236 237 238

 駅の南の道を東へ。大通りとそれに沿う引き込み線のある散歩道です。1、2枚目はちょっとしたタルトンネみたいな街。こちら側からは階段を上がって入ります。車が入れない、時には幅1mも無い不規則な路地が走る住宅街です。すぱっと切り取ったような斜面、たぶん日帝時代に道路と港への線路を作るために山を削って造られたのでしょう。この街の写真はずいぶん前にここで紹介しています。

 3枚目は港への道へ、横断歩道を渡ったところ。ここからは5枚目のように漁業関係の店が増えてきます。4、6枚目のように通りをのぞきながら魚市場へ歩きました。

 最近タルトンネというキーワードでこちらを見に来てくれる方が増えています。実際に人が住む町、そんな方々の気持ちを考えて歩きましょう。決してカルポヌン視線で行かないでください。お願いします。

|

« すばらしい韓国の食事601 スンデ定食 | トップページ | 普通の韓国を探して3287 空港鉄道ソウル駅2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51806921

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3286 全南第2の都市 木浦を歩く7 :

« すばらしい韓国の食事601 スンデ定食 | トップページ | 普通の韓国を探して3287 空港鉄道ソウル駅2 »