« 普通の韓国を探して3290 ソウルシティツアーバス | トップページ | 普通の韓国を探して3292 ソウル 筆洞墨井洞奨忠洞 イントロダクション »

2011年5月31日 (火)

普通の韓国を探して3291 ここはどこでしょう?

665

 本日はオープンデイ=研究日、健康診断含め有意義に時間を使い、あとは6時の予約が1件です。

 さて、この写真、ソウルの旧市内、再開発待ち地域の一つです。そんなに大規模ではありません。

 ヒントは

*近くに有名な山があります。

 その山が見えている写真もありますが、それを出せば一発でわかってしまうので、見えないものにしました。ここの古い記事でその山の写真、アップしているはずです。

 もう一つ大サービスですが、

*近所にとある歴史的施設があります。

 行ったことある方もけっこうおられるはず。私は3回行っています。イメージは「赤」かな?

 さて、ここはどこでしょう?具体的な○○洞とかでなくてもかまいません。ご回答お待ちしております。

 ぶいぶいさんの鋭い勘で、あっけなく正解が出ました。上に書いた「有名な山」が見える1枚を追加します。これで、だいぶわかる方が増えるはずです。

671

|

« 普通の韓国を探して3290 ソウルシティツアーバス | トップページ | 普通の韓国を探して3292 ソウル 筆洞墨井洞奨忠洞 イントロダクション »

コメント

赤いイメージといえば西大門の刑務所しか思い当たりませんが。
まだ行ったことはありません。

投稿: ぷいぷい | 2011年5月31日 (火) 21時50分

下月谷洞???

投稿: おばちゃん | 2011年5月31日 (火) 21時55分

コメントありがとうございます

 またもダニエル黄さんのご登場を待たないといけないかと思いましたが、テダネテダネ、あっけなく当たりが出ました。ヒントが良かったのか、ぶいぶいさんの直感が鋭かったのか、歴史的な施設は西大門刑務所歴史館です。ここはそのすぐ裏、鞍山の山腹にある현저洞の街です。
 神谷丹路さんの本とか、キムギチャンさんの写真集なんかで、この向かい側、今はアパート団地になっている행촌洞とともに、仁王山と鞍山の山腹、古い町が広がっていたことを知っていました。
 秘蔵の5000分の1ソウル航空写真地図であたりをつけておいた場所の一つ、すでに取り壊しが始まっていたのです。

 坂と階段の町を歩いていると新聞を買いに行って来た帰りのアジョシに話しかけられました。用が無い者は行かない場所ですので警戒されてしまったのかもしれませんが、幸い普通にお話して、また再開発のことも少し教えてもらえました。韓国語ができて良かったと思う瞬間です。

 下月谷洞は2000年代の初めの頃に再開発で全部アパートになっています。社会福祉館だけ山頂に残っていて、そこでも、まだ機能しているという話は聞けました。おばちゃんさん、江原道の山の中を歩いておられますでしょうか?

投稿: おとう | 2011年6月 1日 (水) 07時26分

たかとうさん こんにちは。
写真の 向こうに見えるAPは 「仁王山現代PARK AP101棟」ですね。
これを見て 思い出しました。もう10数年前、西大門刑務所のすぐ横、鞍山側から 独立門のある高架道路方面をみた タルトンネの写真を 撮っていたことを。
それを見てみると、家屋の大半が取り壊し中。今の「独立門極東AP」が 並んでいる方角です。
 奇麗なAPが 次々と建設され、生活環境が良くなるのは喜ばしいことですが、どこに行っても画一的なAPの群れには あまり旅情が沸きません。勝手な感傷だといわれれば それまでですが・・・

投稿: こめつき | 2011年6月 1日 (水) 16時01分

コメントありがとうございます

 はい、母岳ジェの峠を越える大通りの向こう側はキムギチャンさんも撮影に通ったヘンチョン洞です。幸村洞と書くのかな?

 私が古い山の町に興味を持ち始めたのは90年代の末に下月谷洞の大タルトンネを見てからなのですが、当時はNHKハングル口座のテキストでも紹介された奉天洞、また新林洞の奥の蘭谷もあった時代です。見てみたかったです。

投稿: おとう | 2011年6月 1日 (水) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51818443

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3291 ここはどこでしょう?:

« 普通の韓国を探して3290 ソウルシティツアーバス | トップページ | 普通の韓国を探して3292 ソウル 筆洞墨井洞奨忠洞 イントロダクション »