« すばらしい韓国の食事600 韓国の刺身店の店頭から | トップページ | 普通の韓国を探して3276 全南第2の都市 木浦を歩く2 »

2011年5月21日 (土)

普通の韓国を探して3275 塗装は無窮花型ですが

357

 この客車、何でしょう?寝台車かとも思いますが手持ちの「韓国の鉄道」に出ている寝台車とも、窓の形が違っています。場所は大田のソウルよりにある車両基地です。詳しい方、コメントお願いします。

 ずっと前にここで写真をアップした鉄道試験車、単機で走る電気機関車みたいなやつも、なんか不思議な車両でした。ご覧になった方、おられますか?すごくスピードが出るみたいでしたが、あれ以後見ていません。

|

« すばらしい韓国の食事600 韓国の刺身店の店頭から | トップページ | 普通の韓国を探して3276 全南第2の都市 木浦を歩く2 »

コメント

これ寝台車ですね。
>手持ちの「韓国の鉄道」に出ている寝台車とも、窓の形が違っています
→本に載っているのは古いタイプの寝台車じゃないでしょうか。

写真の新しいタイプの寝台車、KTXが開業して時間短縮されたために需要が無くなったのか、作ってからあまり年月が経過しないうちに廃車されてしまいました。
実は私も乗ったこと無いんですよ。
走行時間の長い中央・太白・嶺東線の清凉理~江陵間の夜行列車にでも使ってくれたら、私も喜んで乗るんですが・・・

投稿: モハ52形 | 2011年5月22日 (日) 00時19分

おとうさん、こんにちは。

モハ52さんからのご指摘のとおり、現在は運行されていない寝台車(チムデチャ)ですね。日本の「ソロ」のような1人用個室型で、中央通路の両側に、進行方向に沿って上下2段の個室寝台が並んでいて、外観からも窓が2段になっています。
2001年ころまでは、「韓国の鉄道」に掲載されている開放型寝台でしたが、その後この車両が使用されました。
譲っていただいた時刻表によると、2005年4月号では京釜、全羅線に1本ずつ寝台車を連結した列車がありましたが、2006年1月号では無くなっていました。
鉄ファンには大田操車場は要注意ですね。

投稿: コスモス | 2011年5月22日 (日) 08時04分

コメントありがとうございます

 お二方、詳しい方からのお話、ありがたいです。やはり寝台車でしたか。私も乗ったことないので、残念です。

 日本でもきたぐにB寝台下段はよく利用していますが、それ以外は大昔、高校が決まった春休みに布原の3重連を見に行った時に乗ったあさかぜの20系、55センチ幅のやつしかありません。朝、岡山に着いて、布原へ行って、米子に出て、山陰線の夜行の鈍行で京都へ出て梅小路を見たのでした。71年だったかな?

 話は変わりますが昨日の地方紙にC57180と代役のD51498が並んでの写真、と出ていました。D51の498号、デフレクタが昔で言うドイツエンジン風のになっています。あれって確か499号機1台だったと思うのですが、498も昔からああいう形だったのでしょうかねぇ? 後からカッコつけて改造したなら、あまり好きじゃないやり方です。

投稿: おとう | 2011年5月22日 (日) 08時21分

おとうさん、こんにちは。

D51498は、去年の4月に大宮総合車両センターで定期検修を受けたときに、排煙の集煙装置設置とデフレクターの改造を行ったそうです。集煙装置はトンネル区間対策だそうですが
デフ改造はどういう意図があったのでしょね。
ことの詳細は編集長敬白2010年4月28日の記事(http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2010/04/26hi.html)に書かれています。

投稿: コスモス | 2011年5月23日 (月) 20時50分

コメントありがとうございます

 やはりそうですか?まじめなファンとしては安易な人気取りのようで、ちょっと嫌ですね。

 70年大阪万博の時に親戚の何人かで関西旅行。初めて新幹線の全線に乗り、大阪泊。人だらけの万博はほとんど何も見ていない感じでしたが、福知山線で天橋立へ行く途中、確か福知山で西舞鶴機関区所属の499号機を見て写真を撮ることができ、嬉しかった記憶があります。何だか残念ですな。

投稿: おとう | 2011年5月27日 (金) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51728382

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3275 塗装は無窮花型ですが:

« すばらしい韓国の食事600 韓国の刺身店の店頭から | トップページ | 普通の韓国を探して3276 全南第2の都市 木浦を歩く2 »