« とうちゃんの自転車日記491 新潟市 万代橋  | トップページ | 普通の韓国を探して3268 장충동 풍경 »

2011年5月16日 (月)

普通の韓国を探して3267 いい意味での괜찮아요を見た康津市外バスターミナル

148 150 149 151 152

 30分空きができました。今回の写真は全南の康津のターミナルです。時間がありそうだと技士さんに発車時間を聞いて、ちょっと降りてターミナルの中をのぞいたりするのですが、ここは5分もありませんでしたのでそのまま車内で待機。ですので、ちょっとガラス越し、ボケ気味の写真です。

 この康津、康津郡というひとつの郡の中心地です。 町を歩いて朝食をとった長興も郡庁所在地ですが、もう少し大きい町のようで、ターミナルも新しく立派でした。

 面白かったのは5枚目の写真の30代と思われるアジョシと技士ニムの行動なのですが、間もなく出発予定時間というころ、走ってきた男性が開いていたドアの前で技士さんに大声で叫びました。正確には聞き取れませんでしたが、たぶん、「急いで切符を買ってくるから待っていてください。付託ヘヨ。」というところでしょう。前方左側の席だったので、男性の動きを見ていました。走ってターミナルの中へ。そして多分、声をかけて順番を譲ってもらって窓口で乗車券を購入、走って戻ってきました。写真はその時のものです。

 この男性が「感謝ハmニダ」と言って切符を技士さんに渡してすぐ、バスは1~2分遅れて康津を出発、そんなでした。  少しくらい遅れても誰も困らない、皆が上手くいくように、世の中が丸く収まるようにという場合のケンチャナヨ、日本も見習うべき点だと思います。

 前に湖南線だったか、長項線だったか、小さな駅で、急いで走ってくるお客さんのために、駅員さんが無窮花号列車の出発を待たせて乗せてあげたのを複数回見たことがあります。そんなのが積もりに積もって数分、さらには10分近く遅れて、なんてのもあるかもしれません。京釜線に入って10分遅れの列車が走ると、さらに他の列車にも影響、、、そんなのが韓国の在来線、いつもちょっと遅れることが多かった原因なのかな?とも思います。日本のJRは正確だなとは思いますが、少しくらい遅れてもケンチャナヨというのも、「心の余裕」があるようにも思えます。どっちが優れているって単純には判断できないでしょう。

 また韓国、このようなこと、現場の職員の判断、裁量である程度融通可能なのは何だかいいことのように思えませんか?

|

« とうちゃんの自転車日記491 新潟市 万代橋  | トップページ | 普通の韓国を探して3268 장충동 풍경 »

コメント

良い光景ですね。
私の地元の道東では、JRの普通列車(単行ワンマン)や都市間バスでも、いま車から荷物下ろしているから待ってくれ!とか、ご老人が跨線橋を渡るのを待つなどで、運転手が1~2分ならと待っててくれたりしますので(人によりますが)、地方地方で差もあるかも知れませんね。

新幹線や特急に乗っていると、たかだか1~2分程度の遅れでも車内放送で謝罪が入りますよね。高いサービスレベルが求められているというのは分かるんですが、そこまでギスギスしなくてもというのは私が分秒刻みで動くビジネスの最前線とかには無縁だからなんでしょうか(笑)

投稿: Elekt_ra | 2011年5月16日 (月) 19時58分

 いいですよね。こういう光景みるとほっとします。
何年か前加平のバスターミナルから東ソウルバスターミナルに行こうと1時5分のチケットを買いました。そして待っていたら来たバスが残席が一つしかないほとんど満員のバスです。私も含め10人位が乗れないでどうするんだろうと思ってたら、すぐ5分くらいで臨時のバスが出てびっくり。まあ指定なのに乗れないってのも凄いですが帳尻が合えばいいわけで、なんの問題もありませんでした。
 韓国のバス乗り午後地いいですね。私バス嫌いでしたけど韓国に行ってから好きになり、こちらでも高速バスに乗るチャンスが増えました。一つ移動手段が増えて嬉しい限りです。

投稿: かがり | 2011年5月17日 (火) 09時46分

コメントありがとうございます

 現場での判断による裁量が日本よりも許される、お二人のお話もそんなところだと思います。まぁ、ダイヤの混み具合にもよるのでしょうね。KTX開業で京釜線も本数が減ったから案外こういうのもさらに融通が効くようになったかもしれません。

 まぁ、正確なのに越したことは無いのですが、定刻が当たり前というのは日本だけという話もありますからね。

投稿: おとう | 2011年5月17日 (火) 16時21分

私も以前驚いたのが、小銭が無いことを告げると、《乗れ》指を指す。そのまま走り出すので、どうするのかと思っていたら、道端に止まる。《ここで両替しろ》と指差すのがコンビに。市バスがそこらへんに止まって、乗客にコンビニで両替を支持。他の乗客が不満をもらさないか振り向くと・・・皆様、ふつ~。
韓国ではふつ~なんだと驚きました^^;
日本では考えられないことですよね?まあ、それがいいところなのかも?

投稿: こゆみ | 2011年5月17日 (火) 19時14分

コメントありがとうございます

 何度かここでも書きましたが、その場に居合わせた他のお客さんが両替してあげたり、時には足りない分のお金をあげたり、バスではそんな場面も見ています。

 知らない人にお金をあげるという行為は日本だと挙げる側、もらう側、どっちも難しいと思いますが、韓国、普通に行われています。どっちがいいと簡単に判断できませんが、その場を丸く収める、スムースに社会を動かすことについては韓国人のケンチャナヨはうまく作用していると感じています。

 空港バスで1000Wあげた話を書きましたが、私もだんだんそういう韓国に慣れてこられたようで、嬉しいです。

投稿: おとう | 2011年5月19日 (木) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51687664

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3267 いい意味での괜찮아요を見た康津市外バスターミナル:

« とうちゃんの自転車日記491 新潟市 万代橋  | トップページ | 普通の韓国を探して3268 장충동 풍경 »