« 普通の韓国を探して3300 「イバトヘ」って何だろう? | トップページ | とうちゃんの自転車日記493 自転車王国長野県へ 長野電鉄B特急 »

2011年6月 7日 (火)

普通の韓国を探して3301 ソウル 筆洞散歩5

323 324 325 326 327 328

 ソウルの古い街である筆洞、「ピルドンg」と読みますが、韓国戦争の戦災でか、古い家、韓屋も日本家屋もほとんど残っていません。1枚目のあたりでちょっと諦め、新しい広い道で下ろうと東方向へ方向転換。2枚目のアパートの上あたりに出てきました。

 壁画とかが好きな韓国、ちょっと稚拙と言えそうな微笑ましいのもあれば、なかなか素晴らしいのもあり。日本だとアパートなんかの場合、反対する人がきっといるだろうな、と思いつつ、北へ坂道を下ります。3枚目は、町のシュポ。もちろん、コンビニでもありますが、店の前の歩道にビール会社の宣伝が入ったプラスティックの椅子とテーブル。5月から9月くらいまでの韓国でよく見かけられる風景です。夜になると店でビールとつまみを買って前の席で宴会、自分の脚で普通のソウルを歩かれた方にはおなじみでしょう。これも多分、うるさいことを言えば歩道の不法占拠ですので、不法行為なんでしょうが、ま、ケンチャナヨです。

 4枚目は北の方、下って行く方向。「ザイ」というアパート、最近どんどん増えていますね。5枚目は室外機の置き場所。玄関側の階段にちょっと無理をして置いているのがいかにも韓国していて面白かったので1枚。6枚目は西か東か、横方向の道です。もう少し下れば飲食店の多い街。東国大裏口前の繁華街になります。

|

« 普通の韓国を探して3300 「イバトヘ」って何だろう? | トップページ | とうちゃんの自転車日記493 自転車王国長野県へ 長野電鉄B特急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51878167

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3301 ソウル 筆洞散歩5:

« 普通の韓国を探して3300 「イバトヘ」って何だろう? | トップページ | とうちゃんの自転車日記493 自転車王国長野県へ 長野電鉄B特急 »