« 普通の韓国を探して3291 ここはどこでしょう? | トップページ | すばらしい韓国の食事603 有名店 충무로 송죽へ行ってみた »

2011年6月 1日 (水)

普通の韓国を探して3292 ソウル 筆洞墨井洞奨忠洞 イントロダクション

292 293 294 295 296 297

 いつもこの「普通の観光にはほとんど役に立たないブログ」を見に来ていただきありがとうございます。 ちょっと前に書いたように、ソウルの旧市街中心部、大体歩いていると思っていたのに、退渓路の南側はほとんど知らなかったことに気づきました。さて、どんな街が広がっているのか、忠武路駅からまずは筆洞の奥、南山の北麓に上って行くことにしました。休日ですので本日はイントロまで。

 6枚の写真、忠武路駅の交差点から韓国の家へ斜めに入る道を進んだ最初です。4枚目、流石は韓国、「お金持ちがお金持らしくしている国」、ベントレーです。ロールスロイスを運転していると運転技士だと思われてしまいますが、ベントレーブランドはオーナーカーの最高峰。前に三成で見かけたマイバッハ同様、日本でもめったに走っていない車がソウルにはけっこうあるのかもしれません。

 それでは、朝飯のため、帰ります。今日は何をしましょうか??

|

« 普通の韓国を探して3291 ここはどこでしょう? | トップページ | すばらしい韓国の食事603 有名店 충무로 송죽へ行ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51823601

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3292 ソウル 筆洞墨井洞奨忠洞 イントロダクション:

« 普通の韓国を探して3291 ここはどこでしょう? | トップページ | すばらしい韓国の食事603 有名店 충무로 송죽へ行ってみた »