« 普通の韓国を探して3315 ソウルのこんな普通の町が好き 2 | トップページ | 普通の韓国を探して3317 住民センターでトイレを借りてみた »

2011年6月17日 (金)

普通の韓国を探して3316 ソウル 墨井洞散歩2

375_2 376 377 378 379 380

 日帝時代末期は新町遊郭だったという墨井洞の通りを目指して三星第一病院前から裏通りを歩きます。退渓路4街の南側、筆洞とかこの墨井洞、忠武路あたりから続く印刷、出版、製本関係の業所が多い町のようです。

 1~3枚目、平らな瓦屋根の2階建ては日本家屋かな?なんて思いながら歩きました。そして4、5枚目が墨井洞のメイン通りに出たあたりです。忠武初等学校がありました。詳しい地図をお持ちの方はご覧いただければと思いますが、明洞からずっと続く古い道がゆるやかに南へ曲がってこの墨井洞の坂道に繋がっています。退渓路は日帝時代にできた新しい計画道路だとのこと、それより古い道が中部警察署、永楽病院のあたりから忠武路、そしてここへ続いているのです。5枚目の通り、新町遊郭の名残は全くと言っていいほど残っていない、でも、古さを感じさせる道でした。 

|

« 普通の韓国を探して3315 ソウルのこんな普通の町が好き 2 | トップページ | 普通の韓国を探して3317 住民センターでトイレを借りてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51966669

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3316 ソウル 墨井洞散歩2:

« 普通の韓国を探して3315 ソウルのこんな普通の町が好き 2 | トップページ | 普通の韓国を探して3317 住民センターでトイレを借りてみた »