« とうちゃんの自転車日記502 快速あがの号で新緑の磐越西線へ | トップページ | 普通の韓国を探して3322 韓国の田舎 慶全線の車窓から »

2011年6月20日 (月)

普通の韓国を探して3321 ソウル墨井洞散歩4

386 387 388 389 390 391

 旧京城新町遊郭跡、極楽坂を上がります。1、4、5枚目が前回述べた高くなっている場所にある不思議な住宅群。道路右手の石垣の上に建てられています。相当古いですが昔は立派だったかも、という感じです。前にダニエル黄さんのクイズに出てきた日帝時代の大伽藍、高野山京城別院の跡だったりしたら面白いなと思いつつ歩きました。

 2枚目は氷屋の冷蔵庫、オルムというのは韓国語で氷のことです。3枚目、アンバサダーホテルが高くそびえています。相当古いホテルなのに、昔はすごい高層建築、大建築だったことでしょう。80年代、90年代のキーセン観光の舞台となったと聞いていますが、私には高級すぎる宿、泊まったことはありません。

 最後の6枚目、だんだん坂は急になってT字路になっています。筆洞を上がって降りて、ちょっとくたびれていたので左へ、奨忠洞方面へ行くことにしました。しかしソウル、坂が多いです。でも、階段の話含め、町歩きを面白くしている要因の一つだと考えています。たくさん歩いて、汗かいて、お腹を減らして美味しい食事をとる、それが私のソウル歩きのスタイルかもしれません。

|

« とうちゃんの自転車日記502 快速あがの号で新緑の磐越西線へ | トップページ | 普通の韓国を探して3322 韓国の田舎 慶全線の車窓から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51992723

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3321 ソウル墨井洞散歩4:

« とうちゃんの自転車日記502 快速あがの号で新緑の磐越西線へ | トップページ | 普通の韓国を探して3322 韓国の田舎 慶全線の車窓から »