« すばらしい韓国の食事603 有名店 충무로 송죽へ行ってみた | トップページ | すばらしい韓国の食事604 新潟発仁川行き KE764便 機内食 »

2011年6月 2日 (木)

普通の韓国を探して3293 ソウル 筆洞散歩1

298 299 300 302 303 304

 南山北麓の街、ソウルのピルドンです。鉛筆はヨンピル、「筆」はピル(ピr)、似た発音ですね。忠武路駅の大きな交差点から斜めに韓国の家へ入る道です。斜めの道とか三叉路とか、大抵は古い町の古い道なので期待です。

 1~3枚目は韓国の家の一部、立派な韓屋風の建築と立派な塀。前の項で夜のここ、警官4人が歩いてくる写真をアップしましたがライトアップされているのでなかなかのきれいな風景でした。2枚目、JINゲストハウスとあります。日本人だけでなく世界の観光客が訪れるソウル、欧米人向けの安い宿泊施設、けっこうたくさんあるのだと思います。 日本の韓国観光HPのように、アメリカならアメリカなりに世界を旅する旅行者向けのサイトがあり、安い宿なんかの情報もたくさん飛び交っているのでしょう。ホテルソンビなんかも欧米人、多いですからね。

 4枚目はちょっと前に紹介した「メウンデ」のチュクミ屋。しかしナクチ、チュクミ、日本では知らない人もいそうなマイナーな食材なのに、それぞれ専門店があるのは、韓国の海産物の豊かさ、それと、韓国人のイカタコ好きを示していると思います。イカもタコも精力が付くと信じられている感もあります。韓国の身体にいい≒精力が付くみたいな部分も多いですから。反対に精力を抑えるとされているのがワラビだったかな?誰かの本で読んだ知識です。

 5枚目は필동동사무소、今は筆洞住民センターって名前が変わっていますが区庁の出張所です。日本は全部の町には無いのに、韓国では各洞ごとに必ず住民センター(旧洞事務所)があるようです。

 このままいくと前に歩いた広い道に出てしまうのでこの住民センターの十字路を右へ、山の方へ向かいます。遠くになんか、道路上を横切る通路が見えます。何だろう?面白くなってきました。ソウル町歩き、「何だろう?」と思うモノが多いので楽しめるのです。

|

« すばらしい韓国の食事603 有名店 충무로 송죽へ行ってみた | トップページ | すばらしい韓国の食事604 新潟発仁川行き KE764便 機内食 »

コメント

あても無く散策される事が多いのですか?^^
ここを行けば何処で、あそこに行くには何処へ行けばいいか、全部把握されてますか?
迷ったことは?^^

投稿: こゆみ | 2011年6月 2日 (木) 20時12分

コメントありがとうございます

 時間があれば地図を見ていますので、今日はこの辺を、という場所の道、方向は大体頭に入っています。迷うというか、自由気ままに歩くこともあります。脚が丈夫なら、どこでもケンチャナヨですよ。

投稿: おとう | 2011年6月 3日 (金) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/51831884

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3293 ソウル 筆洞散歩1:

« すばらしい韓国の食事603 有名店 충무로 송죽へ行ってみた | トップページ | すばらしい韓国の食事604 新潟発仁川行き KE764便 機内食 »