« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

すばらしい韓国の食事612 シンポウリマンドゥで水冷麺を食べた

232 230 231 233 234 235

 ここでも何度かレポートしているチェーンの粉食カゲであるシンポウリマンドゥ、何と江景店までありました。駅前の通りを町の中心部の四つ角へ向かって進んだ右側、テクシ技士ニムがたむろしてるあたりにありました。鍾3の宿を出たのは5時過ぎ。龍山駅では一番の汽車に乗るため、時間が無く、といって駅構内、ホームの売店もまだやっていませんでしたので、うんと遅い朝飯です。

 1枚目は店の中、厨房をのぞむ風景、出前もやっているようで、おかもちが見えています。たくさん重ねたのは一回用の丼かな?出前はあれを使うのかな?とも思います。

 2,3枚目はメニューです。シンポウリマンドゥでは、うどんとかマンドゥ(餃子)を食べていましたが、暑い暑い日でしたので水冷麺にしました。でも、頼んでから3枚目、ご飯ものもあるようで、真ん中の白いソースのやつ、キノコ鶏肉クリーム煮トッパプなんか面白かったかな?と思いました。

 そして出てきたのが4枚目~。やはりチェーン店ですので、日本の食堂でも出すような半生麺のようです。でも細めの麺、見た目は本格的でした。 暑い日の冷麺、やはりイケます。翌日の初ミルミョンほどの美味しさではありませんが、一度切りの氷が浮いた水冷麺、美味しい一食になりました。やはりダイコンの酢漬けが入っています。日本だとキムチが入っていたりが多いんですよね。

 韓国の食事、基本はテンジャンという考えは変わりませんが、冷麺、ミルミョン、チャジャン麺、麺料理もなかなか美味しいと思います。1日1食は麺、そんなのも楽しそうです。

 大雨のためかやはり変更が多い本日です。もうお腹が空いてきてしまいました。

004 005

 追加アップです。写真は某廉価版焼肉チェーンのハーフ冷麺。やはり白菜キムチと温泉卵が入っています。日本では有名店である盛岡のお店もキムチ入り。でも、本場の冷麺には白菜キムチは入っていません。まぁ、これはこれで美味しく食べられてしまう私でしたけど。でも490円は高いなぁ。3口くらいでしたから。

 本日はちょっと早く上がります。すでに道は乾き、セミが鳴いてる新潟市です。それじゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3275 忠南 論山 灌燭寺4

147 149 150 1531 1541 155 156

 新潟市もけっこう降ってきました。もう峠は越えたとは思うのですが、中越ではけっこう被害が出ている模様です。やはり2件の変更がありました。ノンサン市の市内と言ってもいい場所にあるクヮンチョク寺の写真をお楽しみください。

 1枚目、韓国最大の石仏、15mだったか18mだったか、そんな高さです。3つの石を組み合わせてできているという話ですが、周囲にも石がたくさん。製作時に切り落としたのを並べてるのかな?なんても想像しました。仏さまの前は靴を脱いで上がる部分になっていて、そこでお祈り、お参りするのでしょう。

 2、4枚目、瓦の寄進の受付所。最初は人がいましたが、私が行ってすぐに点心(昼食)時間になったのか、2人とも石の門のほうにある建物に入ってしまいました。小型金庫などはそのままです。泥棒が少ない韓国らしいなぁと感じました。また、私を信用してくれてるような気がして少し嬉しかったです。

 6,7枚目は大雄殿の左にあった新しい建築。宿坊みたいなのかな?と思いましたが、木の色そのままです。ここも多分丹青塗装されるのでしょうが、日本人の感覚だとこのままのがいいって思いませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月30日 新潟 大雨

014 015 161

 おはようございます。

 テレビを点ければ新潟の大雨と言う感じ。幸い新潟市はそんなに降っていません。今も道路は乾きかけている状態、傘もいりません。ただ、中流部での大雨での増水が心配というくらい。早いとこ大雨、終わってほしいものです。 昨日午後も、雨のため道路が冠水して通行止め、橋などが増水で危険なため通行止め、などということで予約の変更がいくつかありましたが、本日も遠くからの患者さん、来られないという方もおられるかもしれません。

 写真は三条市の昔からの中心部のあたり。五十嵐川の堤防から100mくらいの場所です。被害を受けられた方にお見舞い申し上げます。新しい記事は時間があれば、お昼休みなどにアップしたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

普通の韓国を探して3274 ソウル 貞陵洞9

085 086 087 088 089 090

 せっかく脚でかせいだ標高を無駄にしないよう、尾根を外さず歩きます。ソウルの豪雨が伝えられています。この辺は水がつく可能性はないでしょうが、狭くてコンクリートで固められた山の道、滝のようになってしまってるかなぁ。ソウルの城北区貞陵洞の写真、もう少しあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月29日 ゴーヤ日記11 念願の第1号 今朝の写真です

018

 水曜日、木曜日と研修のため東京へ行っていました。昨夜、帰りの山手線、7時前だったと思いますが、池袋駅の手前で緊急停止。非常用ボタンが作動してという案内でしたが結構な時間、立ち往生です。ということは後続の山手線外回りもどこかで停まっているということです。10分以上待って動き出しましたが、この電車は池袋で運行打ち切りとのこと。池袋駅のホームはたくさんの待っていた人、全員降りないとなので降りた人、総動員の駅員さんで動けないほどの状態でした。

 さて、どうやって東京駅か、上野駅へ行くか?結局階段に気を付けてJRを出て、丸ノ内線で東京駅へ。何とか予定の新幹線にぎりぎり乗ることができ、新潟へ戻りました。しかし昨日の新潟県は大雨。はくたか号も湯沢ではなく、長岡と金沢の間で運行とかいう案内があったり、新潟駅でも在来線、えらく遅れての運行状況でした。まぁ、無事に戻れてよかったです。 「人身事故で○○線は遅れています」という案内、東京へ行くとしばしば聞きますが、自分の乗っていた電車が故障で運休という経験は初めて。まぁ、いい話のネタになったと思うことにしましょう。でも、疲れました。

 写真は今朝の我が家のごーや。やっとこ第1号が実を付けました。小指ほどの大きさです。花はここんとこたくさん咲くもののみな雄花ですぐに落ちるだけ。雌花が咲いたら受粉受粉、と、参考書を見て思っていましたが、何かの虫が受粉を手伝ってくれたのでしょう。ミツバチがいない新潟県です。

 外は雨、時々視界が白くなるほどの大雨になりますが、月末の支払いで銀行へ行きます。いっそ、ズボンのすそをまくってサンダルで行こうかな?と思うオジサン先生です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3273 忠南 論山 灌燭寺3

142 143 144 145 146 147

 近いからいつでも行ける、と思って行かないでいたカンチョク寺、やはり行ってよかったです。それほど広くない境内にはウンジンミルク菩薩像以外にもすてきな石塔があったり、不思議な石でできた門があったり。誰もいない平日の午後、じっくりクギョン(求景=見物)することができました。丹青塗装をばかにしちゃいけないと少し前に書きましたが、やはり石でできた昔からの物、いいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

すばらしい韓国の食事611 マッコリの日付

054 053

121 122

798 805

 最初の2枚が18日の夜のもの。鍾路の食堂でしたが、日付は16日、こりゃぁちょっと古いな、、、この店、あんまりマッコリに関しては回転が良くないなぁ、と思いつついただきました。

 何故かというと3,4枚目、同じ日の夕方のものなのですが、当日に瓶詰めされたものだったのです。こちらの場所は黄鶴洞のスンデチプです。小さな、ぼろっちい店ですが超人気店。いつもいっぱいで、入れない事も多い、そんな店。今回はラッキーなことに店の前の道路にプラスティックのテーブルを置いてて、そこでいただくことができました。

 5,6枚目は19日、これも、前日のものです。場所はどこだったかなぁ?とにかく、その日、もしくは前日、それくらいの新しいマッコリが飲めるのは、ソウルのいいところです。

 お気づきになった方もおられるかもしれませんが、ソウル濁酒、市内にいくつかの工場、醸造所があります。写真が小さいのでいまはわかりませんが、1,2枚目が違う場所だったかな?少しずつ味も違うとか。まぁ私、すっきりさっぱり、新しい、そして冷たいやつならなんでもいいです。そこらで買えば750mlで1200W。100円しません。韓国はいいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月26日 アナログ放送終了の日

003 006 007 008 009 011

 ほんとに映らなくなるんですね。1枚目は仕事だった24日の朝。帰宅して点けてみたら残りの写真。そして0時を過ぎたらいわゆる砂嵐でした。人が寝る部屋4つに4つともテレビがある我が家、2台は地デジ対応のにしてありましたが、東京に住む次女の部屋と私の部屋は前からのテレビデオでしたので、ま、こんなです。

 韓国語を始めてから、夜中に起きて韓国のビデオをみたりするようになり、その後、西尾由佳里さんをちょっと気に入って、さらには中田有紀さんも見るようになって、、、でも、昨夜は岸和田少年愚連隊と木更津キャッツアイ見ていたし、どうするかなぁ、、、というところです。前は何十万円もしたようなテレビが今は十万円以下で充分買えますからね。この次の休みに買いに行こうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3272 忠南 論山 灌燭寺2

1361 137 138 139 140 141

 前にも書いたように江景でちょっとしたトラブルがあり、右脚を傷めてしまいました。そんなに高くない丘というくらいの山にあるカンチョクサ、やはり階段がありました。痛い足で上って、でも、初めての場所、行きたかったお寺、見てみたかった石仏、期待にこたえてくれた訪問になりました。

 1枚目は化粧室。残念ながら修理中で使えません。面白かったのは4枚目、2枚目の階段を上がった3枚目の場所、すぐ左に、コーヒーの自販機。思わずにやりとしてしまいました。やっぱりここは韓国、って思いました。

 5枚目がメインのお堂、6枚目が境内の東側にある目的の石仏ウンジンミルクというのかな?長いこと見たかった石仏との嬉しいご対面でした。なむ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3271 江景가서 江을 구景하자.

1511 1521 1532 1542 1552 1562 1572 1582

 忠南の論山市の一部である江景、塩辛の町として有名ですが、それ以上に昔は大きな市場がある場所だったとのことです。錦江の水運の要所だったことが大きいのでしょう。タワーの写真はすでに公開しましたが、1日かけての江景、論山の訪問のスタートです。

 鍾路3街から始発の地下鉄で龍山へ。一度出て、切符を買って汽車のホームへ。1~7枚目は龍山駅の写真です。最後は、、、うろ覚えですが多分最初の停車駅、永登浦だったと思います。コーヒー好きが多い韓国、最近では専門店が増えたし、コンビニでも原豆カッピを売っていますが、駅の中のカペ、その名も「李舜臣」でした。日本人の知名度は5%以下?韓国人だと99%以上じゃないかな?

 タイトルは「江景へ江を見物に行こう」です。湖南線が韓国四大江のひとつ、錦江にもっとも近づく場所でしょう。でも、汽車からは見えません。期待に胸を膨らませての早朝の出発でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

普通の韓国を探して3270 塩辛タワーへ行って来た

207 208 209 210211_3 212 213 214

 塩辛タワーというのは私が付けた愛称、江景タワーというのか?単なる展望台なのか、何度も湖南線の車窓から見ていた忠南論山市江景邑の錦江べりにある展望塔に行ってきました。

 駅から暑い中、正面の通りを歩き、途中でちょっとだけ左手にある市場を見学のあと、錦江の川べりへ。そこから左へちょっと行くとバス停があって、その名も「ジョッカル展示館」。写真にもある本物の船をそのまま利用した建築がそれです。 私の目的はでも、そこじゃなくてそのそばの小山を利用した公園にある江景タワーの方です。

 3枚目が川側の上り口。またまた汗かいて階段を上ると、どんどん開ける風景。なかなかの展望です。5~8枚目がそのタワーの下からの眺めです。もうこれで充分?とも思いましたが念願のあの塔の上へ、ともうひと頑張りしました。汗だくだくになってたどり着いたタワーの上からの景色はまた稿を改めます。お楽しみに。

 少し前の記事、もったいぶって書きましたが日帝時代の日本建築の残る町、一つはこの江景、もう一つは慶尚北道の尚州を訪問しました。何十回行ったかわからない韓国の旅、その中でも印象深い訪問になりました。面白い写真、沢山あります。ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記514 高校野球

001 002 003 004 005 006

 先々週の休み、水曜日だったかな。鳥屋野球場に高校野球を見に行きました。2年前に何試合も見て、結局甲子園までも応援に行った日本文理高校の最初のゲームです。もちろん自転車でした。

 すみません、相手がどこだったか、失念。でも、そっち側のスタンドで観戦。ですので向こう側の人数の多いのが日本文理です。2年前の強力打線、全員ホームランを打てる感じだったのに比べると小粒な感じは否めませんが、バランスのとれたチームで、4、5、6枚目、7回の途中でコールドゲームとなりました。以後も勝っていますが、確か今日あたり決勝だったかな?準決勝だったかな?なかなか休みと予定が合わず今年はこの1試合だけ。日に焼けた脚の皮がむけてる私です。

 運動部だからえらいなんてことはありませんが、試合の運営、グランド整備、そしてゲームをする選手たち、皆元気で礼儀正しく、また、一度負けたらおしまいのプレーも一生懸命でいいものです。甲子園、日程が合えば、行きたいなぁ、なんても思っている私です。

 金曜から忙しく働いて、本日は夜間診療、でも、けっこう今日も忙しい日になりそう。明日のオープンデイまで、がんばります。「オ~ラがんばっていこうぜぃ!!!」というところ。これから月末の支払い、銀行だの郵便局へ出かけます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3269 ソウル 鍾路3街南側 セントラル観光ホテル

022 023 024 025 026 027 028

 韓国の地方旅、いろんなスタイルがあっていいと思います。この私も、昔は大きなカバンを担ぎ、デイパックを背負ってあちこち渡り歩いたのですが、最近どうもトシのせいか、そういうのがきつくなってきてしまいました。ソウルでの学会の用事を済ませ、地方へ。そんな強行軍が体力的にきついのです。暑い時期でもあったので、ソウルの安い宿に荷物を置いて、早起きして軽装で往復する、そんなふうにしてみたのが今回の旅行です。

 最近多く使っていたホテルソンビは人気のためか強気の値段、1泊7000円以上もしましたし、連休絡みで日本人も多い時期だったのか3泊の予約が取れず。そこで決めたのが大昔にとびこみで一度泊まったセントラル観光ホテル。清渓川路に面した古い安いホテルです。鍾路3街の駅からソウル劇場を右に見て清渓川路に出てすぐの左です。5000円でした。本来高級モテルであるソンビよりも古い安い観光ホテルがあるわけです。前に泊まった時は高架道路があったので窓のすぐ下は車がたくさん、そんなでしたが、今は河川公園、静かなものでした。唯一文句はエレベータの中の芳香剤?ちょっと目が痛くなるような、、、くさいと言っても差し支えないあの匂い、何なんでしょう?

 写真は609号室の室内と、窓からの風景。6枚目、ホテル国都がすぐそばに見えます。下は機械部品、工具、そんなのの店がたくさん。江南の高級アパートに住む人が見たら眉をひそめるような5枚目の写真を見て、嬉しくなるのが私です。そんなソウルが大好きです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3268 忠南 論山 潅燭寺1

128 1291 130 131 132 133 134 135

 「近いからいつでも行ける」って思ってしまって行かないでいた場所、たくさんあります。慶福宮とか、中央博物館とか、江華島とか。水原の民族村に至ってはまだ行ったことがありませんし、昌徳宮、秘苑も知りません。そんな場所の一つだったのがこの論山の灌燭寺。韓国最大の石仏があるということで、昔はガイドブックには必ず出ていましたが、最近はそうでもないかな? ゲゲゲの鬼太郎の絵にも似たような仏像型妖怪が出ていたと思いますが、ユーモラスな姿の大きな石仏、一度は行ってみないと、と思っていたお寺です。

 近いからいつでも行ける、大田だってそう。新潟韓国教育院の金洪晩先生に会いに、90年代に行っていますが、泊まったのは2度ほどしかありません。大田から論山の間は小さな山岳区間で案外時間がかかるし、灌燭寺だけのために行くのは、、、という感じでした。でも今回はその近くに凄い場所があったのでその序に、ということでの訪問。でも、小高い山に立つお寺、なかなかいいところです。

 論山駅前からバスで市場、ターミナルを過ぎ、15分ほどでしょうか。湖南線の汽車からも見える競技場のある小高い山の向こう側にその灌燭寺がありました。歩いても1時間弱、そんな距離です。

 1枚目は山門。この先に売票所があり、大人1500Wの入場料、いや、拝観料を払ってすぐの建物が写真のもの。日本だと仁王様がある場所でしょうか?ちょっとユーモラスな閻魔大王みたいな木造が4つ、両側に2つずつあります。悪いやつは入れないぞ、というところなのでしょう。丹青という韓国独特の塗装がきれいです。

 韓国の寺、多くはこんな塗装で、それに2度の秀吉の戦争、韓国戦争などで焼かれた者が多く、古くても600年前とか。今思えば済まない話ですが、日本のが古い物、たくさんあるじゃないか、なんて思ってしまっていました。またこの塗装。これも日本人の趣味からはちょっと離れる感じです。でも、これも、韓国では20年に一度塗り替えるのが決まりのようになっているとか。韓国なりの文化がこの丹青なのです。自分の無知をちょっと恥じないといけません。

 建物の外にも面白い絵があります。最近はこういうのも、いいなぁ、と思えるようになってきました。石段を登ると、泉、薬泉トがあります。わざわざ行ってみましたが、飲用不可とのこと、ちょっと残念です。早くあの石仏をみたいなぁと思い、とある事件で傷めた脚に鞭打って階段を上がりました。「事件」の話はまた改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

普通の韓国を探して3267 眠たいアジュマ 中央市場後門 黄鶴洞 馬場路のポジャンマチャ

576

  私が韓国語を覚えた場所とも言えるソウルの新堂駅北に広がる中央市場の裏門(韓国語だと後門)の前、馬場路に沿って20時ころからオープンするコプチャンクイの幌張馬車(ポジャンマチャ)群での1枚です。

 最初に知り合いになったチェソヨンアジュマの店はこのむかい側。その後、ソムナンポジャンマチャ、パンシリポジャンマチャ時代に何度か通いましたが、この時は違うアジュマの店になっていました。時間は早めの10時前くらいだったと思いますが、ポジャンマチャへお客さんが来るのはもっと遅い時間。でも、毎晩朝まで仕事のアジュマ、居眠りしていました。韓国の女性、本当によく働きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事610 カヤミルミョン 初物を食べると75日長生きできる?

623 706 707 708

 慶尚道のとある地方都市へ行きました。ソウルを早い時間のバスで発って目的の町、一番に見たかった場所はバスターミナルから歩いて10分ほどの場所でした。幸運を喜び行ってみたら、少し前の写真のように、すごくきれいな場所です。9時開門の一番で入場し、事務所で資料をもらって見学。小さな資料館もありましたが、何と言ってもすごいのは本物の建築、一部移築されたものもあるとのことですが、朝鮮時代の韓国建築、なかなかすばらしいものがあります。

 その後、バスターミナルまで戻って市内歩き。2度目の訪問でしたので土地勘も少しありました。古い道、斜めの道、細い道をたどりつつ中心部へ行くとその町の名前を冠した大きな初等学校があり、その裏に、1枚目の写真の店。「カヤ(伽耶)ミルミョン」というけっこう大きなミルミョンの店がありました。

 ミル=小麦、ソメk(ソメク)という漢字語もありますが、よく使われるのは固有語のミル=小麦です。ミョンは麺、小麦粉で作った麺ということですが、釜山ではポピュラーな小麦粉で作った麺の冷麺です。普通の冷麺同様に水ミルミョン、ビビムミルミョンがあります。

 慶応大学から釜山の東義大学校へ行っておられた哲学の先生(毎日開琴ミルミョンという店で食べておられたようです)のブログで見て興味を持ちましたが、なかなか釜山とかへ行く機会が無い私、是非とも食べてみたかったメニューの一つです。ところが時間は10時台、一応入ってみたらアジュマが掃除中、聞いてみたら11時からとのこと。しょうがなく、また町を歩いて、12時前に行ってみました。

 お昼前とあって結構な入り。私の後からもどんどんお客さんが来ます。ミルミョンの中を頼んで待って出てきたのが写真のメニュー。黄色いまっすぐな麺がスープに氷とともに入っています。聞いていたとおり、まさに冷麺の麺だけが違うものです。鋏で1回だけ切って食べ始めましたが、、、美味しいです。

 冷麺とミルミョン、韓国戦争時代、蕎麦粉とかいもの粉が無い時にしょうがなく小麦粉で作ったという冷麺の一種。すっぱ味もすこしありますが、好みのスープで、まるで冷やし中華の韓国版という感じです。酸っぱいのは苦手な私にもちょうどよく、美味しく食べることができました。「中」の4000Wを頼んだのだけど、「大」の5000Wを頼まなかったことをちょっと後悔した一食になりました。

 釜山が本場ということですが、慶尚道だとぽつぽつあるのかもしれません。夏だし、尚更人気のメニューなのでしょう。また食べてみたいです。冷麺以上でも以下でもない、同等の美味しい韓国の麺料理を味わうことができました。別に長生きはしたくありませんが、美味しい料理はどんどん食べたい私です。

 この店で面白かったのが、食べている途中で後から入店したアジュマ4人。どうも日本語を話しているみたい。でも、韓国語も流暢にちゅうもんしました。私が食べ終えたころにそのアジュマ達の席にミルミョンが出てきたんですが思いきって話しかけたらやはり日本人。ずいぶん前に結婚してこの都市に住んでいるとか。地元の人ならではの情報を教えてもらうことができました。

 どうも、地方で日本人に会うのはあんまり嬉しくないような気もしてしまうのですが、住んでいる人は別。どこへ行っても日本人はいるのだなぁ、、、と思った一件です。でも、観光関係では全然日本人には知られていない場所でしたので向こうもちょっと驚いたふう。普通の観光旅行者ではないこと、わかってもらえたかなぁ?

 ともかくミルミョン、美味しいです。思いだしただけでも唾液が湧き出るメニューが増えてしまいました。釜山方面へ行かれる際はどうぞお試しください。美味しいですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

普通の韓国を探して3266 ソウル 鍾路 夜の町

189 190 191 192 193 194

 ソウルの中心部、鍾路の繁華街です。少し前に高速バスでの移動をした日曜日の池袋と新潟の対比の話を書きましたが、ソウルとか東京、大都会へ行くと田舎者の私はちょっと高揚してしまう、そんな感じがあります。

 初めて通った新潟韓国教育院の金洪晩先生に教わったのですが、韓国語で田舎者は「촌놈」、漢字の「村」と、悪口で使う「~野郎」に近い意味の「ノm」で、「ちょんのむ」=「村野郎」です。ただ、人をばかにして言う時よりも自分をへりくだって言う時に多く使われるとおっしゃっていました。「大田チョンノムなので、よろしくお願いします」という感じでしょうか。

 そういえば水戸黄門が終わるとか。再放送含め、けっこうテレビを見ない部類の私も見ていたプログラム、ちょっと寂しい気もします。何年続いたのでしょう?ゴールデンアワーにやる人気番組だったので、切っても血が出なかったり、最近はみな峰打ちなのでしょうか?とにかくあまり人が死んだり、そんな場面もテレビでは見られなくなりました。

 同様に、頻繁に途中で出てきた台詞も消えています。悪い代官とか小役人(これも禁止用語?)側の台詞である「田舎じじいの分際で~」という文句も最近は無いでしょう?「田舎爺い」というのがたぶん差別用語と言うか、使ってはいけない言葉なのだと思います。でも、我が新潟にも飛行機の中でのマナーがなっちゃいない困った田舎じじいはたくさんいます。そんな「いなかじじい」への道を着々と歩んでる私ですが旅の恥はかき捨てではなく、公共マナーは守りたいものですね、歳をとっても。

 ソウルの繁華街の話に戻りますが、江南の駅三洞、ノニョン洞、そんな場所と比べると不規則で、雑多で、洗練されていないのが江北の街。でも、「田舎じじい候補生」の私が好きなのはこっちのほう、写真6枚、みな好きな写り具合です。単に派手な看板、ネオンが好きなのかもしれませんが。

  追加です。6枚目、LG25の右の店がカルメギザルなど付属コギ(内臓肉)を安く美味しく提供することで大人気の焼肉店、「ソレ」の鍾路店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3265 ソウル 貞陵洞8

079_2 080_2 081 082 083 084

 ソウルの北漢山麓の小さな尾根と谷の町、貞陵洞です。陵線へ出て、さらに高みに上ります。1、3枚目は教会のよう。キリスト教が盛んな韓国、このトンネにもいくつかの複数の教会があるようです。しかし、この街、いつの時代に、どんなふうにできてきたのか?そんなことを考えつつ歩きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

普通の韓国を探して3264 2つの町を歩いてみました。

3751 3761 550 661 662 703

  1、2枚目は同じ建物で、白塗りして消してある看板の文字は「新光洋靴店」と「和信洋服店」、2つの店が入っていたようです。昔は栄えていたけど今はちょっと寂しい、そんな場所。汽車で通ったことは数十回?でも、歩くのは今回が初めて。セマウルも少しだけ停車する駅です。どこだかわかるかな?

 3~6枚目は別の場所。こちらは2度目の訪問ですが、やはり昔の交通の要所だった場所です。こちらも、わかる方おられますでしょうか? 4枚目の薬局はずっと前にお見せしているかも。もちろん前のは別の写真、10年とかも前の写真ですが、古い建築、残っていてくれました。

 言葉が上達して、目も余裕を持って韓国を見ることができるようになって、より感覚も鋭敏になったのかも、5枚目は4枚目の建物の十字路の対角線側。やはり古いもののようです。

 3枚目はものすごくきれいな公園。枯れ葉一つ落ちていませんでした。たぶん自願奉仕のお年寄りとかが毎朝清掃をしているのだと思われます。とにかく、写真でもキレイですが、中は心が洗われる気持ち。そして、韓国の心が少しだけ緊張感を伴って理解できた感じがします。

 最後は尚武亭という弓道の射撃場。ちょっと休ませてもらうつもりで入ったら3人のアジョシと仲良くなり、たくさん話せたし、実際の射撃を披露してもらった上に、市内中心部まで車で送ってもらえました。韓国の弓、145mもの距離で競うのだそうです。

 どんな旅行だか、想像してみてください。新しい記事をお楽しみに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3263 3号線西大門駅 独立宣言書

649 650 651

 どんどん変わるソウル、1年たてば大きく変わるし、2カ月とかでもあっちこっち、新しくなっています。

 3枚の写真、ヒョンジョ洞の再開発地区へ行った時のものですが、順番通りです。改札を出て、地図を見て目的地への出口を決め、歩いて階段へ、と思った時に1枚目、ずらっとならんだ文字に気が付きました。というか、最後の所で気が付いたのですが、気になって戻ってみたのが2枚目。やはり独立宣言書、3.1運動のやつです。3枚目のようにかなりの長さで、全文が壁にありました。

 韓国の人もいちいち読んで通る人はいないでしょう。でも、国民みんな、忘れるなよ、という韓国の姿勢を感じます。過去を隠ぺいし、忘れてしまう日本、ちょっと考え過ぎくらいに思える韓国。もちろん、大事なのは今現在とこれからの未来ですが、世界一仲良くなれるはずの、ならないといけない2つの国。もっともっとお互いを理解しないといけないと思います。

 手元に神谷丹路さんの本、「韓国歴史漫歩」明石書店、というのがあります。ちょっと高いのですが、韓国が好きで韓国のことを知りたいという方にはお勧めです。私が行ってみたいなぁ、という場所には大抵神谷さんの足跡がある、そんなふうにも感じるすごい本です。見かけたら手に取ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3262 ソウル 貞陵洞7

073 074 075 076 077 078

 ソウルの城北区、貞陵洞です。車が使えない道もたくさん。そう昔ではない時代、建築資材とか、運ぶのは大変だったことと思います。旅行者の勝手な感傷ですが、アパート群になってしまうのは残念。そんなふうに思いつつ歩いた町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

普通の韓国を探して3261 호남선기차여행 전북익산시부근

335 337 339 340 342 343_3

  湖南線KTXで木浦からソウルへ戻った時の写真、今回は全羅北道益山市付近です。

 たぶん韓国で最も広い平野であるこの辺、日帝時代にはたくさんの米を日本に運んだことで有名なあたり。群山はそのためにできた新しい港町だったようです。2、3枚目はイクサン市街が見えてきたあたり。韓方医学で有名なウソク大とかも高速道路のほうにありますし、歯科大学もある円光大学校がある都市です。平らでしょう。

 4枚目がイクサン駅。何度も乗り降りしている鉄道の要衝といえる駅です。あまり観光名所とかは無いので観光の人は行かない場所でしょう。

 この項のテーマは5,6枚目。金色に輝く丸が円(本当は旧字)仏教(ウォンブルギョ)の本拠地がこの益山市にあるので、それ関係の教会、施設がたくさんあるみたい。円光大学校も信者でなくても入れるのでしょうが、もとはその円仏教の大学のようです。5枚目は教会、6枚目は病院のようですね。

 韓国も日本同様、基督教、仏教の2大宗教だけでなくいろいろあります。日帝時代に入ったのだと思われる天理教の施設がソウル駅そばにありますし、前にここで紹介した鍾路に大きな教会がある天道教、そして、この円仏教。他にもたくさん小さな宗教があるのでしょう。 そうそう、ずっと前にここでも江原道ヤンヤンの写真で「エホバの証人」の教会(?)を紹介しています。まぁ、どこでもいっしょですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3260 鍾路3街の夜 ピマッコルから楽園商街前

183 184 185 187 186 188

 前に書きましたっけ?東京は人が多いなぁと感じます。日曜日、夕方早目の高速バスに乗るために行った池袋、ものすごい人出でした。それが新潟市内に入った8時ころ、県内随一の繁華街であるはずの新潟市古町、ほとんど人も車もありません。新潟駅前の降車場付近も一緒、新潟駅の連絡通路も一緒でした。そんな地方都市に住んでいるとソウルも東京同様、すごく刺激的な都市だと感じます。

 今回の6枚は、、、たぶん鐘岩洞のホプ(ビールとチキンを主とする気軽な飲み屋兼食堂)アジュマに会いに行った帰りだったと思いますが、鍾路3街あたりの夜の風景です。各店ごとに『お客さん、来てよ』という趣向を凝らしたネオンや看板、そんなのも面白く、楽しいものです。

 1枚目はたぶんピマッコル、残りはそこから広い道、鍾路から楽園商街へ行く道に出たあたりでしょう。10時過ぎとか、そんな時間の写真、夜のソウルの情緒をお楽しみいただければ幸いです。4、5枚目、「トウミ」というのはそのままだと「助け」というような意味ですが、男性だけのグループで歌謡酒店へ行くときに呼ぶ「助け」=呼ぶと来てくれるホステスさんという意味です。一度だけ知り合いの元ポジャンマチャアジュマ、現孔陵洞のホプアジュマ(鐘岩洞のホプアジュマとは別)が厨房アジュマとして勤めていた黄鶴洞の歌謡酒店へ1人で行ったことがありましたが、ああいうとこでもたぶん、一人では寂しいのでトウミを、と頼めたのだと思います。いったいどんな女性が来てくれるのかなぁ??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3259 서울 정릉동 6 稜線目指して上ります

067 068 069 070 071 072

 韓国の山の町、そこに住む人が共同で自分たちでやったのかも?なんて思える階段の道がたくさん。それもまた、そういう古い町を歩く楽しみにもなっています。そういう気持ち、わかってもらえるでしょうか?不規則だから面白い、そういうのってあるでしょう?

 さて、どんどん標高を上げて行きます。2枚目の少女の家はどこなんだろう?幸福になってほしいな、なんて思いながら歩きます。5、6枚目はほぼ稜線、尾根に出たあたりで、どこか別の経路で車も上がってこられそうな道幅があります。

 からっと明るく乾いた感じのソウルの山の町、初夏の日の登高行の写真。あまり駄文は必要ないかもしれません。1枚1枚の写真をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

2011年7月16日 「幸福の黄色いハンカチ」を思いだしました

008

 忙しかった午前ですが少し早く上がれましたので、お昼、カツ丼を食べてきました。 10日の日曜日夜に思い立って始めた「植物性脂肪も動物性脂肪も摂取しないダイエット」、お終いです。

 タイトルにありますが、古い映画の中で網走刑務所から出てきた高倉健さんがカツ丼とラーメンだったか、カツ丼とカレーライスだったか、久しぶりの娑婆の味を楽しむシーン。ご存知の方も多いと思いますが、そんな気分で肉を食べてきました。旨かったぁ。写真はカツ丼のが無いのでラーメンで代用です。もぅしばらく「酒を減らす」は続けてみるつもりですが、脂肪分はやはり美味しい食事には欠かせないかも。量に注意してご飯を食べて行こうかと思います。

 外は暑いし、午後も多忙。さて、夕食は、何を食べましょう。暑さもまだまだこれからが本番。皆様、夏負けされませぬよう、ご自愛ください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事609 長い魚はみな「ジャンgオ」

017 020 018 019

 初伏だかいう夏負け防止に身体にいいものを食べる日が過ぎました。日本で言えば丑の日でしょうが、韓国では参鶏湯とか補身湯なんかを食べるそうです。

 今回はウナギ。知り合いの食堂アジュマに御足労願って、ちょっと豪華なお昼でした。ジャンオ定食1人前2万W。マッコリ1瓶3000W。まぁ、妥当な値段でしょう。蒸して焼くなんて面倒なことはしない韓国ですが、意外にほっこり、身も厚く、美味しい鰻でした。なぜか鰻には千切りのしょうがが付きます。そんなのと一緒に葉っぱにくるんで食べるのが韓国式。お腹一杯になりました。

 魚の名前には魚屋さん含め案外無頓着な韓国ですので、アナゴもハモもウナギも長魚だったりします。日本ではほとんど食べないコムジャンオも人気ですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3258 ソウル 貞陵洞5

061 062 063 064 065 066

 ソウルのジョンヌン洞です。坂と階段の多い、山の街です。2、4枚目でわかるように谷川の橋から、どんどん上って尾根に出ようかというあたりです。4枚目に見えるのがよい目標になる「山荘アパート」です。

 3枚目、「工夫房」とあります。韓国語では勉強のことを「工夫」と言います。「房」は部屋とか店。課外の学院に行けない事情がある子供たちのために放課後勉強を教える施設で、低所得者の多い街に設けられていると聞いています。また、我が新潟市でも「コンブバンg」ではないですが、似たような場所ができると新聞に出ていました。神社へ行く度に『この世界のまじめに働く皆が幸福に暮せますように』と祈願している私ですが、そうなって欲しいものです。

 2、5枚目に車が写っていますが、どこから上がってきたのかな?私が歩いて来た道は階段だのばかり。やはり車社会はここにも及んでいるみたいです。しかし、高い所に上がること、だんだん開けて行く風景、楽しい散策です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

2011年7月15日 動物性脂肪、植物性脂肪を摂取しない生活5日目

 本日は夜間診療。仕事は午後からですが、院長はちょっと雑務などで早く出てきています。今朝のご飯は、飯、糠味噌漬けの十全茄子、十日町のホロホロ漬け、納豆、メンマの煮たのでした。

 昨日自転車にトラブルが生じ、レーサーで出るわけにも行かず、歩いて出勤、その途中ではたと気が付いたのですが、脂肪を摂取しないと決めて実行しても、どうも大した意味は無いように思えます。なぜかというと、牛。草を中心に植物関係の物ばかり食べている牛にあんなにたくさん、美味しい脂肪があるのですから。今日もお昼は盛り蕎麦のつもりでしたが、とんかつか天丼にするかなぁ、、、

 いただいたコメントへのレス、及び本文の更新の時間が不規則になっています。ちょっとコンピュータの不調がひどく、突然固まってしまったりもしばしば。少し更新が途切れることがあるかもしれませんが、ご了承ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3257 湖南線の車窓から

322 324 325 329 332 334

 12時に木浦駅を出る湖南線KTXに乗りました。300キロで走るのは一部の専用線。湖南線の中では140キロくらいではないかな?と思っています。バスに比べて揺れは少なめなので何とか写真が撮れますが、やはりブレも出やすい状況ではあります。

 1枚目はただの川。でも、日本の川に比べ護岸が整備されておらずそのままの川が多いのはいいことだと思います。虫を取ったり魚を取ったり、大きな川では遊ぶなとか、日本も韓国も一緒でしょうけど。前に青陽で、川で遊ぶ施設があることをかきました。今頃、きっと子供たち、たくさん川で遊んでいることと思います。2,3枚目は山。どこだったかなぁ。全羅道の田舎であることは確かだと思います。けっこう並行して新線の工事が進められている場所が多かったです。

 4枚目はちょっと特徴のある形の名山、全北へ入っての内蔵山です。この山が見えればもうすぐ井邑。5,6枚目は井邑駅です。ずいぶん前の秋、まだ紅葉にはちょっと早い時期に1泊して内蔵山まで行ったことがあります。また神谷丹路さんの本にあった黄土ヒョン(山+見)古戦場とか、新泰院あたり、タクシーをやとって回りました。井邑市中心部も徒歩でぐるっと見て回れるくらいのちょうどよい都市でした。歴史的には新しい、湖南線ができてから形成された街なのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3256 ソウル 貞陵洞4 いよいよ山の町へ

055 056 057 058 059 060

 韓国の川の名前、漢江、洛東江、栄山江、錦江なんて大きな川でない場合、案外そっけない場合が多いように思えます。牛耳洞から流れ、中浪川に入る川は牛耳川。塩辛で有名な論山市江景邑で錦江に合流する川は江景川、そんなふうに地名+川でできている、そう思います。

 北漢山から流れる貞陵洞の谷の川にかかる橋を渡り、上りの道へ。いよいよジョンヌンドンの山の町へ入ります。

 2枚目、ちょっとした空き地での食べられる植物の栽培、韓国のどこでも見られる風景です。電柱の張り紙防止のカバーは日本と一緒。でも下にあるナイトの広告は韓国ですね。

 3枚目、敬老堂とあります。ずっと前に群山での写真を紹介しましたが、暇はあるけど小遣いはあんまり。ゴルフなんかやる金はないとか、そんなハラボジのための集まる場所、韓国では案外充実しているのかもしれません。無料の地下鉄でタプコル公園へ行くのだってそうだし、こういう場所でもお昼が出たりすると聞いています。囲碁をやったりおしゃべりしたり、大部分はハラボジだと聞いています。ハルモニは近所の街角なんかでおしゃべりか、、、テレビとかなのかなぁ。

 4、5枚目、階段が増えてきます。大きな荷物の配達なんかは大変そうです。コーヒーの自販機があるのは韓国ですね。最後の6枚目、かなりの大邸宅もあります。こちらを訪問される方のキーワード、タルトンネとかも多いのですが、たとえば東大門のそばの昌信洞とかは実はタルトンネではありません。集合住宅が多いけど、それなりに暮らせる人が昔から住む山の町です。どうしようもなく形成された町ではありません。ここも、昔からそれなりに形成されたソウルの山の町の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

2011年7月14日 今日は草取り

007

 今日も休みです。また自転車に乗って高校野球の県大会を見に行こうかとも思いましたが、夏になって伸び放題の草とかを整理することにしました。運動になるよう、VAAMも飲んでスタートです。

 日曜あたりから始めたダイエット。順調とまではいきませんが、食生活、大分変りました。「動物性植物性を問わず出来るだけ脂肪を摂取しない」というのがその基本方針、今朝のメニューは、ご飯、白菜キムチ、十全茄子とにんじんの糠味噌漬に、丸茄子の味噌汁と納豆。心なしか額の汗なんかもさらっとしてきたような感じです。

 水分を補給しつつ汗をかく、そんな一日にしたいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

2011年7月13日 ゴーヤ日記10 速い成長が始まった

001_2 003

 1枚目は10日の朝、2枚目は13日、今日の朝の写真です。前に10センチずつ毎日伸びると書きましたが、もしかしたらそれ以上のスピードかもしれません。ずっと後ろにさがらないと全部が入らなくなりました。

 今日は休み。午前は高校野球の観戦と市内ポタリングです。曇っていますが暑さに気を付けて走ってきます。さぁ、野球場へ急がないと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

普通の韓国を探して3255 ソウル 貞陵洞3

049 050 051 052 053 054

 バス通りを山荘アパート下で南へ。少し歩けば谷川の橋です。前に来た時は遊歩道なんか無かったのに、清渓川以後他の小さい川の公園整備もどんどん行われているようです。

 1枚目と3枚目、左手に聳えるのが貞陵洞の山荘アパートになります。古いけどかなりの大きさで、この後上って行った場所からもよく見えていました。橋を渡りきった後の4、5枚目に写ってるのが前の項の「貞陵連立住宅」です。案外洒落た、きれいな住宅のようですね。4枚目にはヤクルトアジュマとこの辺のトンネに住むお母さんたち。みんな顔なじみのようでした。その先に見えるのはお寺のよう。韓国のお寺、多くはソウル市内であっても山の中にあります。ここもその一つなのでしょう。

 さて、この次から、貞陵洞の古い山の街への上りが始まります。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 オープンデイです

020 021

 本日はオープンデイ、研究日です。いつも通り、どうしても火曜に、という患者さんの予約がラストに入っていますが、のんびりの日です。

 昨日決心したダイエット、結局昨夜は遅くなったので蕎麦屋がだめで、この季節、日本海でたくさん上がる小さめのスルメイカの茹でたのと白菜キムチを和えたので缶チューハイをいただきました。しかし今朝は、冷蔵庫に残っていた昨日の焼きそばを電子レンジで温めたのを食べたので、脂カットはできず。お昼こそ油抜きの食事をと考えています。

 オープンデイですので、昼休みをずらして取り、スタッフも外出自由。今の時間は院長が留守番してて、スタッフが戻ったらお昼に出ます。さてさて、蕎麦か?焼き魚定食とかにするか?それとも冷やし中華なら油が少ないよなぁ、、、なんてあれこれ考えています。

 しかしこういう時に思うのはキムチの偉大さ。多分、ご飯と白菜キムチ、そこに野菜と豆腐などの味噌汁。そんなで充分健康的で美味しい食事ができると思います。市販のキムチ、そんなにくさくはありませんが、ずっとそれは無理。でも、この休み、ご飯とキムチと味噌汁、プラスせいぜい脂の少ない焼き魚、とか納豆。それだけで通してみようかな?

脂肪摂取の制限+酒量のコントロール+運動、とまぁ、ぼちぼち続けようと考えています。

 写真は上里SA.場所的に助手席の人でしょうか?面白い忘れ物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3254 スクリーンドア 詩が大好きな韓国人

470 589 647

  行く度に変わるソウル、3月には無かったのに5月の時は地下鉄駅のスクリーンドアにこんなふうに詩が紹介されているのでした。

 大きな本屋へ行けば詩集のコーナーがかなりあり、平積みされている新刊詩集がどんどん売れます。なんか日本人の一般的な韓国に対するイメージからすると「韓国の人は詩が大好き」というのは失礼ながらあんまり浮かばないでしょう。でも、ほんと、韓国の人は詩が好きなんです。

 前にも書きましたが10年も前でしたでしょうか?全州から大田へ向かう夜汽車の無窮花号の指定席で、隣りの会社員風の若い男性が読んでいたのが詩集で、タイトルが「涙が出たら汽車に乗れ(ヌンムルナミョン、汽車ルルタラ」だか、そんな本。その日は大田泊まりでしたが翌日ソウルへ行ってその本、私も買ってみました。

 詩って、広告とか同様、少ない言葉で表現するものですので、初心者のハングル読みの練習にもいいかもしれません。韓国ファンの方、次回、本屋で詩集のコーナー見てみましょう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3253 ソウルの古い街 貞陵洞2

043 044 045 046 047 048

 ジョンヌン洞(貞陵)洞は北漢山から南東に下る谷の一つに沿った町です。谷の北側、西京大学校のある側の尾根は再開発されてほとんどが新しいアパートの街ですが、南側の尾根には昔からの古い町が残っています。

 1枚目はバス通りの北へ入る道。こちらはその、新しいアパートばかりの尾根に上がる道です。少し下って2枚目、山荘アパートの下で南に入る道が古い町への入口の一つです。

 3、4枚目は煉瓦造りの家。「山荘ヨンリプ」って何だろうと思いましたが、たぶん「連立」。メゾネット式の連立住宅ということでしょう。古いけどしっかりした造り。でも、ガスの配管は韓国式です。5枚目は北東方向の眺め。この辺はけっこうな谷の底になっています。

 6枚目が山荘アパート下の端とその古い町の入口。食堂はオリコギ屋さんですね。よくソウルナビとかコネストなどの観光サイトの掲示板で「オリ料理が食べたいのだけど」とか、「チョゲクイが食べたいのだけど」という質問が出ますが、ソウル市内、ちょっとした繁華街には何でもありますし、ハングルさえ読めれば探すのは簡単。かえって日本人向けに観光化された店より安いだろうし、もしかしたら美味しい可能性も高いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

2011年7月11日の2 痩せるぞ!という決心

002

 お昼を食べてきました。写真は私とは関係ありませんが、少し酒を減らそうかな?と考えています。別に体調が悪いとかではないんのですが、最近またズボンのお腹がきつくなってきました。怖いので体重計には乗っていません、今年になって、主に1月の捻挫の影響であまり運動していないのが最大の理由でしょう。食べる量、飲む量が一緒なら基礎代謝が落ちる中高年、運動しないと肥るのです。

 そこで考えたのが

*酒の量を減らす

*脂っこい食事を減らす

*運動

 まぁ当たり前のそんなことなのですが、案外酒も肥る要因です。韓国語で「スルサル(スル=酒、サル=肉)」という言葉があります。日本語でも「酒肥り」って言いますよね。飲むとついつい食べてしまいますし、アルコールは脂肪の分解を妨げるという説もあります。そこで、昨夜の酒は缶チューハイ350ml1本だけにしました。結果、夜中のおしっこにも起きず、よく寝られました。

 続いて本日のお昼、蕎麦、それも、天ぷらとか付けないざる蕎麦に、と考えて暑い中を歩いて行ったら蕎麦やさん、「商い中」という札があるのに暖簾は出ておらず。尋ねてみたらもう少し待って、ということでした。完全に食う気になっていた私は敢無く挫折。結局油分カットはこの次からということで近くの中華の店の本日のランチ「八宝チャーハンセット」という重たい物を食べてしまいました。1000カロリー位あったかも。 さらには帰ってきたら大家さんから中元のお返しのビールをいただきました。さてさて、今夜、明日以降、果たしてどうなるのでしょう?

 何事も無理をしないのが長続きの秘訣と言います。さっきのお昼はまぁ、見逃してもらって、、、今夜は何を食べようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 나의 방식대로의 여행

074 741 130

 タイトルは大好きなシンスンフンの歌の曲名をもじって「私の方式での旅行」です。字、あってるかな?

 どうも家にじっとしているのがダメで、脚がくさってきてしまいそう。自転車乗りだけでなく最近たくさん紹介しているえちごワンデーパスでの小旅行あり。ウォーキングあり、韓国旅行あり、とにかく動くのが好きです。

 1枚目は無人駅でありながら立ち食い蕎麦屋がある信越線田上駅。こんな塗装のEF81もあるんですね。電気機関車も大好きです。

 2枚目は普通なら自転車だけど徒歩で行った新潟市の学校町通。韓国なら「賃貸」の札がたくさんのちょっと寂れた商店街。一時住んでいたのでよく知っている道です。

 3枚目は全南長興のターミナル裏手の食堂。メセンイタンを食べた店。

 そんな私ですので、時間があると地図と時刻表を見つつ、あれこれ面白そうな旅行を考えたりするのですが、先日思いついたのが以下のような日程です。

0日目 仕事を終えて帰宅。シャワーして自転車で新潟駅、夜行バスで大阪

1日目 朝に大阪着。美味しい物食べて午後に南港ターミナル。15時の船で釜山へ。

2日目 10時釜山着。 宿を決めて荷物を置いて釜山求景。美味しい物食べる。釜山泊。

3日目 朝はテジクッパプ食べて釜山15時の船で大阪へ。

4日目 10時大阪着。美味しい物食べて、夜のバスで新潟へ。

4+0日目 早朝新潟着。家に帰りシャワーして午後から仕事。

 普通に計算すれば5泊6日。うち4泊は車中もしくは船中泊。でも、新潟ソウルの飛行機代よりも安く韓国へ行けます。船の中での出会い、会話も期待できそう。またちょっと行きにくい釜山へ行ける。まぁ、九州とか関西の人ならこんなふうな旅行、もっと手軽なのでしょうが、でも、かなり興味があります。4日間の休日、なかなか作れないのが現状ですが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3252 貞陵洞1 プロローグ

037 038 039 040 041 042

 北漢山の麓の街、貞陵洞(ジョンヌンドン)です。バスの終点から坂道を下り山荘アパート前から谷川を渡って古い町に入るつもりで歩きました。3度目の訪問です。けっこう車の多い道を歩きます。

 2枚目、青いトラックは水槽を積んだ活魚専用車。韓国全土、どこでも見られるスタイルです。3枚目の店に魚を下ろしていたのかな。

 4枚目は沐浴湯。どこの街にもあります。5枚目は飲食店ですが店名が昔の映画にもあった「サンジョンスジョン」でも、映画は「山銭水銭」。金ギュリさん主演のコメディでした。辞書で調べてみると普通は「山戦水戦」が正しいようで、いろんな苦労を経験した人を言う言葉のよう。日本語だと「海千山千の強者」とか言うところでしょうか。海の物も山の物もある美味しい食堂ってことかなぁ。

 最後、6枚目が谷に沿って建つけっこう大きい山荘アパートの入口です。椅子があってハルモニが談笑しているのは韓国の日常風景ですな。貞陵洞の古い街シリーズ、お楽しみに。

 写真を見て追加です。まずは6枚目、フォーカスが甘いのをご勘弁ください。それと、「山戦水戦」ですが、店の前の提灯を見ると「山煎水煎」とあります。「煎」はジョン。卵や小麦粉の衣を付けているんなものを焼く料理。プッチムとかもあるのかもしれませんが、野菜や肉、魚のジョンを売りにする食堂兼飲み屋のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3251 鍾路の裏通りを散歩して迎春屋で朝ごはん

638 639 640 641 642 643

 ロッテシネマ前、まだ鍾路と並行する飲食店の多い路地、「ピマッコル」が残っています。いつまであるのかなぁ。

 大通りに出ると貴金属宝石の店なんかが多い街、飲食店もファストフードなんかが多くなるのでまた北へ引き返し、3枚目、前にコリコムタンを食べたヨンチュン屋でコムタンを食べました。早起きボランティア清掃の帰りみたいなアジョシなどと一緒の朝ごはん。2万Wくらいもするコリコムタンと6000Wのコムタン、スープは一緒のようです。他の人はヘジャンクッを頼むのが多かったかも。どんなスープなのかは不明です。

 美味しい朝飯を食べ、また宿に戻ります。なるべく違う道をと思って歩くと、5、6枚目、なんかガラス張りの新しい建築。どうも韓方薬の医院兼研究所兼販売店みたいで、ちょっと見えにくいかもしれませんがピカピカのステンレスの釜みたいな抽出器がたくさん。あそこに犬だの猫だの、鹿の血だの棒切れみたいな薬種を入れて煮てエキスを作るのかなぁと思いつつ歩きました。

 ソウルの中心部、心臓部とも言われる鍾路、まだまだ昔の街並みが残るいいところです。明洞とかにはない古い韓国の情緒を感じることができる町です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

2011年7月10日 梅雨明け

001 002 003 004 005

 忙しい日曜日です。昨夜は早めに帰るつもりでしたが、新潟大の教授、延世大の教授との会食、楽しくてついつい2次会まで。タクシーで帰ったのは11時くらいでした。韓国語で話していれば本当にそれだけで幸福です。

 また、その延世大の先生に手頃で美味しい牛焼肉の店を教えてもらったので、いつか行こうと思っています。例として「ポドナムチプ」、「ビョクジェカルビ」、「セビョクチプ」なんかを挙げましたが「高い」と言い切っておられ、同じくらいの肉でもっと安い店はいくらでもあるとのことでした。 結局紹介してもらったのは新村の店です。当然日本語は通じませんが、先生なら大丈夫ということでの紹介、楽しみです。

 写真は山の下の新日本海フェリーターミナル。1枚目、自転車で走っていたらビルのような高さの船が見えましたのでちょっと行ってみました。やはり大きいです。5枚目がその、7時半から10時半までの食堂です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3250 西大門刑務所歴史館

674 675 676 677 678 679 680 681

 今回は入りませんでした。大昔、90年代に初めて行ってみて、小学生の落書き(日本の悪口)に心を痛めましたが、数年前にいってみたら消されていました。展示の変更、手直しもたまにあるようです。いつ行っても幼稚園児から高校生まで、若者が見学に来ています。殴ったほうは忘れても、殴られた方は決して忘れない、そんな部分があります。知らなさすぎる日本人、教え込まれすぎる(?)韓国人。うまくバランスを持って付き合いたいと思います。

 1枚目は見学中の学生を運んできたバスの技士ニムたち。なんと時間つぶしに花闘(花札)をやっていました。韓国人、大好きみたいです。

 3、4枚目が入口ですが、集合している学生にちょっと話をして、駅のほうへ行きました。この公園の周囲をたくさんの短パン、Tシャツの若者が走っています。背中を見ると、「陸軍」とありましたので、聞いてみたら訓練の一環で走っているとのこと。しかしこの辺に部隊があるのかなぁ?と思いつつ公園出口へ。7枚目は売店なのですが、ここで水を買ってひと休み。しかしこの歴史公園、韓国人なら行ったことが無い人はいない、独立記念館とここはそんな場所です。一度は行ってみること、お勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3249 鍾路の裏通りを朝飯前に歩いてみた

631 632 633 634 636 637

 楽園商街そばのモテルを出て東へ。鍾路3街駅の方へ歩きます。細い道1本1本が魅力的、そんなソウルの古い街です。3,4枚目は居酒屋。この10年くらい、日本式を謳う居酒屋が増えてきています。1人なので入ったことはほとんどありませんが、やはり1つのメニューの量は多めです。ただ、1品1品頼む、そんなのが日本式なのでしょう。しかし「あくま」と「まじめ」、何だかへんなネーミングです。

 歩いて歩いて、5枚目は団成社前の映画館、ロッテシネマと名前が変わる前に1度入ったことがありました。韓国も日本同様、小さい映画館は少なくなり、ほとんどがたくさんのスクリーンを備えたシネコンになってしまっています。まぁ、そのほうが客も選択の余地が多くていいのかなぁ。でも、映画、やはり大きな館の大きなスクリーンがいいですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

普通の韓国を探して3248 地べたビュー写真 ここはどこでしょう?

034

 何か電話番号が写っているかもしれませんが、韓国の地方都市です。この1年以内に行った場所の一つですが、わかるかな?行ったことある方はけっこうおられると思います。

 ヒントはバスの会社名。町中を走るということはターミナルが近い場所。あとは私がここで紹介した都市であること。さらに「地べたビュー」=手ぶれの可能性がある時間ってことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月9日 ゴーヤ日記9

009 010

 忙しい午前でした。午後はちょっとはのんびりです。明日も仕事ですが、今夜は楽しいことが一つ。わが新潟大学へのお客さんとして延世大学校歯科大学の鄭教授ニムがいらしてて、久しぶりにお会いできること。韓国の人と一緒なら、韓国語を話していれば、クニャン(そのまま、それだけで)幸福な私ですので。

 写真は今朝の物です。本のとおり摘芯というのをやったら、見事に脇から新しい芽が伸びて枝別れを始めてくれました。2枚目でわかるように、広がってくれそうです。しかし話に聞く通りに伸びてくれるのは不思議というか、、、先達はありがたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3247 朝飯を求めて鍾路を歩きます

625 626 627 628 629 630

 この辺、夜は遅くまでポジャンマチャが出ていたり、コギチプ(焼肉店)では路上にまでテーブルを出して多くの酔客で賑わうあたりですが、朝は静かなもんです。この辺を歩いたことのある方ならおなじみの風景です。そのままお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

2011年7月8日 ブログネタはどこでもみつかるもの

019

 この土日、東京へ行っていました。土曜日に仕事を少し早く終えて新幹線で東京へ。帰りは高速バスで新潟へ戻りましたが、あれこれいろいろやった時間、短く感じるものです。

 写真は帰りにバスの待ち時間、早い午後の1杯を楽しんだもつ焼き屋ですが、土曜の遅い飯も居酒屋、新潟へ戻っての夕飯も居酒屋でした。思うのですが、飲み屋の「つきだし」ってあるでしょう?頼まないのに出てきて、ちゃんと315円とか計算されてしまう。まぁ、「そういうふうになっている」ことではあります。

 店のルールと言えばルールで、「お酒を注文した方には~」とメニューに書いてある店もあります。こういうの、「注文した品が出るまでのつなぎ」という本来の意味ではなく、「売上向上のために」という感じになってしまってる場合が多いと思います。前記の通り土日で3回、そんな店に行きましたが、3回ともつきだしには手を付けませんでした。もう長くは無い人生ですので、食べたくないもの、美味しくないものでお腹を満たしたくはありませんから(もつ焼きはとても美味しかったです。ホッピーも)。

 ちょっとマイナスの話になってしまって申し訳ないですが、ここで一気にプラスになります。「つきだしが嬉しい店」もありますよね。お決まりのどうでもいいようなものではなく、気のきいた美味しいつきだしを出す店。中には、これは酒の値段に含まれているのでしょうが、お決まりではあっても無料でそんな美味しい気のきいた一品を出してくれる店、そんな店を作れば大人の客は集まるのではないかなぁ、と常々思っています。

 新潟のそんな店、2つ紹介しておきます。一つ目はここでも何度か紹介している学校町通の居酒屋「亀萬」。いつもお決まりのおからの煮たのなのですが、小皿に一盛り。素朴な味で、ほっとするつきだしです。スタッフ3人の平均年齢は80以上ですので行くなら今です。ラーメンも美味しいですよ。

 もう一つは、こちらは口にしたことはないのですが、いいなぁ、食べたいなぁと思っている店。竹尾インターそばのパチンコ屋の駐車場の中にあるラーメン店「おもだかや」のつきだしです。たまに行くのですが、パチンコのお客さんでしょうか?お昼前から1杯やっている人がいつも数人います。ここで酒を頼むと出てくるつきだしはチャーシューの端切れとメンマ、そして茎ワカメ、これ、みんなラーメンの具なのですが、小さい皿に少しずつ盛って最後にラーメンだれをちょろっとかけて出してくれます。自転車で行って帰りは押して帰るという方法しかありませんが、きっといつかあれを食べるぞ、と決めています。

 形式的でない、店の気持ちがこもった嬉しいつきだし、いいもんです。さて、銀行と、お昼を食べに出かけますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記513 日曜日の新大久保

013 014 015 016 017

 いやはや、びっくりです。前にこの辺へ行ったのは4月、パリ美容室でカットしてもらった時。あの時も平日の人の多さにびっくりしていましたが、日曜日、こんなにうじゃうじゃ(ごめんなさい)日本人が歩いているとは、、、 

 職安通りと大久保通りの間のこの一帯、小さなラブホテルが点在し、昔は南アメリカ系の女性なんかが昼間でも客を誘う、そんな町だったのに、やたら韓国の店が増えています。韓国ファンが増え、韓国へ行く人が増えるのは嬉しいこと。驚きつつもにこにこしてしまう私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3246 어디서 아침 먹을까? 鍾路の裏通り

619 620 621 622 623 624

 続きで、順番通りの写真です。最終日の朝、朝飯を求めてモテルを出発。鍾路の裏通りを歩きます。最近ではソウルの路地裏歩きのファンも増えてきた感じですので見覚えのある方もおられるかと思います。再開発の手が及ばぬ前に、沢山ソウルの古い街を見ておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

2011年7月7日 留守番してます

2009_0612ixus820110352 2009_0612ixus820110353 2009_0612ixus820110386

 こんにちは

 めずらしく家の器械での接続です。写真は2年前、2009年の6月のソウルです。1、2枚目は明洞、3枚目は、、、どこだかわかりますか?トンタクのトラック屋台が出ています。

 家内とお母さんが9時前に出かけ、今日はとうちゃんが留守番です。朝1時間ほど走ってきましたが、出たくて出たくてうずうず。どうも家にじっとしているのは性に合いません。外出組はいつ戻るかわかりませんが、どうか雨が降りませんよう祈っています。少しでも走りたいですから。それではお昼を作りましょう。早く帰ってきてくれないかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

2011年7月6日 休診日 自転車乗ってます

018

 早起きして1人で朝ごはん。6時過ぎから8時前まで市内を走ってきました。石山から大形、木工団地から下山経由で新潟空港にてひと休み。その後は山の下の新日本海フェリーターミナルを見物です。10時半の船で、乗船開始は9時半とのことでしたが、すでにたくさんのお客さんが受け付け開始を待っていました。また、7時半から10時半までしかやらない食堂では、トラックの運転手さんでしょうか、食事とビールを楽しむ風景も見られました。前にも書きましたが、30年近く前に医局時代、ブラジル人留学生を連れて北海道見物に行くときに乗った航路です。時間があれば、そして、海が荒れなければ、船旅も楽しそうです。

 今日は休み、お昼に帰ると宣言してまた自転車で出てきました。さてどっちへ走るか?嬉しい晴れの休日の午前です。

 写真は池袋のとあるヤキトン屋でのもの。ホッピーというのもなかなか美味しいですね。すごくスッキリした後味でした。面白かったのは「中(もしくは中身)一つ」という注文。「ちゅう」でなく、「なか」なのですが、すぐに私もわかって、「なか」を頼みました。早い午後の1杯もいいもんです。さて、走りましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3245 ソウル 鍾路の朝ごはん 

615 616 617 618

 ソウルの朝、鍾路のモテル、HOTEL CATSからの写真です。最終日、雨の予報でしたが、曇ってはいるけど降ってはいない、そんな朝です。韓国で雨にたたられたこと、ほとんどありません。旅行の神様のおかげかもしれません。

 帰国の日ですのでにんにくは抜き。何を食べるかなぁ?と思いつつ外へ出て鍾路の裏通り、楽園商街の裏手を東へ歩きました。いざとなればキムパプ天国があるので、気楽なもんです。

3枚目、私が止まったキャッツホテルのすぐ裏ですが、ホテルビズ鍾路という看板が見えますね。灰色の建物が旧エメラルドモテル、現鍾路ビズのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

とうちゃんの自転車日記512 えちごワンデーパスでウォーキング 新発田

042 045 048 050 049 051 052 053 054

 「キハE120-1」とあります。「キ」は気動車の「キ」です。電化されていない鉄道をエンジンで走る車両です。「電車」に対する言葉です。

 「ハ」は昔の3等車を示す記号。私が知っている時期の前には1等車、2等車、3等車があり、1等車は東海道線の特急だの、ごく一部。普通の地方を走る列車は2等と3等だけ。「2・3等特急」なんて言葉もあったみたいです。 その後、1等車がなくなり、2等車を1等、3等車は2等になった時代が私の若いころでした。 さらに数字で別けるのは良くないということで、普通車とグリーン車という呼び名になり、料金も安くなりました。 1等は「イ」、2等は「ロ」、3等は「ハ」でしたので、「キハ」は気動車の普通車ということになります。

 「E」は前にこちらへのコメントで教えていただいた、JR東日本の「E」。120は形式でしょうからこの車両は「E120型」になるのかな?で、1号車、最初に生産された車両ということになります。

 今までも米沢行きの快速べにばな号などで何度か乗っていますが、今回は新津から新発田までの短い区間を走る列車。これも、2度目か3度目になります。しかしトイレは初めて見てみました。入口はボタン式で自動開閉。かなり広々で、昔からの鉄道の化粧室とはぜんぜん違います。鍵は?と思ったら便器の脇にやはりボタン式であります。「キハ」でありながらトイレはかなり贅沢な仕様なのでした。すごいすごい。

 お気づきのように1両で走るこの車両、連結も可能ですが、両側に運転台があります。また、座席も1人席のクロスシートがあり、ちょっと嬉しい設備だったり。民営化以後、サービスは向上しているなぁと感じる新型ディーゼルカーの見学でした。

 最後の3枚は新発田市。足軽長屋というのが残っており、初めて行ってみました。江戸末期の建物、よく保存されています。新潟も観光でお客さんを呼ぼうと努力中ですが、そうだなぁ、、、私もここで、あまり有名でない「楽しい新潟町歩き」みたいなのを紹介できればと考えています。自分で言うのもナンですが、お金をかけずに面白い物を見つける、面白く過ごす、そんなのは得意なほうだと思いますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3244 東大入口駅あたり 2

433 434 435 436 437 438 439 440 441

 明洞とか南大門市場、東大門市場、梨泰院とか、そんな場所ばかりを歩いている方には新鮮だけど、わかる人には当たり前の写真。また奨忠洞?!とお思いの方も多いでしょうが、ご勘弁を。

 1枚目、南山の麓の町ですので、坂道がたくさん。四角いのは交番のようです。右端に東国大学校入口のエスカレーターが見えています。キャンパスはそれでも、ずっと上の方にあるようです。薄っぺらい大建築の新羅ホテル、立派ですね。奨忠体育館を右手に見て角を曲がると3、4枚目、ずっと前の「アイスモナカ」の話題以後何度もここで紹介している太極堂です。

 ふりかえれば、5枚目、新羅ホテルがソウルの庶民を見下ろしてます。やはりお金持ちが行く場所なのでしょう。団体での免税店しか行ったことがありません。

 6枚目以後は奨忠洞の庶民的な飲食店が集まる普通の町。前にスリンナルソルロンタンだの紹介したあたりで、このまま東大門運動場交差点へ降りて行きます。しかしこっちの山の上にもグレンドエムベソドホテルが庶民の街を見下ろしていますねぇ。

 普通の町歩きには山の上に聳えるこんな高級ホテル、向いていないので縁が無さそうですが、中はどんななのでしょう?日本でもそうですが、老舗の高級ホテル、苦戦中だとか。新しい高級ホテルは部屋の広さが違います。お金のある人はそっちに流れているので伝統とかに胡坐をかいているわけにもいかずディスカウントが始まっているとか。

 「サービスが~」だの言っても、寝られれば充分。高いサービスに払うお金よりも、その土地の美味しい物を食べるほうにつかったほうがいい、国内、外国ともに私を含めそんな考えの旅行者が増えているのではないでしょうか。

 筆洞から始まった南山北麓散歩。これでお開きです。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3243 木浦駅の脇のあたり

284 285 287 288

 写真の色は太陽光によってかなり変わります。海の色も一緒ですね。天気のいい日はきれいに写りますし、曇天、雨天だとやはり地味になってしまいます。木浦の写真、ハンパがありましたので、アップです。行ったことがある方ならおわかりのように、駅を出ると国道1号線。左(南)は木浦の古い町、日帝時代からの繁華街。正面は在来市場を含む商業地区で、すぐ南は湖南線の線路の終わりの部分に直行して木浦港へ行く道があります。今回の4枚はその反対側、駅を出て右手の線路沿いの方向です。

 いくつかの食堂とコンビニがありますが、ここもけっこう変わっています。こちらの古い記事に書きましたが98年だったか、初めての木浦のときは食堂がいくつか並んでいて「ネジャンクッパプ」を食べたのです。店のアジュマが「テジネジャンだけどいいか?」と聞いてきたので、何が出るかと思ったらスンデクッパプだった話、書きましたよね。

 10数年が過ぎ、そんな食堂も無くなり、コンビニが新しくできています。そして3、4枚目、線路に沿う道。大田あたりだと昔からの旅人宿が並び、今は女人宿?昼間でもピキハルモニが駅頭まで出てきてポンビキをする、そんな場所、木浦もそうかな?と思って覗き込んだのでした。

 前に2度泊まっているKT荘前。やはりそんな商売があるようで、夜、ビールを買いに出たりするとピキアジュマ、ピキハルモニが声をかけます。断ってビールをおごったりしてシュポの前の縁台で話をしたりしましたが、韓国、そういう昔からの場所、まだまだ残っているのです。やはり需要があるのかなぁ?って思います。

 再開発が始まった588入り口で戦果を語る若い日本人男性のグループの写真もアップしましたが、いろんな形態で日本人男性が韓国の女性産業に対して落とすお金、今も相当あるのではないかなぁ? もちろん否定しません。いつも言うようにそういうふうになっているのですから。ただ、冷やかしだけは止めましょう。いつも言っている、、、え~と、大人の男の常識です。

 しかし木浦、古い町は残っているし、山も海もあるし、美味しい食堂も、美味しいお土産もあるし、いいところです。KTXができたので、1番に龍山を出れば8時38分に木浦。0時42分着というと遅すぎるので木浦20時25分に乗れば龍山は23時半くらい。日帰りも可能な地方都市になりました。麗水もお勧めですが、木浦の1日旅行、いいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

2011年7月4日 ゴーヤ日記8 雨です 新潟市

001 022

 1枚目は7月2日、2枚目が今朝の写真なのですが、2日でかなり伸びるものです。ネットの網目は約10センチですので2日で2つ分、ということは10cm/dayという速さで成長しています。

 この写真ではわかりにくいですが、2日土曜日に摘芯しました。ちょうどいらした患者さんの勤務先のゴーヤー、やはり先っちょを摘まないほうはひょろひょろと長く伸びて広がってくれないという話を聞いたからです。2枚目の写真では特に変化はありませんが、そろそろ横に広がってくれないかな、と期待しつつ出勤しました。

 予報の通り結構な大雨になっています。車で来て正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記511 えちごワンデーパスで町歩き 新津

039 040 041 046

 月曜日は夜間診療。でも、院長は早く出てきています。銀行へ行く用事があるのですが、予報通り雨になってしまいました。早めの昼飯を兼ねて11時過ぎに行こうかと思っています。

 1500円で新潟市を中心に約65キロ圏のJR普通列車、快速列車が乗り放題のえちごワンデーパス。輪行もできますし、車でしか行ったことのない町のウォーキングにも最適、この1,2年、けっこう利用しています。今回の写真は新津のもので、駅前の通りにある食堂「おばな家」の長崎皿うどん。休みのお昼ですのでちょっとだけ生ビールも頼みました。

 前にも書いたと思いますが、普通に皿うどんと言うと細い麺をからっと揚げたものですが、この店はちゃんぽんの黄色く太い麺に野菜だのたっぷりのあんがかかっています。長崎で言う皿うどん太麺というやつです。値段は700円。案外ボリュームもありますし、野菜もたっぷり。紅ショウガは次回は抜いてもらうかな?ともかく、新津へ行くと食べたくなる、そんなメニューです。

 美味しいお昼を食べて、次は新潟周辺の人でも乗ったことが無い方が多い新津から新発田への羽越本線の普通列車で新発田へ向かいました。主要な路線は新津から新潟、そして新潟から白新線で新発田、中条と行くため、三角の1辺になってるこの区間、本線とは名が付きますが、本数も少なく、新しいディーゼルカーの単行がほとんどです。

 次の休み、木曜日は家内がお母さんと出かけるため、私の休みは水曜日だけ。天気がいい事を期待しましょう。

 追加です、向こうに見えるステンレスボディに赤い塗装の電車は首都圏のどこかで使われるやつのよう。新津に工場があるので試運転含めたまに見かけます。しかしこういう新造の電車。1編成11両とかで上越線を自走するのでしょうか?それとも、電機にけん引されて東京だのへ行くのでしょうか??

| | コメント (4) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3242 東国大入口駅へ

423 424 425 426 427 428 431 432

 東大入口駅の方へ、歩道のある大きな通りを歩きます。

 1枚目はあずまや。本当に韓国の人、好きですね。大小様々、田舎にも街にもあり、近所の人が憩う場所になっています。時には浮浪者が焼酎を飲んでいたり、なんてこともありますが、とにかく、韓国の象徴の一つくらいに感じています。

 グランドアンバサダーホテルを見つつ、下り坂です。緑色の部分は弾力性のある舗装で、かといって柔らかすぎず、歩きやすいです。6枚目は「プルヒャンギ」というちょっと高級な定食の店。他にもいくつか支店があったかも。ガイドブックにも見かける店です。他にも洒落たカペ(カフェ)みたいなのもあり、ちょっと江北としては高級なイメージの場所なのでしょう。でも、ちょっと降りれば豚足の店だのが集まる場所です。

 緑の舗装はどうやら自転車道路だったようです。韓国でも日本でも、自転車は基本は車道を走るもの。車と同じ方向で走ることになっています。逆走は避けましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3241 韓国が好きな日本人が増えている 

051

 ちょっと前に大学の同級生からメールがあり、家族の韓国旅行、初めての韓国行きについてアドバイスを、という話でした。 韓国が好きな人が増えるのは私の喜びでもありますので二つ返事で快諾。メールでの連絡をスタートです。

 行ったことが無い人でも、今や韓国ドラマも一般放送でいくつも放映されているし、「ヨン様」以来の超ド級人気を誇る「グンちゃん」の出現、平日週末を問わず新大久保あたりの人出はものすごいです。なんとなく持っていたイメージ、「東京のニューコリアンタウンは新宿職安通り」が、「今は職安通りから大久保通りの間」というふうに少し北へ移動しました。

 さて、韓国を行ったことない人に説明する時、皆さんはどうまとめますか?私なりに考え、ここでも書いてきたことですが、「何でもたくさんある国」というふうに紹介することが多いです。 狭い国土に、人も車もたくさん、店がたくさん、食堂もたくさん。そして、食べ物や商品もたくさん。見所もたくさん。そんなです。

 日本でも、広い店なのに商品はスカスカという店の場合、1点売れると儲けというか利幅が大きい、高くても一部のお金がある好きな人に買ってもらえればいい、そんなでしょう?もちろん、韓国でもチョンダム洞あたりにそういう場所はありますが、やはり総体的には、手頃な値段のものがたくさんある。その中から気に入ったのを選んで、飽きたり流行が過ぎたらまた新しいのを買う。そんな消費文化があるように思えます。簡単には言い切れませんが、韓国、どんどん買ってどんどん捨てる、そんな部分があるのだと思っています。食堂でたくさん出てきて残すのも、、、日本人から見るともったいないって思うけど、韓国の人、ほとんど気にしませんものね。

 写真は南大門市場の露店。髪飾り、子供用中心かな?安くて種類がたくさんあるって思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

とうちゃんの自転車日記510 えちごワンデーパスで長岡街歩き

155 156 157 158 159 160 161 162 182

 9枚とも長岡市、長岡駅大手口の繁華街です。

 1枚目は韓国料理店。新潟はなんだか韓国家庭料理とかの店、衰退気味のようですが、長岡は増えています。駅前の広い道、第四銀行の並びにこんな店ができていたのにはびっくりです。2枚目はその辺りから振りかえっての長岡駅です。左右に走るのは旧国道17号線で、昔は東京へ行くメインの道路でした。この長岡、広い郊外のショッピングモールは混んでいますがこのあたりの昔からの商店街、ちょっと寂しい昼間です。

 3、4枚目はど真ん中ともいえる交差点のあたり。4枚目はやはり旧17号で、新潟方面の眺めです。3枚目にある居酒屋はずいぶん前からがんばっている店です。また行ってみたいなぁ。歳のせいか、最近流行りのなんたらダイニングとか付く店は初めから信用できないって思ってしまいます。古く長くやっている店、借金も原価償却も済んでいる店にいい店が多い、そう思います。

 5枚目は昔の厚生会館という古い体育館があった公園なのですが、一度信濃川のそばの郊外に移転した市役所をまた市内中心部へ戻すという工事です。果たして効果のほどは??

 6、8、9枚目は昼間から夕方までしか営業しない煮込み専門の居酒屋。私がやってみたいなと思う事業の一つで、肴は煮込みのみ。酒はビールか酒のみ。壁に料金の早見表が貼ってあります。何で3枚も写真があるかというと、開店しないかとうろうろその辺を歩いていたのです。9枚目、戸が開いていましたが、暖簾は結局なかなか出ず。またの機会にということになってしまいました。

 7枚目は、これも古い店。居酒屋ですが、雀だのウズラだの、ちょっと変わった材料のやきとりもある釜飯の店だったかな?25年以上前にかぁちゃんとのデートでも行った店、ここもまだありました。

 長岡とか三条、新発田、柏崎、距離が近いせいか、泊まりがけで行く場所ではありませんので、なかなか夜の街は知りません。せいぜい、前記の通り、長岡を少し、というくらいです。えちごワンデーパスの旅、あまり遅くまでは無理ですが、県内の中小都市の夜の街めぐりで〆るのも面白いかなって考えてる私です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3240 서울 종암동 땅카메라사진

176 177 175 179 178 180

 ソウルの鐘岩洞、もう10年以上の知り合いであるアジュマの店、「プルティナ」の写真です。行く度に顔を出すホプなのですが、カス(CASS)の生を頼んで、地べたビューを撮りました。ホリディイン城北ソウルのすぐ裏、赤い看板のビールの店です。安くてサービスもいいのでお勧めですが日本語は通じません。

 1枚目は店の前から正面の大通り。右へへ行けば高麗大前を経て、ホンパ初等学校、京東市場。左は鐘岩警察署前を通り、鐘岩サゴリ、ミアサムゴリ、スユリへ行く道です。

 2枚目は店の前の水槽と、蒸し、揚げなど熱い作業をする厨房。キングクラブ(タラバガニ)が怪獣みたいです。3枚目はそのチキンを揚げる鍋。

 4、5枚目はまた店の前から地べたビュー。ホリディイン城北ソウルの裏と横です。なかなかきれいに決まりました。タイトルでは「タンカメラ写真」としました。タン=땅で、固有語の土地、地、そんな意味です。

 最後は特別に半マリ(半羽)だけ作ってもらったチキン。韓国のチキン、多くはある程度揚げておいたのを2度揚げするので、しっとり感がないことが多いのですが、特製で1度揚げのもの、美味しかったです。

 黄鶴洞のコプチャン幌張馬車に集まる近所のアジュマの中の一人だった果実チャンサアジュマ(果物露店おばさん)ですが、子供が手を離れたのを機に、このホプを開業、もうすぐ10年になる、そんな気のいい全羅道アジュマです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3239 韓国の田舎を走る慶全線

2391 2421 2461 2491 253 2551 2561 2591 261

 ちょっと前にも書きましたが、韓国の鉄道、森林とか山岳風景を求めると中央線、太白線、嶺東線あたりになってしまいますが、田舎らしい田舎、というと私は長項線の長項と洪城の間のあたりが一番に思い浮かびました。しかし、群山線と繋がって昔は無かった直通列車が直線化、高架化された線路を走るようになるとそんな情緒も無くなってしまいました。今、田舎の鉄道というと、この慶全線かな?って思います。

 釜田からごとごと走って、4枚目でやっと晋州駅。1枚目は何で撮ったのかな?と自分でも不思議に思い、思いついたのが、客車列車であること。前にコメント頂きましたが他の線から慶全線に乗りいれる列車は客車列車のようです。

 誰も降りない駅もあれば、ハルモニ1人降りる誰もいない駅もあり。でも、これは90年代から感じていることですが、日に数本しかない汽車でも、お年寄りは愛している、そんなふうに思います。やはり町へ行くには汽車でないと、何時ので行って、何時ので帰る。あまり時刻表の改正が無い韓国、今でも田舎のお年寄りの生活に根付いているのは汽車なのだと思っています。

 慶全線車窓風景、まだありますが、曇り空のガラス越し、ひとまずこれでお終いにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

普通の韓国を探して3238 「菓子中의菓子」 太極堂のクッキーの容器

001 002 003_2 004_2

 コーヒーを飲みに入ったこともあるソウルの古い古い菓子店である奨忠洞の「太極堂」のクッキーの空き容器です。コメント頂いたこめつきさんに話を聞いて4000Wだったか5000Wだったかチョコレートクッキーを買ってきました。 残念ながら家内と長女の評価は今一つ、結局ほとんど私が食べましたが、だんだん食べて行くうちに美味しくなるなぁって感じました。

 さて、空になって、容器を見ると、ふたの裏、シールがあって見えませんでしたが細い穴があります。どうやらこれ、貯金箱になるようです。せっかくですので、シールをはがし、自分の部屋に置いて小銭を貯めてみました。実は私、小銭入れを使わず、お釣りの硬貨は医院と家にある「お金箱」に放り込みます。一時的にこの入れ物がお金箱になったわけですが、29日に預金に行ったら56056円にもなりました。まぁ、その分お札の減りが速いので一緒ですけど、なんかたくさん貯まった小銭を預金するのは子供みたいですが嬉しいものです。

 太極堂の菓子、話の種にお土産にいかがでしょう?店内は写真撮影厳禁とのことですのでご注意ください。買うから1枚、と頼んでみましたがダメでした。今更韓国語ができないふりをするのもヘンなのでお菓子を買って、ちょっと話して店を出ました。店のルールには従わないといけませんね。

 余談ですが、タイトルは「菓子中の菓子」です。これで思いだしたのが「百獣の王」、韓国では「獅子(サジャ)」ではなく、「ホランgイ(虎)」です。昔は本当にいたからでしょうか?虎が人気の韓国です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3237 ソウル 奨忠洞散歩 最終回

417 418 419 420 421 422

 南山の北麓に広がる坂の多い町、筆洞、墨井洞、奨忠洞を上がったり降りたりの町歩き、そろそろお終いです。日帝時代の名残探しという点ではちょっと期待外れでしたが、初めてのソウルの町、なかなか面白く歩くことができました。

 どの写真でもわかるとおり、かなりの傾斜地に道があり、家があります。セブンイレブンの隣りにGS25、同じ建物にコンビニ2軒が隣りあう風景は日本では無いのではないかなぁ。2つの店のご主人、仲はどうなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3236 ソウルの市内バスの起点、終点

032_2 033_2 034_2 035_2 036_2

 ソウル市内を縦横に、それこそ網の目のように走る市内バスの路線、なぜか、あまり知らないピョンドゥリの地名だったりします。その多くはたくさんあるバス会社の車庫というか営業所のある場所なんです。広い場所がいるので、やはりなるべく地代の安い端っこに、というわけでしょう。いくつかの路線のバス、何本かのマウルボス、そんなのを担当するバス会社、そうるにいったいいくつあるのでしょう?

 今回の写真は貞陵洞。デジン交通という会社の営業所です。かなりの長い路線もあるソウルのバスですので、技士ニム、少し休んで、次の乗務に、というわけです。北漢山の登山口に近い山の中ですが、今までここで紹介した場所、蘭谷、九龍マウル(開浦洞)、月渓洞、道峰山、牛耳洞、中渓本洞(ここはマウルボスのみ)、みなソウルの端っ子です。5枚目、北漢山が見えますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月1日 ゴーヤ日記7 蒲原祭り始まり

008 009 003 004 005 006

 1、2枚目は今朝の写真。昨日の休みを使ってネットを張り、支柱を少し傾けて誘導したら数時間後には棒からネットへとつるを移動させてからみ始めました。もう少し伸びたらちょっとかわいそうですが芽の先を摘んで横に伸びるようにさせないといけないのだそうです。でないと1本でひょろひょろ長く伸びてお終いになるのだとか。

 患者さんのお家のゴーヤーは果たしてどんなでしょう?今年もどなたか写真をいただけると嬉しいなぁ。

 3枚目からは蒲原祭り。昨日の午後早くのものですので、店の準備中です。なぜか蒲原祭りは雨が降るという言い伝え通り、夕方から雨になりました。今夜は今年の新潟の米のでき具合を占う行事があります。帰り、道が混みそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »