« 2011年7月1日 ゴーヤ日記7 蒲原祭り始まり | トップページ | 普通の韓国を探して3237 ソウル 奨忠洞散歩 最終回 »

2011年7月 1日 (金)

普通の韓国を探して3236 ソウルの市内バスの起点、終点

032_2 033_2 034_2 035_2 036_2

 ソウル市内を縦横に、それこそ網の目のように走る市内バスの路線、なぜか、あまり知らないピョンドゥリの地名だったりします。その多くはたくさんあるバス会社の車庫というか営業所のある場所なんです。広い場所がいるので、やはりなるべく地代の安い端っこに、というわけでしょう。いくつかの路線のバス、何本かのマウルボス、そんなのを担当するバス会社、そうるにいったいいくつあるのでしょう?

 今回の写真は貞陵洞。デジン交通という会社の営業所です。かなりの長い路線もあるソウルのバスですので、技士ニム、少し休んで、次の乗務に、というわけです。北漢山の登山口に近い山の中ですが、今までここで紹介した場所、蘭谷、九龍マウル(開浦洞)、月渓洞、道峰山、牛耳洞、中渓本洞(ここはマウルボスのみ)、みなソウルの端っ子です。5枚目、北漢山が見えますね。

|

« 2011年7月1日 ゴーヤ日記7 蒲原祭り始まり | トップページ | 普通の韓国を探して3237 ソウル 奨忠洞散歩 最終回 »

コメント

ソウルのバスは,本当に網の目ですね.
地下鉄も便利ですが,やはりバスに乗る
ことで勉強になること多いです.街の様
子だけでなく,高低差などの地形状況も
わかりますし,それから,早く降り口に
行かないといけませんが,ドアを開け忘
れられた時などに,技師ニムに叫ぶなど…の
実践?!もできます.恥ずかしいと思って
躊躇していましたが,考えてみれば降りれば,
他の乗客はバスの中ですし.適当に来たバス
で終点までよく行きます.大体,その近くに
は小さな雑貨屋さんがあって,そこからまた
別の方面や戻るなどするわけですが,ちょっ
との時間,店主と話すなどは楽しみの一つで
す.来週6日間韓国に行くので,バスには乗っ
てこようと思います.

投稿: さいとう | 2011年7月 7日 (木) 23時12分

コメントありがとうございます

 この貞陵終点の南側の町、いいですよ。まだアップしていませんが3度目の訪問でした。坂道を歩きますが、だんだん見晴らしが良くなる、そんな散歩を楽しめます。

 6日とはうらやましいです。チョウン旅行になりますよう、祈願します。

投稿: おとう | 2011年7月 8日 (金) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52090869

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3236 ソウルの市内バスの起点、終点:

« 2011年7月1日 ゴーヤ日記7 蒲原祭り始まり | トップページ | 普通の韓国を探して3237 ソウル 奨忠洞散歩 最終回 »