« 普通の韓国を探して3237 ソウル 奨忠洞散歩 最終回 | トップページ | 普通の韓国を探して3239 韓国の田舎を走る慶全線 »

2011年7月 1日 (金)

普通の韓国を探して3238 「菓子中의菓子」 太極堂のクッキーの容器

001 002 003_2 004_2

 コーヒーを飲みに入ったこともあるソウルの古い古い菓子店である奨忠洞の「太極堂」のクッキーの空き容器です。コメント頂いたこめつきさんに話を聞いて4000Wだったか5000Wだったかチョコレートクッキーを買ってきました。 残念ながら家内と長女の評価は今一つ、結局ほとんど私が食べましたが、だんだん食べて行くうちに美味しくなるなぁって感じました。

 さて、空になって、容器を見ると、ふたの裏、シールがあって見えませんでしたが細い穴があります。どうやらこれ、貯金箱になるようです。せっかくですので、シールをはがし、自分の部屋に置いて小銭を貯めてみました。実は私、小銭入れを使わず、お釣りの硬貨は医院と家にある「お金箱」に放り込みます。一時的にこの入れ物がお金箱になったわけですが、29日に預金に行ったら56056円にもなりました。まぁ、その分お札の減りが速いので一緒ですけど、なんかたくさん貯まった小銭を預金するのは子供みたいですが嬉しいものです。

 太極堂の菓子、話の種にお土産にいかがでしょう?店内は写真撮影厳禁とのことですのでご注意ください。買うから1枚、と頼んでみましたがダメでした。今更韓国語ができないふりをするのもヘンなのでお菓子を買って、ちょっと話して店を出ました。店のルールには従わないといけませんね。

 余談ですが、タイトルは「菓子中の菓子」です。これで思いだしたのが「百獣の王」、韓国では「獅子(サジャ)」ではなく、「ホランgイ(虎)」です。昔は本当にいたからでしょうか?虎が人気の韓国です。

|

« 普通の韓国を探して3237 ソウル 奨忠洞散歩 最終回 | トップページ | 普通の韓国を探して3239 韓国の田舎を走る慶全線 »

コメント

そうですね。私達も強さ、信頼なんかの象徴は、ホランイでしたね。ポーmではなく、なぜかホランイ。^^

投稿: こゆみ | 2011年7月 1日 (金) 20時41分

たかとうさん こんにちは。
6月27日に 帰国しました。
新羅ホテルに泊まっていたので 地下鉄で上がって振り返ると夜10時5分前なのに 店に明かりが・・・あわてて又潜って 私も買ってきました。
2月に 行ったときは 1つ5000Wだったのが 6000Wになっていました。丁度社長nimが おられたので厚かましく「かっかじゅせよ」。
2個かって 1万Wでした。
確かに 食感がぼそぼそしていて 強烈な個性はないですが あっさりして 食べるごとにおいしさがますようですね。私が買ったのは 「ぽとー」。

それと、「貯金箱!!」いままで 全く気づきませんでした。家内が エコ回収箱に入れていた「ふた」を あわてて ひっくり返して見ると 本当に シールの裏側に 切り込みがありました。すごい発見をしたようで うれしくなりました。有り難うございます。

私の住む市では 月2回の「資源ゴミ回収日」に それぞれの町内にある 集荷場に17種類にわけて 持って行きます。はじめは 30種類ほどに分別しなければならなかったのですが 分別が大変と苦情が殺到して 現在の17種類に 落ち着いてもう10年ぐらいになります。
市はこれを 業者に売却して 毎年数百万円の利益をあげているそうです。

投稿: こめつき | 2011年7月 2日 (土) 08時17分

コメントありがとうございます

 昔風というか、素朴な味でした。チョコとはいえ、色はうっすら。向こうの知人にカントリーマァムとかがおお受けなのですが、言われなければチョコと気付かないかもしれないものでした。でも、本文に書いたように、だんだんと「これ、美味しいじゃん」という感じになって、なくなりました。

 相当大きな店、ずいぶん前からのタンゴルでらっしゃるのですね、その韓国歴がうらやましいです。

 虎、昔話によく出ますし、韓国朝鮮の人の心に根付いた動物なのでしょう。マンガみたいな虎の絵の刺繍、好きです。

投稿: おとう | 2011年7月 2日 (土) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52094395

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3238 「菓子中의菓子」 太極堂のクッキーの容器:

« 普通の韓国を探して3237 ソウル 奨忠洞散歩 最終回 | トップページ | 普通の韓国を探して3239 韓国の田舎を走る慶全線 »