« 普通の韓国を探して3407 中部内陸高速道路で尚州へ2 | トップページ | とうちゃんの自転車日記517 東京のバスもがんばってる »

2011年8月22日 (月)

普通の韓国を探して3408 忠南論山市江景邑の中心部を歩く1

236 238 239 240 241 242

 江景タワーからの錦絵と黄山原の展望を楽しんだ後は、細い道を通ってまた邑の真ん中の十字路へ。シンポウリマンドゥで遅い朝ごはんを食べ、邑事務所を目指します。1~3枚目、江景のメインストリート、多分大昔の韓国国道1号線です。日本でもそうですが、新しい広いバイパスができ、さらには高速道路ができ、3代4代前のメインストリートが通る地方の町、旧道沿いの風景、大好きです。

 4~6枚目はちょっと寄り道。夕方や夜なら、遊ぶつもりはありませんので絶対行きませんが午前中のがらんとした遊里を通ってみました。中途半端な形でなかば公認の韓国、遊ぶ人を否定するつもりはありません。また働く女性の人権も保障されるべきだと考えています。日本だってそういうふうになっている部分はあるのですから。 でも、大人の男性のルールとして、冷やかしは絶対いけません。遊ぶなら遊ぶ、そんなつもりで行ってほしいものです。

 前にちょっと触れた旅行中の脚のトラブル、ぐるっとこの江景を歩いて駅へ戻る途中、この遊里のはずれで起きてしまったのです。そして助けてくれたのはたぶん、ここで働くピキアジュマなのでした。普通の人が普通に暮らす町なのでした。

 アップ後の追加です。1行目「黄山原」というのは地名でもあり、映画の題名でもありますが、この江景付近の錦江右岸の平野のこと。「ファンサンボル」と読みます。有名な話ですのでご存知の方も多いでしょうが、九州地方では「原」という字を「ハラ」ではなく、「ハル(バル)」と読む地名がたくさんあります。「ボル(ポル)=ハル」、「西都原」とか、「原田」とか、これは朝鮮の言葉が起源だという話、なんだか嬉しい私です。

 映画は、名優パクジュンフンとチョンジニョン、さらにはキムソナとか林の親分の、、あれ、誰だっけ?シンヒョンジュン?そんな人たちが出た新羅と百済の時代劇ですが、あまり当たらなかったような、、、気がします。うちにもビデオがありますが、言葉が昔風だったり、中国語が入っていたり、これも、韓国語学習者には有名な「コシギ」という言葉が頻出、聞き取り練習には難しかった覚えがあります。

|

« 普通の韓国を探して3407 中部内陸高速道路で尚州へ2 | トップページ | とうちゃんの自転車日記517 東京のバスもがんばってる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52537565

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3408 忠南論山市江景邑の中心部を歩く1:

« 普通の韓国を探して3407 中部内陸高速道路で尚州へ2 | トップページ | とうちゃんの自転車日記517 東京のバスもがんばってる »