« 普通の韓国を探して3438 江景 玉女峰からかつての日本人町へ | トップページ | 普通の韓国を探して3440 清渓8街の先も再開発中 »

2011年9月12日 (月)

普通の韓国を探して3439 尚州 壬乱北川戦績地 さらに奥の階段へ

570 571 572 573 574 575

 1枚目は壬辰倭乱の慰霊塔、前回の続きです。さらに奥へ進むと、この公園のメインの建物でしょうか、階段の上に立派な門を備えた建築があります。ここで、神谷丹路さんの本を読んでおいてよかったな、と思うことがありました。

 韓国のこういう施設の階段、3つに分かれているときは、上がる時は右手、下る時は左手を通るのだそうです。要は右側通行ということ。これ、ちょっと前にがらりと変わった地下鉄駅の階段の規則とは別です。真ん中は「神位」と呼ばれる、このお堂に祀られた亡くなった方の霊が通る道で、生きた人間はその両側の階段を通るのだとか。別に誰も見ていなかったのですが、その通りに上がって行きました。もし、これを知らなかったら、失礼な日本人になってしまうところでした。

 何度も書いていますが、ここ、本当にきれいに整備、清掃されています。昔は韓国のお寺だの、みな秀吉の戦争、韓国戦争で焼かれて再建したものばかり、そんなふうに思ってしまっていましたが、最近はすなおにいいなぁ、きれいだなぁと感じることができます。

|

« 普通の韓国を探して3438 江景 玉女峰からかつての日本人町へ | トップページ | 普通の韓国を探して3440 清渓8街の先も再開発中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52709277

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3439 尚州 壬乱北川戦績地 さらに奥の階段へ:

« 普通の韓国を探して3438 江景 玉女峰からかつての日本人町へ | トップページ | 普通の韓国を探して3440 清渓8街の先も再開発中 »