« 2011年9月24日 東海の水が乾いて、白頭山がすりへって無くなっても | トップページ | 普通の韓国を探して3454 ソウル 中央市場 2号線新堂駅前 »

2011年9月26日 (月)

普通の韓国を探して3453 한번 가도 두번은 없다.

6341 6351 6381 6361 6391 6392

 韓国でも「イェギ コッシ」、「話の種」という言葉があるみたいです。最初の日、研究打ち合わせの後、釜山大学校の先生と会食。チャガルチの古いほうの市場棟の店で刺身でした。釜山出身の大学院生がいても、なかなか交渉が難しく、一軒の店ではなかば押し売りのような感じのアジョシもおり、話に聞いていたとおりです。

 楽しく飲みながら話をして、翌日の空きの日の私の予定のことを聞かれました。ネットでちょっと見かけた店へ行ってみようかな?と話したら、今はみんなスマートポン、すぐに検索してみたり。けっこう上位をにぎわせている店のようでした。

 翌朝はちょっと寝坊。タクシーでササン、釜山金海軽電鉄で金海の金首露王陵。市外バスターミナルが近くにある駅です。そこから市外バスで出かけて行った街。今年2度目の訪問になるのですが、目的の店に行ってみました。

 そこで頼んだのが写真のメニュー。海産物の具がたっぷり入ったチャンポンです。もともと韓国のチャンポン、けっこう豪勢に海産物を入れた物をよく見かけますが、ここはそれの最たるもの。12000Wの一番豪華なやつを頼んでみました。1枚目のけっこう大きな鍋は貝殻だのしゃぶったカニなんかを入れるもので、1人前にも関わらずかなりの大きさの空の鍋が登場します。さらには3枚目のように蟹をさばく鋏も出てきます。

 で、勇んで食べ始めたのですが、とにかく海産物の量はたっぷり。特に安い紅合(ホンハp)は嫌になるほど入っています。写真で見えるのは小さいあわび、タイラギ、コッケ、コマク、ソラ(韓国、巻貝は皆ソラになってしまいます。2種類ありました)、、結局たくさんあったホンハプは残すくらい。海産物は残して麺を食べ終えました。

 しかし感想ですが、どうも肝心の麺とクンムル(スープ)があんまりです。麺はツルツルすぎてスープを弾く感じ。もう少し馴染んだ麺のがいいと思います。スープも、海産物の味はしますが、辛さの他は案外単純。特に美味しくはありません。麺料理、やはり大事なのは麺とスープ、あとはその馴染み方だと思いますので文章の初めの「話の種」という感じでした。

 21日にまた釜山大学校の先生と一緒になったときに写真を見せて感想を言ったら、19日の検索の時にもいくつかそういう意見があったとのことでしたが、タイトルの言葉、「一度は行ってみるけど2度目は無い」、そんな言葉を教えてもらいました。ちょっとマイナスの話になりましたので、店名、場所は公開しません。メールいただければお教えします。

|

« 2011年9月24日 東海の水が乾いて、白頭山がすりへって無くなっても | トップページ | 普通の韓国を探して3454 ソウル 中央市場 2号線新堂駅前 »

コメント

ブログが更新されなかったのは、韓国旅行でお留守でしたか。
もしかして、この店は…あの店ならたしかに麺はイマイチ。
スープも新大久保の韓国式中華店よりは、マシといったところです。
海鮮チャンポンはビジュアルは素晴らしいですが。
新大久保で食事をしていると、韓国で食べる韓国料理の評価が
目茶苦茶良くなるので、気をつけないと…と思っています^^

投稿: ワッタカッタ! | 2011年9月26日 (月) 16時06分

コメントありがとうございます

 まぁ、安いと言えば安いと言えますが、キワモノ的な商売のように思えてしまいました。1月にもこのあたりをさんざんうろついたのですが、リベラホテルのすぐ裏なんですね。 

 独自に発達した韓式中華、奥は深いと思いますので、今後も積極的に食べてみるつもりです。「素材で勝負」というのができるのは韓国、うらやましいですよね。

投稿: おとう | 2011年9月26日 (月) 21時52分

こんばんは。
金海から市外バスで足を運ばれたというのはこういうお目当てがおありだったからですか。納得しました。
画像を拝見するといかにもダシが出そうな具がドカンと載っているのにイマイチというお話にびっくりです。見た目ではわからないものですね。

投稿: 乗後景 | 2011年9月27日 (火) 00時07分

コメントありがとうございます

 いや、まぁ、時間が合えば、とは思っていた程度です。テグにも、こちらは自分がテレビで見たやはりこんなふうに海産物豊富なチャンポンの店があるので、馬山かテグか、半々でした。

 たまたまハプチョン行きのバスに乗るつもりでササンまで行ったら、アレがありましたので、時間かかってもいいやと思い、あれに乗って、でも、マサン行かないとなのでターミナル近傍の駅を運営側のアジョシに尋ねて下車したのです。それが金首露王陵駅。下に降りて交差点を渡ればすぐ、小さな金海のターミナルでした。

 この日考えていたのは慶尚道の行ったことの歩いたことのない町、ハプチョン、コリョン、ソンジュから、テグのはずが、ソンジュはおかげで行けませんでした。でも、電車は良かったです。高架線で、駅の間が短めなため、時には3つくらい先の駅まで、また対向する電車まで見えました。2両編成ですが、日本では見られない景色でしたよ。

 その後会った釜山大学校の、これは社会学の先生の話では、「無人」には反対、やはりああいうもの(交通機関)、いくら自動化しても人間のコントロールは必要だ、とのことでした。

投稿: おとう | 2011年9月27日 (火) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52836452

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3453 한번 가도 두번은 없다.:

« 2011年9月24日 東海の水が乾いて、白頭山がすりへって無くなっても | トップページ | 普通の韓国を探して3454 ソウル 中央市場 2号線新堂駅前 »