« 普通の韓国を探して3440 清渓8街の先も再開発中 | トップページ | 普通の韓国を探して3442 ソウル 黄鶴洞歩き1 »

2011年9月13日 (火)

普通の韓国を探して3441 江景 日本建築が残る町1

363_2 364_2 365 366 367 368 369 370

 玉女峰を降りた場所の教会から日本人がたくさん住んでいたという町に入ります。案外広い道路ですが、不規則な感じがします。スイカ売りのトラックの後を歩いて行きました。

 本来韓屋は平屋だったそうで、古い家で2階建てというのは日本建築の特徴です。日韓併合の前から一旗揚げようという日本人が集まる場所→大きな市場があった商業の中心地のひとつだったということによるのでしょう。

 6枚目、韓国でもほとんど見られなくなった「角グレンジャー」です。日本ではデボネアの最後の一つ前の型。80年代の車です。デボネア最終型の「ニューグレンジャー」は今でも結構走っています。黒くて大きい車が好きな韓国人、最近はちょっと意識も変わってきたためか、グレンジャーもいろんな色のがありますね。

|

« 普通の韓国を探して3440 清渓8街の先も再開発中 | トップページ | 普通の韓国を探して3442 ソウル 黄鶴洞歩き1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52717971

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3441 江景 日本建築が残る町1:

« 普通の韓国を探して3440 清渓8街の先も再開発中 | トップページ | 普通の韓国を探して3442 ソウル 黄鶴洞歩き1 »