« 普通の韓国を探して3421 江景 錦江閘門から錦江の岸へ | トップページ | 2011年9月3日 台風によるフェーン現象で猛暑復活の新潟県 »

2011年9月 3日 (土)

普通の韓国を探して3422 明洞「地区」を南へ

246 247 248 249 250 251 252 253

 5号線鍾路3街駅付近の宿から鍾路3街、清渓3街、乙支路3街と南下。まさに3街歩きです。乙支路の次に出会う大通りはちょっと狭めnマルンネキル、固有語の名前です。ただ、この道、有名な明洞のメインストリート、ロイヤルホテル前の通りの続きでもあります。

 前に書きましたが、旅行社の区分けでは、ホテルPJもセントラルホテルも、みな明洞「地区」。当院の昔の医院旅行でも豊田ホテルに泊まったことがありますが、明洞地区のプンジョンから明洞までは約800mというところでしょうか?一本道ですしオフィス街の道で不安はありませんが、「何とか歩ける距離」という程度です。明洞、南大門市場、ロッテと新世界で買い物なんて旅行にはやはり明洞の宿は便利ですが、もっと広く歩こうという方であれば、高い上に狭い古いホテルが多い明洞はあまりお勧めできないような気がします。

 1~3枚目、3街の道とマルンネキルの交差点、1枚目はホテルPJ方向です。すぐ右に白病院という有名な病院がある十字路です。2枚目、「白病院」の建物の一部が見えています。

 4枚目は渡った先。もしかして日本建築?とも思える煉瓦造りの古い建物、今は「ユファンオリ(硫黄アヒル)の店になっています。5~7枚目は明洞聖堂と同じくらいの規模を持つ永楽教会。明洞聖堂と通りはさんですぐの場所ですが知名度は低いかな。それを過ぎると中部警察署。警察も自衛隊も正門正面からの中の写真は基本的に禁止されているようですので、余計な嫌疑を受けぬよう、通り過ぎてからの1枚です。

 ここを過ぎるともうすぐ忠武路。地下鉄駅のが有名ですが、明洞が明治町だった時代からの古い、少し曲がって東西に続く通りがあり、この先左手一帯が住所上の忠武路になります。

|

« 普通の韓国を探して3421 江景 錦江閘門から錦江の岸へ | トップページ | 2011年9月3日 台風によるフェーン現象で猛暑復活の新潟県 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52636369

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3422 明洞「地区」を南へ:

« 普通の韓国を探して3421 江景 錦江閘門から錦江の岸へ | トップページ | 2011年9月3日 台風によるフェーン現象で猛暑復活の新潟県 »