« 普通の韓国を探して3471 北漢山が見える町 ソウル双門洞 | トップページ | 普通の韓国を探して3473 黄鶴洞のノリト »

2011年10月 7日 (金)

普通の韓国を探して3472 慶北尚州の普通の町7 石仏坐像を探して

640 641 642 643 644 646

 尚州観光ホテルの北側の通り、やはりこの尚州の小さな歓楽街のようでした。前回紹介した按摩施術所、歌謡酒店やら、「洋酒・焼酎」と書いてある小さな店、「花馬車(コンマチャ)」というのかな?ソウルの下町でも見られるそんな店が並んでいます。

 4枚目は振り返っての写真なのですが、右側は「洋酒・焼酎」の店、左側=南側はずっと工事用のフェンスで囲まれています。古い漢文版の地図にある、尚州の市外のど真ん中にある石仏坐像、この辺なのだけどなぁ、と思いつつ歩いて、フェンスの切れ目から覗いてみると5枚目、重機で平らにされた真ん中に残る小さな丘の上、何かお堂があります。フェンスに沿って歩いて東側から見たのが6枚目。どうやらこれがその石仏坐像のよう。まさか撤去して移動と言うのではないだろうな?と心配しつつ入れる場所が無いか探しに南側へまわってみました。

 古い物を大事にするのは韓国も一緒。ことに、秀吉の戦争、韓国戦争、2度の国内での戦争で木造の建築は焼けてしまった物が多数。かろうじて残っている石造物、たぶん公園のように整備するのでしょうが、かなり乱暴な工事のように見えてしまいました。

 慶北のこのあたり、残念ながらメモリーを紛失してしまった醴泉なんかにも町中に石仏や石塔が残っています。次回、ここがどうなっているか?半分は心配の気持ちでもっと近寄ってみることにしました。

|

« 普通の韓国を探して3471 北漢山が見える町 ソウル双門洞 | トップページ | 普通の韓国を探して3473 黄鶴洞のノリト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52929094

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3472 慶北尚州の普通の町7 石仏坐像を探して:

« 普通の韓国を探して3471 北漢山が見える町 ソウル双門洞 | トップページ | 普通の韓国を探して3473 黄鶴洞のノリト »