« 2011年10月1日 少し早く終われました | トップページ | 普通の韓国を探して3463 ソウル 鍾路夜景 »

2011年10月 2日 (日)

普通の韓国を探して3462 慶北尚州の普通の町4

616 617 618 619 620 621 622 623

 細い、曲がった道はすぐに終わってしまい、普通の広めの道を東へ進みます。脇へ入る道があるといちいち覗き込んで、シャッターを切ったり。いい天気の日に韓国の地方都市を歩く、クニャン幸福な時間です。

 3枚目、7枚目、街の中心部にある大きめの初等学校です。昨年あたりから韓国の初等学校、関係者以外の出入りを厳しく禁止する、そんなニュースを見たと思うのですが、依然、開放感があります。初等学校、そして子供を大事にする韓国の自信、心の余裕が感じられます。しかし、少し前に紹介した江景、ずいぶん前に何度か写真を出した安東、あとは、、、忘れましたが、その町、都市の名前を冠した一番古いと思われる初等学校、みな町の真ん中で、かなりの広い校庭があります。日帝時代の名残かもしれませんが、日本も韓国も教育を大事にしている国なのだなぁと思います。

 8枚目は初めてのミルミョンを食べた専門店、「伽耶ミル麺」。釜山名物ですが、やはりここも慶尚道なのだなと思いました。この時も店に入ったけれど、アジュマが掃除中。11時からと聞いて、町歩きを続けました。尚州初等学校の裏のカヤミルミョン、そう伝えればタクシーで戻ることになっても技士ニム、すぐにわかってくれそうです。

 7月下旬、濃い大陸の青空の下、慶北の地方都市を歩いた時の写真です。なんだか影の色まで濃く見える、そんな夏の日でした。

|

« 2011年10月1日 少し早く終われました | トップページ | 普通の韓国を探して3463 ソウル 鍾路夜景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/52885417

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3462 慶北尚州の普通の町4:

« 2011年10月1日 少し早く終われました | トップページ | 普通の韓国を探して3463 ソウル 鍾路夜景 »