« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

2011年12月30日 デスクワークです

036

 午前中、ちょっと出てきて仕事をしています。年頭に提出しなければならないお役所への報告だの、診断報告の手紙だの、診断準備の資料分析など、、、まぁ、来年になってからでもいい仕事もありますが、手書きの仕事をしています。あと3つ手紙を書いて、院長机を少し片付けて帰る予定、もうひと頑張りです。

 写真は旧中条町、北の方から駅へ向かう羽越本線沿いの道路です。少し先に見える3台の自転車に乗った中学生、電車の時間がぎりぎりなのかえらく急いでいるふうでしたが、私を追い抜きざま、「こんにちは」と大きな声で挨拶をしてくれました。

 学校でそんなふうに、知らない人にも挨拶しましょうと言われているのかな?ともかく、嬉しい一件でした。新潟市ではそこまではやっていません(通学のバスの降車時にはみな運転士さんにありがとうは言います)が、県内の地方を歩いているとたまにそんなことがあります。いいなと感じます。たとえば、泥棒をしようと新潟県にやってきた人だって、もしかしたら、こんなふうにされるとこの町では止めておこうかって思うかもしれません。日本中にそんなのが広がれば、犯罪もきっと減ります。

 私もできるだけ、そんなふうにしているつもりですが中条の中学生3人組の大声には負けました。来年はもう少しはっきりした声で、と思っています。徒歩、もしくは自転車での知らない町歩きも続けます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3584 ミアサムゴリ ビクトリアホテル

112

 この秋の写真です。私が勝手に名付けた議政府街道に沿って建っているミアサムゴリ駅すぐ近くのビクトリアホテル(ホテルビクトリア)、観光公社のクラスわけだと確か1級。ただ、日本人観光客に便利な場所とは言えませんでしたので90年代は日本人、ほとんど泊まらなかったと思います。でも、2002年あたり、日韓ワールドカップ前後に盛りあがった韓国ブームのおかげでソウルを訪れる観光客が激増。お金をかけたくない私みたいな個人旅行者が泊まっていたするの安いホテルにも日本人の団体客がたくさん行くようになりました。

 踏十里のシティパレスホテル、往十里の今は無き田豊観光ホテル、東大門の天池観光ホテル、サムホ観光ホテルはさすがに団体は来ないかもしれません。そしてこのビクトリアホテルもそんな宿一つだったと思います。私が泊まったのは、こちらの古い写真にもありますが、下月谷洞の丘にびっしりタルトンネがあった時代と、2000年代になって、やむなく飛び込みで泊まったら結構高かったけどジュニアスイートに入れてくれて(単に売り上げに貢献しただけかもしれませんが)、えらく浴室、浴槽が大きかったのを覚えています。

 地下にはナイト、スポーツクラブもあったのかな?まぁ、4号線もありますので、何度かソウルを経験し、自分の足で歩ける方なら充分、そんな宿だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3583 何でもやっちゃう韓国の人たち

Img_8337 Img_8338

 2枚、同じ場所の写真ですが、これ、バスの中、私が好きな右側一番前の席からの写真です。KALリムジンに乗ると、大韓航空の機内食の時にももらえる小さなパッケージの「済州島の水」が入った小型の冷蔵庫が右の一番前にありますが、ミネラルウォーターのサーバーごとバスに載せてしまってるのは初めてです。冷水は当然ですが、熱い水も出るのかな?試してはみませんでしたが、利用するハラボジはおられました。高霊からテグ西部市外バス停留所へのバスでしたが、これもバス会社が考えたサービスなのでしょう。

 日本は慎重派、新しい事を始める前には、調査して、計画して、検討して、結局少しでもリスクがあればやらないという感じ。特に行政組織、会社組織はそうだと思います。韓国人は積極派、こういうのを肯定的というのかな?いいと思ったらまずやってみる。ダメだったらまたそこで考えて、さらに工夫するなり、止めるなり。お互い見習うべき点の一つだと考えています。

 日本の中長距離バスでこれをやれとは言いませんが、とにかく韓国らしいなと感じた一件です。市外バス、何回乗ったか数えきれませんが、韓国、まだまだ面白いもの、面白い風景がある国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

2011年12月29日 仕事納めです

Img_8940

 午前中はけっこう忙しく働いて、今まで大掃除、12時直前に装置のトラブルの連絡があり、近所の方なので少し待って処置、今年の診療業務、一応おしまいです。お疲れ様でした。

 外はみぞれ模様。一時は真っ白くなるくらいに雪が降りましたが気温が高めなせいか今は大根おろしのような雪が残り、歩きにくい状態です。棚下ろし表の計算だの、机の片付けだの、まだ院長は新しい年の仕事の準備がありますが、今日は早く上がって自分への慰労会でもやろうと思います。家の掃除は明日からです。

 今年も何とか年が越せそう。普通に食べて、普通に暖かい所で寝られて、、、「普通」は幸福なのだと思わないといけませんね。

 写真は帰国時のKE763便の機内。斜め前の旅慣れた風の韓国アジュマ、出入国書類をあんなとこに挟んでいました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3582 ソウル 三成 パークハイアット

159

 左手で持っているのは韓国ネスレの桃とお茶味の面白いドリンク、まぁ、喉が渇いていたので美味しかったです。で、場所は三成の貿易センターの前あたり。いわゆるCOEXの地上部分、プリマホテル前からちょこっとバスに乗ってやってきました。

 正面の高いビルは比較的新しくできたソウルのパークハイアットです。南山のハイアットはいい場所と言えばいい場所ですが、相当古いので部屋とかも狭め。日本もそうですが、こういう新しい高級ホテルにお金持ちのお客さんは流れてしまっていることでしょう。しかしここ、正規料金だと最低でも50万Wくらいでしょうか?ツアーは多分入っていないでしょうし、韓国観光サイトでも予約可能だと思いますが、あまり泊まったよ、という話は見たことがありません。

 まぁ、私は安い宿に泊まって、浮いたお金でもっとたくさん普通の韓国を見て歩きたいって思います。毎年けっこう買ってしまう年末ジャンボも今年はゼロ枚、その分を次回の訪問の際の小遣いに回すつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3581 2011年の嬉しい風景と美味しい韓食

247

主屹山

 주흘산(チュフル山)です。朝鮮時代の東莱(現在の釜山)とソウルを結ぶもっとも重要な街道の途中にある「鳥嶺(조령=チョリョンg 韓国や中国では峠のことを「嶺」という漢字で表します)」という峠、別名「聞慶セジェ(セ=固有語の鳥、ジェ=峠)」のそばに聳える独立峰で、日本ではあまり知られていませんが、こんな秀麗という言葉そのままの山容、ずっと前から自分の目で見たかった山でした。3度目の中部内陸高速道路からの1枚です。2011年7月の写真です。

Img_8876

洪魚三合(ホンオサムハプ、ホンgオサマp)

홍어삼합、日本でも有名なエイを発酵させたアンモニア臭い刺身と、豚の茹で肉、古漬けの酸っぱくなった白菜キムチ(ムグンジ)を一緒に食べるもの。ノリャンジン市場で食べたホンオ単独では臭さだけが感じられて、話のタネ程度と思っていましたが、ちゃんとした店で、三合として食べるとすばらしく美味しい、それがわかったのも2011年の9月でした。

 治安も良く、人も親切、交通網も発達していて日本からすぐ。こんな歩きやすい外国は韓国しかありません。2012年も、普通の韓国の楽しさ、面白さ、そして美味しい韓国の食についてお伝えできればと考えています。1年間のご訪問、ありがとうございました。今日も午前まで仕事。午後は簡単に大掃除して今年の医院での業務はおしまいです。皆様もよい2012年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

普通の韓国を探して3580 韓国からの年賀状が来ました

001

 ちょっと前に銀行の用事、写真関係の用事のついでに韓国と台湾への年賀状を投函してきました。航空便は5日くらいとなっていますので、年の初めの月曜日あたりに届くことを期待です。

 写真は昨日届いた延世大学校歯科大学の鄭先生からの年賀状、というかカード。封書の料金は航空便でも540W、40円くらい。日本からの私のはハガキでも70円、20円切手をプラスしての投函です。消印を見ると延世大学校の中の郵便局があるみたい。流石は韓国を代表する大学校です。

 カードの中は「昨年一年間の厚意に感謝さしあげるとともに、嬉しいクリスマスと新年を迎え、健康と幸運がともにあるよう祈願いたします」という印刷に加えて「タウメ ソウレソハンジャンハシジョ」と書いてあります。連絡すれば忙しい先生なのにがんばって時間を作って付き合ってくれるありがたい韓国人の先生です。ですのでこちらも、日本へいらしたときには精一杯、楽しんでもらえればと思っています。ありがたいありがたい。

 次回、ごろごろカバンに寒梅の一升瓶でも詰めて持って行こうかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月28日 銀行はいつまで営業するのだろう?

009 010 005 007 006 012

 写真は新潟市郊外にある、道の駅になるのかな?ふるさと村という施設です。雪の無い季節であれば自転車でゆうゆうの距離ですが、クリスマス寒波の23日の写真、車でした。3~5枚目は信濃川の土手に上がっての風景。冬の新潟市って75%、こんな空なのです。気温はマイナス5度なんてなることはありませんが、最低気温と最高気温の差がほとんど無い、そんな日が多い土地です。6枚目は館内ですが、ラジオ地方局の公開生放送をやっていました。開館前から大行列。新潟でも女子アナさんとかの追っかけがいるのでしょうか?大きなズームレンズをつけた一眼レフを抱えたカメラ小僧ならぬカメラ親父もたくさん。結局私は味噌漬けとブリカマを買って帰りました。

 本来は水木休みの当院ですが年末のため、本日は夜間診療の時間で、明日は午前中だけ診療をします。年明けの仕事、年内に片付けるか?それとも来年になってからやるか?大掃除は?そんなことを考えるだけで頭の中もせわしない、そんな年末です。韓国、台湾向けの年賀状、本日投函です。家賃、駐車場代、さて、銀行はいつまでなんでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3579 新潟はやはりいなかなのかな?

111

 写真、「キッズルーム」というのの受付です。場所はソウル、現代百貨店ミア店の中なのですが、昼間、子供を連れて買い物に来たお母さんたちのために、子供を預かってくれる場所のよう。でも、2時間まで7000W?今の画面では見えませんが、けっこうお金がかかるのだなぁと思いました。ご覧のようにけっこう利用者がいそうですし、回数券の案内もありました。そして子供たち、寂しがる様子もなく、楽しげに遊んでいるようでした。

 検索してみるとこういう施設、東京とかのデパートにはやはりあるようです。わが新潟市にもデパートは2つありますが、たぶんどちらにもありません。やっぱり新潟は「中」都市クラスなんだなぁと感じた1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3578 金海旅客ターミナル4 やっと出発

Img_8164 Img_8166 Img_8169 Img_8170 Img_8174 Img_8175 Img_8177 Img_8176

 1時間に1本くらいの馬山行きを待って、外へ出たり、また中へ入ったり。でも、大きなバスがたくさん出入りするバスターミナル、飽きることはありません。やっと来たのが5枚目。私が乗る馬山行きです。と思ったらすぐ脇にも6枚目、馬山行きが停車しています。車体横の経由地の表示板、かなりたくさんの地名が出ています。そして中には「前もって行き先をおっしゃってください」という掲示。5枚目は高速経由の無停車バスで、6枚目はソウルで言う座席バス的なあちこち主な停留所に停車する一般国道を走るバスのようです。韓国のバス路線、本当に発達しているなぁと感じた一件でした。

 余談ですが、韓国語の「イミ」と「ミリ」、「コッ」と「コッ」、似たような意味の言葉が似たような単語で、なかなかしっかり頭に定着しません。周囲の状況から判断しても、わかりにくい場合があります。中級者の弱点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

普通の韓国を探して3577 韓国歩きは面白い

843 404 Img_7955

 ニフティのこのブログ、検索機能が詳しくできていて、どんなキーワードでここを訪問してくれたかがわかります。また、どんな言語を使う方が来てくれたかもわかります。嬉しいのは日本語で、けっこう韓国のあちこちの情報を探していると思われる方が増えてきたこと。ソウルや釜山ばかりでなく、自分の足で自由に韓国の地方を歩いて、見て、食べて、そんな旅をする方が増えてきたのだと考えています。アガシ目当てに韓国を頻繁に訪問したイルボンアジョシ、イルボンハラボジの時代が終わった。普通に韓国の人と対等に接し、そのまんまの韓国、普通の韓国を楽しむ日本人が増えて来たこと、何よりも嬉しい私です。

 1枚目はソウル、清渓3街から2街のほう。サーモンピンクの韓火(한화)ビルが見えています。昔はここ、ビルの3階くらいの高さを高架道路が走っていて暗い感じでしたが、今はすっかり明るくなって、清渓川の河川公園を歩く人もたくさん。ソウルのいい変化です。

 2枚目は写真が小さくて確認できないのですが、たぶん夏に訪問した忠南は論山市の江景邑。バスターミナルのあたりだったと思います。昨年行ってみた廣川とともに、塩辛の町として有名。またこの辺の商業の中心地だったため、日本家屋が今もたくさん残る興味深い町でした。早起きすればソウルから1日の遠足で充分行って来られる場所です。

 3枚目は久々の釜山、チャガルチ市場そばの裏通り。久々と言いながらも今年は釜山に3回も行きました。写真で見えているヘリム荘に飛び込みで3泊して、釜山、昌原、馬山、ハプチョン、高霊、テグなどを歩き、帰りはちょっと前にシリーズで紹介した慶州によってソウルへ戻ったのでした。

 今年、考えていて行けなかったのは慶北の星州。なんだかロマンティックな名前の町、やはり高霊同様に伽耶国の小さな王様のいた場所です。最近はソンジュというとソウルでも農産物の段ボール箱でよく見かける名前ですが、いったいどんな町なのか?行ってみたい場所です。

 あとはやはり全南の田舎をゆっくり歩くこと。冬の2回目のときに釜山経由で慶全線で順天泊まり。翌朝早起きして長興、木浦と駆け足で通過。4泊くらいの日程でうち3泊を全南で、なんて旅行ができたら嬉しいです。1人で食べられるかは不明ですが本場木浦でのホンオ三合も味わってみたいなぁ。

 また最近興味を持っているのは10回以上訪問、年によっては実家のある東京よりも行った回数の多い群山市。群山、長項の渡船がなくなる直前と、直後に行ったきり。何だかガイドブックにも載るようになって日本人だらけなのではないかと警戒してしまっていましたが、前々から目をつけていた紫泉台のある小さな城郭の村、是非とも行ってみたいし、食事を御馳走になったこともある沃溝邑の友人の家にもちょっと顔を出してみたい、そんなふうに思っています。

 行ったことがない場所では、慶北の山の中の町、英陽。栄州の先で山に入る清涼山。案外近いのでいつでも行けると思って行っていない忠南錦山と全北茂朱。羅済洞門って大昔から行ってみたかったんです。

 次回の韓国行き、学会関係の用事と、延大歯科大に顔を出そうかと思っていますが、空きの1日、早起きして上記のなかのどこか、行けたらいいですね。寒い季節だけど韓国行けば元気になる私ですので。体調を整えて、小遣いも節約、準備しないといけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月27日 結局大した雪は降りませんでした

014 015

 おはようございます

 今は青空が見えている新潟市です。写真は昨日の午後のものですが、日が差しているのに大粒の霰がうるさいくらいに窓を打ち、あっという間に路面が真っ白に、なんてことが何度もあったものの、結局今回の寒波での積雪はほとんど無し。少し雪のある歩道と凍結した道路に注意は必要ですが、まとまった雪は降りませんでした。

 週末ずっと仕事で本日はオープンデイ、研究日ですが、午前中に今日でないとという患者さんの予約が少し。その後は溜まったデスクワークをかたずけるつもりです。あとは、韓国台湾向けの年賀状の投函、、、滑りにくい冬用の靴の購入、そんなかな?

 本来であれば水木休みの当院ですが、年末の特例で、明日は夜間診療、木曜日は午前中のみ予約を入れて、午後は大掃除をして早めに上がる、そんな予定です。

 なお30日から3日までの休み中も9時から18時までは転送電話でなるべく予約変更、装置トラブル処置、初診相談、そんなのの連絡は受けられるようにしております。何かございましたら、医院まで、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3576 金海旅客ターミナル 募集広告

Img_8155 Img_8158 Img_8156 Img_8157

 アメリカ軍も「シール」って言うのでしたっけ?海軍の特殊部隊の募集広告がありました。男性が全員軍隊へ行っている韓国ならではの広告です。しかしバスターミナルにこんなのが貼ってあるのにはちょっと驚きました。特殊部隊というと、アイリスなんかからの知識ですが、一般の部隊で優秀な軍人を引きぬいて教育して、というものだと思っていましたが、一度兵役を終わった人からも募集するのでしょうか?3~5枚目、その場でざっと見ただけで詳しくは読んでいませんが外国へ行ける、だの書いてあったはず。いったいどんな人が応募して、どこの部隊でどんな教育を受け、、、どんな活動をするのか?やはり「休戦中の国」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3575 열차번호(列車番号)

016 017 018

 「列車番号」って、知らない方も多いかもしれませんが、ひとつひとつの列車に、たとえば山手線の電車にも列車を示す番号が付いています。私なんかが最初に思い浮かぶのは「1列車さくら」。昔々、東京から九州方面への夜行の寝台特急がたくさん走っていた時代の列車番号1は、、、あれ?西鹿児島行きでしたっけ?さくら号というのが列車番号1だったのです。

 さくら、富士、はやぶさ、あさかぜ。あさかぜは3号くらいまであったはず。あと、さくらは長崎行きだったような気もしてきました。日豊本線経由が富士でしたっけ?とにかく、いわゆるブルートレイン、20系客車の寝台特急は憧れでした。

 韓国の汽車に乗ると、今でもこの列車番号、出発時のアナウンスで流れます。うろ覚えですが「이 열차는 부산행 무궁화호 1201열차입니다(この列車は釜山行き無窮花号1201列車です)」だの。まぁ、韓国の人もいちいち「ああ、1201ね」などと気にしている人はほとんどいないでしょうが、乗車券にもしっかりこの列車番号が記載されています。

 さて、韓国の1列車、国を代表するようなナンバー1の列車はあるのかな?と手元の時刻表を見てみたら、ありました。先程急いで接写した手持ちの写真ですが、1枚目は2011年11月号、2枚目は2002年6月号、3枚目は1997年6月号です。

 1枚目、001となっていますが、韓国の「1列車」はKTXの朝の一番ではなく、9時45分発の釜山行き無停車のやつです。釜山着は11時58分で、所要時間は2時間13分、流石に無停車は速いですね。表定速度は184キロ以上です。

 2枚目、2002年、KTXができる直前かな?この時の1列車はやはり京釜線、ソウル駅8時発の、やはり大田と東テグだけしか停まらないセマウル号でした。同じセマウルでも6時発は7列車、7時発は9列車。日本だとこういうつけ方、するのかな?時間の順番だったような気がしますが、わかりません。1時間おきにセマウルがソウルと釜山を結んでいた時代です。ちなみに1列車の所要時間は4時間10分です。

 3枚目は1997年、私が持っている一番古いもので、ピドゥルギも区間列車で京釜線を走っていた時代。7時発の1番のセマウルが1列車でした。所要時間は4時間31分です。

 時刻表、こんな楽しみ方もあるんですが、一度やってみたいのが1日の24時間で釜山とソウルを往復して釜山の美味しいものを食べてくること。ちょっと考えてみたのが、前夜の夜行でソウルを出て夜明け前に釜山着。西面市場でテジクッパプ食べて、地下鉄でササン、LRTで金海空港、7時発の国内線で金浦7時55分着。9時の国内線でまた金海9時55分着。LRTと地下鉄で釜山駅のほうへ行ってポックk(ふぐ汁)。また地下鉄とLRTで金海へ戻り、12時半の飛行機で金浦。また15時の国内線で金海に16時ころついてLRT,地下鉄でミルミョン食べて17時30分の飛行機で金浦。19時の飛行機で20時ころ金海に着いて、釜山駅でオデン食べて21時10分のKTXでソウル23時37分。これで、何往復になるかな?国内線の安い韓国、KTXの特室と国内線の航空運賃が同じくらいだったはず。特室のが7万越えで高いくらい。いかがでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

すばらしい韓国の食事643 城南市盆塘 九美洞 ホンオのムチム

Img_8881

 9月の釜山大学校訪問の帰り、李先生に招かれての食事の時のおまけの一皿です。2度目のホンオで三合の美味しさに目覚めた話はすでに書きました。李先生と奥さん、常連の上客なのでしょう、ホンオのティギム(揚げたもの)とこのムチム(薬味ソースで和えたもの)がサービスで出てきました。

 あのくっさいホンオが、酸っぱいキムチと豚肉の茹で肉と合わさることにより、臭気が薄れ、とても美味しい食べ物になるのは本当に不思議。食べることができるか心配していたのに1人分、しっかり食べてしまいました。でも、オマケの揚げ物と、この和え物は臭いがそのまんま。加熱したりするとアンモニアが飛んで臭気が減ると思うのですが、別の日に車中で話したタクシー技士さんの話では、チムやティギム、熱を加えるともっと臭くなるのだそうです。というわけで、一つだけ食べて勘弁ねがいました。

 ホンオサムハプであれば、今すぐ、今夜にでも5万6万出していいから食べたい、そんなファンになってしまったのです。韓国の食、大したものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月26日 寒いです、新潟市も

023

 道路は雪がありませんが、歩道は真っ白、時々雪やあられがたくさん降る、そんな新潟市です。しばらく町内のゴミ当番ですので車で出てきました。診療は午後からですが、院長は雑務があります。患者さんが来るまでに診療室を温めておくという意味もあります。

 すごく暖かかった今年の秋ですが、冬はなかなか厳しそう。雪も早くやってきた感じで、ついつい肩や背中に力が入ってしまう。この感じ、わかってもらえるかな?しかし天気の悪さではトップクラスの新潟ですが寒さでは、青森とか北海道の人にはとてもかないません。零下20度以下とか、韓国では何度か経験していますが、日本ではめったにありませんものね。

 寒さと言えば、先日、北海道の生田原でマイナス20何度を記録、なんてニュースを聞きましたが、ビビッときた古い鉄道ファンもいるだろうな?と思いました。確か「常紋信号場」の最寄りの町だったはず。大正時代の9600型という機関車がたぶんノロノロと重たい貨物列車を引いて走っていた場所です。昔の地図と比較すると鉄道が激減してしまった北海道、何だか寂しい気がします。私の日本での寒さの最高記録は高校時代の冬山合宿で行った1月の南アルプスの3000m峰のてっぺんか、医局時代の最後のスキーで行った富良野のさらに北、同級生が勤務していた診療所のある士別というところでしょう。旭川まで戻ったら暖かく感じたくらいでした。

 写真は東京、新宿職安通り。韓国でよくあるコンプレッサーで空気を送って踊らせる広告の人形がありました。わかる人、おられますよね?あれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3574 慶州駅前広場

Img_8760 Img_8761 Img_8762 Img_8763

 古い記事に書いたと思いますが、初めて慶州を訪問したのは2000年前後。汽車が駅に着いて人が出てくるとタクシー技士さんがウンカの如く集まってものすご客引き合戦をやっていました。札幌すすきのの風俗の客引き並で、歩いても数人がやがやついてくる、そんな状態に辟易したものです。ガイドブックなんかにも自分の知り合い土産品店に連れていかれて~だの、いろいろ良くない話が出ていましたが、今年の慶州駅、そんなのが一掃されてて静かなものです。さすがに『やめましょう』ということになったのでしょう。

 3枚目、地元のお年寄りが何をするでもなく立っています。ここで気づいたのですがみな帽子をかぶっています。日本でも昔、昭和30年代くらいまでは外出時は帽子というのが多かったと思います。私の小さい頃の写真でもけっこう帽子をかぶっています。使ってはいけない言葉なのでしょうが、「車夫馬丁以外は皆帽子をかぶるものだ」と言っていたじいちゃんの社会科の先生もいました。韓国、そういう昔の風習、特に地方では日本よりもまだまだたくさん残っているように思えます。帽子はまぁ、どうでもいいと思いますが、道徳的な事、これはいいことだよな、と感じるのはトシのせいでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3573 金海旅客ターミナル2

Img_8150 Img_8151 Img_8152 Img_8153 Img_8154 Img_8160 Img_8161 Img_8165

 1時間に1本くらいしかない馬山行き市外バスの待ち時間、ターミナルの中を見たり、外に出てみたり、案外飽きることはありません。もっと田舎へ行くとここで紹介した廣川だの、長項だの、えらく寂れたターミナルもありますが、「どこかへ行く」というハレの場所、皆の「嬉しい気」が漂っているのかもしれません。

 ちょっと前に書いた面白いものはこの次にアップです。ちょっと私も初めて見てびっくりしたポスターです。

 8枚目の案内ディスプレイ、見てみました。私が乗るのは右に少しだけ見えるほうのトンヨン行きか晋州行きでした。中長距離のはご覧のようにほとんど優等ですね。何度も書いていますが、日本のガイドブック、「優等と一般があり、優等は1.5倍~」それくらいの記事しかありませんが、韓国の高速バスのほとんどは「優等」なのです。お金が安いので一般で、なんて言っていると何時間後になるかわかりません。「次のに乗る」というのが韓国のやり方です。

 手元に古い群山の観光パンフがありますが、それにバスの便まで出ています。ソウルと群山の間の高速バス、優等は15~20分おきで42本、一般は120分おきでたったの7本しかありません。初心者の方、一般で、優等で、なんて指定するといくら韓国語が上手でも外人だとわかります。ま、それでも問題ないですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

2011年12月25日 新潟の雪マーク

630

 このクリスマスの3連休、強い冬型気候になって北陸から東北、北海道の日本海側は大雪に、という予報でした。さて、どれくらい降るかな?道路や駐車場、大丈夫かな?なんて思いましたが、新潟市はぜんぜん大した寒波は来ていません。時折雪やあられが降って道が白くなりますが、車の通る道はすぐに溶け、歩道だけうっすら白い、そんなです。

 天気予報の「雪雲の動き」を見ていると、北西から本州にやってくる雪を降らせる雲、どうも佐渡の山脈に当たると消えていくふう。海上で湿気を含んだ風が、標高が上がることにより、温度が下がって雪を降らせるのだとすれば、新潟市はちょうど佐渡の島全体にカバーされている、新潟市に雪を降らせそうな雪雲は佐渡の山で雪を落として消えてしまう。そんな感じです。

 患者さんでも佐渡からの方、おられますが、冬は船の欠航もしばしば。やはり陸で繋がっていない場所は大変です。新潟市民、佐渡の方にはちょっと感謝しないといけません。

 写真は慶北尚州の街の中心部にあった電話ボックスと犬です。

  ここからは韓国語の話、「오징어」という言葉はけっこう初心者でも知っていると思います。食事関係だったり、おつまみ関係だったりで、イカ、主にスルメイカのことですが、昨夜古い韓国の本を見ていたら、これが漢字語だったのを知りました。

 ご存知の方、おられましたか?「烏賊魚」で「オジンgオ」なんです。確かに、「烏耳島」、「烏山」の「オ」で、最後も「魚」の「オ」ですが、真ん中の「賊」という漢字は他であまり見ないので、ぜんぜん浮かびませんし、知りませんでした。固有語だとばかり思っていたのです。これ、韓国政府が発行した大事な本の記載ですので、間違いないでしょう。「オジンオ」は漢字、まだまだ勉強が足りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3572 安いプライベートブランドの水

119

 韓国セブンイレブンの水です。確か一番安くて500Wだったかな?乗り物に乗る時の必需品と言う感じでよく買います。宿の冷蔵庫に無料のが2本とかあったり、ターミナルの売店で買ったり、コンビニで買ったり。最近は700Wとかそれくらい。でも、韓国、店によって同じ商品の値段がいろいろだったりします。個人のクモンカゲ、シュポとかターミナルの売店がコンビニよりも100W高かったり。また、けっこう種類があって、どう違うのか?たぶん飲んでもわからないのでしょうが、600W,700W,800Wだの、いろいろです。

 まぁ、どれも一緒だと思うのでこの時は一番安いこれ。特に美味しくもなく、まずくもありませんでしたが、初めてなので1枚、というわけです。

 昔、旅行掲示板で論争になったことがあるのですが、日本人観光客、1本買って、あとは食事をした食堂のサーバーなんかで水をもらって補給してだのがケチくさいなんて話がありました。別に法に触れるわけではないですが、500Wか600W、私もケチくさいに賛成です。食堂の韓国人もそう思うのではないかな。「安く安く安く」、そればっか考えていると旅行がつまらなくなってしまうのではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

普通の韓国を探して3571 韓国の配達文化とスタンプサービス

016 018

 これ、2枚目の上の黒いのは磁石。韓国の普通の家庭の冷蔵庫なんかにくっつけておくためのものです。広告でよくあるのはポッサム&チョッパル、チキン、日本でもよくあるピザ、そして一番多いかな?と思うのがこんな中華の店、チャジャン麺に代表される韓式中華料理の店のものでしょう。頼む度にたぶん、小さなスタンプシールをくれて、それがいくつたまるとチャジャン1杯無料だの、そんなサービスも盛んです。

 1枚目、10枚めのところの文字は「チャジャン、チャムポン、うどん」。20枚のところは「チャジャンパプ、チャンポンパプ、ポックンパプ、チャプチェパプの中から選択」。30枚のところは「タンスユク小」。40枚で「チャプタンパプもしくはユサンスルパプ」。50ポイントで「カンプンギかヤンジャンピかタンスユク大」となっています。 タンスユクは食べたことがありますが、ユサンスル、カンプンギ、ヤンジャンピ、いったいどんな料理なのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3570 金海の市外バスターミナル

Img_8144 Img_8145 Img_8146 Img_8147 Img_8148 Img_8149

 金海市のLRT首露王陵駅そばにある市外バスターミナルです。看板などを見ると「金海旅客ターミナル」という名前のようです。少し前に書いたように、韓国の市外バスターミナル、一つの会社になってるものが多く、観光交通時刻表を見るとターミナルごとに名称、電話番号、所在地などが掲載されています。

 テグではターミナルと言わないで停留場という名称だったり、安東もそうだったかな?慶尚道では呼び名にバリエーションがあるようです。

 平屋建てのそんなに大きくないターミナルですが、食堂もあったり、また出発表示板が新しいものでした。そんなに人はおらず、目的地馬山行きは1時間に1本くらい。切符を買ってターミナルの中、外を見物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

普通の韓国を探して3569 慶州歩き12 駅前通りで食堂を探す

Img_8747 Img_8748 Img_8749 Img_8750 Img_8752 Img_8751

 1枚目、慶州駅前の観光案内所です。アメリカ人かな?若いバックパッカー風の男女のグループが道をきいていました。東テグへの在来線、セマウル号の切符を買っていよいよへってきたお腹を満たすべく、食堂を探しました。ちょっと古げな中華の店がありましたが、しばらく休業という貼り紙。多分ここ、美味しいです。地道に長くやってきている=チャジャンは美味しい、この公式が成り立つ韓国です。

 慶北は自転車が盛んなのかも。お金もかからず、早く移動できる交通手段です。6枚目、やはり韓国の秋、こんなとこにもトウガラシが干してありました。

 今日は休み、荷物を持って寒い医院にきて、診断準備を一つやってこれから帰ります。本日はちょっと忘年会。明日は休み。土日は仕事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

普通の韓国を探して3568 釜山金海LRT 首露王陵駅で降りました

Img_8135_2 Img_8136_2 Img_8137_2 Img_8138_2 Img_8139_2 Img_8140_2 Img_8141_3 Img_8142_2

 釜山の沙上から乗った金海ライトレール、快調に走ってここは首露王陵駅です。金海金氏、韓国最大の本貫であるキメキム氏の発祥の地。その元祖が金首露王という王様です。この金海市、伽耶国の中心でもあった場所ですので、ゆっくり歩いてみたいのですが、なかなか果たせていません。1日あれば充分だと思うのですが、ちょっと新潟からは行きにくい慶南ですので。

 LRTの駅はずいぶん高い場所、エスカレータで降りて外へ出て、電車の車内で見つけておいた目的の場所のほうへ歩きます。2枚目の写真でバスがたくさんいるのが見えるかな?サムソンルノーの販売店の前を過ぎて、7、8枚目が目的地。金海の市外バスターミナルです。次の目的地は馬山でしたので、沙上から乗っても良かったのですが、このLRTに乗りたくてこんな経路を取りました。ターミナルの様子はまた改めて紹介します。なかなか面白いものがありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3567 慶州歩き11 慶州駅前

Img_8740 Img_8741 Img_8742 Img_8744 Img_8745 Img_8746

 在来線の慶州駅前です。東海南部線というのかな?韓国の鉄道、変化が早くてよくわかりません。群山線がなくなって長項線がイクサンまで通じたり、前はテグ線と言う名前もあったと思うのですが、、、

 1枚目、駅前の交差点、歩道上で市場が開かれています。慶州「市」ですし、一定のジャントではないので定期市ではないと思います。一応これも不法の路上市場なのでしょう。よく「ソウル 五日市」なんてキーワードで来ていただいていますが、ソウル市内ではオーイルジャンは無いと思います。一番近くて韓国一大きいと思うのが城南市のモラン(牡丹)ジャン、4と9のつく日に開催されます。過去の記事もご覧ください。

 2~4枚目は幼稚園児の遠足かな?ブログの最初の頃に春川駅の写真をアップしましたが、ちょっと汽車に乗っての遠足、先生方は大変でしょうが、韓国っていいなと思います。いくつかのグループが来ていて、おそろいの服とリュックです。4枚目、一人だけこっち向いて踊ってる子が面白いでしょ。

 5、6枚目は駅の中。やはり国際的観光都市、でかい外人さんが案内所を利用していました。平均して日本人より英語力は上だと思う韓国人です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

普通の韓国を探して3566 これも괜찮아요?

594

 自転車好きの私ですので韓国の自転車事情も気になります。こちらでも東大門市場とその周辺で働く「働く自転車」はだいぶ紹介しましたし、地下鉄の改札口を通る英国製折り畳み車「ブロンプトン」の写真もアップ。また、週末中心に乗降する駅を指定しての電鉄線の自転車をそのまま載せることができる車両の話、写真を出しています。

 でも、この写真、平日の夕方、けっこう混み始めた3号線鍾路3街駅のホームへの下りで、普通の自転車をそのまま手で運ぶ男性を見かけました。折り畳んでいるものでなく、そのままの自転車です。たぶんこれ、ルール違反なのでしょうが、どこかで駅員さんに注意されたりしないのかな?他の人にぶつかったりしないのかな?なんても思いました。

 急いでカメラを取り出して振り返っての写真ですのであまりうまく撮れていませんが、韓国、ソウル、けっこう何でもあるんだなぁ、と思った1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事642 2度目のタッカルビは美味しかった

Img_8926 Img_8927

 いつ頃から流行ったのでしたっけ?タッカルビ。2000年代になってからだったと思いますが、街のあちこちに、主にチェーンのかなり大きい店がいくつも出現しました。2005年頃だったか、むこうの先生と一緒にお昼として、鍾路の南側の繁華街にあった店で試してみました。甘辛い鶏とキャベツとサツマイモの炒めで、やや酸味もある味付け。辛さは大丈夫でも、何だかなぁ、、、という感じでした。

 今回の写真は鐘岩洞のホリディイン城北ソウルのすぐそばでホプをやっていたアジュマが店を閉めてからお昼をおごってくれると言って出かけて行った店なのですが、プルティナのあった雑居ビルの2階です。親しい友達との食事は嬉しいものですが、正直「タッカルビかぁ、、、」という気持ちがありました。でも、食べ始めてみると、これが美味しいのです。どこが違うかと言われると、うまく言い表せませんが、やはり個人の店の営業努力でしょうか?基本の味付けがとてもいいバランス。私が苦手な酸味もありませんし、ひとつひとつの素材も美味しい。とにかく先入観を持っていたタッカルビ、店によっては美味しいんだなと気塚させてくれた一食でした。

 2人分と言ってもそこは韓国。量もしっかり。前に紹介した小白山マッコリをやりながらの嬉しいお昼でした。ホリディイン城北ソウルに泊まる予定で美味しい店を探している方にはお勧めです。ホテルから出て右手すぐ裏の4階か5階のビルの2階のタッカルビです。

 残念ながらやめてしまったホプ「プルティナ」の後はアルファベットの看板の「コリアンバーベキュー」の店。黒い看板です。ホテルに来る外国人観光客目当てのようです。一度話の種に行ってみようかとも思いますが、知り合いの店というホスピタリティを期待することはできません。クヮメギやら、鮑たくさんやら、カンジャンチキンやら、チョッパルの包装やら、いろんな物を持ちこんで食べた店。閉店はちょっと残念です。タッカルビは一人では無理だし、、、とりあえずは孔陵洞のプルティナに行くことにするかもしれません。ちょっと遠いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3565 慶州歩き10 唐辛子を干す風景 

Img_8734 Img_8735 Img_8736 Img_8737 Img_8738 Img_8739

 9月後半からの秋の韓国、どこでも見られるのが唐辛子を干す風景。時には、え?!こんな場所で?と思うケースもあったり。しかし韓国って、風が日本より平均して弱いのかな?我が新潟は日本でも風が吹く場所だからかもしれませんが、ちょっと飛びそうで不安になってしまいます。

 皇南パンの店を過ぎるともうすぐ駅前を線路に並行して走る大通りです。2枚目の道の自然なカーブ、いいでしょう?そして3枚目の唐辛子を歩道で干している、そこから駅前の通りになります。少し歩行者が増えてきましたが、やはりこの慶州、車も少なめでのんびりした雰囲気がいいですね。大都会に比べて道路のゴミも少なめかもしれません。韓国を代表する古都、観光地としての自負があるのかも。6枚目、ここは昔といっしょの慶州駅です。今やKRの駅、昔からの韓屋風の駅舎は少なくなってきてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

2011年12月19日 今年もあと2週間

052

 おはようございます。

 月曜は夜間診療で、午後からの仕事なのですが、院長は月末仕事などで朝から出てきています。23日から休みですので、給与計算して書類を銀行に出さないといけません。年賀状も国内分と外国の遠い国(例:ブラジル)の分は投函です。韓国と台湾は新正月の5日くらい前でいいかなと考えています。

 本日の新潟市の天候は雪、今もしっかり降り続いています。気温が低めのため、零下でなくてもどんどん積もる感じ。もちろん長靴で、車で出てきました。若いころはなんだか実用的な長靴、カッコ悪い気がして履きたくありませんでしたが、アジョシになれば実用性が一番。でも、歩きやすいものを求めて毎年一足以上は新調する感じです。安いものもたくさんありますが、かかとのあたりの設計がいい加減で履いて歩くとすぐ疲れてしまうものが多いなぁと感じています。

 カレンダーはあと2週。今日を含め、働く日は8日。今年もなんとか年を越せそうです。1月の大雪での捻挫で、あまり運動できなかった2011年ですが、来年はもっと積極的に身体を動かしたいな、年賀状にはそんなことを書きました。

 暖かい秋だった今年ですが寒さや雪はちょっと厳しいように思えるこの冬です。皆様、お身体にお気をつけて新しい年を迎えられますよう。

  写真は中条駅に入るいなほ号かな。そういえばここでも何度か紹介している寝台急行きたぐにが来年3月でなくなり、臨時列車化されるとか。古い電車でがんばっていたので御苦労さまというところでしょう。できればそれまでに一度、乗っておきたいものです。関西での講習会を探しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3564 ソウル 市庁新庁舎建築工事中

046

 11月の学会の時の写真です。先輩、同級生夫婦を案内して水原城、長安坪骨董品商街、往十里のEマート、新堂の中央市場を歩いて、一度彼らの宿である市庁前のプレジデントホテルに戻りました。同級生の部屋からこの工事中の市庁がよく見えました。なんか斬新なデザインのよう。韓国の建築って子供の絵をそのまま設計図にしてしまう、そんな遊び心が感じられます。たとえば東京駅丸の内口前あたりもお金をかけた立派なビルがたくさんありますが、どうも遊び心という点はあんまり感じられません。

 向こうに見えるファイナンスセンター、テナントは埋まっているのかな?ずいぶん前にできたのですが。地下の食堂街、高そうですが観光客には知られていないいい店がありそう、と眼をつけています。コリアナホテル1階の中華の店も行ってみたいのですが、どうも1人では入りにくい雰囲気です。ランチとかもあるようなのですが、まだ果たせていません。

 この次は何を食べるかな?そんなことを考えるのも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3563 慶州歩き9

Img_8728 Img_8729 Img_8730 Img_8731 Img_8732 Img_8733

 韓国の慶州、屋根の無い博物館という別名もある新羅の都だった街です。京都とか奈良にも例えられますが、もっとのどかな、のんびりした街です。車が少ない事と、あとは、規制されているのでしょうか?高い建物がとても少ないのがそう感じる理由だと思っています。

 似ている国、日本と韓国、3、4枚目の店なんか、ウィンドウに見とれてしまいます。普通の韓国歩きの醍醐味です。

 早めのお昼を食べるべく、食堂を探して駅の方へ歩きましたが、まだちょっと早すぎる時間のよう。夜遅くでも、朝早くでも、普通の美味しいご飯が食べられる国とよく話していますが、ターミナルで食べればよかったかな?と思いつつ歩きました。

 写真をみての追加です。3、4枚目の店は「花郎運動具店」という名前、さすがは慶州ですね。5枚目のモテルの名前は「洗剣亭」、ソウルの城郭のさらに北、平倉洞のほうの谷川のほとりに同じ名前の建物があります。どういう由来のある名前なのかな?ソウルの方、車で通っているだけなので歩いてみたいなと目をつけていた場所です。

 最後はミルミョンの店。釜山でも食べたのですが、また食べたいなと思い、表口に回りましたが開店前でした。ミルミョン、ほんとに美味しいです。ソウルにもあるかもしれません、探してみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

すばらしい韓国の食事641 自製ユッケビビンバ?

807

 ユッケに引き続きレバ刺しも禁止になりそうな日本ですので、こちらへ「韓国 ユッケ」だの、「ソウル レバ刺し」だのいうキーワードで検索して来られる方が増えています。韓国、どうして食中毒の問題が出ないのだろう?って思いますが、理由はわかりません。ソウルへ行って思いきりユッケ、レバ刺しを食べようなんて肉好きの方がますます訪韓するのかな?

 写真は清涼里のユッケの店での1枚。韓国、ミッパンチャンという無料のおまけのおかずがたくさん出てきて、お代りも自由ですが、なぜかご飯だけは、相当高い焼肉なんかを頼んでも別料金だったりします。ずっと高そうなテンジャンチゲが無料で出てくるのに何でコンギパプは有料なの?と不思議に思っています。

 ユッケにマッコリの夕食にコンギパプを注文。がばがばユッケを食べるもよし、こんなふうにユッケとご飯を一緒に食べたりもよし、美味しく食べるなら何でもアリの韓国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3562 慶州歩き8 皇南パンと古墳公園

Img_8722 Img_8723 Img_8724 Img_8725 Img_8726 Img_8727

 1~3枚目、慶州名物ファンナムパンの店です。ここが元祖ということなのでしょうが、大きな店。周囲や駅前通りなんかにも同じような菓子の店が「慶州パン」と銘打って製造販売しています。特にここだけ抜群に美味しいというわけではないとは思いますが、せっかくなので元祖の店で李準圭歯科へのお土産を購入してひと休みです。

 古墳公園、「大陵苑」だったと思うのですが、そのすぐ前、場所も元祖だけあっていい場所でした。この後駅へ向かったのですが、この皇南パン、慶州駅にも売店がありましたし、他にもどこだったかな?買える場所はあったようです。確か東テグ駅売店というのもパンフレットにあったような、、、気がします。「似たようなやつ」慶州パンは食べたことがありますが、中華菓子の月餅のようにあんこを薄めの皮で包んで焼いたような菓子のことです。牛乳と一緒にどうぞ、とパンフレットにあったのが何だか微笑ましい感じでした。

 韓国の京都だの奈良なんても言われる慶州ですが、車が少なめで、なんかもっと広々した、静かな都市です。じっくり泊まって見物する価値がある街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 肯定的に生きたいものです

 おはようございます

 今日は午前午後とも予約ノートはびっしり埋まっています。ちゃんと予定の仕事をこなせるかな?と心配になるくらいの混みようです。どうしてもこの日にという患者さんが集中してしまってますので、スタッフ共々、手順、効率を考えて夕方までがんばります。

 自営業にとって、忙しいのは良い事。できれば楽しく、最近流行りの言葉で言えば「Win &Win」でしたっけ?ちょっとあやふやで済みませんが、双方がハッピーになるべく働きたいものです。

 韓国でよく使われる言葉に「肯定的(クンgジョンgジョk」というのがあります。日本語だと「否定」はよく出てくる、でも、「肯定」という言葉はどちらかと言えばあまり馴染みがありません。「積極的」という言葉に近い意味かな?とも思っていましたが、最近なんとなく韓国語的意味がわかってきたような気がします。前にもちょっと紹介した韓国語ジャーナルの古い記事にあった米軍の韓国人女性将校の話。「現実を認めて、泣くなら泣いて、捨てるものは捨てて、今からできることをやる」だか、そんな話。一番日本語で近いのは「前向きに」という言葉なのだろうと思っています。

 私の仕事で言えば、歯の動き始めの痛みのことを患者さんに話す時、「痛くなるかな?なるかな?と思っていると余計に痛く感じてしまうから『歯がきれいな歯並びに向かって動き出したんだ』と考えましょう」と説明しています。尊敬する先輩の言葉だと「SKD」=「心配ない、きっとうまく行く、大丈夫」。テレビの宣伝だと「GDI」=「元気出して行きましょう」。余談ですが、韓国の現代自動車、今でも三菱提携時代の名残で「GDI」という言葉を使っているみたいです。

 ともかく、あれこれ心配してもあまりプラスにはなりません。できるだけ前向きに、肯定的に生きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

2011年12月16日 新潟市 この冬の初積雪です

001

 11時ジャストの写真です。気温が低めのせいか、あまり溶けない感じ。車で来て正解でした。金曜日は夜間診療なのですが、休み明けで院内が冷え切ってしまっていることもあり、早めに出てきて暖房を入れています。節電も考えないといけませんが、患者さんやスタッフが寒くても困りますので。

 この休み、昨日を中心に年賀状、大部分やってしまいました。少し前に購入したハガキ専用プリンターみたいなのを使いました。ずっと宛名は手書きだったのですが、毎年年末の休みになんて状態でしたが今年は悠々です。外国分は来週の休みに、こちらは手書きでやりましょう。今年もあと2週間ちょっと、皆様お風邪などにはお気をつけください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3561 ソウル 鍾路 よく働く韓国の人たち

610

 鍾路の裏通り、といっても、楽園商街東口、国楽の楽器なんかを売る店が並ぶあのあたり、夜になるとポジャンマチャが路上に出現するあたりです。リヤカーに雑貨類をたくさん積んで売る露店のアジョシがまだ仕事中でした。

 大会社のサラリーマンは知りませんが、韓国の普通の自営業の人、特に女性は長時間働きます。8時間労働なんて夢の夢でしょう。友人の元ホプアジュマ、もとは果物の露天商を旦那さんとやっていましたが、朝は5時ころ仕入れに行き、昼間はずっと商売。店を閉めるのは12時前だと言っていました。もちろん、交代で食事したり、休憩したりはあるのでしょうが、いつ寝るのだろう?そんな感じです。

 もう一人、やはり黄鶴洞で知り合った今もホプをやっているアジュマも大変です。夕方4時ころ店に来て開店準備。夜明けまで店をやって、朝早いバスで帰宅するそうです。上の男の子は大学生、下の女の子、家族の協力もきっと必要です。大変です。

 ここでも居眠りしている露店果物カゲアジョシの写真を載せたことがありますが、韓国の人、とても長時間働きます。休みは年に数日、そんな人もたくさんいるのではないでしょうか?それでも子供の教育は一生懸命。がんばって大学にやっていたり。そういうふうになっている、とはいえ、庶民生活はたいへんそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3560 慶州歩き7

Img_8715 Img_8716 Img_8717 Img_8719 Img_8720 Img_8721

 秋のいい日の慶州の写真です。外国人観光客も修学旅行や遠足の子供たちもたくさん大陵苑を見学に来ていました。6枚目、目的地の皇南パンの看板が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

2011年12月14日 休みです

122

 おはようございます

 新潟 ソウル便 KE764 KE763便 機内食、そんなキーワードでこちらを訪問される方がけっこうおられます。右下のブログ内検索を利用するとたくさん記事がありますのでどうぞ。 写真は左上のチャンアチ(漬物)があるので帰りの763便です。昔の冷たいサンドイッチや海苔巻きに比べるとあたたかいだけ美味しくなりました。量は少なめですが、韓国での美味しい食事を楽しむためにはちょうどいいと言えます。最近はウィスキーは無し、ビールは無料です。

 個人的には無くしてもいいから500円か1000円、航空券代を安くして欲しいですが、「エサ」を与えないと日本人も韓国人もおにぎりだのキムパプ、ファストフードなんかを勝手に持ち込んで機内を汚す可能性が高いから、という航空会社の思惑があるのかな?とも思っています。「あるあるある」って思いませんか?

 さて、銀行経由、日帰り温泉、お昼を食べて午後は留守番。年賀状準備をします。

 予約変更、初診相談の受付、装置トラブルの連絡などは、「なるべく」、ですが休診日も転送電話でお受けしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3559 慶州歩き6 ふつうの慶州が面白そう

Img_8709 Img_8710 Img_8711 Img_8712 Img_8713 Img_8714

 慶州、釜山からわりと近いけれど慶尚北道だったはず。昔はけっこう行きにくい感じがしていました。2000年の時刻表を見ると、さすがに韓国を代表する観光地であるためか、ソウルから直通のセマウル号が2時間おきに走っていました。しかし東テグ経由で約4時間半もかかっています。今はKTXで、新慶州ですが2時間ちょっと。ソウルからの日帰りも可能と言っていいでしょう。

 私の初慶州はやはり大韓歯科矯正学会大会でした。会場の慶州現代ホテルはできたばかりの高級ホテルでしたが、場所が普門湖というリゾート地。ちょっと面白くありませんでした。たまたまノーマル券を持っていたため、ちょっとの追加料金で全日空で新潟から伊丹、バスで移動して関西から釜山。帰りは釜山から福岡。福岡から全日空で新潟という面白い経路で行きました。 その後、新潟便の帰りの飛行機の中で出会った上越市の在日のアジュマの話では金浦から国内線でウルサンか浦項、あとはタクシーという方法を教わり、一度浦項経由は利用したことがあります。慶州市、浦項とウルサンの真ん中辺にありますので。

 今回の写真、2枚目だけ大通りの向こう側のもの。観光バスからぞろぞろ降りてきた欧米人のおじさんおばさんです。残りはこちら側、変にいじっていない、ふつうの慶州はいい感じ。近いうちに1泊してゆっくりあるいてみたいと思わせる街でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

普通の韓国を探して3558 2011年大韓歯科矯正学会大会 COEX

073 074 075 076 077 078 080

 COEXは国際会議場、都市空港ターミナル、大型高級ホテル3つ、高級百貨店、貿易センタービル、一時はアジア最大と言われた地下ショッピングモール、カジノなんかが組み合わさった施設ですが、1枚目、庭園の清掃整備には耕運機ってのが韓国らしくて面白い所です。手前に見える建築が国際会議場、奥の高いビルがそれとつながったCOEXインターコンチネンタルホテルです。2~6枚目が会議場の中。例年とは違った場所に学会登録受付(接収)場所がありました。

 ちょっと前に紹介した名古屋国際会議場も立派な施設ですが、市場だの倉庫だのがある立地です。江南の賑やかなビル街の中にこれだけの施設がある韓国、ソウル、95年の初ソウルの時には驚いたものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3557 江南の道路は広いな

061 062

 청담동のホテルブルーパール(ブルーパールホテル)801号室から見た永東大路です。COEXでの学会の時のものです。前にも同じ会場での学会の時、この道のもう少し先、左手にあるホテルティパニ(ティファニー)に泊まったことがありますが、横断歩道、真ん中で島状の横へ歩く部分を設けていて、一度で渡れない、それくらい広い道路です。片側7車線?そんな幅の広い道がこのソウルの江南地区、かなりの傾斜がある部分をど~んと走っているのです。東西のメインストリートである島山大路とかテヘラン路を走ると、なんか新しい韓国の凄さを感じる、そんな地域です。

 私はでも、何だか古いソウル、漢江の北の、できれば朝鮮時代からのソウルの市街だった地域のが、肌に合うというか、落ち着くというか、、、単に歩いているだけでも楽しい、というのは少なくとも江南地区ではない感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3556 慶州歩き5 中央洞古墳群

Img_8703 Img_8704 Img_8705 Img_8706 Img_8707 Img_8708

 慶州の町中の古墳群、勝手に入れるほうへ行ってみました。宮原さんの本でも公園化されたほうではないほうが面白いとありましたが、その通り。何の理由もなく、人間としてこういう場所に来るのが楽しい。そんな気分になれる場所です。歩行者もいれば、自転車も、車も通る。子供が上に登って遊ぶのも可能。韓国ってそんな遺跡とか文化財をほったらかしというか、近くで見られる、触ってみることができる、そんな状態で保存している部分が多いようです。これも、何だか韓国の「心の余裕」のように思えてしまうのですが、いかがでしょう?

 来てよかったな、と思いながらゆっくり歩きました。いい天気、いい景色、そして感動。いい脳内ホルモンがたくさん出てくれたような朝でした。

 追加です。最後の1枚は大通りの向こう側、お客さんがたくさんの大陵苑(大陵公園)のようでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

普通の韓国を探して3555 民資駅? 왕십리역

043

  詳しい地図などを見ると「往十里民資駅」という記載があったりします。昔から国鉄と2号線、5号線の3本の路線の乗り換え駅でしたが、国鉄駅はえらくみすぼらしい感じでした。2000年を過ぎて、ずっと工事をしていたと思ったら、2~3年前だったかな?こんな新しい立派な駅になりました。昔からソウルの旧市街のはずれというイメージだったのだと思いますが、完全に町中ですもんね。

 駅前ロータリーを南北に走る大通りはミアサムゴリから高麗大前、ホンパ(紅波?)初等学校前、京東市場、東大門区庁と走り、馬場洞からこの往十里。さらには南下して鷹峰のあたりを通り聖水大橋を渡ってルネッサンスホテル脇を過ぎ、開浦洞のあたりまでずっと続くソウルの大事な道の一つです。バスは何番だったかな?時間があれば乗る価値のある、楽しい路線です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3554 論山市江景邑 玉女峰の茶店など

328 338 335 337 400 401

 ノンサン市のカンギョン、忠清南道と全羅北道の境界、錦江という大きな川に面する川の港町でした。すでに大部分の写真を紹介してしまっていますが残りを公開します。

 1枚目、玉女峰の頂上にあった案内板ですが、「ボンス台」とあります。「のろしを上げる台」ということかな?漢字語でしょうが、ちょっとその場では感じが浮かびませんでした。2~4枚目は頂上直下にある茶店。アイスを食べてひと休みした店ですが、結構な量の酒の瓶があります。それに地マッコリの空きビンも。車では上がれない100m弱(だったと思う)の小山ですが、平野にあるので展望は最高、地元のハラボジなんかが運動を兼ねて上って、帰りにここで一杯なんてのもあるのでしょう?大した料理を出すようでもなかった店ですが、ジョンとかそんな簡単な肴もあるのかもしれません。

 5,6枚目は何でこんな田舎にあるの?と思う「青少年通行禁止区域」の入り口の町内会の会館。熱痙攣で歩けなくなり、ピキアジュマ(と思う)に助けられてここで休ませてもらいました。6枚目は昼間のひっそりした色街です。昔は塩辛商売で大いに栄えた場所ですが、今は人口もあんまり。でも、女性を求めて近郷近在から夜になると男性が集まるのかなぁ?なんて思いつつ駅へ向かいました。

 ここも神谷丹路さんの本で取り上げられた場所の一つです。あまり日本人人は知られていない近い昔の歴史の町、どうも私の趣味に合う感じで、ついつい意識せずとも、神谷さんの歩いた足跡を追いかけてしまう私です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3553 慶州歩き4

Img_8697 Img_8698 Img_8699 Img_8700 Img_8701 Img_8702

 この慶州市、韓国を代表する観光名所です。大通りの反対側の大陵公園には観光バスの大群、欧米人やら中国人やらの外国人、それに韓国の修学旅行と書遠足の子供たちがたくさん。そちらはさらに大きな古墳、内部を見学できる古墳、発掘された宝物なんかを見る施設とかがあるみたいですが、そんなのより、普通の町、勝手に入れるそこら辺の小さな古墳群のほうが私の好みです。なんたって無料ですし。

 どうして私がこの写真を撮ったのか?を想像しながらご覧くださいますよう。韓国観光にはあまり役立たない写真ばかりですが、こういう慶州の町も面白いと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

すばらしい韓国の食事640 果物好きな韓国の人たち

Img_8921

 韓国の人、かなり果物好きです。平均すると日本人よりもずっとたくさん食べているのではないかな?これも「モメチョッタ」=「身体にいい」ってのでのことかもしれませんが、食堂でご飯を食べているとその季節の果物、たとえばブドウだの、チャメ、とろんとろんの柿だの、よくサービスで出て来たりします。また、一般の家庭でも、常に何か果物があるし、露店含め、どこにでも果物の店はある、そんなふうに思えます。

 写真はやはりサービスで出てきた黄色い桃。これがかなり美味しかったです。時期は9月、日本だともう無いはずの時期でしたが、ちょっとカリッとした、でも味がすごく濃く、甘い桃、私の食べた一番美味しい桃はこの韓国の黄色いのかもしれません。

 話題が逸れますが、桃と蟹、どちらも、値段が高いのは安全に美味しい傾向はありますが、最終的には食べてみないとわからないと思っています。岡山産の1つ1000円もするやつでもハズレはありますし、高~いカニでも、はずれることはあります。

 そういえば、先日の蟹、佐渡からのもので、もちろん活けでしたが、なかなか美味しかったです。茹でるのではなく蒸す方がいいし、その後、理想的には冷蔵庫に入れずに、そのまま食べるのが一番。これから正月に向けて高くなりますが、福井や京都、兵庫産ほどの高値でなくても充分美味しい蟹を食べることができる新潟の冬、天候のことを除けばいい季節、美味しい季節だと言えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3552 慶州歩き3

Img_8691 Img_8692 Img_8693 Img_8694 Img_8695 Img_8696

 私流の韓国町歩きの見本みたいな写真です。1枚目は実用車。ソウルの市場などで見られるような大型のをさらに補強したとかではなく、地元のアジョシが日常的に愛用している、そんな感じのいい車です。慶北の尚州が自転車都市として有名で、自転車博物館までありますが、韓国、地方都市へ行くと自転車の愛用者が多いのに気付きます。地球にも優しい、いい交通手段です。

 2、3枚目は写真館の店頭の写真。少し前に紹介した中条町の旧街道歩きでも出てきましたが、写真館、そして家族写真、古い町の証拠でもあるように思えます。知人の話ですが、できれば年に1度は家族兄弟、一家が集まって家族写真を撮る、そんな風習が今でも残る韓国です。

 4、5、6枚目、やっぱり慶州、町中に古墳がぽこぽこあります。このターミナルから駅のほうへ行く大通り、右手には大きな古墳公園がありますが、それ以外にも町の中、普通にこんな緑の小山があるのは不思議です。この先、ちょっと寄り道して古墳を見に行きました。

 いい天気、いい気分、でも、お腹が空いていたのを思い出しました。この後、ファンナムパンを買って駅まで行き、慶州月見うどんを食べたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3551 COEX国際会議場のスレギトン

079

 大韓歯科矯正学会大会の会場、コエックスの会議場のスレギトン=ゴミ箱です。毎年のように来ている場所ですが、前は無かったはず。もちろん、VIPが集まる会議などの時には撤去されるのでしょうが、なんか韓国の余裕を感じました。

 韓国でも空港ではあの、中が見えるビニル袋のゴミ箱ですが、それ以外の部分では、どうも日本の東京なんかより、ゴミ箱が充実しているように思えるソウルです。テロなんかを恐れて、警備上の便宜を図る意味でのゴミ箱の減少。しょうがないのかもしれませんが、普通の者にとっては不便になるばかり。何かうまい方法は無いのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

普通の韓国を探して3550 韓国 ソウル ホテルの夜の開放感は楽し

214 2131 2141

 男性に、たぶん、女性にもわかってもらえると思うのですが、旅行や出張の時のホテル泊まりの夜、楽しいものです。

 誰かの言葉を借りれば「家に帰らないでもいい」という開放感でしょうか? 週末とか、街で飲んでも、やはり家に帰らないといけないという意識があると、どうも、「縛られる」というと大袈裟ですが、旅の夜や出張の夜に比べると少しだけ、そういう気持ちがあるでしょう?いざとなれば、酔っぱらって戻ったホテルで着たまま寝ても問題ないし、遅く帰って家族に気を使うってこともありません。お金を払って借りたその一日だけのプライベートな空間、常識の範囲内ならどう使おうと自由なのですから。

 韓国だと、夕食の時に飲んで、、、それが軽めの時はコンビニやシュポで酒を買ってホテルの部屋でテレビを見つつゆっくりのんびり。そして不思議なのが夜更かししても早起きしてしまう韓国の朝、こんなふうにテレビ放送の初めの愛国歌と韓国の良い所の画像を見ながらボーっとしている、そんな時間も楽しいものです。

 1泊3万円台の高級ホテルに泊まるもよし、日本円で3000円もしないモテルの部屋で飲るもよし、旅券と航空券とそこそこのお金があればどうにでも楽しめるのが韓国の旅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3549 慶州歩き2

Img_8685 Img_8686 Img_8687 Img_8688 Img_8689 Img_8690

 慶州市外バスターミナル前の観光案内所で道を教わり、観光案内地図をもらいました。この時点では、KTX新慶州駅の利用も考えていたので、地図に新慶州駅行きのバスの番号も書いてもらっています。2番目はたぶん、その中の一つのバスが来たので撮影したのではないかな?1枚目は欧米人バックパッカーです。

 3、4枚目は廃業した様子のホテル。前にも書いたように韓国、モテルがたくさんありますので、ホテルが負けてしまったのかもしれません。私が前に泊まったのはちょっと郊外のの普門リゾートと言う人口湖の周りの観光団地でした。どうせならってそんな高級ホテルに泊まるか、でなければ新しくて安いモテルに泊まるか?この市内にあるホテルの立場が中途半端だったのかもしれません。

 5,6枚目、ソウルに比べると車が少ないです。天気のいい初秋の日、気持ちよく皇南パンの店、そして慶州駅のほうへ歩きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

すばらしい韓国の食事639 これ、何だかわかりますか?

Img_8302

 東京の母親が植物好きで、小さな庭にいろいろ植えて今も楽しんでいます。私が小さい頃、どこから手に入れたのか、種をまき、数本、この写真の植物を育てて収穫したのですぐにわかりました。韓国の食には欠かせない農産物です。日本でもとても重要。食べたことない方はいないはず。でも、今は韓国も日本もほとんどが中国産。99%そうじゃないかと思っています。これで作った食材(この言い方、あまり好きじゃないです)をお土産に買う方も多い、そんなのを収穫して、干していました。家庭菜園程度でしょうが、大事に食べるのだろうなぁ。場所は町の中に古墳がポコポコある慶尚道の小さな町での写真です。こういう風景が見られるから、田舎歩きはやめられません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3548 慶州歩き1

Img_8677 Img_8678 Img_8679 Img_8680 Img_8681 Img_8682 Img_8683 Img_8684

 今日は市外バスターミナルの写真が続きます。場所によっては脇に、たいてい市外より小さい高速バスターミナルがあったりすることもあります。時刻表を見ると、韓国全土の市外バスターミナルの案内が出ていますが、それぞれ、ターミナルの会社の名前、電話番号、所在地が最初に出ています。その呼称も実に様々だったり。韓国の地方歩きを目指す者には必須と言ってもいい韓国観光交通時刻表、5000W、大きな本屋などで購入できますので、お勧めです。

 2枚目はモテルかな?慶州などの有名な観光地ではそれこそたくさん、ターミナルの周囲にモテルがあります。「モテル」って名前から我々日本人、敬遠してしまいがちですが、何度も書いているように古い観光ホテルよりも、安くてきれいで、広いモテル、いくらでもあるのです。駐車場に緑のビラビラがあっても、フロント前に書く部屋のライト付き写真案内があっても、親子連れ、出張の会社員、そして日本人含む外国人観光客、どんなお客さんだっているのが韓国のモテルです。

 3,4枚目はターミナルの中、都市の規模も違うので当たり前ですが前の項のハプチョンとはだいぶ違います。6~8枚目は周囲の様子。欧米人バックパッカーもけっこう目に付きます。ロンリープラネットというガイドブックを持っていますが、かなりのページをこの慶州にさいています。世界的に有名な韓国の名所なのでしょう。私は慶州パン、もとい、元祖皇南パンとセマウル号が目当てなので、7枚目に見える六角堂型の観光案内所で地図をもらい、道を聞いて歩き始めました。でも、途中の様子、なかなかいい感じでした。続きをお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3547 합천の市外バスターミナル

Img_8267 Img_8268 Img_8269 Img_8270 Img_8271 Img_8272 Img_8273 Img_8275

 初めて行った場所、ハプチョンの市外バスターミナルです。 もうなくなってしまった新潟の韓国教育院の同級生だった黄さんの故郷だとのことで、前から行ってみたかった慶南の山の中の町です。小さい頃にお母さんとともに日本へ来たというアジュマでしたが、もうハルモニかなぁ。いろいろ苦労をされて、韓国でも、日本でも学校へ行けなかったとのこと。話すのはもちろんできますが、読み書きをおぼえたいということで、通っておられました。正月だったか、自家製の餅をいただいたりしましたが、お元気だと嬉しいです。

 釜山の西部バスターミナル、ササンから馬山経由でのハプチョン、思ったより平らな場所です。地図を見ると近くに大きなダム湖があるようですが、町自体はあまり私の興味を引きそうな感じが無く、ちょっと周囲を歩いて次の行ってみたかった町、高霊に向かってしまいました。 5~7枚目の感じ、ちょっと薄暗い、韓国の田舎の古いタイプの市外バスターミナルですね。時間があれば、ここから時刻表に出ていないような郡内バスに乗り継いで山里を歩くのは楽しそうです。

  アップして写真を見てみました。5枚目、郡内バスの行き先、時刻がたくさん出ています。6枚目の乗車口の案内板も知らない地名ばかり、7枚目はみな知っている場所です。最後の写真、簡単なフェンスがありますが、郡内バスの乗り場が向こう側、市外バスがこちら側と別れているようです。やはりこの地方の中心地なのでしょう、このハプチョン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

2011年12月7日 曇っているけど割合穏やかな新潟市です

013

 おはようございます

 本日は休診日です。予約変更、初診相談のご予約、装置トラブル処置等の連絡は転送電話でお受けしています。

 午前中は私の休み。雑用で出てきて新しい記事をアップロード、もう少ししたら電話なんかでの連絡、それから日帰り温泉へ行って、追加の歳暮の手配、次回出張のための韓国の学会事務局への連絡だの、けっこうばたばたしてきています。年賀状は昨日印刷所へ校了の連絡をしたので印刷待ち。お昼を食べて戻りますが、本町市場で今年の佐渡の蟹を注文する予定。正月前後はえらく高くなりますが、今頃ならなんとか買える値段、楽しみです。お金を払って、茹であげ時間を指定して、夕方また取りに行かないといけませんが前にも書いたように、冷蔵庫に入れただけで味が落ちるというのは本当のよう。今夜は楽しみです。

 最近あれこれ、次回出張時のソウルの宿について調べていますが、一番旅費が安いはずの冬でも、ソウルのホテルは強気の料金設定のよう。日本人が多い市内中心部の宿はぜんぜん安くなっていない今年です。重たいカバンを抱えて宿探し、寒い中をうろうろするのは避けたいので帰国前日、ソウルの宿だけは決めておこうと思うのですが、まだ決まっていません。安い所にするか、ちょっと奮発して初めてのホテルにするか、それとも、どこでもいいやと思いきって予約無しにするか? もたもたしてると埋まってしまう可能性もありますが、でもまぁ、楽しい仕事です。

 9時になったらソウルに電話。それからちょっと足を伸ばして温泉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事638 개불 먹고싶다.

Img_7922

  最近はあちこちのHP、ブログでもおなじみのケブルです。美味しいですよ。美味しい貝の刺身という感じです。また、「モメチョッタ(身体にいい)」が好きな韓国、中高年男性の健康維持、精力増強にもいいし、女性の皮膚の健康にもいいって言われています。けっこう高いものですが、ちょっとなら刺身屋でもサービスでツキダシの一つとして出て来たりもします。

 赤紫色したものからピンクっぽい薄い色のものまでいろいろ。また水から上げて腹の中の水が出ると、当然色は濃くなります。犬のちんちんに似ているからそういう名前なのでしょうが、大昔、ニフティの掲示板で「白人のチン○コ」のようだと書いたら怒られたことがありましたね。

 개は犬、カニも「ケ」なのですが、こっちは게、蟹より犬のが大きいので、「アイ」は明るく大きいもの、「オイ」は暗く小さいもの、とNHKのラジオ講座で金裕鴻先生も言っていたんで、そう覚えました。となると불がちんぽこなのでしょう、その脇の玉は불알。불알친구という言葉があり、映画「約束」の中でパクシニャンさんが言っていましたが、「刎頚の友」、若い時からの何もかも知っている友人、局所までよく知っている仲ということかな?

 前に、延大の教授ニムに御馳走になったケコギのチョンゴルにも入っていた犬の불(犬は骨があります)も、ここが一番「身体にいい」ということで、客人の私がいただきましたが、犬のちんぽこに似ているから身体にいい、そんな単純な発想なのかも?なんても思えます。

 いろいろ話が逸れましたが、ケブル、ナマコの一種だと思えば大丈夫。ナマコの香気みたいな磯臭さは無いので、純粋に「貝の仲間」の刺身だと言えば食べてもわかりません。あ~食べたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3546 안녕! 부산. こんにちは 慶州。

Img_8660 Img_8661 Img_8662 Img_8663 Img_8664 Img_8665 Img_8674 Img_8676

 釜山、ノポドンから高速道路で慶州まで行きました。あまり走ったことが無いこのへんの道、なんだか新鮮な風景に見えました。やっぱり緑はいいもんです。1時間程で右手に低いけど白い岩がごつごつした山が見えてきます。こういう山だと磨崖仏だのを作りやすそうだな?なんて思っていたら高速を降りて慶州です。有名な慶州の南山だったのです。慶州を歩いた方はたくさんおられるでしょうが、「人生が変わる」とも言われる南山の石仏群、お寺の跡を歩いたことがある方は少ないはず。私もその一人ですが、一日かかっても無理というそんな南山、ゆっくり歩ける日が来るといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3545 ソウル 市内のちょっとした移動

063 064 065 066 067 068 069 070 071

 ソウル市内の移動で、一番確実で速いのはやはり地下鉄です。初ソウルの95年、当時は定額券というのがあり、基本は350Wだったかな?ソウルのあちこちを地下鉄で移動しつつ歩きまわりました。まだボストークンがあった時代です。その後、交通カード、そして後継のTマネーが出て、私自身の韓国語も向上、ぼちぼちバスに乗るようになりました。

 数百系統もあるソウルの市内バス、全部を知ってるなんて人はソウル市民でもいません。自分がちょくちょく乗る路線しか知らないのが普通。最近はスマートフォンが日本以上に普及しているのでそういうので簡単に調べられるのかもしれませんが、ものすごい路線がソウル市内を走っています。前にも書いたように延世大の中を走るマウルボスの路線があったり、アパートの中まで緑のバスは走っています。 ソウルの大体の地図が頭の中に入っていれば、こっち方向へ行くのに乗れば、という感じでも、乗り換え無料のTマネーでの乗車で容易に修正も可能。どんどんバスに乗ってみるといいと思います。

 今回の写真は11月のもの。チョンダム洞のホテルから学会会場までのものです。1枚目、セビョクチプのある通りから大通りに出て横断歩道を渡ってプリマホテルの前にある停留所へ、2~4枚目。バス停で路線案内を見て、貿易センターとかいう文字を探し、それに乗れば5枚目~、コエックスの北口、奉恩寺の脇に行けます。コエックスモールへ行くならもう一つ先ですが、会議場は手前のここで降りた方が良さそうでした。

 9枚目、大きなトレーラーって両端だけでなく、中までタイヤがあるのですね。何の工事なんでしょう?いつもあちこちで工事中、そして行く度に変わるのがソウルです。次回のホテル、どこにするかな?安宿の狭いけど暖かい部屋で、マッコリでテレビかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

とうちゃんの自転車日記536 名古屋の学会と草津の湯

277 278 279 280 281 282 283 284

 10月の学会、名古屋市の写真です。金山駅から大きな通りに出て歩いて会場へ向かった2日目です。会場の方へと渡ろうと思った横断歩道の向こう側、少しだけ古い家家が残る一角があり「ゆ」の看板。一部、空き地も見え、再開発されそうな場所の中のよう。友人との約束もあり、そのまま会場へ。5枚目は上から見たクロークですが、2日目でもありそのまま帰る先生も多いのか、大きなカバンがたくさん預けられています。

 帰りに行ってみたのが6枚目以降。「草津の湯」が名古屋にもありました。銭湯巡りを趣味にしている方も多いと思います。名古屋市の草津の湯、ここも案外あちこちのHP、ブログで紹介されているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3544 釜山老甫洞総合バスターミナル

Img_8651 Img_8652 Img_8654 Img_8653 Img_8655 Img_8656 Img_8657 Img_8658

 1枚目、切符売り場、売票所です。高速バスでと思ったら窓口アガシ、高速バスはまだまだ出ないので市外バスで行けという指示で、直接乗り場へ行きました。でもやはりどこかで切符を買って乗る物のよう。でも、出発時間がわからなかったので現金でもいいか?と聞いて現金で。高速バスよりも少し安いみたいです。清州なんかの項で書きましたがバス会社同士の競合もあるのかもしれません。安くて本数の多い市外バスを勧めてくれたアガシに感謝です。

 しかし韓国のバスターミナル、たとえ乗る距離が短いものだったとしてもなんか嬉しい、高揚した気分になります。「わざわざ行く」という人が多いからなのかな?自分ももちろん、その一人なわけですが。唯一、落ち着いて鷹揚な感じなのが運転技士さんと、、、あとは乗り場案内のアジョシだけでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3543 2号線支線龍踏駅から長安坪骨董品商街へ

034 035 036 037 038 039 040 041 042

 2号線の聖水駅と1号線新設洞駅を結ぶ支線、短い電車が往復しています。もともと車両基地への出入りのための線を延長して使った感じでしょうか。一時、清涼里にしばしば泊まっていた時期など、江南方面からの帰りに使っていました。新設洞の乗り換えが案外歩くので、新しくできた龍頭駅で降り、エスカレータで上がって東大門区庁の裏を歩いて青果市場、鮮魚市場、聖パウロ病院前を通って588をかすめて清涼里へ、そんな夜道、よく歩いたものです。

 今回は11月の先輩、同級生を案内した時のもの。2人ともそういうのに興味があるということでの訪問でした。電鉄で水原、水原城半周、座席バスで江南、コエックスで昼食、2号線で聖水経由龍踏です。

 このヨンダプ駅、私も降りるのは初めてでしたが、出口は一つ、でも、駅前は案外店の多い商店街になっていました。地図で見て、5号線に乗り換えるよりもここから歩いた方が早いと思っての選択、正解でした。ソウル、どこへ行っても人がたくさん、店も、商品もたくさん、そんなのを見てもらえましたから。

 途中、キムチ冷蔵庫をちょっと見て、骨董品商街へ。私はあんまり興味が無いので外をぶらぶら。呼ばれて少し通訳、交渉したり、1時間弱でしたか、いくつかある建物の中のたくさんの骨とう品店を見て歩きました。最後の1枚、「いしがんどう」って沖縄にもありますよね。もともと中国由来のもの、昔の琉球王国は日本でも中国でもない、でも中国寄りだったのかなぁなどと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

すばらしい韓国の食事637 やっぱり美味しいチャジャン麺

100 107 108 109

 少し前の記事、ビル上のレストランからの大展望と言うのの場所は、ミアサムゴリの現代百貨店のものでした。これはその時に食べた三鮮チャジャン麺。立派な食堂ですので、10000W近くしたかな?でも、美味しかったです。

 韓国の国民食と言っているチャジャン、配達の多い、ぼろっちい食堂ならまずハズレはありません。何十回と食べていますが、ハズレはデパート地下のフードコートのもの、あとは、町中の立派な中華料理店のものでいくつかあったくらい。デパート階上の食堂街の中華料理の店はかなり美味しいことが多いです。家賃の高い場所でやっていくには高級っぽい店でもまずはチャジャンが美味しくないとダメなのでしょう。ノウォンのロッテ、このミアサムゴリの現代、三成の現代、みな高いけれど美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3542 釜山 ノポ洞駅

Img_8644 Img_8646 Img_8647 Img_8648 Img_8649 Img_8650

 釜山地下鉄1号線の北の終点、ノポドン駅です。ソウルの地下鉄に比べるとやはり少しお客さんは少ない感じで、朝の時間、ここまで乗る人はあまりいませんでした。2枚目、地下鉄とはいえ、車両基地を備えた終着駅ですので、へんなところに車が停まっています。一般ではないでしょうから職員の方の車でしょう。何かこの辺もケンチャナヨを感じます。

 3枚目以降は駅の南にある小さなバスターミナル。市内バスのものでしょう。釜山総合バスターミナルがある駅ですが、こちらのターミナルはどういう路線が入るのか?利用したことが無いのでわかりません。 前に来たときはここで路上の市場が開かれていましたがあれは休日ごとなのか?それとも五日市なのか??まだまだ知らない部分の大きい釜山です。

 昨日の新潟日報の広告、BSNの近藤アナと行く釜山の旅という広告が入っていました。地デジ化の後、我が愛車のカーナビはテレビが見られなくなりましたので最近はずっとラジオを聞いていますが、近藤さん、地元出身の面白い方です。行きたいなぁと思うも2月の金土日。家内は行きなさいと言ってくれていますが、1人参加だと10万超。それなら安上がりな個人旅行2回のがいいかなぁと考えてしまいます。テレビ局主催の旅行、最近たくさん広告を見て、聞いていますが、それなりに面白いし安いのだとは思っています。そういう年齢になってしまったのかなぁとも思いつつ、興味を持っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

すばらしい韓国の食事636 この秋さんざんテレビで流れていた広告のジュース

116 117 118

 ネタが古くならないうちにアップです。この秋訪韓したことがある方であれば見たことがあると思う広告で盛んに宣伝していたジュースです。女性が歌を歌うやつ、わかりませんか?帰りの仁川空港で買って飲んでみました。

 「아침의 주스」じゃなくて、  「아침에 주스」であるところがネーミングのミソなのかな?私もテレビで見ていた時はずっと「朝のジュース」だと思っていましたが、今日初めて、オイの「エ」であることに気づきました。なかなか美味しかったです。

 写真を見てみました。「冷蔵流通ジュース」というのが売りのようですね。日本ではあまり聞いたことが無い、、、かなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3541 ソウル セントラル観光ホテル周辺散歩3

884 885 886 887 888 889

 ソウルの夏の朝の写真です。昔からのソウルの中心部ですが、あまり歩いたことが無い方も多いはず。2、3枚目の黄色い、たぶん元日本の建築はここでも何度目かの登場です。鍾路3街から2街へかけての鍾路南側の写真、これでおしまいです。旅行のスタイルは各人各様でいいと思いますが、普通の韓国に触れるとその旅の幅が広がる、そう考えています。「安く買う」、そんなことばかり考えていると面白くないと思うのですがねぇ。

 今年の夏の写真でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3540 水原 華城散歩3

171 018 019 020 021

 スウォンのファソンです。有名な観光名所、どちらかといえばもうずっと前に自分で歩いたのですし、敬遠しがちだった私ですが、いい秋の日の気持ちのいい城壁歩き、来てよかったなと感じました。

 ぐるっと大きく左にカーブするあたり、広々としていて観光バスだのの駐車場、そして弓道場だのができていました。90年代後半に来た時は無かったはず。あとで古い地図でも調べてみますが、この水原城、どんどんきれいに整備されてきた様子です。4枚目がその弓のフィールドですが、すぐ下にあるのが本来の韓国の弓の競技の射程ですが、体験コーナーなのか、ずっと向こう、建物のすぐそばの的で中国人観光客らしい団体が弓をやっていました。

 水原と言えば、この華城と、カルビクイ。そして龍仁市になりますが水原民族村が有名です。3つめのやつは、どうもずっと前に読んだ「ディープコリア」の記事にあった「日本人オジサンと韓国女性のカップル」のイメージがあってか、行っていません。そろそろ普通の観光名所も行ってもいいかな?と思い始めたので行ってみるかも。

 ソウルから近い、手軽な観光名所の紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

普通の韓国を探して3539 次に泊まってみたいモテル

882 883

 鍾路の裏通りでの写真です。ソウル劇場の裏の方だったかな?まぁ、そのあたりです。

 外壁、看板にモテルの階ごとの部屋のテーマと言うか、そんなのが書かれています。写真を見ていないのですが、日本、中国、韓国、そしてインドにサイバーだかなんだか、足りなくなったので無理してテーマを探してという努力が感じられます。「日本スター方」は「房」の間違いでしょう。地下の「スペシャル館」も興味をそそられます。

 絶対に韓国国内のモテルが全部満室になることは無いと言えますし、都市でも田舎でもターミナル周囲にはきっとあるモテル、我々個人自由旅行者のありがたい宿泊施設ですが、新聞の経済面では売買の広告も多数。厳しい業界だからこそ、こんな営業努力も必要なのでしょう。次回、わざわざ行って泊まってみたいと思う私です。インド風にしてみようかな?インドは行ったことがありませんので。

 でも、9階まであるようにはこの建物、どう見ても見えませんでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事635 コエックスで三鮮チャジャン麺

032 033

 韓国人の国民食とも言える韓式中華の王様メニュー、チャジャン麺です。レトルトでもけっこう美味しいですがやはりそこで打った麺、その店のソース、韓国でないと味わえないものがあります。

 水原城歩きの後は、前にも書いたように、座席バスで江南駅。地下鉄で三成。コエックスをちょっと歩いて、中華の店を探してチャジャンを食べてもらいました。すでに混ぜてしまってからの写真ですが、見ているだけで唾液が湧き出る美味しさです。チャジャンを食べずして韓国の食は語れない、そう言っても過言ではないでしょう。8000Wくらいだったかな?場所柄家賃でそんななのでしょう。ほぼ満席でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3538 水原 華城散歩2

Img_9579_2 Img_9580 Img_9581 Img_9582 Img_9583 Img_9584

 やはり旅行は天気の良い日がいいです。11月とは思えないくらいに暖かい日に訪問できたことを旅行の神様に感謝しないといけません。

 この水原華城、私たちのように駅から八達門へ行き、市場の裏から城壁に上がってというのがやはり楽ちんでお勧めのコースです。韓国人のお年寄りが散策している他はガイドさんに引率された日本人の団体が多数。日本人のカップルが1組いたくらいでした。若い人の方が「自分の足で歩いて~」という旅行をする傾向があるのかな?と思い嬉しい私です。

 2,3枚目はポンドン。のろし台です。昔来た時よりも格段に整備が進み、きれいになっています。あまりいじりすぎないほうがいいのかなとも思えます。5枚目はモテルの宣伝カーになった軽トラ。友人にはウけました。聖俗何でもごっちゃ、ストレートに行くのが韓国式です。

 城壁の内側、普通の家がたくさん。時折細柳の基地から飛び立つジェット戦闘機の爆音が聞こえるのも韓国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »