« 普通の韓国を探して3543 2号線支線龍踏駅から長安坪骨董品商街へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記536 名古屋の学会と草津の湯 »

2011年12月 6日 (火)

普通の韓国を探して3544 釜山老甫洞総合バスターミナル

Img_8651 Img_8652 Img_8654 Img_8653 Img_8655 Img_8656 Img_8657 Img_8658

 1枚目、切符売り場、売票所です。高速バスでと思ったら窓口アガシ、高速バスはまだまだ出ないので市外バスで行けという指示で、直接乗り場へ行きました。でもやはりどこかで切符を買って乗る物のよう。でも、出発時間がわからなかったので現金でもいいか?と聞いて現金で。高速バスよりも少し安いみたいです。清州なんかの項で書きましたがバス会社同士の競合もあるのかもしれません。安くて本数の多い市外バスを勧めてくれたアガシに感謝です。

 しかし韓国のバスターミナル、たとえ乗る距離が短いものだったとしてもなんか嬉しい、高揚した気分になります。「わざわざ行く」という人が多いからなのかな?自分ももちろん、その一人なわけですが。唯一、落ち着いて鷹揚な感じなのが運転技士さんと、、、あとは乗り場案内のアジョシだけでしょうか。

|

« 普通の韓国を探して3543 2号線支線龍踏駅から長安坪骨董品商街へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記536 名古屋の学会と草津の湯 »

コメント

韓国では,近距離でもついついバスを
利用します.狭い町中に入ることも
ありますし,高速バスではSAに入る
こともあり,ちょっとぶらりと店内を
見て歩く楽しみが増えます.俗離山から
ソウルまでの高速に乗った時,客が私
一人のみだったこともあったのか,
途中の公州で乗り換えることになりま
した.その際,アジョシがこのソンニム
(お客さん)よろしく…とソウル行の
高速バスまできちんと連れて行って
くれたことはうれしい思い出です.
ちなみに韓国のバス,基本的に最後部
座席の位置がかなり高く好みなので,
大体そこに座ります.

投稿: さいとう | 2011年12月 7日 (水) 00時56分

コメントありがとうございます

 公州ですか?清州じゃなくて。

 客が少なくて途中で運行打ち切りと言うのは私は未経験です。頻繁にバスが走っている韓国ならではのことですね。

 飛行機で、あまりお客さんが少ないので次の便と合便というのは一度だけ経験しています。金浦釜山便が20分おきくらいに飛んでいた時代です。済州便は今も多いですが、国内線の飛行機、鉄道の高速化でかどんどん減ってしまっています。

 

投稿: おとう | 2011年12月 7日 (水) 07時44分

すみません.間違えました清州でした.ちょうど
公州の教育のことを調べていてそのまま入力して
しまいました.もし公州だとしたら,迂回距離が
すごいですね.
俗離山の起点から5名乗車,うち3名が報恩(ボウン)
というすぐ近くのターミナルで下車し,2名に.そして
その清州で1名下車し,いずれの停留所も乗車人数が
皆無だったため,結局私だけになったのです.しかも
その清州からソウル行きも10名足らず.俗離山も昔は
もっと活気があったなあと思うのですが,ターミナルも
寂れ,観光客も季節の一時のみらしいです.観光客も
自家用車がほとんどだと地元の方から伺いました.
別の場所の話ですが,まだ鉄道も再開通していなかった
臨津閣初訪問の1993年,ハルモニからみかんをいただい
て,ムンサンまでのバスを待ちながら知っているだけの
韓国語を並べて話したあの時間は忘れられません.

投稿: さいとう | 2011年12月 7日 (水) 10時32分

コメントありがとうございます

 報恩までしか行ったことの無い私ですが、俗離山、法住寺、そんなに寂れていましたか。ちょっと興味が湧きました。ちょっと重力に負けたような格好の五重塔があるのでしたっけ? 韓国のお寺は大抵山の中、その門前町には山菜ビビムバの店がずらり、そんなイメージです。でも、そうですね。報恩のターミナルもほとんど無人、店も暇なようでした。

 いただいた本、有効に使わせていただきます。ありがとうございました。

投稿: おとう | 2011年12月 9日 (金) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/53417423

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3544 釜山老甫洞総合バスターミナル:

« 普通の韓国を探して3543 2号線支線龍踏駅から長安坪骨董品商街へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記536 名古屋の学会と草津の湯 »