« 普通の韓国を探して3580 韓国からの年賀状が来ました | トップページ | 普通の韓国を探して3582 ソウル 三成 パークハイアット »

2011年12月29日 (木)

普通の韓国を探して3581 2011年の嬉しい風景と美味しい韓食

247

主屹山

 주흘산(チュフル山)です。朝鮮時代の東莱(現在の釜山)とソウルを結ぶもっとも重要な街道の途中にある「鳥嶺(조령=チョリョンg 韓国や中国では峠のことを「嶺」という漢字で表します)」という峠、別名「聞慶セジェ(セ=固有語の鳥、ジェ=峠)」のそばに聳える独立峰で、日本ではあまり知られていませんが、こんな秀麗という言葉そのままの山容、ずっと前から自分の目で見たかった山でした。3度目の中部内陸高速道路からの1枚です。2011年7月の写真です。

Img_8876

洪魚三合(ホンオサムハプ、ホンgオサマp)

홍어삼합、日本でも有名なエイを発酵させたアンモニア臭い刺身と、豚の茹で肉、古漬けの酸っぱくなった白菜キムチ(ムグンジ)を一緒に食べるもの。ノリャンジン市場で食べたホンオ単独では臭さだけが感じられて、話のタネ程度と思っていましたが、ちゃんとした店で、三合として食べるとすばらしく美味しい、それがわかったのも2011年の9月でした。

 治安も良く、人も親切、交通網も発達していて日本からすぐ。こんな歩きやすい外国は韓国しかありません。2012年も、普通の韓国の楽しさ、面白さ、そして美味しい韓国の食についてお伝えできればと考えています。1年間のご訪問、ありがとうございました。今日も午前まで仕事。午後は簡単に大掃除して今年の医院での業務はおしまいです。皆様もよい2012年をお迎えください。

|

« 普通の韓国を探して3580 韓国からの年賀状が来ました | トップページ | 普通の韓国を探して3582 ソウル 三成 パークハイアット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/53595844

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3581 2011年の嬉しい風景と美味しい韓食:

« 普通の韓国を探して3580 韓国からの年賀状が来ました | トップページ | 普通の韓国を探して3582 ソウル 三成 パークハイアット »