« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »

2011年3月11日 (金)

2011年3月11日 雪降っています

021 014 015 016

 朝は5センチくらいの積雪。でも降ってはいなかったので自転車で出てきました。 しかし1枚目の写真のように10時過ぎにはまた降り始め、今は歩道などまた白くなってきています。真冬の細かい雪ではなく、大粒の重たい雪ですので大丈夫だとは思いますが、早めにタイヤを交換した車も多いはず。とにかくいつまでも寒いこの冬です。

 残りは一緒に寝ている愛読書たち。2枚目は2009年の漢文版。縮尺が小さめで広い範囲を掴むには詳しいものよりも楽なのです。

 仕事は午後からですが、休みの後の診療室、鉄筋のビルではありますが、冷え切ってしまっていますので、暖房を入れて温め中というところです。早く暖かくならないかなぁ、気候も、この部屋も。

023 024

  写真を追加しました。11時28分と12時28分です。これで冷え込むとスタッドレスじゃない車は危険です。皆様ご注意を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3200 雪の朝のタプコル公園裏

307 308 309 3101 3111 3121 3131 314

 元ファイルを見たらもう少しありました。前日の雪がガチガチに凍った1月の寒い朝です。ソウルの冬、晴れた日は寒く、雪が降るのは温かい日です。それでも零下だったりしますが、マイナス10度とかの日には雪は降りません。

 そういえば、韓国の気象通報では「零下」という言葉に加え「零上(영상)」という漢字語も使われています。日本では聞いたことのない言葉ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3199 馬山リベラホテル やっぱり韓国の人はナイト好き

145 146 147 148 149 150 151 152

 馬山港の海岸近くの大通りです。リベラホテルがあり、派手なナイトクラブの入り口がありました。真っ赤な宣伝カーも数台。それだけ繁盛しているということなのでしょう。いろんな韓国映画に出てきますが、ナイトってのは日本で言うディスコ。今は日本ではクラブという呼び方が多いのでしたっけ?とにかく、大音量の音楽、生バンドの演奏とかでダンスをしたり、ブッキングという形式のナンパをしたり、そんな場所。かなりの田舎へ行っても、その近傍の都市のナイトの広告ポスターを見かけますので、韓国の人、本当に踊るのが好きなのだなと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

2011年3月10日 留守番の午後の過ごし方

Newdica6_156

 こんにちは

 今日は休み。でも、装置のトラブルや予約の変更など、医院の電話を転送でなるべく受けられるようにしています。午後は私が留守番することになりました。ここのところ冬型に後戻りした新潟、今朝も薄く積雪があり、道路も車も凍結していました。自転車にはまだちょっと早い、そんな初春です。

 家での留守番、そんなときに楽しめるのが韓国の地図と時刻表です。メモ用の大判のノートにあれこれ書きながらどこへ行こうか?どの辺が面白そうか?ネットを見つつ考える。これも楽しい時間です。

 今、行きたいなと思っているところは長興か珍島。どちらも全南の田舎です。前者は大昔に市外バスで通った際に面白い格好の山、岩山がたくさんあったから。後者はちょっとだけ自分の脚で歩いたことはあるのですが、1泊してゆっくり見てみたい場所です。

 全然未知の場所で行ってみたいのは、やはり全南の高興半島。付け根は狭くてもかなりの大きさの半島。全然足を踏み入れたことが無い場所ですので、かなり行ってみたいところです。

 あとは、これは、グーグルマップであちこち見ていて見つけた場所なのですが、慶尚南地ハプチョン郡の赤中面と草渓面。韓国の地方好き、そして地図が好きな方、是非ともグーグルマップでご覧ください。自治体としては2つなのですが、南側が高く、北側が低い山に囲まれた見事な盆地になっています。こちらは行ったことがある楊口郡の通称パンチボウル、亥安面も見事な盆地の地形ですが、この慶南の赤中面のある盆地も見事な楕円形。さて、その真ん中に立って、周囲の山を見てみたい。地図好きの私にはえらく興奮する地形なのでした。

 前回の経験で、新潟からの仁川空港行きKE764便で韓国に入って、入国、荷物受取、税関、両替を済ませて到着出口に出るのは入国の混み具合にもよりますが12時10分ころ。早ければ12時過ぎには出られます。

 急いで空港鉄道の仁川空港駅まで歩いて空港鉄道に乗れるのは12時20分か25分くらい。1時間弱でソウル駅まで行けますので13時40分くらいにソウル駅を出る列車には乗れることがわかりました。13時30分のにも乗れるかもしれません。ともかく4時台に釜山まで行くことも可能です。慶全線の乗ったことが無い区間である河東から順天の間、全羅線で乗っていない南原と救礼口の間もも乗ってみたいって考えています。行き当たりばったりの私の旅。バスに乗ったり汽車に乗ったり、また、急にソムジン江に沿った道にある花渓ジャントを見たくなったり。そんなですので、上記のような短い未乗車区間ができてしまうのでした。

 あとは、やはり手薄な慶南、慶北方面。特に、巨済、固城、サチョン、南海、あの辺も行ったことが無いのです。先日、釜山大に留学している先生から金海から加徳島経由、橋で巨済島へ行けるようになったという話も聞きました。新しい釜山の国際空港の誘致合戦をやっているという加徳島(=加徳島空港、もう一方の候補は密陽空港)、どんなところなのでしょう?巨済島は昨日の記事の写真のハラボジの故郷だったはず。また朝の公園へ行って「昨日は巨済島へ行ってきました」とか話してみるのも面白そうです。

あと、考えているのは仁川から済州島へのフェリー。毎日就航ではありませんが、到着日の午後はまだまだ歩き切れていない仁川市内を見て、19時の船に乗り、翌朝8時に済州港着。韓国の方ばかりの船での1泊も楽しそうだと思いませんか?済州からは前に乗ったチュジャ島経由の高速船で木浦って経路も素敵です。1日目、仁川市内見物で夜の船に乗り、翌朝は済州島。2日目は一日済州島を見て、済州泊。3日目に船で木浦。木浦を見て、木浦泊。最終日はたぶん、ちゃんと着くだろうから木浦からソウル、もしくは直接仁川空港。こんな3泊4日、面白そうです。

 英陽も行ってみたい町だし、義城、ハプチョン、茂朱、錦山、任實も歩いてみたい。とにかく韓国の地図を見て、時刻表を参照して行程を考える、それだけでも楽しい私です。

 ソフト面では、「モテルの部屋にタバンからカッピの配達を頼む」も、課題ですし、チャラ(スッポン)料理を食べるってのもありました。今までに1週間くらいの訪韓は2回。一回は韓国語学院の個人授業でしたので、純粋に韓半島を歩いたのは1度だけ。1週間、できれば10日くらいの休みを作って田舎の町をバスでとろとろ巡ってみたいものです。

 写真はたぶん再掲、嶺東線の東海市、墨湖駅です。

 追加です。釜山から韓国の船で対馬にというのもやってみたいのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

2011年3月9日 韓国への提言 ちゃんとしないといけないとこはちゃんと

こんにちは

 今日明日は休み。午前はちょっと外で用事があったため、医院に寄って記事をアップしましたが、午後はずっと家の予定です。家の機械には新しい写真は入っていないので写真無しの予定ですが、後で面白いのがあれば再掲になりますが、のっけます。

 さて、大げさなタイトルになりましたが、今はたぶん、ちゃんとしてるけど昔はちゃんとしてなかったと思われる韓国のちょっとした問題点の話です。

 昨日の夜と今日の午前、いずれも車の中のテレビ(本当はいけない。チラっと見ただけですので勘弁を。)で、同じ局だったかはわかりませんが、車や飛行機のシートベルトの材料、またエアバッグの材料を再利用してカバンなどを作ってる、という話を2回、やってました。 非常に丈夫な材料ですので、再利用してうまく役立てるのは賛成。でも、手作りで高そうだな、というのが最初の感想でしたが、、、すぐに思い出したのが韓国の市外バスのシートベルトです。

 個人で韓国の地方を自分で歩いてる方なら経験がお有りだと思いますが、田舎の市外バスでは、けっこう古い車両が走ってることもあります。90年代に比べれば最近は良くなりましたが、それでも第一線の高速バスの車両とは違う老兵に出会うことも多いんです。 そんな古い車両だと、シートベルトに問題ありというケースもしばしば。 金具が壊れてて脱着できなかったり、さらに、これが上の話に結びつくのですが、ベルトの布地が薄っぺらで擦り切れてきてヨレヨレになっていることがよくあります。元々の布の幅もやけに狭くて頼りないというケースもあったりします。

 どうも昔の韓国のバスの座席のシートベルト、規格がいい加減だったのか、頼りないものが多いです。あれでは再利用してカバンを作るなんてとても無理、また安全面でも問題です。

 今乗ってる、我が現代ツーソンはまったく問題なさそうですし、最近乗った新しいバスの車両では問題なさそうです。でも、命を預けるシートベルト。新しい車だけでなく、地方の市外バスの会社の古い車両を含め全部の車にとって重要な設備です。 これが、今朝のテレビを見て気付いた、「愛する大韓民国にちゃんとしてほしいなと希望する点」の一つです。さて、写真、写真。

 全財産を国に寄贈されたという超有名なハラボジにまたご登場願いました。4691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3198 東国大学校裏門通り

286 285 268 267 266 265

 3号線の東大入口駅は何度か利用したことがありましたが、さて、東国大学ってどんな大学なんだろう?って感じで、中は入ったことがありません。地図を見るとソピテルエンベソド(ソフィテルアンバサダーホテル)の裏手にかなりの敷地を持っています。

 芸能人が多く、でも、知っているのは昔々のHOT、トニー安くらい。たまたま行ってみた三星第一病院の入り口のまん前が東国大学の裏口(?)でした。退渓路方面へ出る細い道には飲食店がたくさん。ソウルの中心部でありながら私がほとんど知らない街があった、そんな気持ちで少し歩いてみました。

 写真の順番、全部逆です。6→1です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

普通の韓国を探して3197 ソウルへ戻ったとある午後の町歩き

105 111 112 113 114 119 120 132

 昔は紀行文という感じで記録を書いていました。教育院でお世話になった金洪晩先生、チョデヒョン先生には毎回それを読んでいただき、お褒めいただいて喜んでいましたが、ここではランダムに書いています。なるべく新しい写真、新しい話をと思うので、古い写真はついつい埋もれがち。またコンピュータの容量もありますので、メモリーはとってありますが、HDの画像はどんどん入れ替えています。

 読みこんだ写真を見ながら、縮小してブログ用の場所2つに保存。一つはソウルのもの、もう一つはソウル以外のもの。そこら辺を見ながら毎朝アップしていますがついつい置き忘れたりという感じの写真も出てきます。

 今回の8枚は同じ日の午後なのですが、とびとびの写真です。ここをずっと見てくれている方であれば、「あ、あの話だ」といくつかの過去の記事の話、お気づきでしょう。

 1枚目は英文で書いてあるので簡単にわかる場所。

 2枚目も韓国へ行ったことのある方ならきっと行っているあの場所です。

 3,4枚目は自分でも覚えていませんがバスの中からかな?5枚目はもろにバスの中。少しだけ見える傾斜した外壁のビルは行ったことある方が多い有名な店です。

 6、7枚目はバスを降りたところですが、あまり普通の観光客は行かない場所。でも、前後の写真は前に紹介しています。私は昔は毎回、最近はたまに、でもよく行く町です。新しい地下鉄駅と言えばわかるかな?ハングルが読めればいろいろ写真に地名も出てきます。

 最後は、薄暗くなってきた時間のものですが、漢字も見えるしわかる人は簡単にわかる場所です。裏手にけっこうな山があるところです。

 こんなソウルの普通の街歩き、今はネットでいろいろ情報が得られる時代、ガイドブックや観光HPの確認ではない自分の旅行。面白いですよ、ほんと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3196 楽園商街からまた仁寺洞へ

298_2 299_2 300_2 301_2 302_2 303_2 304_2 305_2

 帰国前日はソウルに泊まるようにしています。地方からソウルへ入り、大抵は予約しておく宿へチェックイン。その後は部屋に大きいほうのカバンを置いてソウルでの用事。眼鏡屋へ行ったり、書店で資料を集めたり、買い物したり、そして夕食という感じ。知り合いの店でということもしばしば。夜は早めに宿周辺へ戻り、少しの酒を買って部屋でテレビ。元気があればまた外出して近所のポジャンマチャへ。そんなです。

 ソウルへ戻る時は汽車もあり、バスもあり。かなり小さな町からもソウル行きは大抵ありますし、大きなターミナルから中くらいのターミナルへの路線も、頻繁とは言えませんがけっこう走っていますので、光州から平澤に寄ってソウルへとか、案外簡単にできてしまいます。時刻表と、そこそこの地理的な知識があれば、韓国の地方歩き、パズルのように面白く移動できるのです。市外バスターミナルと鉄道駅が近い場所とかも覚えておくと便利です。もっとも、市内バスも大抵はバスターミナルは通るようになっています。

 最終日の朝は、こんなふうに歩いて体調を整えつつ朝ごはん。やはり人間、歩くのが基本です。酒の量をもう少し控えれば私の韓国行き、モメチョウン旅行になるなと思っています。

 仁寺洞裏通りのホテルソンビに泊まった翌朝の散策の写真、そろそろおしまいかもしれません。仁寺洞からちょっと入ったタプコル公園裏の古い町の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

2011年3月7日 NIIGATA 新潟 니가타 신사?

003

 夜間診療の月曜日です。自転車で出てきたら、今は本降りになってしまいました。でも、21時ころの雨を今から心配するのはいけません。雨のち曇りの予報を信じて気楽にしていましょう。

 タイトルですが、我が新潟県、韓国語の表記では니가타が一般的かと思います。ローマ字だとNIIGATAという表記が目立ちますが、なんか垢抜けない感じ。律儀に「い」を入れないNIGATAでもいいのではないかなって思います。

 さて、本題なのですが、新潟の「潟」という字、他県の方は書けない人も多いと聞いています。実際住んでいる我々もちょっと書くのが面倒くさい漢字です。ですので、最近は見かけなくなりましたが「新泻」という略した漢字が使われることがありました。国道などの標識、「新泻 56Km」なんての、記憶のある方もおられることと思います。

 で、いつ、どこでだか忘れてしまいましたが、韓国の、たぶん空港で「신사」というハングル表記を見たことがあるのです。地名はそのまま読んでほしいなと感じつつ気付いたのですがこれ、「にいがた」のことなのでした。じゃぁ、「潟」の音読みは何なの?と思って辞書を見ると日本語は「せき」、そして韓国語が「석」でした。じゃぁ、何で「신사」なの?「シンサ」でまず浮かぶのは江南の「新沙」です。何で新潟がシンサなのだろう?と不思議に思って浮かんできたのが上記の「泻」の字。

 日本が勝手に作った略字なのか?それとも、中国では別にある漢字なのかはわかりませんが、韓国の一部で新泻をそのまま韓国式の音読みで読んだ「신사」という呼び名があったこと、不思議に感じています。「泻」の字、たぶん韓国語では「写」がくっついているから「사」なんだろうな、と、これも面白く思う私です。

 追加です。「新潟の潟」+「略字」で検索するとけっこう出てきました。あと、「シンサ」という表記は仁川空港の案内板の中国語でのものだったと思います。どなたか、気付いた方、おられますか?他の日本の地名も中国式になっているのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3195 楽園商街周辺歩き

292 293 294 295 296 297

 写真は私の視線、及び面白いと思った風景です。今回も楽園商街の周囲ですが、駄文を省略、写真そのものをお楽しみください。

 2002年の本、山と渓谷社刊行、中山茂大・チュジュンヨン著、「ソウルの食べ方歩き方 路地裏安食堂探検ガイド」という本にこの辺、鍾路などの裏通りの店の紹介がかなり詳しく出ています。でも、掲載されているけどすでに再開発でなくなってしまった地区、通りの片側だけ残っている地区が増えています。なかなかいい本です。古本探しも容易になったネット時代ですので、購入は可能。ソウルの路地好きの方には私も推薦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3194 馬山アクチムコルモクとその周辺

122 123 124 125 126 127

 馬山駅前からタクシーで10分ほど。たぶん馬山の真ん中に近いあたり、アグチムコルモク(アクチム横丁、アクチム通り)があります。でも、思っていたより店の数は少ない感じで、20軒弱でしょうか?裏通りの隅々まで探索したわけではありませんが、新沙あたりのほうが店が大きく派出です。 その周囲、やはり夜の街という感じで、ルームとかノレ酒店も多いようです。

 我が新潟市も港町ですので、昔は男性の遊ぶ場所がたくさんあったようです。韓国でも仁川、釜山、木浦、馬山など、大きな繁華街があったのでしょう。でも、最近は近海での漁業が衰退気味とも聞いています。木浦港が寂しくなった話はここでも書きました。この馬山も半日とかではとても掴めない大都市です。結局すぐに釜山へ移動してしまいましたが、泊まってじっくり夜の街を歩いてみたいという興味はあります。

 なんとなく寂しい馬山市の繁華街の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

普通の韓国を探して3193 固有語と漢字語

385

 一昨年年末だったでしょうか?公共の通路、急に「右側通行」に変わりました。1年3カ月たってやっと定着してきたかな?という感じです。しかし韓国、ほんと、大胆というか、大きなことを簡単にやってしまう国です。

 写真はたぶん5号線の鍾路3街えきの出口のものだったと思いますが、上に「オルンチョkコッキ」、下に「ウチュkポヘンg(右側歩行)」、固有語と漢字語の両方で書いてありました。年齢にもよるでしょうが、韓国の人達、いったいどっちが先に脳に達するのかな?って面白く感じました。日本語に訳すと「右側歩き」と「右側歩行」、たぶん2つ併記することはまず無いと思いますよね。

 日本語の音読みと訓読みのように、韓国語には漢字をそのまま韓国式の音で読む漢字語と、韓国固有の言葉である固有語があります。この辺も韓国語を勉強していて面白く感じる点です。でも、日本語の漢字をそのまま韓国式の音で読めば韓国でも通じると思ったら大間違い。使い方の違いもあれば、日本語でしか無い漢字語もたくさんありますので、この辺、中級者が陥りやすい誤りになってしまうこともあります。

 本日の診療はおしまい。もうスタッフは上がりました。かえって明日月曜のがずっと忙しくなります。ちょっと楽しみな患者さんも来るのでがんばります。明るいうちに帰れるのも、何だか嬉しい私です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月6日 カツ丼は美味しい 

010

 お昼はカツ丼でした。前の日記にも書いたけどトンカツは気軽で身近な御馳走の一つ、カツ丼はそれをさらに簡便にした感じの丼もの。めったにハズレはない、そんなメニューです。一口目、昨日のテーマではないですが、「美味しい~」って感じて、いい脳内ホルモンがたくさん出たと思います。

 近所でカツ丼を食べる店はいくつかあるのですが、今日行ったのは全国チェーンの安い店でした。一番小さいカツ丼と豚汁の小。最近はそんなで充分お腹が膨れます。御馳走さまでした。でも、一つだけ、そのチェーンの店に希望があるのですが、脂がほとんどカットされていることです。ヘルシー志向に合わせてのことなのでしょう。

 豚肉が好きな方はおわかりかと思いますが、脂にも味があるって思います。「脂」という字は「にくづき」に「旨い」の「旨」。肉の味は脂にありという言葉もあります。できればもう少し脂身を残したら、もしくは脂身を残した別メニューがあると嬉しいのですが、とそのチェーン本部にメールしたこともあります(返事はありませんでした)。脂身が少し残ったロースのカツ丼、美味しいと思うのですがねぇ。

 たまに、ですが、伊勢丹で鹿児島黒豚のロース厚切りを買ってきてポークソテーを作ります。100g400円台くらい。高いと言えば高いけど、国産牛よりもよほど安い値段でいい豚の肉は買えます。脂身の美味しさはすごいですよ。ここ数年、身体にもいい豚肉の人気は上昇中、東京とかだといろんな銘柄豚を売りにする店も多いはず。そういう点、大都市はうらやましいなぁと思う私です。

 写真は本文とは関係ありません。ホームホワイトニング、歯の美白のためのトレーに薬剤ジェルを盛ってるところの説明用の写真です。その方の歯型にぴったり合ったトレー(薬を置く部分だけ、わずかなスペースを作ってあります)に薬を盛り、装着する。そんな簡単な方法で歯を白くすることができます。PMTCとの併用でしっかり管理すればけっこう長持ちします。お問い合わせは当院まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3192 韓国の人は元気が出る薬も好き

359

 変更があり空き時間ができました。今日はそんなに忙しくはありません。早く上がれることを喜んでいます。

 写真はソウルのとある薬局のガラスの内側の絵。何で鹿と高麗人参?とお思いの方もおられるでしょうが、強精効果を狙っての韓方薬のイメージなのでしょう。鹿茸と人参というわけです。女性のための韓方薬だとサスムピと言って鹿の血が重用されますが、男性の機能には鹿の袋角がいいとされています。韓国には鹿牧場もありそうですね。

 あと、強精効果で思い付くのはケコギ(犬肉)、海参(ヘサム=ナマコ、特に赤の方)、テナガダコ(ナクチ)、神仙草と呼ばれるアシタバ、、、あと、何だろ? とにかく、医食同源と言いますが、身体にいい薬、食べ物、アッチにいい食べ物、薬、まぁ、日本人でもいっしょかもしれませんが、韓国の人、大好きみたいです。信じて食う分のプラシーボ効果もあるのでしょうね。もしかしたらそっちのが大きいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3191 山で勉強する韓国人

021 022 023 024 025 026

 ちょっとおかしなタイトルですが、韓国の大学、なぜか山にあります。山は勉強とか自分研きに適しているという通念があるようで、スポーツ選手がスランプの時に山に籠ったり、失脚した政治家が山籠りして再起を狙ったり、そんな話も聞きます。登山が盛んでMTBも盛んなのも関係あるかもしれません。「気」とかそういうの好きそうですからね、韓国の人。

 ソウルだと、ソウル大、高麗大、キョンヒ大、そしてこの延世大、梨花女子大も小高い山に広がっていて、かなりの広大なキャンパスでした。2002年頃の古い写真ですが、今もセブランス病院の大建築が加わった他はあまり変わっていないはず。円形の野外劇場もあれば、大学のお客さんが泊まるホテルみたいなのもあります。禁酒禁煙門限ありで、1泊で勘弁してもらった話は前にも書きました。新潟大学歯学部解剖学第2教室の縁で知り合った延世大歯科大学口腔生物学教室の鄭教授の招待でしたので、あの先生との付き合いももう10年にもなるのですね。セウォルは本当に速いものです。

 古い写真である上に、今は小さい画像ですのでよく見えませんが、1枚目は延大構内の山から見た梨花女子大。残りは延世大の各大学(各学部)です。3,4枚目がその山にある円形劇場。2、5枚目が상남경영원と名付けられた大学内のホテルです。申し込んで、料金を払えば外来者も宿泊できるはず。どなたかディープな韓国好きの方、1泊いかがでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3190 鍾路 楽園商街

286 287 288 289 290

 楽園商街の周辺を歩きます。やはり看板とか、読めると面白いです。

 昨日とあるブログで読んだ記事ですが、「1人1品以上の注文をお願いします」という貼り紙がある有名店があったという話がありました。この近くの、ここでもちょっと取り上げたカルククス屋です。ガイドブック以上にネットの情報が進んでいる時代、韓国の普通の人が集まる普通の人気店に行く人も増えるでしょうが、ハングルが読めないことに起因するトラブルが心配です。店の側、客の側ともに、無用なトラブルが無ければいいなぁと思う私です。また、旅行の時くらいケチケチしてほしくない。そうも思います。291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »