« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »

2011年3月26日 (土)

すばらしい韓国の食事591 写真のミス ヌンソンオ=マハタ

110

 韓国の刺身魚の王様は、何度かここでも書いているタグムバリ、日本で言うクエ、九州名アラです。韓国の魚の本で、タグムバリと混同されることが多いと書いてあったのがヌンソンオ、こちらは日本で言うマハタで、まぁ、格下とはいえ市場には出回りにくい美味しい高級魚です。

 韓半島南部のとある町の刺身屋でそのヌンソンオを見つけました。早朝の時間でしたので店も開いておらず、よしよし、と思いながら1枚。しかしあとで見てみたら、このマハタ、何だかおかしな写り方。コンピュータに入れて大きくしてみたら、何と韓国では珍しくもないウロク(ウロッk=クロソイ)が重なって、肝心のマハタの頭が写っていませんでした。後方、幅の広い縞がある大きなやつがマハタです。

 なかなか食べられないこんな魚たち、幸いクエ(タグムバリ)は釜山の松島で1匹買いで食べることができましたが、このヌンソンオも食べてみたい1匹です。50センチくらいのものでしたが、この店での値段、いったいいくらくらいなのでしょう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月26日 冬型気候の週末です

209

 おはようございます

 忙しい土曜日です。新潟の朝の天候はみぞれ。車にはかき氷のような雪が載っていました。西風も強いので車での出勤です。

 原発の事故のこと、今一番気になることです。いいニュースが無いのかな?といつも期待していますが、なかなかうまくいかない様子。何度か書いている通り、われわれ一般の者は直接的には何もできません。現場で働かれている方々に期待し、安全を祈るとともにできるだけ早い収拾を願うばかりです。前から思っているのですが、外国、アメリカとかロシアに相談したり、援助を受けたりも必要な段階かとも思っています。わが日本国、「エリートは逆境(=ピンチ)に弱い」、自分でエリートというのも変ですが、そう感じています。

 写真は、荘旅館の浴室などで見たことある方もおられるかもしれませんが、韓国のバスルーム用サンダルです。

 足の甲をひっかける部分が真ん中だけで狭くなっていて、前後の区別が無いのです。どちらからでも履けるけど、がばがばでなおかつ、前は余剰部分があり、かかと側は足りないという履き方になります。 よく考えられている、とまで行かないけれど、誰かのアイデアをそのままに商品化してしまったものなのでしょう。 日本でもこういうものを考えた人はいそうですが、やはり商品化はされなかったと思われます。何でも「まずはやってみる韓国」らしい商品です。全く歩くのには向いていませんので、浴室専用。韓国でもあまり売れているようには見えませんが「らしさ」を感じる面白い商品です。

 来週あたりから韓国の話題、復活しようかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

2011年3月25日 また雪が降りました

 おはようございます

 昨夜からの雪で5センチほどの積雪があった新潟市です。火曜日のオープンデイをスタッフの希望で休みにしたため4連休。久しぶりに出てきた冷え切った診療室、節電も心掛けないとと思いつつも先程暖房を入れました。

 徐々に復旧が進んでいるとはいえ、まだまだ充分でない避難所、お宅も多いかと思います。被害を受けられた方々ができるだけ早く普通に近い生活ができるようになりますよう、お祈り申し上げます。被害が無かった我々は、節電、義捐金、見舞金、そして普通に暮らして、助けるための余裕を維持しましょう。

 休み中、市の歯科医師会の役員の方から連絡があり、来週の避難所での仕事の依頼を受け、快諾しました。義捐金、見舞金もがんばったし、あとは、原発の事故が早いとこ落ち着いてくれることを願って止みません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

新潟市 矯正歯科 たかとう矯正歯科医院よりのお知らせ

Newdeca3_198

 こんばんは

 家からです。明日は春分、祝祭日ですので休診。 うちの休みは水木ですので、火曜日、スタッフの希望で休みを作り、連休となります。ずっとお知らせしておりますように、休診日でも午前9時から午後6時までは予約変更などの電話を転送で受け付けておりますので、ご連絡、お待ちしております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 国民の力を合わせて

019

 本日も通常通り診療です。

 ここのところ、コメントで「愛国」という言葉を確か2度、使いました。「軍国主義が~」だの言う人がいたりしてなんだか肩身が狭い言葉のように思えますが、良いことなのではないかなぁ。国を愛する=国民を愛すると考えれば、こんな時こそ皆が力を合わせて復興に協力すべきだと思います。それが愛国の気持ちでしょう。

 韓国通という言葉はあまり好きではないのですが、韓国についてよく知っている人ならご存知だと思います。韓国の国歌は「愛国歌」という題名です。行事などの際には、この国歌斉唱の前に、「国旗に対する誓い(メンセ?)」という言葉を言います。うろ覚えなのですが、

 「チャーランスロン(誇るべき)太極旗アッペ(の前で)、ナラルルウィヘ(国のために)モクスmルバッチン(命をささげた)英霊ウルウィハヨ(英霊のために)、モmガマウムルバッチョ(身体と心を ちょっとうろ覚え、ここもささげて、かも)ターハルコスルクッキメンセハmニダ(最善を尽くすことをしっかり誓います ちょっと自信ない)。」

 今ある国のために頑張ってくれた方々のために我々もがんばりましょう、という誓いです。日本でも、今この大変な時、福島県で原発事故に対処している自衛隊、警察、消防、東電、関連会社、とにかく現場で命をかけて仕事しておられる皆さんには、国民全員、最大の感謝をしないといけないと考えています。

 放射能の影響は成長期の子供が一番受けやすいはず。復興のため、これからの日本のためにも次世代の健康は大事です。現場の方々の「国民みんなのために」というお気持ち、ほんとうにありがたいです。無事をお祈りしますし、そういう方々こそ今は「生きている英霊」、ずっと将来には、「日本を救った英霊」と称賛されるべきなのではないかと思っています。安全、防護に留意しつつ、でも、活躍を期待しています。きっと無事に戻ってください。何かうまく言えませんが、国民皆で応援しましょう。

 節電、義捐金、見舞金、物資の応援、行動の支援、協力しましょう。被害が無かった地域、小さかった地域は「普通」の維持も大事です。支援できる「余裕」をできるだけ維持しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »