« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »

2011年4月 2日 (土)

2011年4月2日 1975年頃の生活を、という意見

 おはようございます

 どこかで見たのですが、タイトルのような話、お聞きになったことがある方も多いと思います。1975年と言うと浪人してた年ですが、それなりに楽しかった時節です。別に不自由もなく養ってもらってたわけですが、

*車は一家に1台

*エアコン(ルームクーラーでしたね)も一家に1台あるかないか

 そんなのが普通だった時代だと思います。あとは、、、そんなに今と違うような覚えはありません。夏は暑くて、冬は寒い。それでいいんじゃないのかな? 今夏の計画停電は避けられないとのこと。被災地の復旧=被災地での電力消費の増大ですから、東日本は皆でうまくやりくりするしかありません。いっそのこと、各家庭は20Aまで、とかそんなのもいいかもしれませんね。居酒屋的意見ですが、まじめに考えないといけない今現在です。

 注)「居酒屋的意見」 少し前に書いた「居酒屋で友人同士飲みながら、もしも俺が総理だったらさぁ、なんて感じで話す意見」のことです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3204 ソウル 新鮮に感じた風景

060

 ぱっと見てどこだかわかりますか? 私、自分で撮っておいて、一瞬わかりませんでした。広い道にはみ出してクヮイルチャンサ(果実商売=果物の露店)をしているアジョシ、日本では見られない光景ですが、この道、いつもいつも渋滞している様子ばかり見ていましたので、何かヘンです。ソウルへ行ったことのある方ならたぶんどなたでも行ったことがあるあたり、何だか面白い、きれいな写真だと思いませんか?

 本日午前は忙しいです。午後はちょっとのんびり、がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事596 진도집(珍島チプ)でヘムル(海物)ロース

021 022 034 037 039 041 042 043

 2枚目の看板の写真、ずいぶん前にここでも紹介しました。南大門市場の一角、新装成った新世界デパートの地下駐車場入口向かいの食堂「珍島チプ」のものです。食べたいなぁと思っていたヘムルロースクイ、お昼に食堂アジュマにお出まし願って食べることができました。

 1枚目は店の入り口、2枚目はその看板なのですが、ヘムル=海物=海産物のバター焼きです。店に入って座敷に座り、ヘムルロースの「中」を注文。あとはマッコリ1本、これは私用。アジュマが浅い鉄板の上にアルミホイルを敷いて点火した後、待望の海物が登場。第1陣はのっけてくれます。

 しかし、、、、、、3,4枚目の写真と2枚目の看板、大分違いますよね。やはりここは韓国、看板は看板、実際の盛りつけはケンチャナヨなのでしょう。牛肉、タイラガイ、エビ、ソラ(巻貝の総称、たぶんアカニシとかの類)、タコ(ムノ)、エリンギ、そんなのをバターを敷いた鉄板で焼いて食うのはなかなかうまかったです。最後はポックムパプ。1人前2000Wだったかな?残りは別にとり置いて、アジュマが作ってくれます。

 総額5万W以上という贅沢なお昼になりましたが、前から入ってみたかった店、食べたかったメニュー、よかったです。

 この店、コメントをいただいたなかやまさんも美味しいと言っておられたので、別件でソウルに行くんだけど、どこかいい店は無い?とメールで問い合わせを受けた方に紹介しました。その時の報告が、「素材の勝利」という言葉でしたが、なんとなく、うなづけるメニューです。中が2人分、大は3人分。1人分追加は26000Wだったかな?まぁ、シンプルな料理でタイラガイのバター焼きが嫌になるほど食える、そんな店です。葉っぱも出てくるのが韓国式かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

普通の韓国を探して3203 馬山 アグチム横丁から港の方へ

128 129 130 131 132 133 134 135

 1月のマサン市です。タクシーを降りたアクチム横丁をぶらぶら歩いて、たまたま目についた美容室でカット。その後、薄暗くなってきた町を歩いて港の方へ向かいしました。市場もありますが、魚市場はまた別にあるようすです。8枚目、市場の裏手、港の手前の駐車場です。韓国ならではの場末感がいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事595 チャジャン専門店でコッペギ

113 107 108 109 110 106

 ロッテホテル釜山のすぐ脇なので行ったことある方も多いかもしれません。手打ちチャジャン麺専門店です。専門と言っても他にちゃんぽんとマンドゥ(餃子)くらいは出しますが、ほとんどの人が店の売りである手打ちチャジャンミョンを頼むようです。

 水はセルフ、そして代金は先払(ソンブル=先払い)です。私の後からも日本人のご夫婦が入ってきましたが、その辺、知らないとちょっと慌てるかもしれません。韓国、けっこう高級っぽい店でも水はセルフということがありますから。

 韓国人の国民食と言っても過言ではないチャジャンミョン、フードコートなどではハズレもたまにありますが、どんな田舎町にも韓式中華の店があり、それなりに美味しいチャジャンを出しているのはすごいなと思います。この店で食べるのは2度目。大昔、宮崎先生と行った時にもここで食べましたし、その後の釜山訪問でも食べています。流石は専門店、いい場所で繁盛している店ですので味も最高でした。写真を見ただけで唾液が湧き出る、そんな美味しいメニューです。ここも自信を持ってお勧めできる安くて美味しい店の一つです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月1日 原発事故現場で働く人たちのための義捐金があればいい

013

 少し前のこちらの記事、朝鮮日報の紙面の写真の中で、「決死隊」という漢字語が使われてきました。遠慮のない韓国の人のコピーだったからでしょうが、日本では意識してこの言葉、マスコミは使っていないのだと考えています。でも実際、現場で働く方々、決死隊と言ってもいい状況。そんな方々の労に報いるための寄付とかがあればいいなと思っています。

 11日に地震があって、その後13日から昨日までに私にしてはがんばった金額を義援金、被災した知人への見舞金として送りました。今後も復興は長丁場、できる範囲での協力をする気持ちでいますが、今は原発の現場で命を賭して働く皆さんを応援したい気持ちでいっぱいです。

 昨日は新潟市体育館での市歯科医師会の当番でした。避難してこられた方も一時の500人以上という状態から半分くらいになっています。昼間は暖房もしっかり効き、節電中の我が家よりも暖かいくらい。食事も暖かい給食が3食。お口の健康状態に関してもひとまずは落ち着いた感じでした。ただ、大きな空間で200名以上の人が暮らしている状態ですので、プライバシーというものが保ちにくい状態。また、今後の暮らしのことなど、前が見えにくい状況。「やることがない」というのもストレスの要因になります。もっと安定した生活のために、新潟市ともども、前向きに、一緒に考えないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月31日 (木)

2011年3月31日 「一番速くて確実な救援物資は節電です」

271

 おはようございます

 今日は新潟市の歯科医師会の避難所での活動、歯科健康相談とオーラルケア用品無料配布の当番です。午後から市の体育館へ出かけて歯科衛生士会の方と一緒に活動予定です。

 昨日のお昼も別の当番の先生の手伝いにでもなればと自転車で避難所の一つになっている新潟市体育館へ行ってきました。当初は500人以上の避難者がおられたとのことですが、その後の移動もあり、昨日の時点で264人とのこと。初めて避難所へ入りました。段ボールなどでの仕切りもだんだんしっかりしてきて、ということですが、大きな空間で200名以上の方々が生活していること、やはり苦労もお有りでしょう。幸い、明るく遊ぶ子供たちの姿も見られ、それなりに落ち着いてきている様子でした。給食の搬入などを手伝って、先輩の先生の話を聞き、今日の本番に備えました。

 タイトルは帰りに古町で見かけたポスターの文句。細かい所は違っているかもしれませんが、当たっています。自分1人がやったって、、、うちの一家だけがやったって、、、なんて思ってしまいがちですが、皆が節電を心がけることも今後ずっと大事なことです。今は計画停電も実施しないで済んでいる所も、夏場の需要が高まる時期の電力不足は避けられそうにありません。今から「節電の心がけ」、皆が持ち続けないといけません。

 写真は慶全線順天駅の男子化粧室の手洗い所の鏡。またも自分が写ってしまっていますが、「口腔健康キャンペーン」とあり、「一日3回、食後3分以内に、3分以上歯磨きを」というもの。韓国の歯科医師会もがんばっています。

 節電、節約、義援金、被害がない者は普通の生活をして、助けられる余裕を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事594 매생이탕 6000W

1311 1321

 メセンgイというのは海藻。糸のような、というより、髪の毛よりも細い、生の時は深緑色をした海の草です。ソウルの市場などでも冬場、1月2月には団子状に丸めたのを、パレキムなんかと並べて売っていますが、冬から春にかけての季節の食べ物なのかもしれません。余談ですが、韓国では海藻、野菜の類とされているのか、八百屋で売られています。

 食べた場所は全羅南道の長興。何度か通過していますがバスを降りて町を歩くのは初めての町です。帝岩山という見事な岩山の麓の町です。ターミナルで降りて、町をぶらぶら歩いたあと、その後の移動に備えて市外バスの時間を確認し、ターミナルそばの食堂に入りました。田舎へ行くと朝の開店が遅い店も増えますが、ターミナルや駅のそばの店は早くからやっています。朝早くから安く、栄養的にもバランスのいい温かいご飯が食べられること、韓国の食の大きな長所(長点=韓国語)だと思います。

 店に入って、最初に考えたのが韓食の基本とも言えるテンジャンチゲ。6000Wのテンジャンがなんと「チョンボクテンジャン」とあります。チョンボクというのは鮑のこと。どうせ小さいでしょうが、養殖の盛んな韓半島南岸、それにしようかな?とも思いましたが、別の張り紙で目についたのがこのメセンイです。どっちかと言えば珍しいのはメセンイタン。値段は一緒ですが、そっちを頼みました。

 先客のご夫婦のテンジャンの後に調理に取りかかったアジュマ。トゥクペギでなく、中華鍋でやっています。あまりぐらぐら煮立たせてはいけないのかもしれません。ほどなく出てきたのが写真のもの。すごく細い海藻であることは知っていましたが、ほんとに細いです。何と言いましょうか、、、すごく薄く削ったトロロコンブの汁のよう。味は海苔の味です。中身はそのたっぷりの海藻と天然産かな?加熱してありますので小指の先よりも小さな牡蠣がたくさん入っていました。おかずの一品一品も美味しく、多すぎもせず、ほぼ全部を平らげて、いい朝ごはんになりました。

 髪の毛の心配はあまり無い私ですが、いかにも身体に良さそうなモメチョッタメニュー、美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

2011年3月30日 節電、節約、義援金、できることをする

003

 写真はゴーヤの種です。中身の写真はありませんが、なんか小さな甲虫のような、一見気持ち悪いと思う人もいそうな種です。害虫が付きにくく、水やりさえ欠かさなければ案外育てやすいということで、日陰作りの「グリーンカーテン運動」というのに役立っているそうです。

 昨年の医院20周年には記念品とともにひまわりの種をお配りしましたが、今年はこのグリーンカーテン運動に協賛して、ゴーヤーの種患者さんに渡しています。大きくなるので、育てることができそうな希望者の方へというふうにしていますが、この節電が必要な夏、大きく育って、少しでも日陰を作ってくれることを期待しています。木陰=ナムクヌルです。

 今日明日は休診ですが、明日は新潟市の避難所での市歯科医師会の当番として活動します。ちょっとわからない事があるので、なんなら空いている今日の午後も白衣を持って行ってみようと思っています。何かひとつでも役に立てれば、それ以上の幸福はありません。

 被害がなかった地域の者はできるだけ普通の生活を維持しつつ、被災者の方々、被災地の復旧、復興に協力しましょう。できる範囲でいいと思います。月末ですので、これから支払いなど銀行の用事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事593 サンナクチ

094

 いまだに「センナクチ」と間違っているサイト、ブログが多いですが、「サン」です。「センg」=「生」に似ているので、なんとなく意味が通ってしまうことから来る誤解だと思いますが、「生きているナクチ」です。

 ナクチ=テナガダコ、これも、まだまだ間違って「イイダコ」と書いてる本、サイト、ブログがたくさん。イイダコは脚が長くないですが、これは、腹(頭部)の6~7倍もある細長い脚が特徴です。また、ふらふら海中を泳いでいるのではなく、引き潮時の干潟で、泥を掘って捕まえるのが韓国のナクチです。 こちら東日本ではほとんど見かけませんが、西日本ではこのテナガダコの漁獲もあるようで、活けの状態での通販も可能みたいです。

 90年代後半に初木浦で食べて以来、あちこちで食べていますが、前にも書いたように、生だと味がしません。つけて食べる塩入りごま油の味だけ、あとは歯ごたえと、口腔内にひっつく吸盤の吸着も味の内というところです。

 日本で最近どこでも流通するようになったホタルイカの生と一緒で、物珍しさはありますが、味は、さっと茹でていただくのが一番です。もっとも、韓国の方は味はさておき、強精効果を期待して生で食べるのかもしれませんが。

 まぁ、話の種、一度食べれば、あとは加熱してのいろんな料理に進んだ方がいい食材だと私は考えています。先日、鐘岩洞のホプで、日韓の魚の好みについてアジュマと話しましたが、ペンデンイ(サッパ、ママカリ)とか、スンオ(ボラ)とか、コムジャンオ(クロメクラウナギ→ヤツメウナギの類)とか、日本ではあまりありがたがられない魚が韓国で人気なのは面白いです。輸出もしているとのことですが、今回の放射能問題でそういうのも禁止。日本の地震が韓国の食にも影響を及ぼしているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3202 海の見える駅 いいですね

070 071 072 073 074 076 077

 海の見える駅と言うと「モレシゲ(砂時計)」の正東津駅なんかが有名ですが、新潟県の信越線、柏崎の先の方には似たような海岸からすぐの駅があります。山や森の緑は心を安らげてくれる効果がありますし、海は、心を広く大きくしてくれる、そんな効果があると思っています。

 写真は、、、どこだかわかりますよね? 昔の横浜駅もこんなだったのではないかと想像していますが、韓国を代表する港町の駅です。2枚目の写真に写っている山のように見える大きな島、影島と、6枚目に写っている山の上にある大庁公園に行ってみたいと思っていますが、なかなか果たせていません。時間がある時に韓半島南部、ゆっくり歩けたらなと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

2011年3月29日 晴れの新潟市です

012 011

 おはようございます

 朝起きると、まず、テレビかラジオを点けます。原発事故関連、朝起きたらいい方向へ進展してるといいのにな、といつも思うのに、なかなかです。昨日書いたように、日本の失敗が世界の、1つしかない海を、ひいては地球を汚しています。わざとやったのではないにしても、日本が迷惑をかけているのは事実です。幸い、世界各国、責める意見よりも援助をたくさんしてくれています。ありがたいです。

 たぶんそうしているのでしょうが、総力をあげて、何とか早く食い止められないものかとちょっと歯痒く感じています。「居酒屋での友達同士の酔っぱらっての話」みたいなのはたとえ個人ブログであっても書いてはいけないと考えていますが、「私がリーダーだったら」なんて思っている人はたくさんいるはず。皆が信頼して応援できるリーダーの出現を望みます。何なら私が、、、、と、やめておきましょう。

 個人的に嬉しい話なのですが、先日のグリーンジャンボで4等が当たりました。昔はジャンボ宝くじというと大量に買っていた時期もありましたが、今回は10枚、3000円しか買っていません。1万円、3000円というのは何度も経験ありますが、5万円は初めて。嬉しさを被災地にということで、昨日払い戻しを受け、2万円、追加で振り込みました。地震の復興は長丁場になります。被害がなかった者は各自できる範囲での義捐金、支援活動をしましょう。「無理しないのが長続きの秘訣」というのは敬愛する新潟大の先輩、登坂邦彦先生の言葉です。

 本日は平日の割にけっこう忙しいです。暖房温度を低めにして働きます。写真は3月13日の競輪の場外売り場。自転車乗りの途中で、さて、新潟の親父さん達、どんな顔して遊んでいるかな?と思って行ってみたら、流石に開催中止でした。被害がなかった地域、あ、被災者の方々にも、楽しみは必要です。うまくバランスをとりつつ、がんばりましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事592 갑오징어のスルメ

260 261

 갑は漢字語の「甲」、오징어は固有語で「イカ」、ちなみに「装甲車」は「장갑차」です。「カp」と読む漢字は珍しいのではないかなと思います。

 全羅道の海岸部でした見たことがない「コウイカのするめ」です。写真でも見えますが、胴体の中に胴長と同じサイズの大きな甲羅が入っているころっとした形のイカです。身が厚いため、日本では検索してみてもしっかり乾かしたするめはありません。韓国ではあるのです。流石、「何でも干物にしてしまう国」の面目躍如というところです。

 ずいぶん前にも1枚、写真を紹介しましたが、木浦へ行けばまずあります。前のは駅の前、ちょっと入った場所の在来市場の乾物屋で1枚8000Wでした。かなり高いする目と言えましょう。今回は埠頭のそばに広がる海産物総合市場の中の店で5枚30000W。やや型は小さいです。

 食べ方はこのまま裂いてかじるか、少し茹でて裂いて食べるというのが韓国では一般的。でも、裏技として、裂いてから電子レンジにかけると、とても香ばしいイカせんべいみたいになります。すごく美味しい。普通のスルメよりも味が濃厚なんです。

 どうやって食べてもかなり堅いので歯が丈夫な方でないといけませんが、木浦あたりへ行った方、お土産にいかがでしょう。日本では手に入らないし、韓国国内でも割合珍しいものですので。高いけど、まぁ、買えない値段ではありませんし、お勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3201 「機材のやりくり」という専門用語

015 473

 航空会社、飛行機のことを「機材」って言います。なんか、旅行好きの私なんかも真似して使いたくなる専門用語です。雪だのなんだので「機材のやりくりがつかないので欠航」なんて案内を聞くとふふふ、と思ってしまいます。

 で、写真ですが、1枚目の3日あとに乗った帰りの便の同じ席で2枚目を撮影しました。「될 수 있는데로 앞좌리 통로쪽로 해주세요.」とチェックインの際に頼むのですが、事前予約もしていなかったのに、たまたま同じ29Cでの往復となったのです。

 行きの時にふと足元を見ると、前の椅子の脚のところ、カーペットから何かの配線がはみだしています。まぁ、足を引っ掛ける場所でもないし、切れていなければいいのですからケンチャナ、そう思っていたのですが、B737-800で運行される新潟便、帰りもこれ、赤いゴミの位置などから見ても同じですよね?

 1日1往復、機材は(!)新潟泊まりでの運航をしているKE763,764便、もしかしたらずっと毎日同じ機体で往復しているのかもしれません。あっちこっちで活躍している小型機である737ですので、今日は新潟、仁川に戻って釜山へ飛んで、釜山から済州、そして金浦、そんなふうに国外国内のあちこちを飛んでいるものだとばかり思っていましたが、そうじゃないのかも。確かに機内食のこと、免税品のことを考えると、国内線と国際線は別でしょう。でも、国際線でも毎日飛ばない路線もたくさん。我が新潟線、同じ飛行機が毎日同じ路線だとしたら、、、これってすごく新鮮で面白く感じました。

 「旅の恥はかきすて」とばかり、座席前のポケットに「済州の水」の上蓋だの、お菓子の包み紙だの、書き損じた入国書類だの、搭乗券の半券だのを突っ込んだまま降りてしまう乗客も多いはず。しかし、ウリ新潟便が毎日同じ飛行機で飛んでいるとしたら、愛着も湧くといういうものです。ゴミをほかって降りてしまうのはいけません。

 昔の日航機だの、確か山の名前とか愛称があったと思います。KE764.763便専用の737-800の愛称、、、何か個人的につけてやりたくなりました。韓国の飛行機だから「弥彦」だの、「妙高」だのはダメだろうし、、、「東海号」あたりでいかがでしょうか?

 別の写真を拡大してみたところ、この新潟便の機材は「7566」でした。今日の764便もも同じだとしたら、嬉しいなぁ。

3月30日追記

 本文のハングルの部分、昨夜のメールにて韓国の方から誤字のご教示をいただきました。

앞좌리でなく      앞자리が正しい綴りです。

 学校とかでなく、日常の聞き取り、真似から覚えた韓国語ですので、こういう部分、たくさんあると思います。コメントででも間違いのご指摘、ご指導、お待ちしております。こういうことがあれば、この後はきっちり身に付くと思いますので、嬉しいご指摘でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

2011年3月28日 韓国でもトップは東北関東大震災のニュース

4711 474 475 477

 ペヨンジュン氏の10億Wを筆頭に、韓国でも芸能人はじめ、いろんな団体、個人から日本の地震に対する義援金が集まっています。また、テレビ画面では常に電話で募金できる番号が右上に表示されているようです。ありがたいことです。少し前に韓国で人気になった映画「海雲台」もあったのでなおさら津波に関する衝撃が大きかったことも考えられます。映画のような、というより映画を超える現実の映像は我々日本人だけでなく全世界の人にショックを与えたのでしょうから。

 時間はかかるでしょうが、できるだけ早い被災地の復旧を祈願します。また、原発事故のできるだけ安全な収拾を願います。大爆発というのは無さそうですが、放射能をだらだら漏らして日本が地球を汚しているのですから。 何かいい方法、無いのでしょうかねぇ。

 前にもここでお話ししましたが、世界共通語になりつつある「ツナミ」が日本語だから嫌だ、使うのをやめようと「海逸(ヘイル)」という言葉を使うはずだった韓国、新聞だのニュースだのを見る範囲ではすっかり「ツナミ」でやっているようです。小さな拘りも大きな現実に押し流された、そんな感じですね。

 写真、24日の朝鮮日報紙面です。読める方は読んでみてください。1枚目は広告の一部、2枚目は同系列の週刊誌の広告、内容をおわかりいただけますよね?

 3,4枚目は1つの記事です。アメリカの雑誌の記事の紹介ということですが、2枚目の広告含め、どうも韓国マスコミ、一部ではありますがちょっとトンチンカンな部分があるように感じてしまいます。いかがでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »