« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »

2011年5月28日 (土)

普通の韓国を探して3282 風水に基いて造られた街 ソウル 

4011

 北に山、南にも山と大きな川、西にも東にも少し低い山、そんな風水上の「王さまが住むのに良い場所」を探して建設されたのがソウルの旧市街です。北に北岳山と北漢山、西に仁旺山(仁王山)、南に南山と漢江。そんな山に囲まれた場所、戦略的にも守りやすい場所でもあったのでしょう。

 また、新しい街である江南も昔は低い山がたくさんある中の森林や畑だったとか。すぐ先には冠岳山も聳えています。東京も台地とそこを削って流れる川があり、起伏はありますが、山と言えるような山は23区にはありません。ソウルの魅力、どこからでも山が見えるというのもその一因かもしれません。何だか心が落ち着く感じがします。

 で、忙しい土曜日、ここはどこでしょう?です。

 場所はソウル、山の中腹に上がってきました。右手は急な崖ですが左はずっと家があります。黒っぽい建物が最大のヒント。かなりの大きさのビルですので、この黒っぽい感じで気づけば、簡単です。キーワードは「ソウル市内 山 黒い大きなビル」です。

 お昼と夕方にヒントを追加します。3枚目が出れば、ソウルを自分の脚で歩く方ならすぐわかると思います。お楽しみに。

4041

  黒い建築、これでわかる人はお分かりでしょう。窓がたくさん→ホテル建築。ソウルのホテルで山にあって大きめというと数が限られます。外壁の感じでピカピカつるつるなのがアルファベット5文字の高級ホテルですが、あれとは違う感じです。

406

  3枚目、駐車場ビルのむこうに見える建物は少し前にここでもちょっと出てきたソウルの古い公共施設です。この場所の地名も最初は自分で○井洞の一番奥だとばかり思っていましたが、この公共施設の名前の一部である地名、第2洞でした。汗をかきながら坂道を歩いた後に急に開けた東側の風景3枚でした。もうたくさんの方、おわかりですよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3281 全南第2の都市 木浦を歩く5

221 222 223 224 225 226

 3枚目、6枚目に見えていますが、木浦駅周辺の昔からの市の中心部、どこからでもモッポのシンボルである儒達山(ユダル山)が見えます。

 木浦駅の南の広い道、KT荘の前の道を港の方へ、東方向へ歩きました。駅の案内所で「コウイカ(カプオジンオ)のするめはどこで買えますか?」と尋ねたら海産物市場へ行くと言いというアドバイス。それで港へ行くのです。1枚目は湖南線の線路の末端です。

 2、3枚目はトラック露店。菓子の店と、カバンの店、3枚目に見えるのは1000W均一の店です。人が多い場所で店開きするのでしょう。じっくり見れば韓国らしい面白い品物もありそうですが、道を急ぎます。振りかえればユダル山です。

 4枚目も木浦駅のヤード。5枚目は前にもここで紹介した港への引き込み線の踏切と教会。このあたりの雰囲気、何度も来ていますが、木浦の大好きな風景の一つです。なかなかいい写真でしょう?5枚目。

 6枚目、やっぱり振りかえれば儒達山。そんな木浦の古い街です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

普通の韓国を探して3280 해운대かと思ったら 매운대

301_2

 韓国映画が好きな方、特にソルギョングさんやハジウォンさんのファンの方ならご存知でしょうが、2年くらい前だったか、大津波を題材にした韓国映画がありました。3月頃の新聞で、その映画の監督さんの日本の大地震、大津波に関するコメントの記事を読んだことがありますが、タイトルは「海雲台(ヘウンデ)」といいます。 これも、少し詳しい韓国ファンの方ならご存知の釜山市の東部にある観光地、海水浴場の名前が「ヘウンデ」なのですが、とあるソウルの町を歩いていたら、この写真のポスターを見かけました。

 私もハジウォンさん、ちょっと好きですので、さて、「ヘウンデ」のポスターかぁ、でも、何でこの店にそんなのが貼ってあるの?と思いつつよく見たら、どうもハジウォンさんじゃないみたいだし(左の女性)、大きなハングルのタイトルも「ヘウンデ」ならぬ「メウンデ」でした。

 ここ、ヨルラ(ヨrラ)という名前の、チェーン店でしょうか、チュクミ(いいだこ)を辛い味で炒めたものの専門店のよう。そこですぐに気付いたのが、このポスター、「ヘウンデ」のポスターをパロった「辛いよ」ということをアピールするポスターなのでした。

 맵다 は辛いという形容詞、  매워요で辛いです、になります。こんな小さなことでも、韓国語を勉強していて良かったなぁと嬉しい気分になれました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記491 日本でも売っているオクスススヨム茶

183 185 184 186 181 187

 えちごワンデーパスという企画切符があります。1500円で新潟県の中心部が大体乗り放題。北は村上、東は山形県の小国とか鹿瀬。南は小千谷、西は越後線の出雲崎くらいまでが自由ゾーン。たとえば新潟から長岡まで、普通列車で普通に切符を買えば片道でも確か1110円。長岡往復だけでも元が取れますので急がない旅にはとても得です。

 前は折り畳みの自転車を積んで石仏石像めぐりをしたりしましたが、朝の時間、新潟からは下りですいていても途中で高校生の通学ラッシュにぶつかったりするとちょっと迷惑にもなりますので最近は歩きで県内を巡っています。

 今回の写真は4月だったか5月だったか、越後川口(乗り越し料金がいります)、長岡市宮内を歩いた時のもので、長岡駅前のイトーヨーカドーで買ったお茶。韓国のファンにはおなじみのトウモロコシのひげ茶です。歳のせいか、どうも定価販売のコンビニはどうしてもでないと利用できません。地下食品売り場へ降りて、このお茶1本。シールでいいですと言って買いました。当たり前ですが韓国の味です。新潟市のヨーカドーで売ってるかはわかりませんが、長岡でこんなものが売られているとは、、、日韓の交流がより深まっている、そんなふうに感じて嬉しい私です。

 5枚目は長岡駅。6枚目は、長岡では有名な食堂の前なのですが、大きな業務用缶詰が灰皿かな?店の前に置かれていました。最近ラーメンブームであれこれ能書きばかり多い店が増えている中、なんだかこんなのは微笑ましく、店の自信と人気を感じさせます。長岡出身の家内の話では、休みの日に街へ行ってここでご飯を食べるのはなかなかの楽しみだったという話。ずっと頑張ってほしい店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3279 全南第2の都市 木浦を歩く4

215 216 217 218 219 220

 90年代後半から木浦へ行く度に見ている在来市場。さて、あと何年もつかなぁ?という感じです。1枚目はその中央通路から横へ入る路地。2枚目は正面の入口から出て右へ。また駅の方へ戻る道にあった建物です。平らな屋根の古い2階建ての建築。もしかしたら日帝時代からある日本建築かもしれないなと思って1枚。

 3枚目は、数年前に来た時にユッケビビンバの夕食を取った食堂を探しつつ駅の方へ戻った途中なのですが、お目当ての食堂はなくなっていて、その向かいのやはり古い食堂、「ユダルコンムル」のビルの脇です。ビビンバとかがメインの普通の食堂なのですが、「コンムル」、豆乳も名物のよう。その脇の空き地には配達用のバイクが数台。時々コメント頂くコリアサランさんも行かれたようですが、かなりの人気の名店のようです。

 4枚目はまた戻ってきた駅前広場。5枚目はタバンの写真を紹介したドンサンタバンの入っている建物。駅のすぐ南です。6枚目が2回泊まっているKT荘旅館。外壁は新しくきれいにしたもので、中はちょっと古げですが、清掃もちゃんと行きとどいているし安いし、便利な場所だし、韓国の地方旅行に慣れた方なら充分でしょう。ただし、夜遅くこの辺を歩くとアガシはどう?という声がかかります。でも、そんなのも普通の韓国の一つだな、最近はそう思うようになっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

2011年5月23日 コンピュータの調子がいまひとつです

176

 おはようございます

 夜間診療の月曜ですが、早く出てきました。曇り空の新潟市です。このひと月くらい、コンピュータの具合が悪く、一発で起動できなかったり、凍りついて動かなくなってしまったりの不調が続いています。時間がもったいないのと、仕事関係の会、医院HP関係のメールチェックなどが必須ですので、機械の交換も考えています。こちらの更新も滞ることがあるかもしれません。ご了承ください。

 少し前に、もういいだろうと考え、患者さんにも配ったグリーンカーテン運動用のゴーヤーの種、苗用の植木鉢にまきました。発芽温度は25度とのことでしたが、昨日今日は3月初めくらいの気温の寒い日で、家の中に退避させています。うまく芽が出てくれるといいのですが。生育日誌、ここでも公開しようと思っていますので。

 しかし原発事故と電力不足の問題、どうなるのでしょう?暑くも寒くもない今頃は大丈夫なのでしょうが、夏の暑い時期、窓を開けられないビルも多い現代、相当大変だろうと予想しています。地震からだいぶ経ち、原発事故の収拾も徐々に始まってる最近、ちょっと気持ちがたるんでしまってる感もあります。節電には気をつけていますが、我々日本国民、ある程度の覚悟をしておいた方が良いと考えています。

 「多少の」ではなく、「かなりの」不便も生じるつもりでいた方が良いのではないでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3278 서울사랑

262 264 313 367 481 790

 いつも地味な写真ばかりのこのブログを見に来ていただき、ありがとうございます。今回は別々のソウルの写真6枚です。2枚目はここはどこでしょう?で出しましたがソウルは退渓路4街か5街か?オートバイ商街だの愛玩犬商街があるあたり。南側の墨井洞、筆洞を歩いた時のものです。

 歩きはじめは1枚目のあたり、奨忠洞ハルモニチョッパルでテイクアウトを頼み、三星第一病院だったかな?テゲ路の南、東国大学校の裏口のあたりにある病院へ行ったのです。写真の店、「スリンナルソルロンタン」って、どこか観光サイトで見た名前の店を過ぎ、飲食店の多い通りから左の方へ山を越え、大通りを越えて退渓路に出た場所が2番目の写真のところです。

 鍾路はこの数年さんざん泊まってさんざん歩いた感じですが、同じソウルの中心部の古い街、この退渓路の南側はほとんど知りませんでした。いくつかの写真を前にアップしていますが、不規則な道、南山の北麓に広がる古い街、じっくり見たいなと思っています。

 また、新堂洞の南山寄りのあたり、やはり昔日本人が多く住んでいて日本家屋も多いとか。多分どちらかのHPなどでいろいろ紹介されているかと思いますが、あまり自分で歩いたことのない場所。そんな退渓路の南に最近は興味があります。

 3枚目はやはりソウルの古い街、機械部品だの小さな鉄工所が多いトンネにある食堂んの貼り紙。何度かここでも写真をアップしている野菜スンデの美味しい店です。スンデだけのスンデクッ、食べたいですね。

 4枚目は鍾閣駅、鍾路タワーの麓から寛勲洞へ向かう、飲食店の多い古い道。ここでも何度も紹介している鍾路の繁華街です。5枚目は同じあたり、鍾路2街。たぶん暗いうちに空港へ向かった昨年の11月の大韓歯科矯正学会の時の地べたビューです。同じ夜景でも深夜は車が多め。でも、早朝は少なめ。きれいにフォーカスも決まってくれて、お気に入りの1枚です。

 最後は、これ、自分でもどこで撮ったのか覚えていません。バスの番号で大体の想像はつきますが、この系統のバス、全部歩いていますので、わからないのでした。

 こんな普通のソウルが大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3277 全南第2の都市 木浦を歩く3

209 210 211 212 213 214

 木浦駅前正面に広がる昔からの繁華街の中にある在来市場です。前にも書いたように、韓国も車の時代、また、アパートが人気の現在、ちょっと寂しくなってきてしまった感じがあります。これは駅の南側に広がる歓楽街と言うか夜の街のほうも一緒かもしれません。数年前に泊まった河口堰近くのシャングリアホテルの裏手にはナイトだの団欒酒店だの、ネオンがこうこうと輝いていましたし、北港のほうのモテル街、刺身屋村も賑やかでした。前にここでも報告したナイトクラブ、はたしてやっているかどうか?わかりません。

 1枚目、前にもこれ、出しましたか?韓国でたまに見かける両側から履ける浴室用サンダルです。対称ですので、作るのも型が1つで済みます。左右も前後もなく、どちらからでも履けますが、がばがばの履き心地でしょう。何でもやってみる韓国精神の賜物です。

 2、3枚目は同じ通り、ボウリング場があったのは確かこのへんです。4枚目に市場の名前が出ていますね。実はここへ来たのは前にコウイカのスルメを買った海産物の店に行くつもりでした。この入り口を入って右側にあったはず、、、ですが、やはり閉店してしまっていました。

 5、6枚目は市場の中の通り。シャッターが下りている区画もたくさん。かろうじて野菜の店、魚の店と、チョッパルだのトッkの店がいくつか営業しています。6枚目、急に漢字に出会うとちょっとびっくりします。しかし、この市場、商売しているほうも、買いに来るほうも、漢字がわかる年代、そして、そんな人たちも徐々に減少しているのかなぁ、、、なんて思いつつ歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

普通の韓国を探して3276 全南第2の都市 木浦を歩く2

203 204 205 206 207 208

 木浦駅前の大通りを渡って、店の多い街を市場を目指して歩きます。この辺の地理は大体つかんでいるつもりです。まっすぐ行って、右手へ斜めに行くと在来市場。3、4枚目の写真のあたりが市場の入口になります。そこははっきり覚えていました。

 しかし、市場自体はあるものの、その左手は再開発が始まっていました。韓国の古い街でしばしば見られる高い工事用フェンスです。6枚目、右側は在来市場の一部。左側は一度のぞいたことのある、小さなボウリング場があったのですが、あと形もありません。このブログの前の記事でもこの6枚目と同じ通りの写真があったはずですが、いったいどんな建物が建つのでしょう?しかし、昔は近海の漁業で栄えた木浦もこの10年、漁船の数が半減したと聞いています。はたしてテナントがちゃんと埋まるのかなぁ?と余計な心配をしてしまう私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »