« 2011年5月29日 - 2011年6月4日 | トップページ | 2011年6月12日 - 2011年6月18日 »

2011年6月11日 (土)

普通の韓国を探して3309 まだまだ不人気が続く日本

003 004

 小ネタです。「九州3泊4日 99000W」という広告がありました。もちろん出発日とかは限られるのでしょうが、10万W以下の海外旅行先が日本というのは何だか日本人気の低下がひしひしと感じられることで、ちとショックでもあります。もっとも、地震直後には日本へのツアーの広告自体皆無だったのですから少しはよくなったとも言えますが、3泊4日で99000W、8000円くらい、驚くほど安い値段です。

 先日新潟へ来航した釜山大の先生も、安いので福岡経由で来たとのことです。普通に考えると新潟福岡、正規料金だと往復8万円くらいしたはず。新潟発で考えるとやはり遠回りでもソウルへ行って国内線かKTXかという経路しか浮かびませんが日本行きのディスカウント航空券、すごく安いのだそうです。ちょっとうらやましい話でもありました。

 2枚目は同じ新聞の広告全体です。1枚目の写真のスペース、どこだかわかるかな?情けないくらいに日本への旅行のゾーンが小さいんですよね。世界の他の国も、同じように見ているとしたら、、、旅行、観光業界も大変でしょう。頑張りましょう日本、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記498 自転車王国長野県 権堂町の繁華街1 

042 043 044 045 046 047 048 049

 1時間ほどの余裕の時間を使って前夜もちょっと歩いてみた長野市権堂の繁華街へ行ってみました。昼間の歓楽街、しんとしていますが、なんか好きなんです。6枚目は前夜ラーメンを食べた中華の店、いい味出しています、あ、店が。7枚目は閉館した映画館ですが他に、まだがんばっている古い映画館がありました。松本もそうですが、長野市の古い町もどこか味がある。そう感じます。わが新潟市もそういう古い町の面白さ、あるとは思いますが、なんかちょっと負けているかなぁ、というのが正直な感想です。

 しかしこのへん、夜は客引きがすごいのです。中には韓国人と思われるアジュマもいて、まさに「ピキ」です。上手な日本語で「お持ち帰りは?」なんて直接的に誘われても困ってしまいますよね。教育県とはいえ、まぁ、裏にはちゃんとあるのだな、と思いました。日本も韓国も、そういうふうになっている、これ、共通なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3308 鍾路3街 HOTEL CATS

198 200 201 199_2 202 203 204 205

  地味な話題の次は派手な、、、でもないか、手頃な安宿が、時期が迫っていたためか皆満室だったため、土地勘のある鍾路でと思い、ネット予約したキャッツホテル、ホテルキャッツです。

 以前からこちらで写真は紹介していましたが、楽園商街脇の裏通りにあり、もろラブホテルという感じですが、日本人以外の外国人の観光客が確かに多い感じでした。ただ、ネットの予約サイトの写真がうまく撮影されているのか、実際はかなり狭め。大きなカバンを開く場所に困る、そんなスタンダードルームです。新しいため、設備的には問題無し、ホテルザソンビーに無いビデ(シャワー付き温水洗浄便座もあります。また清掃も、私の経験では充分でした。ただ、広さの差があまりに大きいため、千円くらいの差であればホテルソンビーのがいいなぁ、というのが正直な感想です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3307 慶全線の車窓から

193 194 195 196 197 199

 我ながら地味な話題です。山が好きで、特に岸壁、岩峰とかが好き。また汽車も好きで、どんどん変わりつつある韓国の鉄道が好き。そんなわけで、汽車の窓から写真を取ったりしますが、普通の人はあんまりおもしろくないかなぁ、、、と思いつつのアップです。大体デジカメの自動で撮ると、汽車に限らず、バスでもタクシーでも、やはりきれいな写真が少なくなりますしね。3枚目とか4枚目は線路の直線化で廃線になった旧線なんですけど、こんなので喜ぶ人はあまりいそうにありません。でも、1枚目の小さな岩山、こんなのを見ても嬉しくなってしまうのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3306 ソウル 筆洞散歩9

349 350 351 352 353 354

 ソウルの街歩きを面白くしている要因の一つに、山があって坂道があること、があると思っています。そこに住む人には大変なのでしょうが、1枚目に見えるような階段。ソウルのあちこちに見られます。狭い土地をできるだけ上手く利用するための方法だったのでしょうが、車の時代、やはり大きな荷物の搬入とか、やはり大変でしょう。でも、高い所に住むという面白さもあるのではないかな?って思います。

 2枚目はたぶん日本家屋。退渓路に近づいた繁華街っぽくなってきたあたりにありました。2階建てで古くて屋根が平ら、そんなのが特徴です。

 3枚目は向こうに見える円(旧字)仏教の教会を写した1枚。その名の通り、○が描かれていますが、あれがウォンブルギョのマークです。湖南線でイクサンのあたりを走るとたくさん見えます。右手、「筆洞麺屋」という店は地図にも掲載されている店、案外名店なのかもしれません。

 4枚目は振り返っての1枚。CJの建物の向こうは南山、ソウルタワーが見えています。5枚目は中華の店。ここも狭い敷地を目いっぱい利用した建物ですね。

 最後は建物の間から見える忠武路駅前大韓劇場。だいぶ降りてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

2011年6月10日 ゴーヤー日記2 本葉が出てきました

038_2 039_2

 発芽して出てきたのは種の中身、白い豆のようなものでしたが、一昨日あたりから緑色が出てきました。まず茎が緑色になり種の下半分も緑色に。今回の2枚は昨日の1枚と今朝の最新の写真ですが、双葉が開いて本葉が出てきました。

 温室だの、ヒーターで温めて育てるという市販の苗に比べると遅いスタートですが、やっと25度以上になることが多くなった6月、キャッチアップを期待したいものです。来週初めにはプランターに植え替え予定。しかし一緒に植えたもう1個の種は出ずじまいのよう。まぁ、この1本を大事に育てようと思います。

 ゴーヤーの種、もう少しあります。一度植えて芽が出なかった方も多いかもしれません。ご遠慮なく、再トライしてみてください。次回ご来院の際に種、差し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記497 自転車王国長野県 駅前から権堂へ 

036 037 038 039 040 041

 長野市の繁華街、バスの時間までの余裕の1時間、昼間歩いてみました。そんなに広くない駅前、裏手には古い町も残っています。1~3枚目はそのあたりの写真です。北へ歩くとお寺があって、その脇に入ってできるだけ昔の面影をたどりつつ権堂方面へ行きます。

 飲み屋街の昼間の姿、あ、もちろん、夜も好きですが、昼のしんとした時間に見るのも好きです。昨日の休み、自転車で古町へ行ってみました。相変わらず「人情横丁」というネーミングには頭が痛くなるような疑問を抱いてしまいます。この長野の権堂にもありましたが、風俗店の看板に『優良店』と自分で表示してる、そんなのと同じだと思う人は多いことでしょう。自分で勝手に「人情横丁」なんて、名乗るべきではないと今も強く思っています。

 5枚目、こういう風景、好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3305 ソウル 筆洞散歩8

341 342 343 344 345 346 347 348

 ソウル特別市中区のピルドンです。下の方へ降りてきたら、昔の日本建築かな?と思わせる古い家が見かけられました。韓屋は本来1階。古い2階建ては日本建築である可能性が高いと言われています。CJの研究所、こっちが表でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

とうちゃんの自転車日記496 自転車王国長野県 塩尻から松本へ 

028 029 030 032 031 033

 新潟市から松本、なかなか行きにくい場所です。簡単に考えればうんと早起きして高速道路で行けばいいということになりますが、運転は疲れるし、1人でガソリン代、高速代、どうももったいないような気がしてしまいます。エネルギーも余計に使います。 土曜の午後に出て、となると、どこかに泊まるか?遅くても松本まで行くか?あれこれ考えて結局環境にも財布にも優しい方法、高速バスで長野、長野泊、電車で松本、ということになりました。

 1枚目は松本歯科大学の図書会館、学会会場です。2枚目は広丘駅。自転車王国と書きましたが、こんな田舎にも(失礼!)本格的な自転車を扱う専門店があります。そして3枚目はお昼に戻ってきた松本駅前です。「久星のかりんとう」の看板が一番目立つ場所にあるのがちょっと面白いです。

 後半はお昼。車じゃないのが幸いして駅前のタツミ亭という食堂で生ビールとステーキで軽く、といきました。立派な建物、立派な店内、高い店かと思ったら案外メニューは庶民的です。カップルだのおばあちゃん、おじいちゃんのグループだので賑わっていました。昔からの人気店という感じ、いい店でした。昼間はめったに飲まない私ですが、出張を終えた気楽さもあり、生ビール、胃袋にしみわたる美味しさでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3304 ソウル 筆洞散歩7 

335 337 336 338 339 340

 広い新しい道を緩やかに下ります。1、2枚目は米の問屋のよう。でも、「荷物の積み下ろし」の範囲を越えた道路の不法占拠という感じ。まぁ、これもケンチャナヨなんでしょうね。

 3枚目は振り返っての1枚。南山の一部が見えています。4~6枚目、初等学校があるのかな?通学の子供が目立ち始めました。6枚目は蛍光灯専用の回収ボックス。ごみの分別収拾、資源としてのリサイクルに向けての取り組みはこの16年見ている感じでは韓国が先行しているように思います。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

とうちゃんの自転車日記495 自転車王国長野県で ラーメンを食べた

020 019

 長野電鉄の特急で権堂駅。地上に上がると権堂通りのアーケードの終点です。西鶴賀商店街を歩く前に軽く腹ごしらえということでイトーヨーカドーの裏にあった古い中華食堂でラーメン(ワンタンメン)を食べました。食堂と言っても麺類しかありません。お客は私だけ、時間が遅いせいだったこともあるでしょうが、権堂商店街らしいかもしれません。まだそんなに遅い時間ではないのに人通りはまばらでした。

 2枚目がその670円だったかな?ワンタンメンです。普通のサイズの丼ですが麺とワンタンと、固形成分が多く、なかなか食べでがありました。周りを赤くしたチャーシューは懐かしさを感じさせます。かなり動物くさいスープ、私は大丈夫ですが人によってはちょっと嫌う方もおられるかも。麺が柔らかすぎる傾向がありましたが、これでお腹がふくれました。2,30年前から見ている西鶴賀商店街歩きの始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3303 全南第2の都市 木浦を歩く

251 252 254 255 256 257

 何番目だか忘れてしまいましたが、モッポです。昔からの港、木浦漁港に面した水産物市場から駅の方へと戻ります。2枚目、観光バスも来ていますね。韓国の人も日本人同様、お土産をたくさん買います。干物とか、保冷箱に入れたホンオとか、そんなのかな?

 3枚目は漁港の最奥部、4枚目は海の方、旅客船ターミナルは数年前に新しくなってこのずっと先にあります。来た道をのんびり歩いて木浦駅への道、楽しい道です。6枚目、韓国おなじみの下着専門店のディスプレイ。男女おそろいのデザインの下着とか、なんか恥ずかしく感じてしまう日本人ですが、韓国、けっこう一般的なのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3302 ソウル 筆洞散歩6

329 331 330 332 333 334

 ソウルの、、、ここは中区かな?ピルドンです。古い道を上って新しい道を下っています。昨日も出てきた壁画のあるアパート、中くらいのシュポとその前の歩道に置かれた椅子がまた写っています。 こういうスーパーとかコンビニの前でなくても、韓国全土、どこでもその地域に住む人が集まっておしゃべり(スダチギ)する場所があるように思えます。古い使わなくなった椅子を持ち寄った感じのそのトンネのハルモニ、アジュマが集まる場所です。皆さん、ご覧になったことお有りでしょう? 

 タプコル公園に優待無料の地下鉄で集まって一日を過ごすハラボジ連もそうですが、韓国人、一人を嫌い、集まって話す、そんなのが好きなように思えます。道を聞いたり(知っていたとしても)、挨拶をしたりでそんな話の輪に加わることができたらいいな、なんて思いつつ韓国語の勉強を続けている私です。 筆洞散歩、もうすぐおしまいですがこの後墨井洞に続いて行きます。ソウルの何でもない普通の街の写真をご覧いただき感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

とうちゃんの自転車日記494 自転車王国長野県で 見たことのない電車 

025 026

 中央線、ずいぶん前になりますが辰野経由の大回りをショートカットしてスピードアップするための新しい線ができたのは知っていました。しかし頻繁に乗っていたのは高校と大学の時代、本当に松本から先はご無沙汰でした。今回の学会は塩尻にある大学での開催でしたので、塩尻駅からタクシーでと考え、長野駅を早い時間の電車で出発、超久しぶりの塩尻です。

 電車を降りると、反対側のホームに1両だけの電車がいます。ああ、旧線を走るやつだな、とすぐにわかりましたがJRで両運転台の1両で走らせられる「電車」があるのは知りませんでしたので、カメラを取り出して2枚、シャッターを切りました。

 全体の形は101系とか103系、私が東京にいた頃のそこらを走る普通の電車のような四角い形です。でも、運転台の窓が狭いのはもう少し後のタイプだったか、、、忘れてしまいましたけど、古い電車を改造して両運転台にしたのでしょうか?110型DCとかは日ごろ見慣れていますが、電車でこんなのがあったとは全く知らなかったです。

 2枚目、側面の写真は窓が小さめなのが特徴。となると、都市型の電車ではないのか?それに、ドアも前後の2か所で、中を見ると超ロングシートです。これから検索してみますが、鉄道ファンから離れて35年以上。でも、鉄道とそこを走る車両を見るのは好きです。いやはや、珍しい電車、長生きしてよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月7日 ゴーヤー日記1 やっとこさ発芽してくれました

001 002

 今朝の最新の写真です。朝、出てくる時に撮影しました。昨日朝の出勤時、自転車を置く場所に置いてある苗用の植木鉢の土が少し持ちあがり、白いものが見えていたのでもしや、、、と思っていましたが、今朝犬の散歩のときに確認したらはっきり持ちあがって、棒の先に白い種の中身みたいなのがくっついているごーやーの芽が出ていました。

 4月に配り始めたのですが、今年はいつまでも気温が低く、患者さんからも出たという話がなかなか聞かれませんでした。気温が低すぎると発芽せず、腐って何もなくなってしまうという話も聞いていました。また種の大袋の裏には「発芽適温25度」とあり、早々と売っている苗なんかは温室とかヒーターで加温して育てると後で知りました。 さて、医院の21周年、地震のための節電にも役立つグリーンカーテン運動と銘打って配った種、どうなるのだろうと心配していましたが、ちょっとホッとしました。確か植えたのは5月の20日の休みだった日曜日、2週間以上かかった計算になります。

 まだ余裕があるので配布はもう少し続けたいと思いますし、ゴーヤー育成日記、医院待合室のコルクボードにも貼ろうと思っています。

 本日は学会があったため、特別オープンデイ、ちょっと保険診療のことで、あちこち動かないといけません。がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事607 勝ったな(笑)と思ったけど美味しかった食事

558 560 561 559 563 562 564

 地震以後、更新がなく残念に思っているのですが、私どころではない韓国好き、そして韓国について深く、よく知っている方である「こりあさらん」さんご推薦の店です。場所は、「k sarang」とかで探してみてください。ソウルのちょっとはずれたあたり、普通の住宅街とアパートがある場所にある食堂で、名前は「ポドナムチプ」だったかな? 行ってみました。

 話に聞く通り、アパートを目標に行って、線路わきの道からぐるっと回ったら、ありました。遅めの時間だったので客は私1人。「食事、ケンチャナヨ?」と声をかけて入店、スンデクッパプを頼みます。

 近所の大学の学生が多いと聞いていたとおり、壁には学生さんの者と思われる落書き多数。ほどなく待って、出てきました。内臓たっぷりのスンデクッパpです。赤いヤンニョムを入れて混ぜて、食べ始めましたが、内臓、美味しいです。奥の部屋でハルモニが煮上げた肉を切っていましたが、ただの茹で肉ではないのがわかります。これはかなりの高得点。でも、惜しむらくはスープ(クンムル)がやや薄く感じられたこと。小さな店ではありがちなのでしょうが、動物の味が足りません。あと、もう一つ、ご飯が固まって入っていて自分でほぐさないといけなかったこと。この2点がちょっと残念な点です。

 でも、後から、講義を終えた学生風の1人客、すぐまた男子1人女子2人の3人連れが入店。遅いお昼を食べ始めました。壁の落書きを見ても人気店であることがわかります。マッコリの広告もありますが、夜に来てコギアンジュ、モリコギなんかで一杯やりたい、そうも思いました。

 タイトルは、前記コリアサランさんといつか同じ時期にソウルへいることがあればスンデクッパプの食べ比べをしましょうと話していたためです。この店に対抗する私の推薦店は中央市場東のモクチャコルモクの奥にあるハルモニスンデクッという店。ここでも何度か紹介していますので、興味がある方はご覧ください。「遅く行ったら内臓が売り切れだった」という記事の店です。焼酎の半瓶売りもしてくれる庶民的な、ちょっとぼろっちいけど人気のある愛すべき店です。肉の処理、そして特筆すべきはスープの濃厚な豚味。すごいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記493 自転車王国長野県へ 長野電鉄B特急

013 014 015 016 018 017

 さて、7時半頃に東横インにチェックイン。夕飯です。この20年、3年に一回くらい来ている街、毎回歩いている西鶴賀商店街へ行ってみるかな?と思い外出です。せっかくなので長野電鉄に乗ってみることにしました。長野駅前からしばらくは地下鉄になっている地方私鉄なのですが、けっこうな路線を持ち、がんばっている感じです。

 夜の退勤時間を過ぎたあたりは1時間に3本くらいの運行、次の列車は湯田中行きB特急となっていました。100円の料金が乗車券の他に必要ということで切符を購入。2キロも無い権堂駅までは160円ですが、こういう趣味的な100円はケンチャナヨです。ホームに降りると、新しい電車が停まっていました。駅構内でポスターを見ましたが、「スノーモンキー」というこの2月から導入された新型車です。ちょっと嬉しい私です。左の次発のステンレスカーは昔日比谷線で使われていた二重瞼みたいなライトのもの。後から右側のホームに入ってきたのは東急のやはりステンレスカー、8500番台だったような気がします。駅前のデパートも東急だし、長野市、案外東急とのかかわりが深いのかもしれません。

 3~6枚目は車内の様子。なんか田舎者にはちょっと怖気づいてしまうようなデザイン。大きな荷物置き場もあり、私の感覚だと成田エクスプレスみたいに思いました。網棚ではなく、飛行機のようなボックス式の荷物入れ、飛行機のような読書灯、おまけに立派な椅子のある個室(別料金)もあります。日頃はお古を大事に使っているけどやるときはやる、そんながんばりを感じて嬉しい乗車でした。

 100円の料金がいる特急に長野駅から権堂駅までしか乗らなかった客は私一人でした。でも、若い女子高校生のグループだの買い物帰りのおばさんだの、普通にこの特急、皆さん乗っている感じです。実際には優等高速のが多いので、料金に差があっても多くは「次のに乗る」という感じで利用されている韓国の高速バスと一緒だな、とも思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3301 ソウル 筆洞散歩5

323 324 325 326 327 328

 ソウルの古い街である筆洞、「ピルドンg」と読みますが、韓国戦争の戦災でか、古い家、韓屋も日本家屋もほとんど残っていません。1枚目のあたりでちょっと諦め、新しい広い道で下ろうと東方向へ方向転換。2枚目のアパートの上あたりに出てきました。

 壁画とかが好きな韓国、ちょっと稚拙と言えそうな微笑ましいのもあれば、なかなか素晴らしいのもあり。日本だとアパートなんかの場合、反対する人がきっといるだろうな、と思いつつ、北へ坂道を下ります。3枚目は、町のシュポ。もちろん、コンビニでもありますが、店の前の歩道にビール会社の宣伝が入ったプラスティックの椅子とテーブル。5月から9月くらいまでの韓国でよく見かけられる風景です。夜になると店でビールとつまみを買って前の席で宴会、自分の脚で普通のソウルを歩かれた方にはおなじみでしょう。これも多分、うるさいことを言えば歩道の不法占拠ですので、不法行為なんでしょうが、ま、ケンチャナヨです。

 4枚目は北の方、下って行く方向。「ザイ」というアパート、最近どんどん増えていますね。5枚目は室外機の置き場所。玄関側の階段にちょっと無理をして置いているのがいかにも韓国していて面白かったので1枚。6枚目は西か東か、横方向の道です。もう少し下れば飲食店の多い街。東国大裏口前の繁華街になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

普通の韓国を探して3300 「イバトヘ」って何だろう?

261

 予約の変更があり7時まで空いてしまいました。ハンバーガー1つ、おやつに食べました。

 さて、この写真、まぁ写真としてもキレイですが、昨日、帰りのバスの中でネタ拾いで見ていたら、「イバトヘ2000」って読めてしまいました。うまいこと対称的に写っていたこともありますが、リウルが「2」にも読めますよね?さて、「イバトヘ」って何だろう?そこらに書いてある名詞で私がわからない、、、想像もつかない単語です。コンパクトデジカメの小さい液晶だったからもありますが、少し後で気づいて心の中で大笑い。韓国人の方はこういうの、面白いと思わないのかなぁ? 所謂「小ネタ」ですが、いかがでしょう?

이바토해

2  0  0  0

って見えませんか?

オマケですが、ここ、どこでしょう?ソウル市内です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記492 自転車王国長野県へ行ってきました

006 008 022 007 009 010

 土曜日、少し早く上がってスタッフに片付けと電話番を頼み、長野県での学会に参加してきました。連続テレビドラマの影響か?はたまた何か別の大きな大会があるのか松本市の宿がなかなか見つからず、土曜は長野市に泊まることにして東横イン長野駅善光寺口というのを予約。新潟を夕方早目の高速バスで発ち、7時半前にチェックインしました。

 写真はその部屋の様子なのですが、前に泊まった東横イン釜山駅前とそっくりです。狭い部屋に大きめのベッドを入れたため、居る場所があまり無い感じ。大きなカバンだと開く場所に困る感じです。でも、ベッドの上の表示、、、大きなカバンはベッドの下にとあります。カバーをめくってみるとなるほど、ベッドの下の空間が広いんです。安くする競争の中、ベッドに工夫をして少しでも快適にという企業努力なのでした。特別製でしょうかね。

 また、3枚目、ずいぶん前に釜山の話を書きましたが、東横イン、どこもこんな韓国的とも思えるガラスのスタンドがあるのかもしれません。今回は目覚まし用の携帯とか、眼鏡を置いてなかなか重宝しました。

 4枚目はユニットバス、5枚目は室内機のあるエアコン。これも安くするためなのかも。韓国でもよく安い宿で見られる光景です。最後は、、、ありました。東横イン釜山海雲台オープン特価の広告。先日会食した釜山大の先生の話ではけっこう韓国人も利用しているみたいだとのことです。狭いけどきっちり清潔という所がうけてるのかも。部屋の広さではとてもモテルに勝てませんけどね。しかしこの東横イン、ソウルの東大門と、あとは釜山にたくさん。私はたぶん韓国では泊まらないと思いますが、果たして今後、日本式のビジネスホテル、どう善戦してくれるのか?見ものです。

 韓国ネタは整理しきれないほどありますが、しばらく長野ネタも並行して披露いたします。長野市、なかなか面白い所ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事606 迎春屋?でコムタン7000W

635

 この冬、やっとみつけてコリコムタンを食べたことを報告したチョンノ3街のヨンチュンオク(迎春屋?ヨンチュノk)で、基本のコムタンを食べてみました。当然、肉はだしを取った残りのもも肉とかを薄く切ったものです。でも、スープは一緒。どこか既製品を感じさせるくらいによく整った牛肉スープで、ダシダとは違い、日本の食品会社が研究に研究を重ねて製品化した牛肉スープ、そんなイメージです。 肉自体の味というか楽しみはやはりあんまりですので、ここで肉を楽しむなら高いけどコリコムタンか、どこかのサイトで見かけた茹で肉でしょう。 

 ただこの店、やはり伝統のある人気店のようで、朝早い時間から主にアジョシ、ハラボジがどんどん出入りしています。行ってみる価値はあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3299 서울특별시 서대문구 현저동 1

652 653 654 655 656 657

 少し前にここはどこでしょう?をやったソウルの西大門駅のあたりです。1、3枚目に見える岩山が仁王山、この辺のランドマークです。ソウル駅から北へ向かう広い道、忠正路から独立門。その辺から坂になり、母岳ジェという峠になっていますが、その頂上手前、左側がこの辺。2枚目は西大門刑務所歴史館、そこから上ったあたりが4~6枚目の再開発地域の入り口になります。

 4枚目のアジョシが最初はいぶかってか話しかけてきた方です。いつまで住んでいられるのか?人ごとながら心配になる、そんな町です。皆無事にちゃんとした家に移れればいいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3298 ソウル 筆洞散歩4

317 318 319 320 321 322

 南山の麓、ゆるやかに上るピルドンの街です。1枚目は振り返っての風景。CJの研修センターのほう。放送中継車まで出ています。

 2、3枚目は小さなノリト。遊ぶという意味の「ノルダ」の名詞形が「ノリ」。「ト」も固有語の「一定の場所」という言葉で、まぁ、児童公園です。ソウルも最kん、公園の整備、がんばっています。掃除しているアジョシは自願奉仕かな?けっこう日本でも早朝に道のゴミを拾っているお年寄りを見かけますが、韓国でもかなりみられます。 

 びっくりしたのは5枚目なんですが、空き地の駐車場の向こうの崖の上、けっこう人が上っているのです。帰国後地図を見たら南山コル伝統文化トンネという公園のようでした。朝、運動のために近所の山に上る人が多い韓国らしい出来事です。

 6枚目は韓国、都市でも田舎でも学校のそばに設置されているスピード制限のためのハンプ。でも、これ、可撤式です。初めて見たかもしれません。

 南山公園通りに通じる新しい広い道と並行する細い道でしたが、古いもの、名残などはあまりみられません。もう少し行って引き返そうと思い始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月29日 - 2011年6月4日 | トップページ | 2011年6月12日 - 2011年6月18日 »