« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »

2011年6月18日 (土)

とうちゃんの自転車日記502 快速あがの号で新緑の磐越西線へ

010 012 013 017 018 019 020 022

 平日休みで嬉しいことは交通機関なんかが空いていること、オープンな新型DCの運転室の後ろでずっと立っている、なんてのも別に恥ずかしくなく、また競争者もなく可能です。1500円のえちごワンデーパスで、磐越西線へ、といっても信越線の普通で新津まで行き、わざわざ乗り換えて後からきた快速あがの号に乗り換えです。先頭と後尾は110型、真ん中はもっと新しい、、、何型だったか、ステンレスボディのデイーゼルカーです。7枚目は、あ、何駅だったか、幅の狭いホームだけの無人駅、最後は目的地の三川駅手前の鉄橋のあたりからの山。三川駅の対岸の低い山ですが稜線が非常に狭く、岩壁の険しい山です。

 今のDC、95キロくらいで走ります。またそこまでの加速も大したもの。昔の急行型キハ28だの、強力型のキハ58だのよりも加速に関してはぜんぜん速いのではないでしょうか。勇ましいエンジン音で走るDC、大好きです。

 そういえば、昔、特急ときでもなく、急行佐渡でもなく、わざわざ羽越本線からやってくるディーゼルの鳥海で東京へ帰ったことがよくありました。同じように東京への帰省の際に磐越西線、東北線経由のいいで号だったか、急行で帰ったことがあったような、、、また、新潟から直江津、長野、松本、中央西線経由の急行赤倉というのもありました。いずれもディーゼルカーの急行です。速さだけではない汽車旅行の楽しみは昔のがあったような気がします。

 2枚目は五泉を過ぎたあたりだったか、残雪を残す粟ケ岳です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3320 ソウル特別市西大門区현저동3

662 663 664 665

 再開発が始まった町です。すでに取り壊された家も半分以上でしょうか?でも、まだ住んでいる方もおられます。キムギチャン先生、それに、わが日本の荒木のぶよし先生も80年代、90年代のソウルの写真を多く残されていますが、大規模なタルトンネの再開発、この目で見たかった私です。私が見ているのは90年代末期から。でも、そこら辺の町でそんな昔の話をすると、よく日本人がそんなこと知っているね、と驚かれます。

 古い町の探し方、後日お教えしようと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3319 ソウル 墨井洞散歩3

381 382

 忙しい土曜日、起動したてのコンピュータが不調で画像アップのウィンドウが固まってしまいました。

 日帝時代の通称極楽坂、遊郭があったという墨井洞の南山に向かう坂道です。今は面影はほとんど残っていませんが、2階建ての大きな妓楼が並んでいたという新町遊郭、どんなだったのでしょう?ごくわずかなエッチな気持ち、大部分の好奇心、遊郭跡に心を惹かれる男性は多いのではないかと思います。

383 384 385

2枚目は小さいけれどたぶん日本家屋。3枚目は三星第一病院からの道のようです。4枚目、右手の高い場所はなんか面白い構造の古い住宅のよう。みな東国大のキャンパスの下に広がる町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

普通の韓国を探して3318 ソウル特別市西大門区현저동2

658 659 660 661

 ヒョンジョ洞、どんな漢字なのかわかりません。鞍山の中腹にある古い町です。母岳ジェという峠の頂上近くから稜線に出て、鞍山方向へ少し上ったあたりから南に開ける古いトンネです。まずは、再開発のため、取り壊しが始まっている中を一気に3枚目、稜線のすぐ下まで上がります。汗をかく道です。一休みして汗が収まるのを待って、下りながら町を見て、撮って、そこに住むアジョシと話して、そんな町歩きです。

 つづく

| | コメント (5) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記501 ウォーキングもまた愉し 

147 148 149 150 151 152

 自転車乗りの私ですが、最近、ウォーキングも大事だなと考えています。使う筋肉が全然違うのです。たとえばポタリングという程度の市内散策の場合、自転車だと2時間や3時間乗っても全然疲れません。ところが、歩きだと、1時間でどこか痛くなってきたり。高校時代は山男としてならしたのに、と思うとちょっと情けないくらい歩けません。50歳を過ぎても体を鍛えることができるのは自転車で経験済みですから、これからは自転車だけでなく、歩きも、できればまた走れるようにとも思っています。

 今回の6枚は連休の頃にえちごワンデーパスで歩いた長岡市の中心部です。新潟から越後川口、戻って宮内、宮内から長岡駅まで旧17号を歩いてやってきた山本元帥祈念公園の続きです。車で走り去るだけでは気づかない小さな物がわかるウォーキング、もしくはポタリング、特に初めての町を歩くのはなかなか楽しいものです。

 1枚目は記念公園から歩きだしてすぐ、2枚目に見えるのは中島町だったかな?昔の給水塔です。そこから左折してまた大手通りの方へ。3、4枚目は幼稚園でした。5枚目の教会がすぐ前にありますので教会付属のキリスト教系の幼稚園かもしれません。前にアップしたかもしれませんが、この幼稚園、南側にも公園があり、なかなかいい環境です。

 6枚目はお祭りの広告。地元の人の小さなお祭りに出会うのも旅行運の一つ、でも、平潟神社は少し前にお参りしていたのでこの時はパスして駅の方へ歩きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3317 住民センターでトイレを借りてみた

115 118 122 121 117 119 120

 今回で3度目の訪問になる城北区貞陵洞歩きを終え、降りてきた時の写真です。小用を足すべく、貞陵4洞の洞事務所、今は住民センターでトイレを借りました。前に見事な珍島犬の写真を紹介した家の隣です。日本で言えば区役所の出張所みたいな公的機関ですが、韓国では「~洞」だけでなく、大きい洞では各番号ごとに、日本式には「~丁目」ごとにあるようです。

 2枚目、在郷軍人会の事務所も入っているようです。3枚目の掲示板の向こうがその美人アジュマと美人犬の家ですが空き家になってしまっていました。

 4、5枚目、前は無かったホイールチェア(車いす)用のスロープができていて、ここにも蛍光灯、電池など資源ごみの専用収拾ボックスがあります。6枚目がその化粧室、最後は入口から見た貞陵3洞、山の町の一番下の部分です。用を足してお礼を言ってから尋ねましたが、再開発計画は今のところ動き出していないとのこと。今や貴重な昔のままのソウルの町です。後日写真をアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3316 ソウル 墨井洞散歩2

375_2 376 377 378 379 380

 日帝時代末期は新町遊郭だったという墨井洞の通りを目指して三星第一病院前から裏通りを歩きます。退渓路4街の南側、筆洞とかこの墨井洞、忠武路あたりから続く印刷、出版、製本関係の業所が多い町のようです。

 1~3枚目、平らな瓦屋根の2階建ては日本家屋かな?なんて思いながら歩きました。そして4、5枚目が墨井洞のメイン通りに出たあたりです。忠武初等学校がありました。詳しい地図をお持ちの方はご覧いただければと思いますが、明洞からずっと続く古い道がゆるやかに南へ曲がってこの墨井洞の坂道に繋がっています。退渓路は日帝時代にできた新しい計画道路だとのこと、それより古い道が中部警察署、永楽病院のあたりから忠武路、そしてここへ続いているのです。5枚目の通り、新町遊郭の名残は全くと言っていいほど残っていない、でも、古さを感じさせる道でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

普通の韓国を探して3315 ソウルのこんな普通の町が好き 2

077 078 079 080 081 082 083 084

 5枚目のちょっと古めのアパートの写真、見たことあるような気もしますが、ま、いい写真は何度見ても楽しいということでケンチャナケンチャナ。

 また쌍문동(双門洞)の写真です。3枚目、6枚目に見えている岩峰は北漢山の仁寿峰あたり。どこからでも山が見えるソウル、前に『風水に基づいて造られた街』と書きましたが、やはり山が見えると心が落ち着くような気がします。

 オープンデイ、診療はおしまい。午後も雑務で出かけたり、手紙を書いたり、割合過ごしやすい薄曇りの今日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 ゴーヤ日記4 今朝の写真です

6142

 本日はオープンデイ。どうしても今日にという方の予約が少し入っていますが、自由に使える研究日です。いろいろ雑務が出てきて、けっこう忙しく出歩くことになりそうですが、まぁ、気楽ではあります。

 我が家のごーや、本葉がけっこう大きくなってきました。育て方、いろんなサイトでいろいろですが、本葉が4枚になったら定植、そんなふうに思っています。毎日変化がある時期なので、何だか毎朝楽しい気分で庭の植木鉢を見て、写真を撮って出勤です。飼い犬も面白いけどゴーヤもなかなか面白い、子供の成長みたいに感じます。同じ植木鉢に植えたもう一つの種はどうも発芽できなかったみたいですので、この1本を大事にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3314 ソウル 墨井洞散歩1

368 370 371 372 373 374

 筆洞から東国大学校後門通りに入り、三星第一病院のあたりです。大きな通り、退渓路には面していないため、こんな場所に病院があるのは知りませんでしたが、何棟かにわかれたけっこう大きな病院です。5枚目には研究所だか、そんな看板も見えます。日本だと時間外診療とか夜間診療とか言いますが、韓国だと応急室(응급실)という言葉をよく聞きます。救急外来を含め、そんな感じです。映画だと、「オーハッピーデイ」、「約束」、「達磨ヤノルジャ」あたりで出てきますね。

 4枚目はちょっと古いアパート。「墨井」とあります。東国大入口でそのまま進まず、左へ、ちょっと下る道に入って墨井洞歩きを続けます。やはり期待していた古い日本家屋はほとんど見当たりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記500 自転車王国長野県 長野電鉄高速バスで

001 002 005 004 011 012

 今月初めの写真です。1枚目は新潟駅前の高速バス乗り場。市内のバスの乗り場とは別で横断歩道を渡ったところにあります。どこへ行くのも楽しい私、嬉しい時間です。今回、行きは長野電鉄でした。新潟を4時ころ出て長野に7時半前に着きます。途中、10分ちょっとの休憩がありますので、なかなかの速さだと思います。

 2、3枚目は車内。最後方にはトイレもあります。シートは4列ですが、心なしかシートピッチが広く、韓国で言えば優等高速バスのような感じです。計りはしませんでしたが帰りの新潟交通のバスは狭かった、、、ような気がします。1列少ないのかな?とも思います。医局の先輩の息子さんが飛行機の内装の会社に勤めているとのことで聞いた話なのですが、飛行機もまずは箱だけで売っていて、あとの内装、椅子だの物入れだの、そういうのは別の会社で各航空会社ごとに違うオーダーで作るとか。バスも案外、自由に買う側の思うように座席とか作れるのかな?と思いました。

 4枚目は途中、米山サービスエリアでの休憩のときのもの。この顔、新潟交通でも見たことありますが、席の配置はやはり違うように思いました。

 5,6枚目は夕刻の長野駅前、地べたビュー写真です。案外きれいに撮れてるでしょう。この後、ビジネスホテルにチェックイン、気分のいい開放感、「家に帰らないでもいい夜」の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

普通の韓国を探して3313 こんなソウルの普通の町が好き

069 070 071 072 073 074 075 076

 2枚目と4枚目、特にふぐ料理の店の看板は見覚えがあるので前にアップした写真かもしれませんが、こんな普通の町が好きです。1、2枚目はミアサムゴリ、残りは双門洞だったかな?ソウル北東部の庶民が住むトンネですが、店がたくさん。夏の夜にはシュポの前のビール会社のプラスティック椅子でビールを楽しむ大人、周りで遅い時間まで遊ぶ子供、そんな姿が今年も見られることでしょう。

 本日は最終の8時は空き。もうすぐ上がりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月13日 爽やかな風が吹く初夏のいい日です

015_2

 本日は夜間診療です。午前中は支払いだの写真の用事だの、のんびり雑務をこなしました。駅のヨドバシカメラの帰りに思ったのですが、エスカレーター、急に停電でストップしたらかなり危ないかな?と感じました。必ず手すりに手を、と表示してありますが、多くの人はそうしていません。私自身もただ立っているだけ、時には歩いたりもします。

今のところ、計画停電、それに急な停電など無く、何とかなっている電力供給ですが、真夏になってギリギリになり、それでも皆がエアコンだの使い続けたあげく、急に事故的な停電になったらと考えると「手は手すりをしっかり掴んで」は、ちゃんと守らないとなって思います。特に下りでは、自分がちゃんと手すりに手を置いていても後ろから人がなだれ落ちてきたら、なんて考えるとちょっと怖くもあります。いつそんな事故に巻き込まれるかもわかりません。

 地震から3カ月が過ぎ、直接的被害が無かった地域の我々にはちょっと気持ちにたるみが出てきてしまう頃です。「うち1軒くらい、大丈夫だろ」なんてたくさんの人が思ってしまわないよう、何か心を引き締める方法、あったらいいのにな、と思う私です。

 写真は東京、水道橋駅近くの神田川。川の清掃船です。流石大都市、お金があるのだなぁって感じての1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3312 ソウル 筆洞から墨井洞へ

361 362 363 365 366 367

 もう少しで退渓路というあたりで右へ。東国大学校の裏へ行く道に入ります。日本語だと「裏門」ですが、たしか韓国語では「後門(フムン)」という言葉が使われています。

 1枚目は前の項でもたぶん日本家屋だろうと書いた建物。小さいので、カットされたのかもしれません。2枚目からは墨井洞になります。表門側には確かエスカレーターもあった東国大学、かなりの山にあります。こちら側の入り口から通学する学生も多いのでしょう、割合庶民的な飲食店が並んだ通りです。また三星第一病院という病院もありますので、それも、裏通りの割に飲食店が多い理由の一つかもしれません。

 6枚目、東国大の裏門ですが、校舎まではまだまだ上らないといけない感じです。韓国の大学、なぜか山にあります。学問は高い場所でするもの、そんな考えがあったのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記499 自転車王国長野県 権堂町の繁華街を歩く2

050 051 052 053 054 055 056 057 058

 長野市権堂のアーケード南側に広がる繁華街というか飲み屋街です。昼間の写真ですが、夜はけっこう元気な街、新潟古町よりもがんばっている感じです。

 自然は壊すのは簡単、回復にはすごい年月がかかります。でも、古い町も、そこまでは行かずとも、一緒のような気がします。わざと昔風に造られた街にはどこか胡散臭さを感じてしまいます。

 歳のせいかもしれませんが、最近、こんな古い繁華街が好きになってきた私です。まだまだ日本中に面白い街、たくさんあるのでしょう。まずは県内、たくさん歩きたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

普通の韓国を探して3311 ソウル 筆洞散歩10

355 356 357 358 359 360

 筆洞の新しい道、ゆるやかに右へ曲がって降りて行きます。筆洞麺屋を過ぎ、もう少しで退渓路4街というあたりの写真です。だんだん飲食店が増え、古い家も少し見られる感じ。嬉しい変化です。

 4枚目、通りの向こうにそびえる壁のような建物はホテルPJとかが含まれる南北に連なる商街ビルの南端、新盛商街かな?古いけれどけっこう高く、長い建物なので目立ちます。鍾路のほうから世運商街、大林商街、三豊商街、そして退渓路に面する新盛商街、できた時は相当目立ったのだろうなと思っています。

 6枚目、半分に断ち切られたような格好の瓦屋根は日本家屋みたいです。この先は退渓路には出ず、前に夜景を紹介した東国大学校裏門への飲食店が多い道に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事608 北京飯店 私が食べた中で一番美味しいチャジャン麺の店

684 685 686 687 688 689

 よく、食べ物関係、どこそこが一番美味しい、だのいう話がありますが、味の好みは100人100様、また、全部の店を食べていない限り「一番」と言いきることはできません。でも、「私が食べた中での一番」はありますよね。何度か紹介している清涼里、旧ロッテ百貨店清涼里店の建物の裏にある北京飯店、今のところ、日本、韓国で食べたチャジャン麺の中で一番美味しいと「私は」、考えています。

 1枚目は清涼里駅、地下鉄1号線の出口です。正面の黒っぽい建物は何度も泊まっているニューブーリム観光ホテル。そのすぐ裏にはやはり何度も泊まっている「清モテル」もあります。果物露天だの、軽食屋台だのの前を進み、左へ、ロッテの駐車場のある道へ入ったのが2枚目。時間によってはこの辺までピキアジュマが出張ってきます。韓国語が喋れないならば、手を左右に振って「いらない」という意思を表現しましょう。

 2枚目の突き当り(ビリヤードの看板のある建物)を左に曲がると、6枚目の右側のアジュマ(多分客引き)が見える道に出てくるのですが、その突き当り=5,6枚目の緑色っぽい雑居ビル=北京飯店の裏でもあります。

 我がブログを尋ねてくれる方のキーワード、「清涼里588 2011年」だのいうのも多いのですが、再開発間近なのは確実なこの男性が遊ぶための街、取り壊しが始まった区画もあれば、移転して営業を続けて、なんて場所もあるみたいです。今回、その2枚目の突き当り経由で食べに行きました。

 昔からこの辺、顔見せ無しの、、、たぶん容姿に長所が少ない、、、アガシでなくアジュマ、もしかしたらピキアジュマご自身?そんなふうな店があった不人気地区、いわば588の辺境だったのですが、なっなんと、この緑の雑居ビルの裏側の店にも若いアガシが出るようになっていたのでした。

 6枚目、左側の道は派出所もあり、北京飯店他、3,4軒の飲食店が入っているのですが、同じビルの右側、ロッテに向いた方では、ピキアジュマが声をかけ、若いアガシが働いている、、、そんななのです。

 今回も、チャジャンソースをサービスでもらえるセウポックムパッ(えびチャーハン)を頼みましたが、その北京飯店の厨房の下の半地下房ではアガシが客を引いている、、、ちょっと複雑な気分になりましたが、美味しいチャーハン、チャジャン、ケランタン、すぐに思いなおしてソウルの街歩きを続けました。

 日本だって韓国だって「そういうふうになっている」のです。決してそういう場所で働く人を下に見てはいけませんし、積極的に遊べとはお勧めしませんが、冷やかしは絶対いけません。それが大人のルールです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3310 慶全線 院北駅で降りたハルモニ

204 203 205 206

 경전선 원북역です。馬山と晋州の間の、峠にかかる手前の駅だったと思いますがハルモニ1名、汽車を降りました。周囲は小高くなっていて遠くは見えませんが、ハルモニ、馬山へ買い物に行った帰りかな?日に数本しかない汽車、駅から歩ける場所に住むお年寄りにはまだまだ役に立つ公共交通機関なのでしょう。ホームの他には簡単な待合室しか無い小さな駅でした。上り坂の頂上で、一休み、荷物を持ちかえて家路につくハルモニが3枚目に見えています。 4枚目は、なぜか駅の敷地だと思うのですが、塀に囲まれた記念碑がありました。 韓国の田舎、自分の脚で歩けば面白いことはたくさんありそうですが、なんたってこの慶全線、汽車の本数が少ないのでなかなか降りて歩くのは難しそうです。いつか時間ができたら、、、2,3週間、韓国の田舎を歩きたいものです。

 1枚目、よく見るとこの小さな待合室、「寄贈」となっていますね。余裕あるものは寄付をする、誠金を出す、そんなところ、韓国ではよくあることのように思えます。この辺の旦那様か?それとも、ここ出身でソウルで成功したとかの方か?ともかく、韓国らしいことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 ゴーヤ日記3 今朝の写真です

001

 本日の新潟は曇りのち晴れの予報、ちょっと光線がよくない早朝の写真ですが、本葉が広がってきました。ネットのサイト、本、いろいろ情報がありますが、本葉が4枚くらいで移植するつもりです。今週半ばを予定しています。一緒に植えたもう一つはまだ発芽せず。3週間もかかったという報告もありますので、もう少し様子を見てみます。

 今週は土曜が割合暇で、日曜が忙しくなっています。空き時間にまたアップできればと考えています。皆様、よい休日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »