« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »

2011年7月 9日 (土)

普通の韓国を探して3248 地べたビュー写真 ここはどこでしょう?

034

 何か電話番号が写っているかもしれませんが、韓国の地方都市です。この1年以内に行った場所の一つですが、わかるかな?行ったことある方はけっこうおられると思います。

 ヒントはバスの会社名。町中を走るということはターミナルが近い場所。あとは私がここで紹介した都市であること。さらに「地べたビュー」=手ぶれの可能性がある時間ってことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月9日 ゴーヤ日記9

009 010

 忙しい午前でした。午後はちょっとはのんびりです。明日も仕事ですが、今夜は楽しいことが一つ。わが新潟大学へのお客さんとして延世大学校歯科大学の鄭教授ニムがいらしてて、久しぶりにお会いできること。韓国の人と一緒なら、韓国語を話していれば、クニャン(そのまま、それだけで)幸福な私ですので。

 写真は今朝の物です。本のとおり摘芯というのをやったら、見事に脇から新しい芽が伸びて枝別れを始めてくれました。2枚目でわかるように、広がってくれそうです。しかし話に聞く通りに伸びてくれるのは不思議というか、、、先達はありがたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3247 朝飯を求めて鍾路を歩きます

625 626 627 628 629 630

 この辺、夜は遅くまでポジャンマチャが出ていたり、コギチプ(焼肉店)では路上にまでテーブルを出して多くの酔客で賑わうあたりですが、朝は静かなもんです。この辺を歩いたことのある方ならおなじみの風景です。そのままお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

2011年7月8日 ブログネタはどこでもみつかるもの

019

 この土日、東京へ行っていました。土曜日に仕事を少し早く終えて新幹線で東京へ。帰りは高速バスで新潟へ戻りましたが、あれこれいろいろやった時間、短く感じるものです。

 写真は帰りにバスの待ち時間、早い午後の1杯を楽しんだもつ焼き屋ですが、土曜の遅い飯も居酒屋、新潟へ戻っての夕飯も居酒屋でした。思うのですが、飲み屋の「つきだし」ってあるでしょう?頼まないのに出てきて、ちゃんと315円とか計算されてしまう。まぁ、「そういうふうになっている」ことではあります。

 店のルールと言えばルールで、「お酒を注文した方には~」とメニューに書いてある店もあります。こういうの、「注文した品が出るまでのつなぎ」という本来の意味ではなく、「売上向上のために」という感じになってしまってる場合が多いと思います。前記の通り土日で3回、そんな店に行きましたが、3回ともつきだしには手を付けませんでした。もう長くは無い人生ですので、食べたくないもの、美味しくないものでお腹を満たしたくはありませんから(もつ焼きはとても美味しかったです。ホッピーも)。

 ちょっとマイナスの話になってしまって申し訳ないですが、ここで一気にプラスになります。「つきだしが嬉しい店」もありますよね。お決まりのどうでもいいようなものではなく、気のきいた美味しいつきだしを出す店。中には、これは酒の値段に含まれているのでしょうが、お決まりではあっても無料でそんな美味しい気のきいた一品を出してくれる店、そんな店を作れば大人の客は集まるのではないかなぁ、と常々思っています。

 新潟のそんな店、2つ紹介しておきます。一つ目はここでも何度か紹介している学校町通の居酒屋「亀萬」。いつもお決まりのおからの煮たのなのですが、小皿に一盛り。素朴な味で、ほっとするつきだしです。スタッフ3人の平均年齢は80以上ですので行くなら今です。ラーメンも美味しいですよ。

 もう一つは、こちらは口にしたことはないのですが、いいなぁ、食べたいなぁと思っている店。竹尾インターそばのパチンコ屋の駐車場の中にあるラーメン店「おもだかや」のつきだしです。たまに行くのですが、パチンコのお客さんでしょうか?お昼前から1杯やっている人がいつも数人います。ここで酒を頼むと出てくるつきだしはチャーシューの端切れとメンマ、そして茎ワカメ、これ、みんなラーメンの具なのですが、小さい皿に少しずつ盛って最後にラーメンだれをちょろっとかけて出してくれます。自転車で行って帰りは押して帰るという方法しかありませんが、きっといつかあれを食べるぞ、と決めています。

 形式的でない、店の気持ちがこもった嬉しいつきだし、いいもんです。さて、銀行と、お昼を食べに出かけますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記513 日曜日の新大久保

013 014 015 016 017

 いやはや、びっくりです。前にこの辺へ行ったのは4月、パリ美容室でカットしてもらった時。あの時も平日の人の多さにびっくりしていましたが、日曜日、こんなにうじゃうじゃ(ごめんなさい)日本人が歩いているとは、、、 

 職安通りと大久保通りの間のこの一帯、小さなラブホテルが点在し、昔は南アメリカ系の女性なんかが昼間でも客を誘う、そんな町だったのに、やたら韓国の店が増えています。韓国ファンが増え、韓国へ行く人が増えるのは嬉しいこと。驚きつつもにこにこしてしまう私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3246 어디서 아침 먹을까? 鍾路の裏通り

619 620 621 622 623 624

 続きで、順番通りの写真です。最終日の朝、朝飯を求めてモテルを出発。鍾路の裏通りを歩きます。最近ではソウルの路地裏歩きのファンも増えてきた感じですので見覚えのある方もおられるかと思います。再開発の手が及ばぬ前に、沢山ソウルの古い街を見ておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

2011年7月7日 留守番してます

2009_0612ixus820110352 2009_0612ixus820110353 2009_0612ixus820110386

 こんにちは

 めずらしく家の器械での接続です。写真は2年前、2009年の6月のソウルです。1、2枚目は明洞、3枚目は、、、どこだかわかりますか?トンタクのトラック屋台が出ています。

 家内とお母さんが9時前に出かけ、今日はとうちゃんが留守番です。朝1時間ほど走ってきましたが、出たくて出たくてうずうず。どうも家にじっとしているのは性に合いません。外出組はいつ戻るかわかりませんが、どうか雨が降りませんよう祈っています。少しでも走りたいですから。それではお昼を作りましょう。早く帰ってきてくれないかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

2011年7月6日 休診日 自転車乗ってます

018

 早起きして1人で朝ごはん。6時過ぎから8時前まで市内を走ってきました。石山から大形、木工団地から下山経由で新潟空港にてひと休み。その後は山の下の新日本海フェリーターミナルを見物です。10時半の船で、乗船開始は9時半とのことでしたが、すでにたくさんのお客さんが受け付け開始を待っていました。また、7時半から10時半までしかやらない食堂では、トラックの運転手さんでしょうか、食事とビールを楽しむ風景も見られました。前にも書きましたが、30年近く前に医局時代、ブラジル人留学生を連れて北海道見物に行くときに乗った航路です。時間があれば、そして、海が荒れなければ、船旅も楽しそうです。

 今日は休み、お昼に帰ると宣言してまた自転車で出てきました。さてどっちへ走るか?嬉しい晴れの休日の午前です。

 写真は池袋のとあるヤキトン屋でのもの。ホッピーというのもなかなか美味しいですね。すごくスッキリした後味でした。面白かったのは「中(もしくは中身)一つ」という注文。「ちゅう」でなく、「なか」なのですが、すぐに私もわかって、「なか」を頼みました。早い午後の1杯もいいもんです。さて、走りましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3245 ソウル 鍾路の朝ごはん 

615 616 617 618

 ソウルの朝、鍾路のモテル、HOTEL CATSからの写真です。最終日、雨の予報でしたが、曇ってはいるけど降ってはいない、そんな朝です。韓国で雨にたたられたこと、ほとんどありません。旅行の神様のおかげかもしれません。

 帰国の日ですのでにんにくは抜き。何を食べるかなぁ?と思いつつ外へ出て鍾路の裏通り、楽園商街の裏手を東へ歩きました。いざとなればキムパプ天国があるので、気楽なもんです。

3枚目、私が止まったキャッツホテルのすぐ裏ですが、ホテルビズ鍾路という看板が見えますね。灰色の建物が旧エメラルドモテル、現鍾路ビズのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

とうちゃんの自転車日記512 えちごワンデーパスでウォーキング 新発田

042 045 048 050 049 051 052 053 054

 「キハE120-1」とあります。「キ」は気動車の「キ」です。電化されていない鉄道をエンジンで走る車両です。「電車」に対する言葉です。

 「ハ」は昔の3等車を示す記号。私が知っている時期の前には1等車、2等車、3等車があり、1等車は東海道線の特急だの、ごく一部。普通の地方を走る列車は2等と3等だけ。「2・3等特急」なんて言葉もあったみたいです。 その後、1等車がなくなり、2等車を1等、3等車は2等になった時代が私の若いころでした。 さらに数字で別けるのは良くないということで、普通車とグリーン車という呼び名になり、料金も安くなりました。 1等は「イ」、2等は「ロ」、3等は「ハ」でしたので、「キハ」は気動車の普通車ということになります。

 「E」は前にこちらへのコメントで教えていただいた、JR東日本の「E」。120は形式でしょうからこの車両は「E120型」になるのかな?で、1号車、最初に生産された車両ということになります。

 今までも米沢行きの快速べにばな号などで何度か乗っていますが、今回は新津から新発田までの短い区間を走る列車。これも、2度目か3度目になります。しかしトイレは初めて見てみました。入口はボタン式で自動開閉。かなり広々で、昔からの鉄道の化粧室とはぜんぜん違います。鍵は?と思ったら便器の脇にやはりボタン式であります。「キハ」でありながらトイレはかなり贅沢な仕様なのでした。すごいすごい。

 お気づきのように1両で走るこの車両、連結も可能ですが、両側に運転台があります。また、座席も1人席のクロスシートがあり、ちょっと嬉しい設備だったり。民営化以後、サービスは向上しているなぁと感じる新型ディーゼルカーの見学でした。

 最後の3枚は新発田市。足軽長屋というのが残っており、初めて行ってみました。江戸末期の建物、よく保存されています。新潟も観光でお客さんを呼ぼうと努力中ですが、そうだなぁ、、、私もここで、あまり有名でない「楽しい新潟町歩き」みたいなのを紹介できればと考えています。自分で言うのもナンですが、お金をかけずに面白い物を見つける、面白く過ごす、そんなのは得意なほうだと思いますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3244 東大入口駅あたり 2

433 434 435 436 437 438 439 440 441

 明洞とか南大門市場、東大門市場、梨泰院とか、そんな場所ばかりを歩いている方には新鮮だけど、わかる人には当たり前の写真。また奨忠洞?!とお思いの方も多いでしょうが、ご勘弁を。

 1枚目、南山の麓の町ですので、坂道がたくさん。四角いのは交番のようです。右端に東国大学校入口のエスカレーターが見えています。キャンパスはそれでも、ずっと上の方にあるようです。薄っぺらい大建築の新羅ホテル、立派ですね。奨忠体育館を右手に見て角を曲がると3、4枚目、ずっと前の「アイスモナカ」の話題以後何度もここで紹介している太極堂です。

 ふりかえれば、5枚目、新羅ホテルがソウルの庶民を見下ろしてます。やはりお金持ちが行く場所なのでしょう。団体での免税店しか行ったことがありません。

 6枚目以後は奨忠洞の庶民的な飲食店が集まる普通の町。前にスリンナルソルロンタンだの紹介したあたりで、このまま東大門運動場交差点へ降りて行きます。しかしこっちの山の上にもグレンドエムベソドホテルが庶民の街を見下ろしていますねぇ。

 普通の町歩きには山の上に聳えるこんな高級ホテル、向いていないので縁が無さそうですが、中はどんななのでしょう?日本でもそうですが、老舗の高級ホテル、苦戦中だとか。新しい高級ホテルは部屋の広さが違います。お金のある人はそっちに流れているので伝統とかに胡坐をかいているわけにもいかずディスカウントが始まっているとか。

 「サービスが~」だの言っても、寝られれば充分。高いサービスに払うお金よりも、その土地の美味しい物を食べるほうにつかったほうがいい、国内、外国ともに私を含めそんな考えの旅行者が増えているのではないでしょうか。

 筆洞から始まった南山北麓散歩。これでお開きです。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3243 木浦駅の脇のあたり

284 285 287 288

 写真の色は太陽光によってかなり変わります。海の色も一緒ですね。天気のいい日はきれいに写りますし、曇天、雨天だとやはり地味になってしまいます。木浦の写真、ハンパがありましたので、アップです。行ったことがある方ならおわかりのように、駅を出ると国道1号線。左(南)は木浦の古い町、日帝時代からの繁華街。正面は在来市場を含む商業地区で、すぐ南は湖南線の線路の終わりの部分に直行して木浦港へ行く道があります。今回の4枚はその反対側、駅を出て右手の線路沿いの方向です。

 いくつかの食堂とコンビニがありますが、ここもけっこう変わっています。こちらの古い記事に書きましたが98年だったか、初めての木浦のときは食堂がいくつか並んでいて「ネジャンクッパプ」を食べたのです。店のアジュマが「テジネジャンだけどいいか?」と聞いてきたので、何が出るかと思ったらスンデクッパプだった話、書きましたよね。

 10数年が過ぎ、そんな食堂も無くなり、コンビニが新しくできています。そして3、4枚目、線路に沿う道。大田あたりだと昔からの旅人宿が並び、今は女人宿?昼間でもピキハルモニが駅頭まで出てきてポンビキをする、そんな場所、木浦もそうかな?と思って覗き込んだのでした。

 前に2度泊まっているKT荘前。やはりそんな商売があるようで、夜、ビールを買いに出たりするとピキアジュマ、ピキハルモニが声をかけます。断ってビールをおごったりしてシュポの前の縁台で話をしたりしましたが、韓国、そういう昔からの場所、まだまだ残っているのです。やはり需要があるのかなぁ?って思います。

 再開発が始まった588入り口で戦果を語る若い日本人男性のグループの写真もアップしましたが、いろんな形態で日本人男性が韓国の女性産業に対して落とすお金、今も相当あるのではないかなぁ? もちろん否定しません。いつも言うようにそういうふうになっているのですから。ただ、冷やかしだけは止めましょう。いつも言っている、、、え~と、大人の男の常識です。

 しかし木浦、古い町は残っているし、山も海もあるし、美味しい食堂も、美味しいお土産もあるし、いいところです。KTXができたので、1番に龍山を出れば8時38分に木浦。0時42分着というと遅すぎるので木浦20時25分に乗れば龍山は23時半くらい。日帰りも可能な地方都市になりました。麗水もお勧めですが、木浦の1日旅行、いいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

2011年7月4日 ゴーヤ日記8 雨です 新潟市

001 022

 1枚目は7月2日、2枚目が今朝の写真なのですが、2日でかなり伸びるものです。ネットの網目は約10センチですので2日で2つ分、ということは10cm/dayという速さで成長しています。

 この写真ではわかりにくいですが、2日土曜日に摘芯しました。ちょうどいらした患者さんの勤務先のゴーヤー、やはり先っちょを摘まないほうはひょろひょろと長く伸びて広がってくれないという話を聞いたからです。2枚目の写真では特に変化はありませんが、そろそろ横に広がってくれないかな、と期待しつつ出勤しました。

 予報の通り結構な大雨になっています。車で来て正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記511 えちごワンデーパスで町歩き 新津

039 040 041 046

 月曜日は夜間診療。でも、院長は早く出てきています。銀行へ行く用事があるのですが、予報通り雨になってしまいました。早めの昼飯を兼ねて11時過ぎに行こうかと思っています。

 1500円で新潟市を中心に約65キロ圏のJR普通列車、快速列車が乗り放題のえちごワンデーパス。輪行もできますし、車でしか行ったことのない町のウォーキングにも最適、この1,2年、けっこう利用しています。今回の写真は新津のもので、駅前の通りにある食堂「おばな家」の長崎皿うどん。休みのお昼ですのでちょっとだけ生ビールも頼みました。

 前にも書いたと思いますが、普通に皿うどんと言うと細い麺をからっと揚げたものですが、この店はちゃんぽんの黄色く太い麺に野菜だのたっぷりのあんがかかっています。長崎で言う皿うどん太麺というやつです。値段は700円。案外ボリュームもありますし、野菜もたっぷり。紅ショウガは次回は抜いてもらうかな?ともかく、新津へ行くと食べたくなる、そんなメニューです。

 美味しいお昼を食べて、次は新潟周辺の人でも乗ったことが無い方が多い新津から新発田への羽越本線の普通列車で新発田へ向かいました。主要な路線は新津から新潟、そして新潟から白新線で新発田、中条と行くため、三角の1辺になってるこの区間、本線とは名が付きますが、本数も少なく、新しいディーゼルカーの単行がほとんどです。

 次の休み、木曜日は家内がお母さんと出かけるため、私の休みは水曜日だけ。天気がいい事を期待しましょう。

 追加です、向こうに見えるステンレスボディに赤い塗装の電車は首都圏のどこかで使われるやつのよう。新津に工場があるので試運転含めたまに見かけます。しかしこういう新造の電車。1編成11両とかで上越線を自走するのでしょうか?それとも、電機にけん引されて東京だのへ行くのでしょうか??

| | コメント (4) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3242 東国大入口駅へ

423 424 425 426 427 428 431 432

 東大入口駅の方へ、歩道のある大きな通りを歩きます。

 1枚目はあずまや。本当に韓国の人、好きですね。大小様々、田舎にも街にもあり、近所の人が憩う場所になっています。時には浮浪者が焼酎を飲んでいたり、なんてこともありますが、とにかく、韓国の象徴の一つくらいに感じています。

 グランドアンバサダーホテルを見つつ、下り坂です。緑色の部分は弾力性のある舗装で、かといって柔らかすぎず、歩きやすいです。6枚目は「プルヒャンギ」というちょっと高級な定食の店。他にもいくつか支店があったかも。ガイドブックにも見かける店です。他にも洒落たカペ(カフェ)みたいなのもあり、ちょっと江北としては高級なイメージの場所なのでしょう。でも、ちょっと降りれば豚足の店だのが集まる場所です。

 緑の舗装はどうやら自転車道路だったようです。韓国でも日本でも、自転車は基本は車道を走るもの。車と同じ方向で走ることになっています。逆走は避けましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3241 韓国が好きな日本人が増えている 

051

 ちょっと前に大学の同級生からメールがあり、家族の韓国旅行、初めての韓国行きについてアドバイスを、という話でした。 韓国が好きな人が増えるのは私の喜びでもありますので二つ返事で快諾。メールでの連絡をスタートです。

 行ったことが無い人でも、今や韓国ドラマも一般放送でいくつも放映されているし、「ヨン様」以来の超ド級人気を誇る「グンちゃん」の出現、平日週末を問わず新大久保あたりの人出はものすごいです。なんとなく持っていたイメージ、「東京のニューコリアンタウンは新宿職安通り」が、「今は職安通りから大久保通りの間」というふうに少し北へ移動しました。

 さて、韓国を行ったことない人に説明する時、皆さんはどうまとめますか?私なりに考え、ここでも書いてきたことですが、「何でもたくさんある国」というふうに紹介することが多いです。 狭い国土に、人も車もたくさん、店がたくさん、食堂もたくさん。そして、食べ物や商品もたくさん。見所もたくさん。そんなです。

 日本でも、広い店なのに商品はスカスカという店の場合、1点売れると儲けというか利幅が大きい、高くても一部のお金がある好きな人に買ってもらえればいい、そんなでしょう?もちろん、韓国でもチョンダム洞あたりにそういう場所はありますが、やはり総体的には、手頃な値段のものがたくさんある。その中から気に入ったのを選んで、飽きたり流行が過ぎたらまた新しいのを買う。そんな消費文化があるように思えます。簡単には言い切れませんが、韓国、どんどん買ってどんどん捨てる、そんな部分があるのだと思っています。食堂でたくさん出てきて残すのも、、、日本人から見るともったいないって思うけど、韓国の人、ほとんど気にしませんものね。

 写真は南大門市場の露店。髪飾り、子供用中心かな?安くて種類がたくさんあるって思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »