« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月27日 (土)

2011年8月27日 久々の自転車出勤です

004 005 012 013 022

 おはようございます。

 先週末はすごく忙しかったのですが、今日は割合ゆったりの土曜日です。ちょっと疲れ気味ですが、明日は休みの日曜ですし、もうひと頑張りというところです。

 写真は前に行った日本の観光地ですが、どこだかおわかりですか?

 しばしば韓国のことで、「資源のいらない観光産業でお金を稼ごうとする姿勢が行きすぎてることが、数少ない短所(短点)です。」と話すのですが、日本も似たようなものかもしれません。名所への道の左右にはお土産屋さん。階段の脇には有料のエスカレーター。お堂1つの見物にも拝観料。まぁ、大きなお寺でも拝観料は必要ですし、管理維持にお金が必要なのはわかりますが、ちょっとなぁ、、、と感じました。

 わが新潟県も、県の振興、お客さんの誘致にあれこれがんばっているようですが、売りにするもの、どうもちょっと弱いかなぁと思います。かといって古い物、歴史的遺産は急いで造れるものではないし、何をアピールすればいいのか、すぐには浮かびません。このブログも、そういう点で少しはっ協力できればとも考えています。明日はどこか少し遠出をしてみようかな。さて、準備を始めます。

001

  我が家のごーやですが、写真は8月24日朝のもの。収穫は朝に、と参考書にありましたので、翌25日早朝に収穫しました。ちょっと他のおかずがあったので、ゴーヤーチャンプルーは昨夜のおかずになりました。美味しかったです。

 まだまだ花が咲いていますが、ほとんどが雄花のよう。もう一つくらいならないかな?と期待していますが、ちょっと気温も低下気味。でも、期待して待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3414 ソウル 鍾路の朝

216 217 218 219 220 221 222 223

 何度かソウルへ行っていて、ご自分の脚で歩いたことがあるかたにはおなじみの風景、鍾路です。最初の3枚は楽園商街から鍾路の大通りに出るまで、タプコル公園脇の賑やかな飲食店街です。4~6枚目は横断歩道で鍾路を渡る所、最後の2枚は渡ったところです。

 7枚目、ヌヌホテルというモテル、一度泊まりましたが、かなりラブホテル度が強い宿でした。狭いし、、、あまり旅行者にお勧めしません。8枚目はイサクトーストと、隣りも同業者、「サンドリッチ」というサンドイッチの店がありました。この辺、露天のトーストはあまり見かけなくなってきています。やはり区の露天商の規制が強くなっているのかもしれません。

 この後は、さらに南下、清渓川路を突っ切って、乙支路、明洞裏手(忠武路)方面へ朝飯を食べに行ったときの写真だったと思いますが、一つ、新しい発見があった道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3413 忠南論山市江駅邑 塩辛市場へ

259 260 264 265 266 267 268 269

 江景邑事務所(町役場)のはす向かいにある塩辛の店、1枚目ですが、これも日帝時代の倉庫をそのまま利用した、そんな感じです。役場でもらった案内パンフレットを参考に、旧国道を離れ、左の方、また錦江の川の方へ歩きました。

 普通の家の中にやはり塩辛の専門店が目立ちます。6~8枚目は大きな木の下にある石碑。皆のために、町のために貢献した人の功績をたたえるこんなのは韓国のあちこちで見かけます。田舎の国道を走るとしばしば目に着く石屋さん。各村落の入り口にも石碑があるし、多分、日本よりそういう石造物の価格、安いのだと思っています。

 この先、河のそば、昔は運河のように船が出入りしたという塩辛市場へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

2011年8月26日 安寧!>IXY820iS

024 026 027

 IXY820iSという機種ですが、また大けがです。かなり前に底の部分を破損し、愛着もあったもんで買値の半額くらいをかけて修理。この冬、龍山駅前で落っことして破損。その後奇跡的に回復して元気に働いてくれていましたが、昨日某所で車から降りるとき、駐車場のコンクリートの上に落としてまたも中破。これでも何とか写すことができますが、そろそろ引退させてあげようかと思っています。

 もう1台のG10はよく写るけれどボディがやはり大きく、ポケットに常備するサイズではありません。この820の前もイクシの800というのを使っていたので同形式のバッテリーが2つあるのも便利でした。お昼にヨドバシで見てきたら、同型のバッテリーが使えるのもあるにはありますが、どうもデザインが気に入りません。まぁ、最近はバッテリーも良くなったし、別のメーカーのも考えつつ、後継機を近日中に導入予定です。

  本日はかなり暇。のんびり、でもしっかり仕事します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3412 ポンデギは中国産、考えてみれば当たり前

2161 215

 何回行ったか数えきれない馴染みの店、鐘岩洞のホプ「プルティナ」ですが、前にも書いたとおり、7月の20日で営業を譲って、ユンヨシムアジュマは休養中です。偶然行った最後の日、お土産に海苔と、ポンデギの缶詰をもらいました。宿の部屋での写真ですが、2枚目、ポンデギ=蚕のさなぎの原産は中国となっています。へぇ、と思いましたが、日本同様、韓国でも今は養蚕なんてほとんどやっていないはず。当たり前と言えば当たり前です。日本でも長野県の伊那地方だの、カイコのさなぎを食べることになっていますが、国産の蚕って今の日本、どれくらいあるのでしょう?多分飯田あたりで売っている土産のさなぎも中国産なのかなぁ?って思いました。

 しかしこの蚕、たぶん、一番の用途は日本では、あ、韓国でもかな?釣りの餌ではないかと思います。確かに栄養満点なのでしょうが、あのサナギの匂い、食べられなくはないけれど、積極的に食べたいメニューではありません。

 日本に養蚕を持ち込んだのはたぶん大陸からの渡来人。滋賀県、長野県、群馬県、埼玉県だの、昔養蚕が盛んだった地方には神社、古墳、渡来人の足跡がたくさん残っています。日本人の数割はそんな韓国朝鮮の人の家系なのでは?と考えています。

 これは個人的な考えですが、世界遺産世界遺産と騒いでる平泉の奥州藤原氏も、もしかしたら金を採掘、精錬する技術を持った大陸からの渡来人だったのではないかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3411 忠南論山市江景邑の中心部を歩く3

252 253 254 255 256 257

 韓国、一番多いのはやはり仏教だといいますが、日本同様、日頃はあんまりお寺との付き合いは少ないようで、目立つのはキリスト教の教会だったりします。田舎のそれほど大きくない町にも立派な教会が目立つ、地方を旅したことがある方ならお分かりだと思います。

 2枚目は「江景体育館」という看板。ボクシングは少ないけどテコンドとかの道場、「体育館」という名前の所が多いんです。ソウルの街を歩いていても、水色の胴衣を着た子供たちをよく見かけます。習っている人、かなり多いのではないかなぁ。で、この江景体育館の建物、もしかしたら日帝時代の建築かもしれません。立派な商館だった、そんな雰囲気、おわかりいただけますでしょうか?

 3枚目は美容室の看板。面白い名前です。前半分、アジュマ、ハルモニのパーマ頭をそういうのは知っていましたが、後半はどんなスタイルなのでしょう?

 4、5枚目は観光交通時刻表にも掲載されていない、江景の市外バスターミナル。忠南でよく見かける青と黄色のボディのバスがいます。1時間に1本くらいでしょうか?たぶん、いくつかの街を経由するソウル南部ターミナル行きの便があるのだと思います。

 最後は論山警察署。なぜか論山の市街ではなく、今はちょっと寂れたこの江景にあるのです。神谷丹路さんも書いていましたが、この江景、朝鮮時代、日帝時代、かなりの重要な商業地だったせいでしょう。肝心の邑事務所の写真を撮り忘れましたが、この警察署の向かいのあたりにありました。パンフレットなどをもらって江景の古い街歩きを続けた私です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

2011年8月23日 ごーや日記16 本日はオープンデイです

003

 1枚目、今朝のゴーヤです。1日に同じだけ体積が増えるとすれば、大きくなるに従って長さの増加は少なくなる、ということで、あまり長さは変わりませんが、かなり立派になってきました。 種類によってはあまり大きくならないのもあるようですので、あまり熟してしまっても美味しくなくなるという話。そろそろ収穫してもいいかなと考えています。木曜日朝、ということにしておきましょう。

 本日は患者さんの予約を入れない研究日、オープンデイ。でも、お盆休みのしわ寄せで忙しい最近ですので、夕方、けっこう予約が入っています。明日明後日の休みをニンジンにしてがんばります。最近、とんと車に乗らなくなった私ですが、夏の終わり、ちょっとドライブでもしてみるかな?とも思っています。早起きして隣県に脚を伸ばしてみるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3410 경북 상주시외버스터미널

537 538_2 539 540 541 544

 慶尚北道、慶尚道の「尚」のもとになった尚州の市外バスターミナルです。2度目の訪問になりますが、少し郊外に移転、マートを兼ねた大きな建築になっていました。1枚目に見えるチューブみたいなのは階上の駐車場への車の通路です。

 しかし、地方の市外バスターミナルによくあるように、テナントはガラ空き状態。いくつかの売店だけ普通に営業しています。6枚めは表通りに出たところ。自転車都市と言われる通り、歩道に歩行者ゾーンと自転車ゾーンが設けられています。

 お世話になってる延世大学校歯科大学の鄭教授のお父さんの故郷だという尚州。日本人にはあまり知られていませんが、秀吉の戦争の激戦地の一つだったとか。抗日運動の際もこの辺の中心になった古い街です。しかし神谷丹路さんが目を点けた場所、どこも皆、興味深い歴史がある場所。敬服の限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3409 忠南論山市江景の中心部を歩く2

243 244 245 246 247 248 249 250

 ノンサン市カンギョン邑の中心部です。どこへ行っても近傍の大きな街のナイトクラブの広告ポスターがあるのが韓国です。

 さて、冷やかしはダメだよ、という私、やはり昼間であっても遊里を通り抜けるのが冷やかし客のように思われると困るなと思って表通りへ戻りました。2枚目はタバンとその上の行政書士事務所。こんな田舎のタバンだと、検索で来てくれる方々が期待するようなサービスがあるのか?なんて思いつつ歩きます。

 4枚目からはほぼ同じ場所なのですが、ちょっと開けた場所になっています。こういう部分が「朝鮮時代には朝鮮四大市場があった街」というのの名残なのかな?と思います。5、6枚目はもしかしたら日帝時代からあった倉庫かもしれません。6、8枚目の奥の方が遊里。ここでは旅人宿という名前で営業しています。勘のいい男性はお気づきかもしれませんが、7枚目右の小さな家も、ぽつんと離れた場所ではありますが、男性が遊ぶ場所のよう。夜来たらどんな灯りがともっているのでしょう?

 8枚目の左の建物が、このあたりの町の集会所とか婦人会の集会所を兼ねた建物です。この2時間ばかり後、脚の故障で倒れてしまった私をオレンジ色の瓦屋根の店(?!)のアジュマが駆け寄ってきて助け起こしてくれて、この集会所で休むよう、案内してくれました。脚のトラブルの話はまた後で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事619 ハルモニスンデクッで夕方の1杯 つづき

127 128 129 130 132 134 139 141

 「50年伝統 ハルモニスンデクッk」とありますが、ソウルの某所、市場のはずれにある古い店です。1,2枚目の写真でもわかるように、ビルの谷間の小さな一軒家で、周囲も4枚目の写真のように再開発が進んでいます。もう10年以上通っている、ソウルの隠れた美味しい店のひとつです。

 5枚目は公共の変電ボックスかなんかにくくってある「ヒュジ(ちりがみ)」です。3枚目の重ねられた椅子の数からもこの店の人気がうかがわれます。

 夏は暑いからスンデクッのクンムル(スープ)は出ないのかな?と思っていたらかなり後で出てきました。コギアンジュ(コギ=肉、アンジュ=肴)を頼んでも、キムチとプッコチュ(青唐辛子)、そんなのとスープが出てきます。

 7枚目はとなりのテーブルのアジョシたちの真似。プッコチュなんかにつけるサムジャン(包み野菜用味噌)とプッコチュ、セウジョッ(アミの塩辛)をタンの太い部分にのっけて食べてみました。混ざった味が韓国の味とも言えます。まぁ、美味しいモリコギ、どうやって食べても美味しいのですが。

 何度も書いているように、国民性の違いもありますが、牛は日本のが美味しいけど、豚は韓国のが美味しい、そう思います。餌の違いだと思うのですが、韓国でも簡単で速く大きくなる配合飼料はたくさん使われているはず。でも、まだ残飯を与えてというのがあるのでは?と考えています。輸入穀物で構成された配合飼料だと効率よく肥ってくれるのでしょうが、画一的な、アメリカの輸入豚も一緒の味になるような気がします。美味しい韓国の豚肉、いつまでもあってほしい物の一つです。

 最後は長寿マッコリのボトル、いつからかな?色とラベルが変わりましたね。この店も泰陵の醸造所のものでしたが、一番私が飲んでいるのもテヌン工場製。出来立てを飲めるせいかもしれませんが、一番おいしいような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

とうちゃんの自転車日記517 東京のバスもがんばってる

001 002

 忙しかった金土日が過ぎましたが、本日の夜間診療も忙しいです。40代後半は夏バテという言葉を実感し、医院に簡易ベッドを置いて昼寝するのが日課でしたが、自転車に乗るようになってからずいぶん長いこと忘れていました。でも、今日この頃、ちょっと疲れ気味だなと感じています。今日明日何とかがんばって、水木の休みは適度な運動をと考えています。

 写真は東京、用賀の高層ビルの下のバス停留所ですが、小さなターミナルという感じになっていました。もともと営業所があったような気がしますが、ちょっとびっくり。放射状に走る電車が充実しているのに反し、環状に、具体的には南北に移動するときにはバスに頼らざるを得ない世田谷区杉並区目黒区あたり、けっこうバスも頑張っているなと思いました。割引はありませんが、充填式ICカードも使えるし、本数もけっこうあります。「都バスでとばすぜい」という番組、楽しく見ていましたが、都内のバス旅、なかなか面白そうです。

 不景気だからかもしれませんが、歩いて、もしくは公共交通機関でというような遠足、小旅行に関すること、テレビで、本で、ネットで、何だか昔よりも目立っている気がします。もともと「そっち派」の私としては嬉しい傾向。何も遠くまで行かなくても、また有名な観光名所でなくても、面白い場所、面白い道、たくさんあると思います。お金をたくさんかけないでも楽しいこと、ちょっと視点を変えれば見つかるのですよね。

 さて、水木の休みを楽しみに、仕事の準備、月末の雑務をがんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3408 忠南論山市江景邑の中心部を歩く1

236 238 239 240 241 242

 江景タワーからの錦絵と黄山原の展望を楽しんだ後は、細い道を通ってまた邑の真ん中の十字路へ。シンポウリマンドゥで遅い朝ごはんを食べ、邑事務所を目指します。1~3枚目、江景のメインストリート、多分大昔の韓国国道1号線です。日本でもそうですが、新しい広いバイパスができ、さらには高速道路ができ、3代4代前のメインストリートが通る地方の町、旧道沿いの風景、大好きです。

 4~6枚目はちょっと寄り道。夕方や夜なら、遊ぶつもりはありませんので絶対行きませんが午前中のがらんとした遊里を通ってみました。中途半端な形でなかば公認の韓国、遊ぶ人を否定するつもりはありません。また働く女性の人権も保障されるべきだと考えています。日本だってそういうふうになっている部分はあるのですから。 でも、大人の男性のルールとして、冷やかしは絶対いけません。遊ぶなら遊ぶ、そんなつもりで行ってほしいものです。

 前にちょっと触れた旅行中の脚のトラブル、ぐるっとこの江景を歩いて駅へ戻る途中、この遊里のはずれで起きてしまったのです。そして助けてくれたのはたぶん、ここで働くピキアジュマなのでした。普通の人が普通に暮らす町なのでした。

 アップ後の追加です。1行目「黄山原」というのは地名でもあり、映画の題名でもありますが、この江景付近の錦江右岸の平野のこと。「ファンサンボル」と読みます。有名な話ですのでご存知の方も多いでしょうが、九州地方では「原」という字を「ハラ」ではなく、「ハル(バル)」と読む地名がたくさんあります。「ボル(ポル)=ハル」、「西都原」とか、「原田」とか、これは朝鮮の言葉が起源だという話、なんだか嬉しい私です。

 映画は、名優パクジュンフンとチョンジニョン、さらにはキムソナとか林の親分の、、あれ、誰だっけ?シンヒョンジュン?そんな人たちが出た新羅と百済の時代劇ですが、あまり当たらなかったような、、、気がします。うちにもビデオがありますが、言葉が昔風だったり、中国語が入っていたり、これも、韓国語学習者には有名な「コシギ」という言葉が頻出、聞き取り練習には難しかった覚えがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3407 中部内陸高速道路で尚州へ2

524 529 530 531 532 533 534 535 536

 高速道路を走る市外バスからの韓国の田舎の写真です。3度目の中部内陸高速道路になりますが、1回目は氷雨の降る暗い初冬の早朝。2度目は夏でしたが夕方から夜の走行でしたので景色は楽しめませんでした。3回目の今回、好天の夏の日の韓国の緑を思う存分見ることができました。ヨジュから忠州、聞慶、尚州、テグと走るこの道、案外通ったことがある方は少ないのではないかと思っています。

 1枚目は少し角度を変えた主屹山(チュフル山)、日本人には知る人が少ない韓国の名峰です。錦繍江山という言葉、韓国ではよく使われますが、この道、秋に通ったらきれいだろうなぁ、と思いながらのバス旅行でした。韓国の山、韓国の田舎の風景をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

普通の韓国を探して3406 중부내륙고속도로로 상주까지

512 514 515 516 519 518 520 522 523

  タイトルは「中部内陸高速道路で尚州まで」。韓国の田舎の写真です。全部市外バスからの車窓風景、わりあいフォーカスがまともなものを抜粋しています。

 韓国の高速道路網、すごい速さで伸びています。この中部内陸高速道路もできてけっこう経っていますが、通るのは3度目。東ソウルターミナルからここ経由でウルサン、海雲台行きのバスもあります。

 1枚目、左にひときわ高く目立つのが東ソウルターミナルの前、江辺駅前のテクノマート。原因不明の揺れで話題になった高層建築です。やはりこのあたりでは群を抜いて高いので目立ちます。東ソウルを出て、ぐるぐる回って漢江を渡り、河南市で中部高速道路へ。利川の分岐で嶺東高速道路に入り。ヨジュの先で右へ。長湖院、甘谷、忠州、聞慶セジェを越えて聞慶、尚州、テグの手前で京釜高速に合流するこの道、案外いつもすいています。

 ただの山と川の写真と言えばそれまでですが、山好きの私、面白い格好の山があればついついシャッターを切ってしまいます。長距離旅行の交通機関の中では寝ていることが多い韓国人ですが、私は天気さえ良ければ、面白い風景を探してずっと起きている、そんな地方旅です。9枚目の鋭鋒は前にちょっと紹介した主屹山。横から見るとこんなとんがった姿。南から見るとぎざぎざの稜線が登高意欲をかきたてる、そんな名峰です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3405 貞陵洞歩き 貞陵市場バス停へ

167 168 169 170 171 172 173

 前の項の最後の写真にあった刺身屋の水槽です。値段が表示してあるのでなかなか面白かったです。予定が無ければちょっと食べたいとも思いましたが、約束があり残念ながらパス。1、2,3枚目が貞陵市場の写真です。

 4枚目はバス通りの歩道での工事の様子なのですが、いかにも韓国らしいな、と思っての1枚。わかりますか?水道か電気か、下水かわかりませんが、小さな穴の周囲に数人のアジョシが集まってあれこれ話しながらの作業。傍目から見るとこんなに人が必要なの?なんて思ってしまう韓国の小工事、わかってくれる方、おられますよね?

 5枚目がバス通りの停留所。マウルボスを含めるとけっこうたくさんの路線が走っています。143番に乗って、、さて、どこへ行ったのでしたっけ?ちょっと覚えていません。

 ソウルの城北区貞陵洞の散歩シリーズ、これでおしまいです。どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3404 忠南論山市江景邑 再び町の中心部へ

221 222 223 224 225 226 227 228 229

 江景タワーからまた町へ戻ります。2時間もあれば歩いて回れそうな小さな邑内です。昔錦江の水運で栄えた名残なのか、8枚目、青少年保護区域がありました。町の中心の十字路から、邑事務所(町役場)を目指して暑い中、歩きました。「塩辛商会」の看板、ここでも写っています。

 日本でもそうですが、「昔栄えていたけど今はひっそり」、そんな場所を歩くのはうまく言えませんが「身近な歴史の旅」という感じが愉しい(カッコつけました)ものです。

 アップしてから思い出しました。4枚目、「江景華僑小学(初等学校)」という表札を撮ったのでした。済州、全州、群山で、同様に今はやっているのかわからない華僑学校を見ていますが、こんな小さな町にもあったとは、ちょっと驚きです。それだけ本当にここが昔に栄えていた証拠なのでしょう。

 江景にあった華僑小学校の話、知っている日本人はどれくらいいるかな?大先輩、神谷丹路さんはここを、見ていたのかな?ふふふ、なんて嬉しく感じる1枚です。ともかく、韓国の普通の街歩き、こんな発見があるからやめられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 ごーや日記15 涼しくなりました

002 001

 おはようございます。昨日あたりから急に涼しくなった新潟です。昨夜からの雨で路面はウェット、ちょっと雨が当たる中、自転車で出勤です。現在はしっかり雨。ちょっと自転車には乗りにくい天候ですが、午後の帰る時がどんな天気かは心配してもしょうがありません。

 「天安でソウルの雨を心配するな」という言葉、群山から高速バスでソウルへ戻る時に思いついた言葉を紹介していますが、「ずっと先のことや、心配してもどうしようもないことは心配しないに限る」、これ、なかなかいい文句だと自分でも思っています。

 さて、ゴーヤですが、1枚目は昨日の朝、2枚目は今朝のものです。なるべく同じ距離、アングルで撮っているつもりですが、大きくなっているの、わかるかな?芽を出して、葉っぱが出て定植し、つるがどんどん伸びて、と、何だか子供の成長を見るような気持ちで観察してきたので収穫して食べてしまうのがかわいそうな気もしますが、もうすぐ1号(実としては2号)をいただくことになりそうです。

 本日も仕事。午前は忙しく、午後はそうでもありません。ちょっと月末絡みの事務仕事がありますが、早く帰ってのんびりできればと考えています。皆様、よい休日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »