« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »

2011年9月10日 (土)

普通の韓国を探して3437 江景 玉女峰公園の石碑群 

339_2 340 341 342 343 344 345 346

 前に、交際をスタートして100日目に赤いバラの花を100本プレゼントする、そんな話を書いたことがありました。韓国、普通の花屋も多いし、ネットでの注文で宅配する花屋もあったり、とにかく、一般人がしょっちゅう花を買うので安く売られているようです。日本で赤いバラ100本なんて贈ったらへたすりゃ10万円オーバーですからね。

 同様に、石も、日本より身近でポピュラーなのではないかな?と思うのです。日本人だと立派な庭園を持つお金持ち、もしくはがんばって趣味にお金を使う風流人以外、普通のもんは墓石以外で石屋さんのお客になることはまず無いと思います。韓国でも、庭園に石灯籠なんてのはあまり無いでしょうが、集落の入口の巨大な石、「龍賢2里」だの刻んだやつは韓国全土、どこの村にもありますし、ロータリークラブなんかが寄贈した石碑だの、公園、街角、とにかくそんな石造物、すごくたくさん見かけます。村の発展に寄与したハラボジの石碑だの、それこそいくらでもありそうです。たぶん花同様、石屋さんの品物も日本よりずっと安いのではないかな?と想像しています。

 今回の写真はカンギョンのオンニョボンgの続き、頂上下の小広い平地に8枚目のような遊具とともに、ずらっと石碑が並んでいました。1枚目はこの山の名前といわれを記したものでしょうか。2枚目は「敬老会長?」、あとは、たぶん、「号」を持つ町の名士のものでしょうか。そして6,7枚目はこの江景でも立ち上がった「3.1抗日運動」のものです。こんな石でできた碑だのも、「昔のことを忘れない」という韓国人の姿勢というか方針みたいなものの現れかなぁと思っています。

 次回の江景はいよいよ玉女峰を降りて昔の日本人町、日本家屋のたくさん残る通りへ歩いた時のものになります。

 すみません、アップして写真を見たら、2枚目、「敬老会長」ではなく、「敬老憲章」でした。謹んで訂正です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3436 ソウルのとある街の歩道の敷石

282

 私の歩いた場所なので想像がつくかもしれませんが、ソウルの街を歩いていたら、歩道の石にこんなのが刻まれていました。壬辰倭乱がらみの小ネタです。帰国後、本を見ていたらこれ、韓国では有名な言葉なのでした。ご存知でしたか?あ、漢字ですね。みんなわかるでしょう。所在地もわかる方がおられたらスゴいです。

 本日午前は忙しいです。がんばります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3435 北川戦績地から見下ろす尚州市街

563 564 565 566 567 569

 1~3枚目は昔の高級公務員の出張時の宿だった「商山館」という客舎。大きすぎて1枚のフレームに入りません。尚州の街を見下ろす小高い山の中腹にあるこの「壬乱北川戦績地」、何度も書いてしまいますが、ものすごくきれいな公園です。多分毎日毎日整備されているのだと思います。

 さらに上ると尚州の街がもっとよく見えるようになり、これは新しい、壬辰倭乱で国のために戦った朝鮮の人たちの慰霊塔がありました。これもきっと日本というか九州、名護屋城の方を向いているのでしょう。韓国の人たちの「忘れないぞ」」という気持ちがよくわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

普通の韓国を探して3434 ソウル またまた鍾路夜景 ソウル劇場の通り

055 056 057 058

 おんぼろコンピュータ、画像を入れる画面が凍りついて動かないので、切り捨てアップロードです。またあとで追加するかもしれません。

 よく旅行掲示板で「南大門市場の屋台はボられるから鍾路へ」だのいう話が出ていますが、鍾路と言っても広うござんす。前に何度か紹介した鍾閣駅の裏手、マクドナルドとかホテルソンビの前の小さな屋台群、ポジャンマチャ村もあれば、鍾路3街の北の通りの子の間紹介した場所、さらには今回の南側の通りにも幌張馬車がたくさん。まぁ、どんどん韓国語を学んで、屋台にも進出してほしいものです。

 1枚目はカムジャタン。鍾路の北に並行するピマッコルは有名ですが、南側にも一部、大通りと並行する飲食店の多い細い通りがあります。通称「南ピマッコル(私が付けた名前)」ですが、そこの店でネットを通じて知り合った日本人のご夫妻との夕食でした。マッコリ飲んで、で、私は2軒目で早起きもあり眠くて、1次会だけでおしまいになった夜、その帰り道の写真が2枚目以降です。映画館がたくさんある鍾路3街、鍾路の南にあるのがこのソウル劇場。その前の通り、3街を南へ下る道にもポジャンマチャはたくさん。朝まで営業しています。日本語は通じにくいでしょうが、店主アジュマ、普通の韓国人のお客さんと話しながら食べるのはきっと楽しいですよ。来たれ日本人、というところです。

059 060 061 062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3433 尚州 壬乱北川戦績地の中へ

555_2 556 558 559 560 561 562

 1、2枚目は入口にある案内図、自転車は清掃奉仕のアジョシ、アジュマ達のものです。流石は自転車都市と言われる尚州です。

 3枚めが入口ですが、入場無料、でも、前にも書いたようにおそろしくきれいに清掃が行き届いています。ゴミ一つ落ちていません。何だか、この公園に対する韓国の方の執念みたいなものまで感じるきれいさです。

 5枚目が商山館という客館、入れませんが、とても立派な、韓国ファンにはうれしい建物です。7枚目の楼閣の上でもアジョシが丁寧に雑巾がけをしていました。たぶん毎日やっているものと思われます。壁が無いのですが、とてもきれいに保存されています。大袈裟ですが、この北川戦績地、私には竜宮城に迷い込んだみたいに感じる場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

普通の韓国を探して3432 ソウルも好き

141 202 203

 おはようございます

 今日明日は休み。日頃は自転車ですのでちょっと大きな荷物を運びに車で出てきました。午後は家内が買い物に行きたいということで、午前中がとうちゃんの休み。これから帰宅して自転車で出かけるつもりです。楽しみです。

 写真は新しくなった長寿ソウルマッコリのボトル、あとはバスの中、バスからの車窓風景、みなソウルでの写真です。なかなかきれいでしょう?ソウルへ行きたくなる写真です。

 1泊2日でもけっこう居る時間がとれる新潟便、過去に1泊2日の経験も2~3度ありますが、やはり飛行機代がもったいないです。次回、ちょっと私にしては長めの日程で航空券を予約しました。少し前に書いた矯正材料のこと、11月の学会のこと、そんな用事を済ませて、さて、どこへ行こうか?午後は留守番しつつ、そんな計画を考えるつもりです。 「計画を立てるのも旅行のうち」、よく言ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3431 慶尚北道 尚州市 壬乱北川戦績地へ

550 551 552 553 554 557

 サンジュのターミナルから北へ、1キロも無い場所に尚州壬乱北川戦績地があります。「目の覚めるような美しさ」ってあるのだなぁと思いながら歩いて北川(シンプルな名前ですね)を渡ります。神谷丹路さんの本ではさらっと書かれていて、戦争で亡くなられた方の遺徳をしのぶ行事のことが中心でしたが、この公園(?)すばらしくキレイです。

 川もきれい。魚がたくさんいました。また、ああ、韓国らしいなって思ったのはハラボジハルモニの自願奉仕、川岸の公園、遊歩道の清掃行事が行われていました。朝の街角、公園、韓国では日本以上に元気なお年寄りのボランティア(自願奉仕といいます)の清掃、しばしば見かけます。最近は書かなくなりましたが「日本も昔はそうだったであろう美点が今も濃厚に残っている国」が韓国と台湾だと思っています。良くない事ばかりあげつらって書かれてしまうことが多い韓国ですが、いい所、たくさんあるのですよ。

 6枚目は入口の看板。読める方は読んでみてください。ここでも、たぶん奉仕活動で日常的に行われている戦績地の掃除を終えて帰る様子のアジュマとハラボジがいました。

 1,3枚目の立派な建物は朝鮮時代の客館。王様や政府のお役人が地方で宿泊する施設を客舎というそうで、有名なのは全州にあります。でも、ここは客舎の上のクラスの「客館」という建物だとのこと、それだけ、この尚州が昔の朝鮮という国の中の重要な場所だったということです。 これも神谷さんの本からの受け売りですが、別の場所にあって荒れ放題だったのを移築、整備さたとの話です。いい天気の青空の下、本当に韓国建築の美という感じです。

 韓国好きの方なら「イムジンウェラン」という言葉はご存知だと思いますが、ここ、丁寧に2度の戦争のうち、片方だけの名前がついています。韓国、案外そういうのに律儀です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

2011年9月6日 オープンデイです

001 002

 こんにちは

 午前はいろいろ雑務をこなし、お昼を食べて医院へ戻りました。午後はスタッフが研修のため、休診。院長が電話番をしていましたが、節電もしないとで、もうすぐ帰宅、家で転送電話で変更、初診相談、トラブル応対などを受け付けます。

 午後からは日当たりのいい当院、窓を開けた方が涼しいくらいです。留守番電話を仕掛けて帰宅して、転送電話を設定するまで、空白の20分くらいがありますが、ま、ケンチャナというところです。 それでは、今日は先に上がらせてもらいます。クロム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3430 久々に韓国の犬 

261 262 263

 前に額に三日月形の黒い毛がある新潟古町の猫をアップしましたが、今回は片方だけ眉毛がある韓国の子犬です。両方あったらテレビに出られそうですね。

 2枚目と3枚目は別の写真。「ん?!何?」という感じでこちらを見てくれました。4本足があって毛が生えていて目も耳も鼻もあって、お腹がすくとご飯をおくれよ、とせがむ動物、やはりかわいいもんです。鳥や爬虫類も飼えばかわいいのでしょうが、やはり哺乳類への親近感は大したものです。珍島犬かな?きっと今はもうかなり大きくなっていることでしょう。幸福な犬生を送ってくれることを願いつつ、散策を続けました。

 本日はオープンデイ。会計関係の資料提出です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3429 ソウル 忠武路 繁華街の朝

264 265 270 271 272 273 274 275 276

 続きです。明洞の東、昔は清渓高架道路の支線があった通りを越えた忠武路の街です。大通りを渡っただけで日本人はぐっと少なくなる街ですが、この辺から忠武路駅のあたりまで、けっこう有名な、これは観光客にも、地元の人にも有名な飲食店があるようです。

 1、2枚目に釜山ポクチプの看板が見えますが、この店も有名店。韓国でふぐ、ということで、日本人でもちょっと研究熱心な方は探して訪問したりしてるかと思います。この忠武路の繁華街の中でも確か昔は3軒あった店で、医院旅行の際に一度だけ行ってみました。ふぐにも種類があって、黄ふぐ、カチ(かささぎ)ふぐ、チャム(真の、良い)ふぐ、それぞれに辛くないチリと、辛い鍋があったはず。せっかくなので辛いのを食べましたが、もともと淡白なふぐですからニンニクと辛い味が勝ってしまって、、、まぁ、やはり高くてもふぐは日本かなって思ったのでした。

 1枚目左の大都食堂忠武路店も有名店のチェーン店、ちょっと高級な韓牛専門の焼肉店で、上往十里の本店に行ったことが一度だけあります。

 最近、韓国で目立つのが「日本式」を謳う居酒屋。「こころおでん」という店が写っているように店名もけっこう日本語が増えてきています。大抵一人ですのでほとんど入ったことはありませんが、どうなんでしょう?前に新川で行った店はみんな冷凍だのレトルトだの、、、ちょっと期待外れでしたけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3428 忠清南道 江景の玉女峰の頂上から

116 118 119 120 121 122 124 125 126

 茶店とか、記念碑、アスレチック設備などがある平らな部分からもう一上り、オンニョボンgの頂上です。低い山とは言え、やはりてっぺんは気持ちがいいもの。木陰もあり、ベンチもあって、何人かの人が景色を楽しみつつ休んでいました。挨拶をしてちょっとお話。あとは私も雄大な景色を楽しみます。

 何度か「本当にプヨの山が見えるのか?」という疑問をここでも書いてきましたが、見えそうなくらい、低い山々と平地が遠くまで見晴らせます。朝鮮時代はここにものろし台があったようで、そのレプリカも置かれていました。

 8枚目は東方向、新しい江景川の流れと、遠くに大屯山でしたでしょうか?ひときわ高く見える忠南を代表する岩山が見えています。さんざん汗をかいたけど上ってきて良かったと想わせる絶景を楽しむことができました。気持が大きくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

2011年9月5日 (주)광명데이콤に問い合わせ

301

 グヮンミョンデイコム、韓国の歯科材料商社で、大韓歯科矯正学会の業者展示でも最大級のブースを持つ会社なのですが、わが日本のTOMYという会社と提携して日本製の矯正材料も扱っているのです。

 我が新潟県、3月の地震では幸いさしたる被害はありませんでしたが、矯正材料のことで日本中の矯正歯科医が、ちょっと困っています。というのは、上記、TOMYの主力工場の一つが福島第一原発のすぐそば、大熊町にあるのです。大学勤務時代の最後の頃、工場見学に行きましたが、大熊町最大の企業は東電、2番目は大差でTOMYということでした。 地震、原発事故の後は当然立ち入り禁止だし、勤務していた人たちも各地に避難でばらばらに、ということで、主に金属製の矯正材料、矯正技工材料等が在庫切れ、それぞれ工夫してなんとかしのいでいる状態です。

 昨日、スタッフに、「先生、田舎ばかり回らずに、韓国行った時に不足している材料を探して買ってきてください。」なんていわれてしまいました。う~んそうだね、ということで、先程韓国のグヮンミョンデイコムに電話、TOMY製矯正材料のことについて尋ねてみましたが、日本も韓国もほぼやっていることは同じである矯正歯科治療。日本で売り切れの材料が韓国では買えるなんてうまい話などありえず、やはり韓国でもTOMY製品の不足で矯正の先生方、困っているそうです。

 もうすぐ地震から半年。最近原発の事故のニュースはあまり聞かれなくはなってきましたが、どうなっているのでしょう? 新しい総理大臣のもと、皆で協力して復興を目指さないといけません。

 TOMYと、販売会社であるトミーインターナショナルの皆さんもがんばってください。一部、すでに他社製品を買わざるを得なかった材料もありますが、生産力が戻ったら必ずTOMYに戻りますから。

 写真はグヮンミョンデイコムのあるソウル特別市中区南大門路5街のそばの、旧韓国銀行本店前です。新世界本店前というほうがわかりやすいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3427 ソウル 忠武路の繁華街 이바토해2000のあたりです

254 255 256 257 258 259 260 262 263

 3街の通りをずっと南下、中部警察署の先まで来ると忠武路の繁華街です。大小の会社があるこのあたり、退勤後の1杯を楽しむような店がたくさん。食堂もあれば飲み屋もあります。

 昔のガイドブックでこのあたり、マルンネキルの南側、釜山ポクチプが3つくらいある忠武路の繁華街を勧めていた記事を見た覚えがありますが、明洞と背中合わせなのに、日本人観光客はずっと少ない、そんな街です。

 前に小ネタ、「イバトヘ2000」の写真を紹介したのもこのあたり、何度か韓国へ行って、韓国語も少しはできる、そんな方、こっちの方へ脚を伸ばしてみてはいかがでしょう?ガイドブックに出ている店より美味しいとこ、たくさんあると思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3426 慶尚北道尚州 市外バスターミナルから壬乱北川戦績地へ

544 545 546 547 548 549

 久しぶりに訪問した尚州、慶尚道の「尚」のもとになった古い街で、昔は釜山の東莱からソウルへ向かう交通の要所だったという都市です。京釜線など無かった時代の話です。

 新しく少し郊外へ移転した市外バスターミナルに到着。バスの中から場所を確かめておいた北川戦績地は少し戻る感じですが、幸い大した距離ではありません。ターミナルで小用をたし、水を買って歩き始めます。1枚目がターミナルを出たところから北を望む風景。2枚目が振り返っての尚州市外バスターミナルです。さすが「自転車都市」と言われる尚州、自転車博物館もあるくらいで、歩道には自転車レーンが設けられています。

 凄みのあるくらいの大陸の青空をバックに教会の芸術的(?)写真を1枚きめて、町の北を流れる橋のほうへ歩きました。5、6枚目、橋の手前からも壬乱北川戦績地、よく見えます。非常にきれいに整備された公園のようになっており、神谷さんの本で読んでいた通り、いくつかの歴史的建築が移築されています。

 国のために命をささげて戦った先人の遺徳をを偲ぶ施設として、なかなかそういうものが少ない日本から見ると、ちょっと驚きです。歴史を大事にする韓国、いい意味でも、逆の意味でも、昔のことをしっかり心に刻む韓国人の国民性を感じます。

 数十万の秀吉の軍隊が侵入して各所で地上戦が行われ、一般人もたくさん犠牲になった韓国。 外国の軍隊が国内に攻めてきた経験が沖縄戦と空襲以外無いとも言える日本とはやはり違うのは当たり前かもしれませんが。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3425 충남 논산시 강경읍 옥녀봉공원

324 325 327 330 331 326 333 334

 江景の名所、玉女峰です。「オンニョボンg」と読むのかな?山全体が公園になっており、昨日の写真にもありましたが、韓国ではおなじみのアスレチック設備もありました。

 頂上の手前、少し広くなった部分には、たぶん、江景の町のために貢献した人の記念碑、いわれのありそうな木と、不思議なドーナツ型の石、そしてこれは意外にも茶店のような売店がありました。休日平日を問わず、けっこう人がやってくる場所なのでしょう。アジュマが1人と、お客さんだと思われる暇そうなアジョシが1人談笑していました。

 てっぺんはもう少し先ですが、あまりに汗をかいたのでこの茶店でアイスを買ってしばし休憩。店の裏からも錦江が望める景色のいい場所です。扶余の扶蘇山が見えると言うけれど、距離は20キロ以上あると思います。さて、どこらへんなのかなと思いつつ、どんどん溶けて行くアイスが棒から落ちぬよう注意しながら食べました。

 次回、カメラを交換して、玉女峰頂上です。その後は別の道を下り、いよいよ日本家屋が残る旧日本人町へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

普通の韓国を探して3424 ソウル 鍾路夜景ふたたび

595 596 598 599 600 601 602

 初夏の夜の鍾路です。 場所は5号線の鍾路3街駅の上。楽園商街東口から3号線の駅の方へ続く国楽の楽器の店が多い通りを御存じだと思いますが、あの短い道、夜になるとこんなふうに幌張馬車でいっぱいになります。

 寒くない季節ですので、幌張の幌=ビニール製のテントはなく、そのまま露天の飲み屋になってて、かなりのお客さんで賑わっていました。韓国語ができないとなかなか行きにくいかと思いますが、これだけ人がいれば日本語がわかる人もいるはず。2人以上であればきっと地元の人とふれあいつつ、楽しいお酒を飲めることと思います。

 あれ?!と思ったのは6、7枚目。やはり飲み屋の看板ですが「m&m」と小さく店名の下に表示があります。何度か書いているように、この辺、男性の店が多いと聞いていますので、m&mというのはその目印なのかもしれません。どなたかからコメント頂いたように、「ごくライトである」とのことですので、機会があれば一度行ってみようと思っています。

 よく観光掲示板で鍾路の屋台、鍾路の露店という話が出ますが、酒を出す店が多いのはこの鍾路3街の北側の通りと、只今進行中の大韓劇場前から清渓川3街へ行く南への道の2本だと思います。韓国語を学べば、韓国旅行、もっともっと楽しくなります。ボラれるなんてのが心配なら最初に予算を3万なり、5万なり、告げて飲めば大丈夫だと思います。2人で3万W、料理2品と焼酎2本、充分なはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3423 江景 玉女峰公園へ上る

312 314 315 316 317 318 319 320 321

 江景の町の北寄り、錦江の川岸にある50mほどの高さの小山が玉女峰です。公園のようになっていて、上がると見晴らしが良さそう。また、日帝時代に神社があっただか、建設しようとしただか、神谷さんの本にも出てきましたが、暑いけれど上がってみます。

 江景の朝に着いてもう数時間、この頃には気温も上がり、汗だくでの歩行でした。シャツも、ズボンも内側からの汗で濡れ、額からぽたぽた汗が落ちる状態です。水の補給に関しては気をつけていましたが、この辺での大量の発汗が1時間ほど後の脚のトラブルの元だったのでしょう。

 しかし、高い所、景色がいいです。江景の町、ゆったりと流れる大河、錦江、そして朝一番に上がった江景タワーのある山(こちらは黄山という名前らしいです。7枚目の写真に見える橋は黄山大橋です。))、だんだん景色が開けてきます。なぜか廃屋が1軒。それもだんだん下に見えるようになると、頂上近く、やはり韓国です。立派な八角形のあずまやがありました。頂上まではもう一息です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »