« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »

2011年10月 1日 (土)

2011年10月1日 少し早く終われました

063

 ちょっと具合の悪いスタッフを先に上がらせて、院長はもう少し雑用、石膏トラップを掃除したり電話番して帰ります。明日も忙しいです。嬉しいって思わないといけませんね。

 写真は、どこだかわかりますか?某大人気豚肉料理チェーン本店の入口から見た厨房です。何で韓国で食べる豚肉はあんなに美味しいのでしょう?不思議です。

 先回の訪問、少し前に書いたように一度読みこんだメモリーを再度読み込んでくれないため、家の機械に入れざるを得ず、ちびちび紹介して参ります。

 大体の経路だけお話しすると、初日はソウルから釜山へ、久々のチャガルチ市場で豪華な刺身で一杯。釜山大学校の先生と一緒でした。 2日目は遠足。チャガルチの宿からタクシーでショートカットして釜山西部市外バスターミナルのある沙上。でも、タクシーを降りた場所がもろに釜山金海軽電鉄の始発駅前。これじゃぁ乗らないわけにいきませんので、軽電鉄で金海市の市外バスターミナルのある金首露王陵駅まで。少し待って市外バスで馬山のターミナル。タクシーでリベラホテル前。海産物の具沢山なチャンポンを食べて、また市街バスターミナル。市外バスでハプチョン。少しハプチョンを見て、また市外バスで高霊。高霊では、ターミナルの手前で降りてしまったけれど、それが古墳のたくさんあるあたりの近く。古墳を見て、町を歩いて市外バスターミナルへ。そこからバスでテグ西部市外バスターミナル。遅いお昼のチャジャン麺をターミナルそばの中華屋で食べて、市外バスで昌寧経由釜山西部。前に昌寧へ行ったときにはよく見えなかった火旺山の姿がすばらしかったです。

 3日目は釜山市内と釜山大学校。蓮堤区庁から荒嶺山の谷に分け入って、さらに登山道に入り、尾根を越えて映画「一番街の奇跡」の舞台となったムルマンゴルの撤去民村を歩いてきました。午後から釜山大学校へ。その後、講師の先生の車で昌原のサッカーセンター。ロンドンオリンピック最終予選を観戦して大渋滞の中釜山へ戻ったのは12時前。

 4日目は老圃洞からバスで慶州。慶州をちょっと歩いて皇南パンを買って、セマウルで東テグ。東テグでお昼を食べて、ソウル。ソウルで宿探しの末、君子洞のモテルに決定。久々、洗面台で水を使うと下から浴室の床にジャブジャブ水が流れ出すモテルに当たりました。古い韓国モテルではよくあることです。その後、瑞草洞の李準圭先生のオフィスに行き、挨拶、見学。李準圭先生の車で新しいお宅のある盆塘へ。昔は盆塘の薮内駅前のアパートだったのが、少し前に職住接近だといって南部ターミナルそばのXiアパートに引っ越したのに、また盆塘に戻られたとのこと。稿を改めて紹介しますが、盆塘にも一戸建ての豪邸が並ぶ城北洞のような街があるのを初めて知りました。そしてホンオ三合を食べて、バスでソウル。

 最終日は鐘岩洞のホプアジュマだったアジュマのおごりのお昼を食べて、仁川空港へ。第一貯蓄2銀行だかの銀行長さんが投身自殺だか、そんなニュースのあった日でした。

 いろんなとこを歩いて、いろんな人に会って、いろんな食事をして、けっこう私の韓国歩きも上手になってきたなぁと感じるような訪問でした。初対面の韓国の方、日本語が全然わからない方とでも1時間、2時間と世間話ができるようになったのは本当に嬉しいです。まだまだきちんとした言葉ではない部分もあるとは思いますが、終わりのない語学の海、上手に泳げるようになりつつあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3461 ソウル セントラル観光ホテル

058 057

 清渓川3街に建つ古いホテルです。昔は3階か4階の高さに清渓高架道路があり、うるさいし暗いし、あまりいいイメージを持ったことがありませんでしたが、それが10年ほど前になくなり、ちょっとは明るい感じになりました。

 周囲は機械、工具、部品、そんなのの小さな店、工場が集まっていて、事情を知らない初めてのソウル、なんて方が泊まると「韓国ってトンでもない国」って先入観をもってしまうかもしれませんが、慣れた方なら充分リーズナブルな安ホテルです。高級モテルであるホテルソンビよりも安いですからね。ただエレベータの中の住まいの香水みたいのは、やめたほうがいいと思います。

 次回のソウル、11月ですが大韓歯科矯正学会大会での出張です。秋の旅行シーズン、また、連休にかする日程のため行きは切符が取れず、やむなく東京羽田からの出発で帰国は新潟へという変則ルートです。747、乗降に時間がかかりますが、もうすぐ無くなるかもしれない機体。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3460 慶北尚州の普通の町3

610_2 611 612 613 614 615

 ごく普通の韓国の地方都市、普通の街角の写真です。やはりかがりさんの言う「カラっと乾いた感じ」があるかな、って思います。ここ尚州にも日本人花嫁さんがいましたが、普通の観光客はまずこんな町、歩かないことでしょう。でも、私には幸福な時間なんです。

 少し前に乗後景さんからコメント頂きましたが、朝鮮時代は陸上交通の要衝だったこの尚州。確かに「州」と言う字がつく地名は歴史的に大事な場所だったのだと思います。現在の「道」の名前になっている忠州、清州、原州、全州、羅州、慶州、そしてこの尚州。でも、他にも州とつく地名あるよなぁと思ってノートに書きだしてみました。

 楊州 南楊州はソウルの東だけれど、元祖楊州は議政府の北西。神谷さんの本に寄ればやはり重要な街だったとのことだけど、今はただの田舎。

 広州 ソウルの南東部。ソモリクッパプで有名なコンジアムがあるところ。昆地岩という岩も実在

 栄州 慶北の地方都市。鉄道の要衝。リンゴ、高麗人参などで有名。

 井州 井邑の昔の名前

 晋州 秀吉の戦争の激戦地 大きな川が流れる街

 光州 全南の大都市

 綾州 光州の南、雲住寺へ行く途中で通る。支石墓がそこらの畑にもごろごろ

 ヨ州 漢江沿いの町、世宗大王陵がある。川の港として発展?

 済州 ご存知文化的にもちょっと半島とは違う漢字の島の国

 公州 百済の首都だったことがある地方の町

 行ったことがあるのは、こんなところかもしれませんが、他にも地図を見ると昇州があったり、溟州があったり、完州があったり、前回行くつもりだった星州があったり、、、それぞれ何か歴史的な話があるのだろうと思っています。

 尚州歩き、次回は町の中心部へと続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)

普通の韓国を探して3459 ソウル 黄鶴洞歩き1

089 090 091 092 093 094

 ソウルの中央市場を抜けて退渓路の続きの往十里キルへ出ましたが、また裏道に入ります。この黄鶴洞、厨房機械器具、それと食器などの関係の店が集まる地域もあれば、中古家電、がらくたのような古物雑貨を扱う店が多い地域もあります。今回の写真はそれらとも違う、家具の店が多い地域。業務用のものも多い感じです。

 前に中央市場の屋台で食事した時、たまたま知り合った美容師さん一家も、開業準備のため、ここに椅子だのなんだのを買いに来たと言っていました。彼の店は長渓市場のすぐそば。その後一度行ってみてカットしてもらったことがありましたが、次に行ったらすでに店は経営が変わって、元の経営者はオーストラリアへ移住したと聞いて驚きました。新しく事業を始めてもうまく行かなければすぐに畳んで、というのはしばしばあるでしょうが、豪州移住というのはちょっとびっくり。バイタリティのある韓国人らしい一件でした。

 そんな道を歩きつつ、久しぶりに黄鶴洞のノリトへ行ってみることにしました。ノリ=遊び、トは一定の面積を持つ場所のことを示す固有語ですので、「遊び場」=児童公園というところです。ちょっとした規模で木がたくさん。夜は照明も明るく、公衆化粧室もあるので、昔からよく利用させてもらっていた場所です。黄鶴洞に住む人なら知らぬ者が無いそんな場所、まさか無くなってはいないだろうな、と思いつつ歩みを進めました。

 黄鶴洞のノリト、行ったことある方、おられますでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3458 慶北尚州の普通の町2

604 605 606 607 608 609

 ソウルの鍾路にある地図専門の出版社である中央地図文化社、韓国語の地図は毎年更新されますが、漢文版という漢字のものは5年どころか8年か10年に一度の改定です。手元にある最も古いのは80年代後半に初版が出た物。以後、地方都市の詳しい地図がだんだんカットされる傾向にあり、貴重なものとなっています。

 その漢字の地図の尚州の部分をコピーしての旅行でしたが、白花寺というお寺の表示が町中にありました。そこでちょっと寄り道。すぐに見つかりました。韓国の寺、大抵山の中にあるのですが、ここは平らな町の中。新しく郊外にできたターミナルよりも内側です。普通の家のような敷地にお寺の建築が。日本でも税金対策でなんて話も聞かれますが、ちゃんと地図に載っているこのペkファ寺、どんないわれがあるのでしょう。

 1枚目は小さな集合住宅。地方へ行くとこんなのに出会うことができます。アパートとは言えないのでしょうが、なんか親しみを感じるこぢんまりしたアパートでした。

 寄り道ついで、細めの通りを歩いて尚州の中心部に向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年9月29日 (木)

普通の韓国を探して3457 釜山 チャガルチ ヘリム荘モーテル

20100908_076 20100908_077 20100908_079 20100908_080 20100908_078 20100908_081

 今回の出張、私にしては長い4泊5日の日程でしたが、1泊も宿の予約をしませんでした。秋の観光シーズン、ソウルの宿はほぼいっぱい。まぁ連休がらみの日程ですのでしょうがないのかもしれません。

 直前に連絡を取った釜山大学校の先生とは今年すでに何度かお会いしていますが、いずれも西面だの駅前あたりに宿をとっていました。釜山市の南部、昔からの市街地である南浦洞、チャガルチ方面は10年ぶり以上かもしれません。久々、チャガルチの様子を見たくて、駅から地下鉄で南へ。 しばしばコメントいただく釜山のベテラン、エクスプローラさんの定宿であるヘリムジャンへ行ってみました。コピーも何も持たずに行きましたが、大体の目星は地図でつけておいたのですぐわかりました。農協ハナロマートのところを入って細い裏通りを左へ行った場所、写真の1枚目です。

 予約していないのですが、3泊できますか?と聞いてみたら、若いアジョシ、いろいろノートをひっくり返してみて、大丈夫という返事。ただし、初日のみ101号という道路沿いの部屋。2泊目からはもう少し静かな102号に、ということでした。写真は101号のもの。6枚目のとおり、すぐ外はその通りです。

 外観から、ちょっと古そうだなぁと思い、また101号に入った時も狭いなぁって感じました。1泊35000Wなら、大都市だしいい場所だしということでまぁ納得。浴槽もありますし、コンピュータもあるし寝るのは1人。便利な1階ですし、昼間の若夫婦も夜のアジュマも感じがよく親切です。のんびり3泊いるうちに、なかなかいい宿だなぁと思い始めました。

 何と言っても場所がいい。2枚目、すぐわきの駐車場なのですが、向こうに見えるのは旧チャガルチの市場というか刺身センターです。地方を歩く場合、沙上の釜山西部市外バスターミナル、老圃洞の釜山総合バスターミナル、どっちもちょっと遠いと言えば遠いけど、古い街、特にチャガルチ好きには絶好の場所。次回も釜山へ行くときは第1候補かもしれません。

 しかし今年だけでも3度目になる釜山ですが、、、チャガルチ埠頭から見た南のほう、松島のあたりかな?新しい長い海上橋ができてるし、影島大橋のそばにロッテができているし、まさに「隔世の感」というのはこのことだなぁと思った釜山訪問でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3456 昌原蹴球(サッカー)センター

20100908_095 20100908_093 20100908_094

 慶南の道庁所在地は釜山ではなく昌原です。鎮海と馬山の近くに計画的に作られた新しい都市で、今回初めて車で昌原市の昌原地区を走りましたが、新しい単独住宅とアパートばかり。それと南部は工業団地になっているということで、古いものが一切無い、そんな場所でした。たとえばソウルの江南、城南市のブンダン新都市みたいな感じ。ちょっと普通の韓国とは違うなぁって感じがしました。

 ここへ行ったわけは、9月21日夜に行われた韓国国家代表対オマーン代表のロンドンpリンピック最終予選を観戦するためでした。写真は試合開始2時間前くらいかな?釜山大学校の先生の車に乗せてもらっての訪問でしたので、講義の時間に合わせての昌原到着は試合の3時間以上前。競技場の周辺の街を歩いておやつを準備したり、街を見たり、そんなことをして時間をつぶしました。

 この昌原には総合運動場という競技施設のコンプレックスもあるのですが、それとは別に、サッカー専門の競技場をということで新しく作られたコートだとのこと。なかなかきれいでした。入場前、女子高校生のグループと話をしましたが、香川選手が人気のようでした。

 医院のコンピュータが不調、家のもあんまり。代替機を用意してはあるのですが、どっちに入れるか?これは家の器械からのアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

2011年9月27日 ディカメモリーからの写真再読み込み できませんか?

008

 写真は我が家の美人犬、あさこです。14歳を過ぎたのに、毛艶、目、歯、お尻の穴まで若い時のまんま。あまり散歩で遠出しなくなり、寝ている時間が増えましたが来客時とご飯の時はまだまだ元気でいてくれてます。

 最近、コンピュータの調子が悪く、一発起動しなかったり。膨大な写真データが原因?とも思い、昨日ほとんどの写真を捨てました。その後、また今回の釜山、ソウルのデータを読み込ませようと思ったら、一度読みこんだ写真、なぜか読みこんでくれなくなってしまいました。

 大きなメモリだと1000枚くらいが入ります。旅行ごとに、それを読み込ませる際、一度読みこんだ前回の写真などは除外して、新しい写真だけを読み込んでくれて、よくできているなぁと感心していたのですが、さて、今回のように一度読みこんで、それを消去したのに、その後は再度読みこめない。ちょっと困りました。

 コmチ(コンピューター音痴という韓国語)の私が考えたのは別のメーカーのもしくは同じメーカーでも新しいバージョンの写真管理ソフトを入れて、再度トライする方法。でも、なかなか面倒です。

 一度読みこんで消去した写真の再読み込み、何とかこのままうまくできる方法は無いのでしょうか?ご存知の方がおられましたら、ご教示いただければ幸いです。写真ソフトはフジの昔のもの。それでキャノンのディーカ(これも韓国語)で撮ったのを主に扱っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3455 日本建築が残る町 江景 ラス前

392 394 395 396 397 398 399 400

 3枚目が江景初等学校です。下調べもしないでの行き当たりばったりの旅。帰ってから神谷さんの本なんかをみたら、ここの体育館、煉瓦造りの日帝時代のものが残っているそうです。また、伝統ある江景商業高等学校だかも、少し名前が、今風に「情報」なんたらとかなっているのですが、そこも古いものがあったとか。まぁ、でも、それが私のやり方です。

 4枚目の倉庫なんかも古そう。また7枚目の川も、昔は水量があって運河みたいに量されていたのかもしれません。

 最後の写真は私が足をつって休ませてもらった町内会館。敬老会、婦人会なんかの開館を兼ねているそうで、助けてくれた色街のアジュマの話ではシャワーも使っていいとか。韓国人の親切、ありがたいもんです。

 塩辛と展望塔と玉女峰と日本建築の町江景、次回でおしまいです。ソウルからの1日の遠足に、カンチョク寺と合わせていかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

普通の韓国を探して3454 ソウル 中央市場 2号線新堂駅前

082 083 084 085 086 087 088

 1枚目は中央市場のメイン通路の北口。馬場路に面した場所で、写真は清渓川路方向、大きなビルはロッテキャッスルアパート。この辺もごちゃごちゃしていたのですが、小さな運動公園ができたり、15年の変化はものすごいものです。でも、夜になればこの辺、コプチャンポジャンマチャが並ぶ、そんなソウルの下町です。軽トラックの荷台で焼くトンタクの露店もまだいるのかなぁ。

 2、3枚目はその市場のメイン通路。昔は屋根が無くて、でも、その方が「市場」って感じがしました。雨が降ると時々アジュマが棒でテントのへこみに貯まった水を持ち上げて流すの、古い韓国ファンならみたことありますよね。あんな不規則なテントだらけの市場だったんです。そのせいで、今でも韓国、この辺もそうですが、「○○天幕社」だのいう店をよく見かけるのでしょう。

 4枚目は、何でここが紹介されるの?と大昔から想っていた新堂洞中央市場刺身センターの入口。しょぼい店がいくつか残っていますが、どんどん刺身屋は減少しています。なぜかガイドブックには書かれていたりで行ったことがある方もおられるかと思いますが、ここで食べて韓国の刺身を語って欲しくない、、そんなふうに思っています。

 残りは往十里キル側のメイン入口付近。地下鉄2号線がこの大通りの下を走っています。右へ行けば東大門歴史文化公園、左へ行けば上往十里、往十里。往十里もほんと、新しい駅ができて大きく変わりました。昔の国鉄駅といったら、、、本当に影が薄かった記憶があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3453 한번 가도 두번은 없다.

6341 6351 6381 6361 6391 6392

 韓国でも「イェギ コッシ」、「話の種」という言葉があるみたいです。最初の日、研究打ち合わせの後、釜山大学校の先生と会食。チャガルチの古いほうの市場棟の店で刺身でした。釜山出身の大学院生がいても、なかなか交渉が難しく、一軒の店ではなかば押し売りのような感じのアジョシもおり、話に聞いていたとおりです。

 楽しく飲みながら話をして、翌日の空きの日の私の予定のことを聞かれました。ネットでちょっと見かけた店へ行ってみようかな?と話したら、今はみんなスマートポン、すぐに検索してみたり。けっこう上位をにぎわせている店のようでした。

 翌朝はちょっと寝坊。タクシーでササン、釜山金海軽電鉄で金海の金首露王陵。市外バスターミナルが近くにある駅です。そこから市外バスで出かけて行った街。今年2度目の訪問になるのですが、目的の店に行ってみました。

 そこで頼んだのが写真のメニュー。海産物の具がたっぷり入ったチャンポンです。もともと韓国のチャンポン、けっこう豪勢に海産物を入れた物をよく見かけますが、ここはそれの最たるもの。12000Wの一番豪華なやつを頼んでみました。1枚目のけっこう大きな鍋は貝殻だのしゃぶったカニなんかを入れるもので、1人前にも関わらずかなりの大きさの空の鍋が登場します。さらには3枚目のように蟹をさばく鋏も出てきます。

 で、勇んで食べ始めたのですが、とにかく海産物の量はたっぷり。特に安い紅合(ホンハp)は嫌になるほど入っています。写真で見えるのは小さいあわび、タイラギ、コッケ、コマク、ソラ(韓国、巻貝は皆ソラになってしまいます。2種類ありました)、、結局たくさんあったホンハプは残すくらい。海産物は残して麺を食べ終えました。

 しかし感想ですが、どうも肝心の麺とクンムル(スープ)があんまりです。麺はツルツルすぎてスープを弾く感じ。もう少し馴染んだ麺のがいいと思います。スープも、海産物の味はしますが、辛さの他は案外単純。特に美味しくはありません。麺料理、やはり大事なのは麺とスープ、あとはその馴染み方だと思いますので文章の初めの「話の種」という感じでした。

 21日にまた釜山大学校の先生と一緒になったときに写真を見せて感想を言ったら、19日の検索の時にもいくつかそういう意見があったとのことでしたが、タイトルの言葉、「一度は行ってみるけど2度目は無い」、そんな言葉を教えてもらいました。ちょっとマイナスの話になりましたので、店名、場所は公開しません。メールいただければお教えします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »