« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »

2011年11月 5日 (土)

すばらしい韓国の食事622 楽園商街でヘムルタン(海物湯)

047 048 049 050 051 052 053 054 055

 楽園商街の脇のあたり、餅屋が多いのと、あとはアグチム、ヘムルタンの店が多い町になっています。タクシーの技士さんなんかに言わせるともう一つの人気の場所、新沙洞は江南なので高い。アクチム食べるなら楽園商街だよ、そんな話もある街です。

 2年前にも新潟大学歯学部の矯正科の先生をお連れした話、ここで紹介していますが、今回は同級生と先輩ごふうふ合計4人での町歩きになり、夕食は海のものということで、そのあたりを再訪しました。1~5枚目、自分の足でソウルを歩いている方ならご存知の楽園商街、その北側、鍾路トクチプ、楽園トクチプが向かい合って店を出しているあたりです。「ソウルで一番古い繁華街」そんな話をしながら鍾路3街駅からタプコル公園脇を抜けて、ご案内しました。

 別のブログで、慶事でも弔事でも、韓国では行事の時には餅を食べる、という話を最近聞きましたが、男性はあんまりだとか。その話の通り、どこに入ろうかうろうろしていた時、同級生の奥さんが楽園商街で餅を購入。私は遠慮しときましたが、やはり女性が好きなものなのかな?と再確認しました。

 6枚目の2軒、うろ覚えですが、どちらかが元祖で人気の店。いつも行列があったりで2年前にも入れなかった記憶があるのですが、この時は早い時間だからかすいていました。結局少し戻って楽園商街脇の大きめの店に入ってヘムルタンを注文。私にも久しぶりのなべ料理になりました。

 しかしここでウけたのがマッコリの話。ソウルでは当たり前の長寿ですが、最初に出たのが少し前のもの。粉成分が沈澱し、上が澄んでいます。粉っぽい底のところを私がいただきましたが、2本目は11月3日、当日瓶詰めされたもの。上澄みがなく、全体が白い状態でした。炭酸も強めに感じます。こんな酒が90円くらいで買える韓国、日本でブームだと言っているけど99%は殺菌の、いわば死んだマッコリ。韓国はいいでしょう?と私の説明にも熱が入ってしまいました。

 話したり何だのであまり写真がありません。ま、ソウルの下町の食事の写真、そのままお楽しみいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3498 新潟→蒲田→羽田国際線ターミナル

008 007 009 010 011 121 131

 前にも書いたように新潟からの764便が予約できず、前日に東京入りで羽田発の2712便での訪問になりました。 火曜日は午前で閉めて一度帰宅。着替えて荷物を持って出てきて新幹線で東京へ。蒲田のビジネスホテルに宿を取り、気楽な夜を過ごし、翌朝も7時過ぎに出発して羽田空港で同級生、先輩夫妻と合流しました。

 1~3枚目は蒲田の写真、4~6枚目は羽田空港、7枚目は機内の写真です。久々の747、やはり乗降に時間がかかるなぁというのが感想でした。また、蒲田は面白い町で、いい意味での場末感がたっぷり。初めて泊まった場所ですが、どこに似てるかなぁ?と考えつつ街を歩きました。ちょっと寂れた地区、また再開発中の場所もあるし、安い飲み屋がたくさん。私の答えは「大阪の天王寺から新今宮のあたり」、です。

 2枚目の写真、機内で同級生に見せたのですが、返ってきた言葉は「オマエ朝からこんなに食ってるの?!?」というもの。前夜にもちょっと飲んで食べた中国料理の店での朝ごはん、レバニラ炒めと小ラーメンと餃子でした。レバニラも皿が小さめで値段も低め、東京ってこういういろんな選択肢があるところがうらやましいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

普通の韓国を探して3497 ソウルの普通の町

277 278 279 280 281 283

 ソウルの写真です。明洞からもすぐの場所ですが、観光客はあまり歩かない(有名ホテルがあるので少しはいます)普通の町です。「ああ!」とわかる人も多いでしょう。

 デジカメになり、またメモリーの値段も安くなったため、パシャパシャ韓国らしい風景を撮りながらの朝の散歩です。

 「韓国らしさ」というと、人それぞれ、見方が違うと思いますが、この写真などから見ると、

*シャッターの色付きライン

*内装工事中の店の片付けの悪さ

*天幕(なんとか天幕社という店がソウルにはたくさん)

*排気筒

*ビール会社(?)のプラスティックのスタッキングチェア

*赤茶色のでっかいポリ容器

*マッコリ?ソジュ?のプラ箱

 小さいサイズの写真ですので、よく見えませんが、とりあえずそんなかな?あと、この夏は若い女性が脚をかなり露出する傾向が顕著で、おじさんにはちょっと眩しかったです。

 ソウル、普通に歩いていても面白い街です。そう思いませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記528 列車交換 単線鉄道の面白さ

250 251 252 253 254

 1~3枚目、4,5枚目、それぞれ違う2つの駅での写真ですが、この三岐鉄道北勢線、単線ですので途中駅での列車の交換があります。都市育ちの方にはイメージが湧きにくいかもしれませんが、線路が1本しかない線では、駅などの複線部分で上り下りの列車が行き違います。急いでいるときは別ですが、のんびり停車して対向する列車を待つ、そんなのも旅の楽しみの一つだと思います。

 1枚目の駅では、ちょっと長めの停車でしたので、勝手を知ってる地元高校生、駅舎まで行ってトイレを借りてなんて風景もありました。秋の好い日の短い電車旅、楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

2011年10月31日 雨の新潟です

001

 しっかり降る雨、相当量の積雪時以外は自転車でと考えていますが、今朝はけっこうな雨降り。車で出てきました。月曜日は夜間診療。けっこう予約が入っています。明日はオープンデイで、午後から休診、東京へ移動予定。楽しみな出張ですが、その前に仕事をしっかり片付けておきましょう。これから支払いだの何だの、月末恒例の仕事で外回りです。

 医院のあるけやき通りも紅葉が始まりました。「日本より寒い」というイメージのある韓国ですが、例年11月第1週にある大韓歯科矯正学会大会に行っているとソウルの紅葉もちょうど今頃ということが多いような気がします。安国駅から昌徳宮、恵化のほうへ行く栗谷路、大学路のあたり、銀杏並木がきれいな時期、楽しみです。 

 写真は我が愛車の後部。韓国語を学ぶ人が増えつつある今、楽しんでくれる方がおられたらいいなぁ、と期待しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記527 三岐鉄道北勢線の電車

235 236 237 238 239 240

 北勢線、762mmゲージの小さな電車です。すべてが3分の2位、と言えばわかりやすいかもしれません。1、3枚目の写真でもわかる通り、車内の高さ、幅、はっきりわかる小ささです。190以上とかの欧米人のお客さんなど、乗降時に注意が必要でしょう。

 2枚目、運転室手前の右角を埋めているのは多分、後付けのエアコンだと思います。トンネルは無かったと思いますが、、、あったかな?新しく電車の屋根の上に設置するには無理があるため、車内の一部をつぶして機械を置いた、そんなふうに見えました。

 前回書いたように、急カーブもたくさんあるため、ゆっくり走らないといけない区間もたくさん。また単線なので列車の交換で長めに停車したり。でも、楽しい乗車になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3496 ソウル 鍾路 南ピマッコルを歩く2

854_2 855_2 856_2 857_2 858_2 867

 ソウルに詳しい方なら4枚目の写真で場所はすぐおわかりかと思います。前回に続き、鍾路の南側すぐを並行して走る「南ピマッコル」の写真です。旧ソウル劇場(現ソウルシネマ)あたり、東西にこんな路地が鍾路の大通りの裏手を走っています。この辺、機械の材料関係の店なんかも多く、でも、そういう所で働く人向けの飲食店もたくさん。お昼には配達アジュマも見かけられる通りです。焼き魚定食の店もありますし、ホプ、ポッサム、カムジャタン、ソルロンタン専門店、まぁ、何でもある、そんな通りです。

 日本人、どうしてもネット情報やらガイドブック、ムック、そんなのに掲載されている店ばかりに押し掛ける傾向がありますが、どこでも美味しい店がある、そんなのが韓国だと思うのですがねぇ。地元の人で混んでいる、そんな店ならまずハズレはないと思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

とうちゃんの自転車日記526 三岐鉄道北勢線阿下喜駅

226 227 229 230 231 232

 電車が小さいの、わかりますでしょうか? ホームの屋根は通常の設計でしょうから、2~5枚目あたり、やけに屋根と電車の屋根の間が広いのがわかると思います。言葉だけは聞いたことがある方は多いと思いますが、軽便鉄道だった電車です。

 通常のJRは1063mmだったかな?狭軌という規格。新幹線や一部の私鉄は標準軌という1400いくつかだったか、そんな線路幅。この軽便鉄道の規格は762mmですので、世界的な標準軌の半分くらいなわけです。電車も幅が狭く、低く、小さいのです。

 新潟県にも越後交通の一部、悠久山から長岡駅、上見附だかで折り返すように方向を変えて栃尾まで走っていた軽便鉄道規格の電車がありましたが、乗っていません。もっと昔に廃止になった頚城鉄道ももしかしたら762mmだったかな?とにかく、日本では珍しい、そんな鉄道。鉄道好きの方以外には興味が無いかもしれませんが、初めての軽便規格の鉄道に乗れたのは嬉しかったです。

 この駅を出て、やはり台風の被害があったのか徐行区間がけっこうありましたし、これも鉄道ファン以外には面白くないでしょうが、100Rという急カーブが何箇所もあり、25kmまで速度を落として走ったり。とにかく西桑名だったかな、終点まで飽きることのない乗車でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3495 ソウル 鍾路の南側 南ピマッコル?

848 849 850 851 852 853

 1枚目は貴金属都売商街とあるので鍾路2,3あたりの北側かもしれませんが、残りは南側。大通りの1本裏手の通り、この夏、セントラル観光ホテルに泊まったときのものだと思います。

 朝鮮時代からの大通りである鍾路の北にあるピマッコル、再開発でどんどん消えつつありますが、南側にもこんな路地が並行して走っています。ピマッコルのようにほとんどが飲食店というわけにはいきませんが、それでも、食堂が多い通り、こんな細い道を歩くのも楽しいものです。ソウルの魅力、広い通りと新しい建物の多い江南が好きな人もおられるでしょうが、私は断然旧市内。人並み以上にソウルの路地を知っているつもりですが、まだまだ面白い町、面白い道、たくさんあります。ガイドブックにある場所を大体見たら、自分でそういう町を歩いてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »