« 2011年11月20日 - 2011年11月26日 | トップページ | 2011年12月4日 - 2011年12月10日 »

2011年12月 3日 (土)

すばらしい韓国の食事636 この秋さんざんテレビで流れていた広告のジュース

116 117 118

 ネタが古くならないうちにアップです。この秋訪韓したことがある方であれば見たことがあると思う広告で盛んに宣伝していたジュースです。女性が歌を歌うやつ、わかりませんか?帰りの仁川空港で買って飲んでみました。

 「아침의 주스」じゃなくて、  「아침에 주스」であるところがネーミングのミソなのかな?私もテレビで見ていた時はずっと「朝のジュース」だと思っていましたが、今日初めて、オイの「エ」であることに気づきました。なかなか美味しかったです。

 写真を見てみました。「冷蔵流通ジュース」というのが売りのようですね。日本ではあまり聞いたことが無い、、、かなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3541 ソウル セントラル観光ホテル周辺散歩3

884 885 886 887 888 889

 ソウルの夏の朝の写真です。昔からのソウルの中心部ですが、あまり歩いたことが無い方も多いはず。2、3枚目の黄色い、たぶん元日本の建築はここでも何度目かの登場です。鍾路3街から2街へかけての鍾路南側の写真、これでおしまいです。旅行のスタイルは各人各様でいいと思いますが、普通の韓国に触れるとその旅の幅が広がる、そう考えています。「安く買う」、そんなことばかり考えていると面白くないと思うのですがねぇ。

 今年の夏の写真でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3540 水原 華城散歩3

171 018 019 020 021

 スウォンのファソンです。有名な観光名所、どちらかといえばもうずっと前に自分で歩いたのですし、敬遠しがちだった私ですが、いい秋の日の気持ちのいい城壁歩き、来てよかったなと感じました。

 ぐるっと大きく左にカーブするあたり、広々としていて観光バスだのの駐車場、そして弓道場だのができていました。90年代後半に来た時は無かったはず。あとで古い地図でも調べてみますが、この水原城、どんどんきれいに整備されてきた様子です。4枚目がその弓のフィールドですが、すぐ下にあるのが本来の韓国の弓の競技の射程ですが、体験コーナーなのか、ずっと向こう、建物のすぐそばの的で中国人観光客らしい団体が弓をやっていました。

 水原と言えば、この華城と、カルビクイ。そして龍仁市になりますが水原民族村が有名です。3つめのやつは、どうもずっと前に読んだ「ディープコリア」の記事にあった「日本人オジサンと韓国女性のカップル」のイメージがあってか、行っていません。そろそろ普通の観光名所も行ってもいいかな?と思い始めたので行ってみるかも。

 ソウルから近い、手軽な観光名所の紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

普通の韓国を探して3539 次に泊まってみたいモテル

882 883

 鍾路の裏通りでの写真です。ソウル劇場の裏の方だったかな?まぁ、そのあたりです。

 外壁、看板にモテルの階ごとの部屋のテーマと言うか、そんなのが書かれています。写真を見ていないのですが、日本、中国、韓国、そしてインドにサイバーだかなんだか、足りなくなったので無理してテーマを探してという努力が感じられます。「日本スター方」は「房」の間違いでしょう。地下の「スペシャル館」も興味をそそられます。

 絶対に韓国国内のモテルが全部満室になることは無いと言えますし、都市でも田舎でもターミナル周囲にはきっとあるモテル、我々個人自由旅行者のありがたい宿泊施設ですが、新聞の経済面では売買の広告も多数。厳しい業界だからこそ、こんな営業努力も必要なのでしょう。次回、わざわざ行って泊まってみたいと思う私です。インド風にしてみようかな?インドは行ったことがありませんので。

 でも、9階まであるようにはこの建物、どう見ても見えませんでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事635 コエックスで三鮮チャジャン麺

032 033

 韓国人の国民食とも言える韓式中華の王様メニュー、チャジャン麺です。レトルトでもけっこう美味しいですがやはりそこで打った麺、その店のソース、韓国でないと味わえないものがあります。

 水原城歩きの後は、前にも書いたように、座席バスで江南駅。地下鉄で三成。コエックスをちょっと歩いて、中華の店を探してチャジャンを食べてもらいました。すでに混ぜてしまってからの写真ですが、見ているだけで唾液が湧き出る美味しさです。チャジャンを食べずして韓国の食は語れない、そう言っても過言ではないでしょう。8000Wくらいだったかな?場所柄家賃でそんななのでしょう。ほぼ満席でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3538 水原 華城散歩2

Img_9579_2 Img_9580 Img_9581 Img_9582 Img_9583 Img_9584

 やはり旅行は天気の良い日がいいです。11月とは思えないくらいに暖かい日に訪問できたことを旅行の神様に感謝しないといけません。

 この水原華城、私たちのように駅から八達門へ行き、市場の裏から城壁に上がってというのがやはり楽ちんでお勧めのコースです。韓国人のお年寄りが散策している他はガイドさんに引率された日本人の団体が多数。日本人のカップルが1組いたくらいでした。若い人の方が「自分の足で歩いて~」という旅行をする傾向があるのかな?と思い嬉しい私です。

 2,3枚目はポンドン。のろし台です。昔来た時よりも格段に整備が進み、きれいになっています。あまりいじりすぎないほうがいいのかなとも思えます。5枚目はモテルの宣伝カーになった軽トラ。友人にはウけました。聖俗何でもごっちゃ、ストレートに行くのが韓国式です。

 城壁の内側、普通の家がたくさん。時折細柳の基地から飛び立つジェット戦闘機の爆音が聞こえるのも韓国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月30日 (水)

普通の韓国を探して3537 行きたい場所

Img_8675

 

 生意気に聞こえてしまうかもしれませんが、韓国、だいたい回っています。唯一手薄なのが慶南の海岸部、巨済とか南海とか、あの辺の島。あとは結構大きく、でも、入り口が狭い面白い形の高興半島と、やはりその辺の全南の島々。あ、鬱陵島もまだだし、仁川のずっと沖の島々、ペンニョン島方面も行ってない。やはり時間が限られた旅人にとって、船で渡らないといけないような島はなかなか行きにくい場所です。

 

 陸地だと、ポカンと空白のように言っていないのが英陽郡。慶北の田舎ですが、いつも新潟から飛ぶKE764便の右手によく見える町なのですが、行ってみたいです。

 でも、どこそこへ行ったというだけの訪問ではつまりません。2度目3度目でも行きたい場所はあります。いつになるか決まってはいませんが、次はどこへ行こうかな?なんて一杯やりながら地図と時刻表をパラパラ見るのも楽しい時間です。

 よく、向こうで、韓半島南半分はだいたい歩いてしまったことが知れた後で聞かれるのが、「もう一度行きたい場所は?」という質問です。答えは木浦だったり、麗水だったり、海南からワンド方面だったりいろいろですが、やはり全羅道方面からの遺伝子が残っているのかな? 写真は慶州ですが、慶州もゆっくり泊まって、また歩いてみたいです。普通の慶州の街もなかなかいいですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3536 ソウル セントラル観光ホテル周辺散歩2

876 877 878 879 880 881

 ソウルの旧市内、鍾路の裏通りです。種々雑多な店、工場が並ぶ場所ですが、昔からのソウルの中心地でもあります。

 

 2枚目と6枚目、ヤクルトアジュマは同じ人かな?多分、日本同様に持ち場というか回る地域が決まっていると思いますので同じ方かと思われます。5枚目は日本でも「なんとか徽章」とかいう名前でありそうな店、6枚目の横断幕はここら辺の商店会のものでしょうか?7月31日から8月3日までが夏休み?「~ティシギルr パラmニダ」というのは割合よく聞かれる挨拶の言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

2011年11月29日 高菜のキムチを作ってみようか

001

 今月初めに水原城をいっしょに歩いた同級生、今は歯医者はバイトだけで、農業をやっているといううらやましいやつです。旅行の後、お礼に自作の野菜で作った漬け物、キムチを送ってくれました。キムチは白菜とダイコンのもの。後者だけ開けて食べていますが、韓国のフットボール型のような小さめの大根のよう。でも、やはり日本の品種であるためか、けっこう水が出ています。大きめのシール容器に入れていますが、もうすぐ無くなるところ、そこで、その残り汁をちょっと利用してみようかと企てました。

 写真は新潟駅の新幹線改札前に週に何日か出ている県北朝日村の農家の人の直売の高菜漬けです。酸っぱく、茶色くなった九州の高菜も好きですが、新しいピリッと辛い高菜とか、似たような山形の青菜漬(せいさいづけ)も大好きな私。特に辛い茎の部分を食べていて思いついたのが韓国のカッギムチです。一番好きなキムチと言っても差し支えないものです。それを、この高菜の浅漬けと友人のキムチの残り汁で作るわけです。前に紹介した自作のセウジョッ(新潟名物アカヒゲ塩辛)も利用して、似たようなのができればいいなという計画。お金のかからない楽しい仕事です。

 写真のもの、さっき銀行の用事のついでに買ってきましたが賞味期限は明後日まで。たったの3日ってなっていますが、ケンチャナヨ。「キムチに賞味期限は無い」は韓国の常識(?)ですので、今夜漬けこんでうまいこと酸っぱくなってくれるのを待ちましょう。「日本の漬けものの賞味期限」を過ぎてからが勝負です。成功したら大量(?)生産も考えるかな?なんて夢も広がります。

 本日はオープンデイ。夕方に1人だけ患者さんがいらっしゃいますが、また院長は外出です。お昼には戻ります。安寧。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記535 旧中条町の旧街道歩き2

022 023 024 025 026 027 028 029 030

 9枚目が新しい、今の国道7号線の交差点です。旧街道は道路の向こう側、新しい道と斜めに交わる感じでもう少し続いていますが、この先は前に自転車で走った道、ここで折り返します。

 中条町の旧街道、町の南の水沢化学の工場のあたりで今の7号線と別れ、昔からの中条の中心部を走り、大きなお寺の所で迂回するようにカーブして1枚目のあたりになります。

 2枚目は休業中という貼り紙がありましたが、鍛冶屋さん。この他にも鍛冶屋を名乗る鉄工所、中条にはありますし、そんな鉄鋼関係の中小企業が目立つ感じ。やはり江戸期から、もしかしたらもっと前からこのあたりの農村の中心地だったのでしょう。

 3枚目以降は、割合最近できた家の並ぶ、昔だったら町の外だった部分なのかな?古い家は少ない町です。えちごワンデーパス利用で、1つの町に1時間強ずつ。そんな町歩き、ローカル線の電車の時間に合わせて楽しんでいくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3535 水原 華城歩き1

Img_9573 Img_9574 Img_9575 Img_9576 Img_9577 Img_9578

 ガイドブックでもおなじみ、水原華城です。どこから城壁に上がるのか?ちょっと迷いましたが、前にスンデを食べた池洞市場コプチャンタウンの裏に上り口がありました。でもここもなんだか工事中、工事用フェンスの脇の階段で上がります。

 友人夫婦と先輩夫婦、さて、どこへ?と思って選んだ水原ですが、11月にしては暑いくらいの好天にも恵まれ、ちょっと汗が出たくらいで4枚目、城壁に上がりました。3枚目は、八達門の向こう側の城壁ですが、あっちは山があるのでより上りがきついコース。全員50代ということで、前にも歩いた東側、上下の少ない楽なほうを半周という予定です。

 5枚目、大昔、90年代に来て大きさに驚いた大教会、城壁の中側の普通の街、外側の普通の街を見ながらの散策、なかなか楽しいものでした。ソウルにはもう何度も行ったよという方、はしょれば半日でも楽しめます。水原華城、一人歩きの韓国旅のスタートにはお勧めです。

 追加です。3枚目、真ん中やや右に見えるでっかい箱型のものが工事中の八達門です。その先、山に見える灰色の帯が向こう側の水原城の城壁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3534 ソウル アジア大陸の高くて深くて濃い青空

791

 どこだかおわかりですか? 韓国を自分の足で旅したことがある方ならきっと行った場所です。手前の建物は大きなターミナル。向こう側の高層建築は今年、日本のニュースでも何度か話題になった建物です。あの話、その後どうなったのでしょう?

 さて、本題ですが、今までも何度か書いている通り、韓国の青空、少し黒い感じで、特に今頃、晩秋から冬の間、特にそう感じます。雪はそれほど降らないソウルですが、冬は昔習った通りの三寒四温。「寒」の時は零下10度台が続いたりしますが、建物の中はあったかい、そんなですので、我が新潟の冬から比べるとうらやましいくらいです。

 飛行機の切符が一番安いのも冬、12月の中旬、それと、連休を除く1月2月です。また、食べ物がおいしいのも、実は冬のような気がします。次回、いつ行けるかわかりませんが、こんな青空の下、気持ちいいくらいにキリっと寒い韓国を歩いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

普通の韓国を探して3533 水原駅から八達門 池洞市場へ

Img_9567 Img_9568 Img_9569 Img_9570 Img_9571 Img_9572

 今月初めに、同級生と先輩夫婦合計4人を引率して訪問した水原華城です。1台のタクシーに乗れないということでTマネーを渡してと書きましたが、水原駅から八達門まではタクシー分乗になりました。前もってこちらで、韓国のサイトの地図をプリントし、八達門の横、市場寄りにあるSC第一銀行の前まで、とテクシ技士ニムに見せて1台、それと私が乗った口頭で伝える1台です。無事、思っていたより小さな第一銀行前で降りることができました。

 前にこちらで、なかなかきれいな写真、夜景を紹介した水原城の八達門ですが、残念ながら工事中。すべてフェンスの中でした。そこから東へ、水原川とか市場の方へ歩きます。1枚目は水原駅、2枚目は駅前、3枚目、その市場へ向かう道です。このあたりでも、先輩は喜んでくれました。やっぱ韓国に限らず市場って見るものを興奮させるのかもしれません。川も工事中ですので、もしかしたらソウルの清渓川のように水を流して公園化するのかもしれません。

 川のそばは工事中。まぁ、韓国、常にどこか工事中の国かもしれません。華虹門で有名なこの水原川もこの上流は暗渠だし、やっと顔を出してくれるこの辺も水はありません。

 5枚目、やっと見えてきた水原城の上り口。97年に来た時もここから登り始めました。しかしどう取りつけばいいのかな?と思いつつ市場を歩きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3532 ソウル セントラル観光ホテル周辺散歩1

868 869 870 871 872 873 874 875

 鍾路の南側、清渓3街にあるセントラルホテルの周囲の街、夏の写真です。ここから西の清渓2街、1街は財閥系の大企業や都市銀行本店のビルなどが集まる韓国の中心とも言える街。でも、東は、いろんな業種の材料や工具、鉄工所、部品工場、印刷所、問屋、そんなのが集まる雑多な街です。

 「モノがたくさんある国が韓国」、「何でもごちゃまぜの街がソウル」、そんなふうに話すことがしばしばありますが、そんな雰囲気が満点の街です。

  アップして自分で写真を見てみました。最初の3枚なんか、自分でもすごくいい風景だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記534 旧中条町中心部の旧街道

013 014 015 016 017 018 019 021020 

 中条駅から右手の道をまっすぐ。信号のある交差点で左へ。前の項の最後のあたりがどうやらこの中条町の中心部だったようです。昔はバスも、トラックも通ったであろう街道、国道7号線の旧道でもあったのでしょう。

 1枚目は少し道を整備したと思われる部分の始まりの角。ものすごく大きな倉がある立派なお宅があります。そんな道を進むと3枚目、五日市のチャントになっていたお宮のあたりで道が2つに分かれます。たぶん、右だなと思いつつも角にあった食品店で一応確認。右手へ進みます。

 4~7枚目、昔は商店街だったと思われる町を抜けると立派なお寺。大きな寺がある場所は江戸時代とかその辺から栄えた場所の証拠です。建物自体は新しいものでしたのでパスしましたが、8枚目、永代供養墓地? 死んだ後の世界があるのかどうかはわかりませんが、子供やその後の子孫にあんまり負担はかけたくないなぁと思う方ですので、こんなのもいいなと感じました。

 普通の新潟県の田舎の町、でも、その辺りの中心地だった町の写真です。

 9枚目、立派なお寺の山門、追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

2011年11月27日 いい天気の新潟市です

001 002 003

 昨夜も9時過ぎに就寝。今朝は4時ころ起きて、またベッドの中でラジオを聞きました。最初はピョンヤン放送?例の口調の朝鮮語、何となく好きになれません。半分うとうとしつつも聞いていましたが、昔はあのハラボジ、「国防委員長」って呼ばれることが多かったと思うのですが、今朝は「朝鮮人民軍最高司令官」と呼ばれていました。「偉大なる領導者」というのもありましたね。しかし、アナウンサーが一生懸命「チョソンインミングンチェゴサリョンガンイン金正日同志ケソヌン~」とその活躍を讃えても、北の一般市民、民衆はこういう放送を聞いているのでしょうか??いくら崇拝されていると言っても、おかしいな?と疑問を持つ方が普通だと思いますけど。

 その後、やはり夜中か早朝でないと聞きにくいKBSにチューン、気象通報をやっていました。まだまだ中級の上の方くらいだと思う私ですが、生きた韓国語は聞いているだけで勉強になります。今朝、灯りをつけてメモったのは、

앞바다  먼바다

물결

많아지겠습니다.

영좀오미터

 そんなところ。日本語だと沿岸と沖合でしょうか?固有語で「まえうみ(前海)」と「遠いうみ(海)」というのは何だか面白いと感じました。「ムルキョル」はずいぶん前から知ってはいましたが、どう書くのだろう?と上記のハングルでメモ、合ってるかな? 「マナジゲッスmニダ」は雲が「増えるでしょう」という部分。最後のは「0.5m」ですが、零という漢字の読みは「영」、どうも日本人、「4」が頭に浮かんでしまいます。まだまだですなぁ。

 これと、さっき思いついたのですが、韓国語で「多め」、「少なめ」という表現はどうなるのでしょう?個人的経験的話ですが、こういうとき、「多く」、「少なく」と言い切っていることが多いように思えます。

 「コギアンジュ、スンデは少なめに、モリコギと内臓を多めに」と言うつもりの注文の時、自分でも「め」に相当する韓国語は言っていません。というか知りません。

 他人にはまず遠慮する傾向の強い日本人の日本語、割合いつもストレートに自分の希望を言うことが多い韓国人の韓国語の対比、実に面白いと思います。

 本日は日曜ですが仕事。午後は早めに上がれそうです。写真は23日のものですが今日も同じような青空の穏やかな休日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事634 ソウル市内でデガン(大崗・大江)マッコリ

Img_8924 Img_8925 Img_8922

 1年くらい前でしたでしょうか?ここで忠北丹陽郡大崗面長林里の醸造所を訪問した話を書きましたが、偶然、9月の時にソウルでそれを飲むことができました。長いこと通っていた鐘岩洞のホプ「プルティナ」のアジュマにお昼を御馳走になった店、知り合いの店だとのことですが、そこのご主人がこれはソウルではなかなか飲めないマッコリなのですとちょっと自慢げに出してくれたのがこの写真。「小白山生マッコリ」とありますが、そのデガンマッコリの醸造所の製品の一つです。

 読めるかな?写真でも「大統領がどうの~」とあったと思いますが、わざわざ栄州からの市外バス、そしてタクシー乗り継ぎで訪れたあの村を思い出しつついただきました。

 ここ数年、韓国人の間でもマッコリが見直されているとか。いろんな地方の地マッコリを用意して出す店も増えていると聞きますが、かなり高いようです。普通の食堂でこれが飲めるこの店、ご希望があればお教えします。まぁ、私は美味しい肴と冷えた出来立てほやほやの長寿マッコリがあればそれで充分なんですけどね。

 追記です

1枚目のラベルの文字「青瓦台晩餐酒で有名な大崗マッコリ」でした。青瓦台には近づかない方がよさそうな私ですが、なかなかスゴい酒を飲んでるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記533 羽越線中条駅から旧街道へ

005 006 007 008 009 010 011 012

 韓国ネタが底を尽きたわけではありませんのでご心配なく。新しい遊び、自転車もしくは徒歩での旧街道歩きの紹介です。

 昔は海だったという新潟平野ですので、江戸時代とかの昔の道はたいてい山すそを通っています。でも、新しい国道ができて、さらには新しいバイパスができたり、どんどん取り残されて行く感じの古い道、なかなか楽しい散策ができます。

 今回は旧中条町、米沢行きの快速べにばな号で新潟駅をゆっくり出発、1時間弱で中条に到着です。自転車でも何度か来ている場所ですが、徒歩は初めて。まずは駅の前の道をまっすぐ山の方へ。この中条の一番古いメインストリートを目指しました。

 面白いのは4枚目。これ、消雪用の地下水をくみ上げるための井戸の掘削です。雪の無い地方では考えられませんが、家ごとに井戸があったりするのが雪国です。けっこうお金もかかるそうで、また、場所によって何メートルで水が出るかやってみないとわからないとのこと。浅目で出ればお金も安く済むし、なかなか出ないとお金がたくさんかかるとか。うちはビルの1室を借りていますが、戸建ての歯科医院は大抵、新潟市でも井戸を持っているでしょう。

 5、6枚目の先がどうやら旧街道の十字路のよう。最後の2枚は旧街道に出たあたりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3531 清涼里 なんとなく落ち着ける街

795 796 809 810 811 812

 清涼里駅前ロータリーの向こう側、現代コアという上がアパート、下が商街になっているビルのあたりです。清涼里在来市場を抜ければもう京東市場の一部である果実市場、チェギ洞駅と清涼里駅の間の北側はずっと市場と言ってもいいくらい、そんな場所です。

 飲食店もたくさん。高級なカルビチプはもっと北の方に昔からの有名店がありますが、この辺はごく庶民的な店ばかり。それでも、何でも食べられる、そんな感じです。よく観光サイトの掲示板で「チョゲクイはどこで食べられますか?」なんて質問が出ますが、それこそソウル中どこでも、ちょっとした繁華街へ行けば店があるはず。そんな都市がソウルですから。

 4枚目、散歩中のカンアジがゴミ袋にマーキング中ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月20日 - 2011年11月26日 | トップページ | 2011年12月4日 - 2011年12月10日 »