« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月18日 - 2011年12月24日 »

2011年12月17日 (土)

すばらしい韓国の食事641 自製ユッケビビンバ?

807

 ユッケに引き続きレバ刺しも禁止になりそうな日本ですので、こちらへ「韓国 ユッケ」だの、「ソウル レバ刺し」だのいうキーワードで検索して来られる方が増えています。韓国、どうして食中毒の問題が出ないのだろう?って思いますが、理由はわかりません。ソウルへ行って思いきりユッケ、レバ刺しを食べようなんて肉好きの方がますます訪韓するのかな?

 写真は清涼里のユッケの店での1枚。韓国、ミッパンチャンという無料のおまけのおかずがたくさん出てきて、お代りも自由ですが、なぜかご飯だけは、相当高い焼肉なんかを頼んでも別料金だったりします。ずっと高そうなテンジャンチゲが無料で出てくるのに何でコンギパプは有料なの?と不思議に思っています。

 ユッケにマッコリの夕食にコンギパプを注文。がばがばユッケを食べるもよし、こんなふうにユッケとご飯を一緒に食べたりもよし、美味しく食べるなら何でもアリの韓国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3562 慶州歩き8 皇南パンと古墳公園

Img_8722 Img_8723 Img_8724 Img_8725 Img_8726 Img_8727

 1~3枚目、慶州名物ファンナムパンの店です。ここが元祖ということなのでしょうが、大きな店。周囲や駅前通りなんかにも同じような菓子の店が「慶州パン」と銘打って製造販売しています。特にここだけ抜群に美味しいというわけではないとは思いますが、せっかくなので元祖の店で李準圭歯科へのお土産を購入してひと休みです。

 古墳公園、「大陵苑」だったと思うのですが、そのすぐ前、場所も元祖だけあっていい場所でした。この後駅へ向かったのですが、この皇南パン、慶州駅にも売店がありましたし、他にもどこだったかな?買える場所はあったようです。確か東テグ駅売店というのもパンフレットにあったような、、、気がします。「似たようなやつ」慶州パンは食べたことがありますが、中華菓子の月餅のようにあんこを薄めの皮で包んで焼いたような菓子のことです。牛乳と一緒にどうぞ、とパンフレットにあったのが何だか微笑ましい感じでした。

 韓国の京都だの奈良なんても言われる慶州ですが、車が少なめで、なんかもっと広々した、静かな都市です。じっくり泊まって見物する価値がある街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 肯定的に生きたいものです

 おはようございます

 今日は午前午後とも予約ノートはびっしり埋まっています。ちゃんと予定の仕事をこなせるかな?と心配になるくらいの混みようです。どうしてもこの日にという患者さんが集中してしまってますので、スタッフ共々、手順、効率を考えて夕方までがんばります。

 自営業にとって、忙しいのは良い事。できれば楽しく、最近流行りの言葉で言えば「Win &Win」でしたっけ?ちょっとあやふやで済みませんが、双方がハッピーになるべく働きたいものです。

 韓国でよく使われる言葉に「肯定的(クンgジョンgジョk」というのがあります。日本語だと「否定」はよく出てくる、でも、「肯定」という言葉はどちらかと言えばあまり馴染みがありません。「積極的」という言葉に近い意味かな?とも思っていましたが、最近なんとなく韓国語的意味がわかってきたような気がします。前にもちょっと紹介した韓国語ジャーナルの古い記事にあった米軍の韓国人女性将校の話。「現実を認めて、泣くなら泣いて、捨てるものは捨てて、今からできることをやる」だか、そんな話。一番日本語で近いのは「前向きに」という言葉なのだろうと思っています。

 私の仕事で言えば、歯の動き始めの痛みのことを患者さんに話す時、「痛くなるかな?なるかな?と思っていると余計に痛く感じてしまうから『歯がきれいな歯並びに向かって動き出したんだ』と考えましょう」と説明しています。尊敬する先輩の言葉だと「SKD」=「心配ない、きっとうまく行く、大丈夫」。テレビの宣伝だと「GDI」=「元気出して行きましょう」。余談ですが、韓国の現代自動車、今でも三菱提携時代の名残で「GDI」という言葉を使っているみたいです。

 ともかく、あれこれ心配してもあまりプラスにはなりません。できるだけ前向きに、肯定的に生きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

2011年12月16日 新潟市 この冬の初積雪です

001

 11時ジャストの写真です。気温が低めのせいか、あまり溶けない感じ。車で来て正解でした。金曜日は夜間診療なのですが、休み明けで院内が冷え切ってしまっていることもあり、早めに出てきて暖房を入れています。節電も考えないといけませんが、患者さんやスタッフが寒くても困りますので。

 この休み、昨日を中心に年賀状、大部分やってしまいました。少し前に購入したハガキ専用プリンターみたいなのを使いました。ずっと宛名は手書きだったのですが、毎年年末の休みになんて状態でしたが今年は悠々です。外国分は来週の休みに、こちらは手書きでやりましょう。今年もあと2週間ちょっと、皆様お風邪などにはお気をつけください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して3561 ソウル 鍾路 よく働く韓国の人たち

610

 鍾路の裏通り、といっても、楽園商街東口、国楽の楽器なんかを売る店が並ぶあのあたり、夜になるとポジャンマチャが路上に出現するあたりです。リヤカーに雑貨類をたくさん積んで売る露店のアジョシがまだ仕事中でした。

 大会社のサラリーマンは知りませんが、韓国の普通の自営業の人、特に女性は長時間働きます。8時間労働なんて夢の夢でしょう。友人の元ホプアジュマ、もとは果物の露天商を旦那さんとやっていましたが、朝は5時ころ仕入れに行き、昼間はずっと商売。店を閉めるのは12時前だと言っていました。もちろん、交代で食事したり、休憩したりはあるのでしょうが、いつ寝るのだろう?そんな感じです。

 もう一人、やはり黄鶴洞で知り合った今もホプをやっているアジュマも大変です。夕方4時ころ店に来て開店準備。夜明けまで店をやって、朝早いバスで帰宅するそうです。上の男の子は大学生、下の女の子、家族の協力もきっと必要です。大変です。

 ここでも居眠りしている露店果物カゲアジョシの写真を載せたことがありますが、韓国の人、とても長時間働きます。休みは年に数日、そんな人もたくさんいるのではないでしょうか?それでも子供の教育は一生懸命。がんばって大学にやっていたり。そういうふうになっている、とはいえ、庶民生活はたいへんそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3560 慶州歩き7

Img_8715 Img_8716 Img_8717 Img_8719 Img_8720 Img_8721

 秋のいい日の慶州の写真です。外国人観光客も修学旅行や遠足の子供たちもたくさん大陵苑を見学に来ていました。6枚目、目的地の皇南パンの看板が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

2011年12月14日 休みです

122

 おはようございます

 新潟 ソウル便 KE764 KE763便 機内食、そんなキーワードでこちらを訪問される方がけっこうおられます。右下のブログ内検索を利用するとたくさん記事がありますのでどうぞ。 写真は左上のチャンアチ(漬物)があるので帰りの763便です。昔の冷たいサンドイッチや海苔巻きに比べるとあたたかいだけ美味しくなりました。量は少なめですが、韓国での美味しい食事を楽しむためにはちょうどいいと言えます。最近はウィスキーは無し、ビールは無料です。

 個人的には無くしてもいいから500円か1000円、航空券代を安くして欲しいですが、「エサ」を与えないと日本人も韓国人もおにぎりだのキムパプ、ファストフードなんかを勝手に持ち込んで機内を汚す可能性が高いから、という航空会社の思惑があるのかな?とも思っています。「あるあるある」って思いませんか?

 さて、銀行経由、日帰り温泉、お昼を食べて午後は留守番。年賀状準備をします。

 予約変更、初診相談の受付、装置トラブルの連絡などは、「なるべく」、ですが休診日も転送電話でお受けしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3559 慶州歩き6 ふつうの慶州が面白そう

Img_8709 Img_8710 Img_8711 Img_8712 Img_8713 Img_8714

 慶州、釜山からわりと近いけれど慶尚北道だったはず。昔はけっこう行きにくい感じがしていました。2000年の時刻表を見ると、さすがに韓国を代表する観光地であるためか、ソウルから直通のセマウル号が2時間おきに走っていました。しかし東テグ経由で約4時間半もかかっています。今はKTXで、新慶州ですが2時間ちょっと。ソウルからの日帰りも可能と言っていいでしょう。

 私の初慶州はやはり大韓歯科矯正学会大会でした。会場の慶州現代ホテルはできたばかりの高級ホテルでしたが、場所が普門湖というリゾート地。ちょっと面白くありませんでした。たまたまノーマル券を持っていたため、ちょっとの追加料金で全日空で新潟から伊丹、バスで移動して関西から釜山。帰りは釜山から福岡。福岡から全日空で新潟という面白い経路で行きました。 その後、新潟便の帰りの飛行機の中で出会った上越市の在日のアジュマの話では金浦から国内線でウルサンか浦項、あとはタクシーという方法を教わり、一度浦項経由は利用したことがあります。慶州市、浦項とウルサンの真ん中辺にありますので。

 今回の写真、2枚目だけ大通りの向こう側のもの。観光バスからぞろぞろ降りてきた欧米人のおじさんおばさんです。残りはこちら側、変にいじっていない、ふつうの慶州はいい感じ。近いうちに1泊してゆっくりあるいてみたいと思わせる街でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

普通の韓国を探して3558 2011年大韓歯科矯正学会大会 COEX

073 074 075 076 077 078 080

 COEXは国際会議場、都市空港ターミナル、大型高級ホテル3つ、高級百貨店、貿易センタービル、一時はアジア最大と言われた地下ショッピングモール、カジノなんかが組み合わさった施設ですが、1枚目、庭園の清掃整備には耕運機ってのが韓国らしくて面白い所です。手前に見える建築が国際会議場、奥の高いビルがそれとつながったCOEXインターコンチネンタルホテルです。2~6枚目が会議場の中。例年とは違った場所に学会登録受付(接収)場所がありました。

 ちょっと前に紹介した名古屋国際会議場も立派な施設ですが、市場だの倉庫だのがある立地です。江南の賑やかなビル街の中にこれだけの施設がある韓国、ソウル、95年の初ソウルの時には驚いたものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3557 江南の道路は広いな

061 062

 청담동のホテルブルーパール(ブルーパールホテル)801号室から見た永東大路です。COEXでの学会の時のものです。前にも同じ会場での学会の時、この道のもう少し先、左手にあるホテルティパニ(ティファニー)に泊まったことがありますが、横断歩道、真ん中で島状の横へ歩く部分を設けていて、一度で渡れない、それくらい広い道路です。片側7車線?そんな幅の広い道がこのソウルの江南地区、かなりの傾斜がある部分をど~んと走っているのです。東西のメインストリートである島山大路とかテヘラン路を走ると、なんか新しい韓国の凄さを感じる、そんな地域です。

 私はでも、何だか古いソウル、漢江の北の、できれば朝鮮時代からのソウルの市街だった地域のが、肌に合うというか、落ち着くというか、、、単に歩いているだけでも楽しい、というのは少なくとも江南地区ではない感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3556 慶州歩き5 中央洞古墳群

Img_8703 Img_8704 Img_8705 Img_8706 Img_8707 Img_8708

 慶州の町中の古墳群、勝手に入れるほうへ行ってみました。宮原さんの本でも公園化されたほうではないほうが面白いとありましたが、その通り。何の理由もなく、人間としてこういう場所に来るのが楽しい。そんな気分になれる場所です。歩行者もいれば、自転車も、車も通る。子供が上に登って遊ぶのも可能。韓国ってそんな遺跡とか文化財をほったらかしというか、近くで見られる、触ってみることができる、そんな状態で保存している部分が多いようです。これも、何だか韓国の「心の余裕」のように思えてしまうのですが、いかがでしょう?

 来てよかったな、と思いながらゆっくり歩きました。いい天気、いい景色、そして感動。いい脳内ホルモンがたくさん出てくれたような朝でした。

 追加です。最後の1枚は大通りの向こう側、お客さんがたくさんの大陵苑(大陵公園)のようでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

普通の韓国を探して3555 民資駅? 왕십리역

043

  詳しい地図などを見ると「往十里民資駅」という記載があったりします。昔から国鉄と2号線、5号線の3本の路線の乗り換え駅でしたが、国鉄駅はえらくみすぼらしい感じでした。2000年を過ぎて、ずっと工事をしていたと思ったら、2~3年前だったかな?こんな新しい立派な駅になりました。昔からソウルの旧市街のはずれというイメージだったのだと思いますが、完全に町中ですもんね。

 駅前ロータリーを南北に走る大通りはミアサムゴリから高麗大前、ホンパ(紅波?)初等学校前、京東市場、東大門区庁と走り、馬場洞からこの往十里。さらには南下して鷹峰のあたりを通り聖水大橋を渡ってルネッサンスホテル脇を過ぎ、開浦洞のあたりまでずっと続くソウルの大事な道の一つです。バスは何番だったかな?時間があれば乗る価値のある、楽しい路線です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3554 論山市江景邑 玉女峰の茶店など

328 338 335 337 400 401

 ノンサン市のカンギョン、忠清南道と全羅北道の境界、錦江という大きな川に面する川の港町でした。すでに大部分の写真を紹介してしまっていますが残りを公開します。

 1枚目、玉女峰の頂上にあった案内板ですが、「ボンス台」とあります。「のろしを上げる台」ということかな?漢字語でしょうが、ちょっとその場では感じが浮かびませんでした。2~4枚目は頂上直下にある茶店。アイスを食べてひと休みした店ですが、結構な量の酒の瓶があります。それに地マッコリの空きビンも。車では上がれない100m弱(だったと思う)の小山ですが、平野にあるので展望は最高、地元のハラボジなんかが運動を兼ねて上って、帰りにここで一杯なんてのもあるのでしょう?大した料理を出すようでもなかった店ですが、ジョンとかそんな簡単な肴もあるのかもしれません。

 5,6枚目は何でこんな田舎にあるの?と思う「青少年通行禁止区域」の入り口の町内会の会館。熱痙攣で歩けなくなり、ピキアジュマ(と思う)に助けられてここで休ませてもらいました。6枚目は昼間のひっそりした色街です。昔は塩辛商売で大いに栄えた場所ですが、今は人口もあんまり。でも、女性を求めて近郷近在から夜になると男性が集まるのかなぁ?なんて思いつつ駅へ向かいました。

 ここも神谷丹路さんの本で取り上げられた場所の一つです。あまり日本人人は知られていない近い昔の歴史の町、どうも私の趣味に合う感じで、ついつい意識せずとも、神谷さんの歩いた足跡を追いかけてしまう私です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3553 慶州歩き4

Img_8697 Img_8698 Img_8699 Img_8700 Img_8701 Img_8702

 この慶州市、韓国を代表する観光名所です。大通りの反対側の大陵公園には観光バスの大群、欧米人やら中国人やらの外国人、それに韓国の修学旅行と書遠足の子供たちがたくさん。そちらはさらに大きな古墳、内部を見学できる古墳、発掘された宝物なんかを見る施設とかがあるみたいですが、そんなのより、普通の町、勝手に入れるそこら辺の小さな古墳群のほうが私の好みです。なんたって無料ですし。

 どうして私がこの写真を撮ったのか?を想像しながらご覧くださいますよう。韓国観光にはあまり役立たない写真ばかりですが、こういう慶州の町も面白いと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

すばらしい韓国の食事640 果物好きな韓国の人たち

Img_8921

 韓国の人、かなり果物好きです。平均すると日本人よりもずっとたくさん食べているのではないかな?これも「モメチョッタ」=「身体にいい」ってのでのことかもしれませんが、食堂でご飯を食べているとその季節の果物、たとえばブドウだの、チャメ、とろんとろんの柿だの、よくサービスで出て来たりします。また、一般の家庭でも、常に何か果物があるし、露店含め、どこにでも果物の店はある、そんなふうに思えます。

 写真はやはりサービスで出てきた黄色い桃。これがかなり美味しかったです。時期は9月、日本だともう無いはずの時期でしたが、ちょっとカリッとした、でも味がすごく濃く、甘い桃、私の食べた一番美味しい桃はこの韓国の黄色いのかもしれません。

 話題が逸れますが、桃と蟹、どちらも、値段が高いのは安全に美味しい傾向はありますが、最終的には食べてみないとわからないと思っています。岡山産の1つ1000円もするやつでもハズレはありますし、高~いカニでも、はずれることはあります。

 そういえば、先日の蟹、佐渡からのもので、もちろん活けでしたが、なかなか美味しかったです。茹でるのではなく蒸す方がいいし、その後、理想的には冷蔵庫に入れずに、そのまま食べるのが一番。これから正月に向けて高くなりますが、福井や京都、兵庫産ほどの高値でなくても充分美味しい蟹を食べることができる新潟の冬、天候のことを除けばいい季節、美味しい季節だと言えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3552 慶州歩き3

Img_8691 Img_8692 Img_8693 Img_8694 Img_8695 Img_8696

 私流の韓国町歩きの見本みたいな写真です。1枚目は実用車。ソウルの市場などで見られるような大型のをさらに補強したとかではなく、地元のアジョシが日常的に愛用している、そんな感じのいい車です。慶北の尚州が自転車都市として有名で、自転車博物館までありますが、韓国、地方都市へ行くと自転車の愛用者が多いのに気付きます。地球にも優しい、いい交通手段です。

 2、3枚目は写真館の店頭の写真。少し前に紹介した中条町の旧街道歩きでも出てきましたが、写真館、そして家族写真、古い町の証拠でもあるように思えます。知人の話ですが、できれば年に1度は家族兄弟、一家が集まって家族写真を撮る、そんな風習が今でも残る韓国です。

 4、5、6枚目、やっぱり慶州、町中に古墳がぽこぽこあります。このターミナルから駅のほうへ行く大通り、右手には大きな古墳公園がありますが、それ以外にも町の中、普通にこんな緑の小山があるのは不思議です。この先、ちょっと寄り道して古墳を見に行きました。

 いい天気、いい気分、でも、お腹が空いていたのを思い出しました。この後、ファンナムパンを買って駅まで行き、慶州月見うどんを食べたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3551 COEX国際会議場のスレギトン

079

 大韓歯科矯正学会大会の会場、コエックスの会議場のスレギトン=ゴミ箱です。毎年のように来ている場所ですが、前は無かったはず。もちろん、VIPが集まる会議などの時には撤去されるのでしょうが、なんか韓国の余裕を感じました。

 韓国でも空港ではあの、中が見えるビニル袋のゴミ箱ですが、それ以外の部分では、どうも日本の東京なんかより、ゴミ箱が充実しているように思えるソウルです。テロなんかを恐れて、警備上の便宜を図る意味でのゴミ箱の減少。しょうがないのかもしれませんが、普通の者にとっては不便になるばかり。何かうまい方法は無いのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月18日 - 2011年12月24日 »