« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »

2011年12月30日 (金)

2011年12月30日 デスクワークです

036

 午前中、ちょっと出てきて仕事をしています。年頭に提出しなければならないお役所への報告だの、診断報告の手紙だの、診断準備の資料分析など、、、まぁ、来年になってからでもいい仕事もありますが、手書きの仕事をしています。あと3つ手紙を書いて、院長机を少し片付けて帰る予定、もうひと頑張りです。

 写真は旧中条町、北の方から駅へ向かう羽越本線沿いの道路です。少し先に見える3台の自転車に乗った中学生、電車の時間がぎりぎりなのかえらく急いでいるふうでしたが、私を追い抜きざま、「こんにちは」と大きな声で挨拶をしてくれました。

 学校でそんなふうに、知らない人にも挨拶しましょうと言われているのかな?ともかく、嬉しい一件でした。新潟市ではそこまではやっていません(通学のバスの降車時にはみな運転士さんにありがとうは言います)が、県内の地方を歩いているとたまにそんなことがあります。いいなと感じます。たとえば、泥棒をしようと新潟県にやってきた人だって、もしかしたら、こんなふうにされるとこの町では止めておこうかって思うかもしれません。日本中にそんなのが広がれば、犯罪もきっと減ります。

 私もできるだけ、そんなふうにしているつもりですが中条の中学生3人組の大声には負けました。来年はもう少しはっきりした声で、と思っています。徒歩、もしくは自転車での知らない町歩きも続けます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3584 ミアサムゴリ ビクトリアホテル

112

 この秋の写真です。私が勝手に名付けた議政府街道に沿って建っているミアサムゴリ駅すぐ近くのビクトリアホテル(ホテルビクトリア)、観光公社のクラスわけだと確か1級。ただ、日本人観光客に便利な場所とは言えませんでしたので90年代は日本人、ほとんど泊まらなかったと思います。でも、2002年あたり、日韓ワールドカップ前後に盛りあがった韓国ブームのおかげでソウルを訪れる観光客が激増。お金をかけたくない私みたいな個人旅行者が泊まっていたするの安いホテルにも日本人の団体客がたくさん行くようになりました。

 踏十里のシティパレスホテル、往十里の今は無き田豊観光ホテル、東大門の天池観光ホテル、サムホ観光ホテルはさすがに団体は来ないかもしれません。そしてこのビクトリアホテルもそんな宿一つだったと思います。私が泊まったのは、こちらの古い写真にもありますが、下月谷洞の丘にびっしりタルトンネがあった時代と、2000年代になって、やむなく飛び込みで泊まったら結構高かったけどジュニアスイートに入れてくれて(単に売り上げに貢献しただけかもしれませんが)、えらく浴室、浴槽が大きかったのを覚えています。

 地下にはナイト、スポーツクラブもあったのかな?まぁ、4号線もありますので、何度かソウルを経験し、自分の足で歩ける方なら充分、そんな宿だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3583 何でもやっちゃう韓国の人たち

Img_8337 Img_8338

 2枚、同じ場所の写真ですが、これ、バスの中、私が好きな右側一番前の席からの写真です。KALリムジンに乗ると、大韓航空の機内食の時にももらえる小さなパッケージの「済州島の水」が入った小型の冷蔵庫が右の一番前にありますが、ミネラルウォーターのサーバーごとバスに載せてしまってるのは初めてです。冷水は当然ですが、熱い水も出るのかな?試してはみませんでしたが、利用するハラボジはおられました。高霊からテグ西部市外バス停留所へのバスでしたが、これもバス会社が考えたサービスなのでしょう。

 日本は慎重派、新しい事を始める前には、調査して、計画して、検討して、結局少しでもリスクがあればやらないという感じ。特に行政組織、会社組織はそうだと思います。韓国人は積極派、こういうのを肯定的というのかな?いいと思ったらまずやってみる。ダメだったらまたそこで考えて、さらに工夫するなり、止めるなり。お互い見習うべき点の一つだと考えています。

 日本の中長距離バスでこれをやれとは言いませんが、とにかく韓国らしいなと感じた一件です。市外バス、何回乗ったか数えきれませんが、韓国、まだまだ面白いもの、面白い風景がある国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

2011年12月29日 仕事納めです

Img_8940

 午前中はけっこう忙しく働いて、今まで大掃除、12時直前に装置のトラブルの連絡があり、近所の方なので少し待って処置、今年の診療業務、一応おしまいです。お疲れ様でした。

 外はみぞれ模様。一時は真っ白くなるくらいに雪が降りましたが気温が高めなせいか今は大根おろしのような雪が残り、歩きにくい状態です。棚下ろし表の計算だの、机の片付けだの、まだ院長は新しい年の仕事の準備がありますが、今日は早く上がって自分への慰労会でもやろうと思います。家の掃除は明日からです。

 今年も何とか年が越せそう。普通に食べて、普通に暖かい所で寝られて、、、「普通」は幸福なのだと思わないといけませんね。

 写真は帰国時のKE763便の機内。斜め前の旅慣れた風の韓国アジュマ、出入国書類をあんなとこに挟んでいました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3582 ソウル 三成 パークハイアット

159

 左手で持っているのは韓国ネスレの桃とお茶味の面白いドリンク、まぁ、喉が渇いていたので美味しかったです。で、場所は三成の貿易センターの前あたり。いわゆるCOEXの地上部分、プリマホテル前からちょこっとバスに乗ってやってきました。

 正面の高いビルは比較的新しくできたソウルのパークハイアットです。南山のハイアットはいい場所と言えばいい場所ですが、相当古いので部屋とかも狭め。日本もそうですが、こういう新しい高級ホテルにお金持ちのお客さんは流れてしまっていることでしょう。しかしここ、正規料金だと最低でも50万Wくらいでしょうか?ツアーは多分入っていないでしょうし、韓国観光サイトでも予約可能だと思いますが、あまり泊まったよ、という話は見たことがありません。

 まぁ、私は安い宿に泊まって、浮いたお金でもっとたくさん普通の韓国を見て歩きたいって思います。毎年けっこう買ってしまう年末ジャンボも今年はゼロ枚、その分を次回の訪問の際の小遣いに回すつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3581 2011年の嬉しい風景と美味しい韓食

247

主屹山

 주흘산(チュフル山)です。朝鮮時代の東莱(現在の釜山)とソウルを結ぶもっとも重要な街道の途中にある「鳥嶺(조령=チョリョンg 韓国や中国では峠のことを「嶺」という漢字で表します)」という峠、別名「聞慶セジェ(セ=固有語の鳥、ジェ=峠)」のそばに聳える独立峰で、日本ではあまり知られていませんが、こんな秀麗という言葉そのままの山容、ずっと前から自分の目で見たかった山でした。3度目の中部内陸高速道路からの1枚です。2011年7月の写真です。

Img_8876

洪魚三合(ホンオサムハプ、ホンgオサマp)

홍어삼합、日本でも有名なエイを発酵させたアンモニア臭い刺身と、豚の茹で肉、古漬けの酸っぱくなった白菜キムチ(ムグンジ)を一緒に食べるもの。ノリャンジン市場で食べたホンオ単独では臭さだけが感じられて、話のタネ程度と思っていましたが、ちゃんとした店で、三合として食べるとすばらしく美味しい、それがわかったのも2011年の9月でした。

 治安も良く、人も親切、交通網も発達していて日本からすぐ。こんな歩きやすい外国は韓国しかありません。2012年も、普通の韓国の楽しさ、面白さ、そして美味しい韓国の食についてお伝えできればと考えています。1年間のご訪問、ありがとうございました。今日も午前まで仕事。午後は簡単に大掃除して今年の医院での業務はおしまいです。皆様もよい2012年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

普通の韓国を探して3580 韓国からの年賀状が来ました

001

 ちょっと前に銀行の用事、写真関係の用事のついでに韓国と台湾への年賀状を投函してきました。航空便は5日くらいとなっていますので、年の初めの月曜日あたりに届くことを期待です。

 写真は昨日届いた延世大学校歯科大学の鄭先生からの年賀状、というかカード。封書の料金は航空便でも540W、40円くらい。日本からの私のはハガキでも70円、20円切手をプラスしての投函です。消印を見ると延世大学校の中の郵便局があるみたい。流石は韓国を代表する大学校です。

 カードの中は「昨年一年間の厚意に感謝さしあげるとともに、嬉しいクリスマスと新年を迎え、健康と幸運がともにあるよう祈願いたします」という印刷に加えて「タウメ ソウレソハンジャンハシジョ」と書いてあります。連絡すれば忙しい先生なのにがんばって時間を作って付き合ってくれるありがたい韓国人の先生です。ですのでこちらも、日本へいらしたときには精一杯、楽しんでもらえればと思っています。ありがたいありがたい。

 次回、ごろごろカバンに寒梅の一升瓶でも詰めて持って行こうかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月28日 銀行はいつまで営業するのだろう?

009 010 005 007 006 012

 写真は新潟市郊外にある、道の駅になるのかな?ふるさと村という施設です。雪の無い季節であれば自転車でゆうゆうの距離ですが、クリスマス寒波の23日の写真、車でした。3~5枚目は信濃川の土手に上がっての風景。冬の新潟市って75%、こんな空なのです。気温はマイナス5度なんてなることはありませんが、最低気温と最高気温の差がほとんど無い、そんな日が多い土地です。6枚目は館内ですが、ラジオ地方局の公開生放送をやっていました。開館前から大行列。新潟でも女子アナさんとかの追っかけがいるのでしょうか?大きなズームレンズをつけた一眼レフを抱えたカメラ小僧ならぬカメラ親父もたくさん。結局私は味噌漬けとブリカマを買って帰りました。

 本来は水木休みの当院ですが年末のため、本日は夜間診療の時間で、明日は午前中だけ診療をします。年明けの仕事、年内に片付けるか?それとも来年になってからやるか?大掃除は?そんなことを考えるだけで頭の中もせわしない、そんな年末です。韓国、台湾向けの年賀状、本日投函です。家賃、駐車場代、さて、銀行はいつまでなんでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3579 新潟はやはりいなかなのかな?

111

 写真、「キッズルーム」というのの受付です。場所はソウル、現代百貨店ミア店の中なのですが、昼間、子供を連れて買い物に来たお母さんたちのために、子供を預かってくれる場所のよう。でも、2時間まで7000W?今の画面では見えませんが、けっこうお金がかかるのだなぁと思いました。ご覧のようにけっこう利用者がいそうですし、回数券の案内もありました。そして子供たち、寂しがる様子もなく、楽しげに遊んでいるようでした。

 検索してみるとこういう施設、東京とかのデパートにはやはりあるようです。わが新潟市にもデパートは2つありますが、たぶんどちらにもありません。やっぱり新潟は「中」都市クラスなんだなぁと感じた1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3578 金海旅客ターミナル4 やっと出発

Img_8164 Img_8166 Img_8169 Img_8170 Img_8174 Img_8175 Img_8177 Img_8176

 1時間に1本くらいの馬山行きを待って、外へ出たり、また中へ入ったり。でも、大きなバスがたくさん出入りするバスターミナル、飽きることはありません。やっと来たのが5枚目。私が乗る馬山行きです。と思ったらすぐ脇にも6枚目、馬山行きが停車しています。車体横の経由地の表示板、かなりたくさんの地名が出ています。そして中には「前もって行き先をおっしゃってください」という掲示。5枚目は高速経由の無停車バスで、6枚目はソウルで言う座席バス的なあちこち主な停留所に停車する一般国道を走るバスのようです。韓国のバス路線、本当に発達しているなぁと感じた一件でした。

 余談ですが、韓国語の「イミ」と「ミリ」、「コッ」と「コッ」、似たような意味の言葉が似たような単語で、なかなかしっかり頭に定着しません。周囲の状況から判断しても、わかりにくい場合があります。中級者の弱点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

普通の韓国を探して3577 韓国歩きは面白い

843 404 Img_7955

 ニフティのこのブログ、検索機能が詳しくできていて、どんなキーワードでここを訪問してくれたかがわかります。また、どんな言語を使う方が来てくれたかもわかります。嬉しいのは日本語で、けっこう韓国のあちこちの情報を探していると思われる方が増えてきたこと。ソウルや釜山ばかりでなく、自分の足で自由に韓国の地方を歩いて、見て、食べて、そんな旅をする方が増えてきたのだと考えています。アガシ目当てに韓国を頻繁に訪問したイルボンアジョシ、イルボンハラボジの時代が終わった。普通に韓国の人と対等に接し、そのまんまの韓国、普通の韓国を楽しむ日本人が増えて来たこと、何よりも嬉しい私です。

 1枚目はソウル、清渓3街から2街のほう。サーモンピンクの韓火(한화)ビルが見えています。昔はここ、ビルの3階くらいの高さを高架道路が走っていて暗い感じでしたが、今はすっかり明るくなって、清渓川の河川公園を歩く人もたくさん。ソウルのいい変化です。

 2枚目は写真が小さくて確認できないのですが、たぶん夏に訪問した忠南は論山市の江景邑。バスターミナルのあたりだったと思います。昨年行ってみた廣川とともに、塩辛の町として有名。またこの辺の商業の中心地だったため、日本家屋が今もたくさん残る興味深い町でした。早起きすればソウルから1日の遠足で充分行って来られる場所です。

 3枚目は久々の釜山、チャガルチ市場そばの裏通り。久々と言いながらも今年は釜山に3回も行きました。写真で見えているヘリム荘に飛び込みで3泊して、釜山、昌原、馬山、ハプチョン、高霊、テグなどを歩き、帰りはちょっと前にシリーズで紹介した慶州によってソウルへ戻ったのでした。

 今年、考えていて行けなかったのは慶北の星州。なんだかロマンティックな名前の町、やはり高霊同様に伽耶国の小さな王様のいた場所です。最近はソンジュというとソウルでも農産物の段ボール箱でよく見かける名前ですが、いったいどんな町なのか?行ってみたい場所です。

 あとはやはり全南の田舎をゆっくり歩くこと。冬の2回目のときに釜山経由で慶全線で順天泊まり。翌朝早起きして長興、木浦と駆け足で通過。4泊くらいの日程でうち3泊を全南で、なんて旅行ができたら嬉しいです。1人で食べられるかは不明ですが本場木浦でのホンオ三合も味わってみたいなぁ。

 また最近興味を持っているのは10回以上訪問、年によっては実家のある東京よりも行った回数の多い群山市。群山、長項の渡船がなくなる直前と、直後に行ったきり。何だかガイドブックにも載るようになって日本人だらけなのではないかと警戒してしまっていましたが、前々から目をつけていた紫泉台のある小さな城郭の村、是非とも行ってみたいし、食事を御馳走になったこともある沃溝邑の友人の家にもちょっと顔を出してみたい、そんなふうに思っています。

 行ったことがない場所では、慶北の山の中の町、英陽。栄州の先で山に入る清涼山。案外近いのでいつでも行けると思って行っていない忠南錦山と全北茂朱。羅済洞門って大昔から行ってみたかったんです。

 次回の韓国行き、学会関係の用事と、延大歯科大に顔を出そうかと思っていますが、空きの1日、早起きして上記のなかのどこか、行けたらいいですね。寒い季節だけど韓国行けば元気になる私ですので。体調を整えて、小遣いも節約、準備しないといけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月27日 結局大した雪は降りませんでした

014 015

 おはようございます

 今は青空が見えている新潟市です。写真は昨日の午後のものですが、日が差しているのに大粒の霰がうるさいくらいに窓を打ち、あっという間に路面が真っ白に、なんてことが何度もあったものの、結局今回の寒波での積雪はほとんど無し。少し雪のある歩道と凍結した道路に注意は必要ですが、まとまった雪は降りませんでした。

 週末ずっと仕事で本日はオープンデイ、研究日ですが、午前中に今日でないとという患者さんの予約が少し。その後は溜まったデスクワークをかたずけるつもりです。あとは、韓国台湾向けの年賀状の投函、、、滑りにくい冬用の靴の購入、そんなかな?

 本来であれば水木休みの当院ですが、年末の特例で、明日は夜間診療、木曜日は午前中のみ予約を入れて、午後は大掃除をして早めに上がる、そんな予定です。

 なお30日から3日までの休み中も9時から18時までは転送電話でなるべく予約変更、装置トラブル処置、初診相談、そんなのの連絡は受けられるようにしております。何かございましたら、医院まで、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3576 金海旅客ターミナル 募集広告

Img_8155 Img_8158 Img_8156 Img_8157

 アメリカ軍も「シール」って言うのでしたっけ?海軍の特殊部隊の募集広告がありました。男性が全員軍隊へ行っている韓国ならではの広告です。しかしバスターミナルにこんなのが貼ってあるのにはちょっと驚きました。特殊部隊というと、アイリスなんかからの知識ですが、一般の部隊で優秀な軍人を引きぬいて教育して、というものだと思っていましたが、一度兵役を終わった人からも募集するのでしょうか?3~5枚目、その場でざっと見ただけで詳しくは読んでいませんが外国へ行ける、だの書いてあったはず。いったいどんな人が応募して、どこの部隊でどんな教育を受け、、、どんな活動をするのか?やはり「休戦中の国」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3575 열차번호(列車番号)

016 017 018

 「列車番号」って、知らない方も多いかもしれませんが、ひとつひとつの列車に、たとえば山手線の電車にも列車を示す番号が付いています。私なんかが最初に思い浮かぶのは「1列車さくら」。昔々、東京から九州方面への夜行の寝台特急がたくさん走っていた時代の列車番号1は、、、あれ?西鹿児島行きでしたっけ?さくら号というのが列車番号1だったのです。

 さくら、富士、はやぶさ、あさかぜ。あさかぜは3号くらいまであったはず。あと、さくらは長崎行きだったような気もしてきました。日豊本線経由が富士でしたっけ?とにかく、いわゆるブルートレイン、20系客車の寝台特急は憧れでした。

 韓国の汽車に乗ると、今でもこの列車番号、出発時のアナウンスで流れます。うろ覚えですが「이 열차는 부산행 무궁화호 1201열차입니다(この列車は釜山行き無窮花号1201列車です)」だの。まぁ、韓国の人もいちいち「ああ、1201ね」などと気にしている人はほとんどいないでしょうが、乗車券にもしっかりこの列車番号が記載されています。

 さて、韓国の1列車、国を代表するようなナンバー1の列車はあるのかな?と手元の時刻表を見てみたら、ありました。先程急いで接写した手持ちの写真ですが、1枚目は2011年11月号、2枚目は2002年6月号、3枚目は1997年6月号です。

 1枚目、001となっていますが、韓国の「1列車」はKTXの朝の一番ではなく、9時45分発の釜山行き無停車のやつです。釜山着は11時58分で、所要時間は2時間13分、流石に無停車は速いですね。表定速度は184キロ以上です。

 2枚目、2002年、KTXができる直前かな?この時の1列車はやはり京釜線、ソウル駅8時発の、やはり大田と東テグだけしか停まらないセマウル号でした。同じセマウルでも6時発は7列車、7時発は9列車。日本だとこういうつけ方、するのかな?時間の順番だったような気がしますが、わかりません。1時間おきにセマウルがソウルと釜山を結んでいた時代です。ちなみに1列車の所要時間は4時間10分です。

 3枚目は1997年、私が持っている一番古いもので、ピドゥルギも区間列車で京釜線を走っていた時代。7時発の1番のセマウルが1列車でした。所要時間は4時間31分です。

 時刻表、こんな楽しみ方もあるんですが、一度やってみたいのが1日の24時間で釜山とソウルを往復して釜山の美味しいものを食べてくること。ちょっと考えてみたのが、前夜の夜行でソウルを出て夜明け前に釜山着。西面市場でテジクッパプ食べて、地下鉄でササン、LRTで金海空港、7時発の国内線で金浦7時55分着。9時の国内線でまた金海9時55分着。LRTと地下鉄で釜山駅のほうへ行ってポックk(ふぐ汁)。また地下鉄とLRTで金海へ戻り、12時半の飛行機で金浦。また15時の国内線で金海に16時ころついてLRT,地下鉄でミルミョン食べて17時30分の飛行機で金浦。19時の飛行機で20時ころ金海に着いて、釜山駅でオデン食べて21時10分のKTXでソウル23時37分。これで、何往復になるかな?国内線の安い韓国、KTXの特室と国内線の航空運賃が同じくらいだったはず。特室のが7万越えで高いくらい。いかがでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

すばらしい韓国の食事643 城南市盆塘 九美洞 ホンオのムチム

Img_8881

 9月の釜山大学校訪問の帰り、李先生に招かれての食事の時のおまけの一皿です。2度目のホンオで三合の美味しさに目覚めた話はすでに書きました。李先生と奥さん、常連の上客なのでしょう、ホンオのティギム(揚げたもの)とこのムチム(薬味ソースで和えたもの)がサービスで出てきました。

 あのくっさいホンオが、酸っぱいキムチと豚肉の茹で肉と合わさることにより、臭気が薄れ、とても美味しい食べ物になるのは本当に不思議。食べることができるか心配していたのに1人分、しっかり食べてしまいました。でも、オマケの揚げ物と、この和え物は臭いがそのまんま。加熱したりするとアンモニアが飛んで臭気が減ると思うのですが、別の日に車中で話したタクシー技士さんの話では、チムやティギム、熱を加えるともっと臭くなるのだそうです。というわけで、一つだけ食べて勘弁ねがいました。

 ホンオサムハプであれば、今すぐ、今夜にでも5万6万出していいから食べたい、そんなファンになってしまったのです。韓国の食、大したものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月26日 寒いです、新潟市も

023

 道路は雪がありませんが、歩道は真っ白、時々雪やあられがたくさん降る、そんな新潟市です。しばらく町内のゴミ当番ですので車で出てきました。診療は午後からですが、院長は雑務があります。患者さんが来るまでに診療室を温めておくという意味もあります。

 すごく暖かかった今年の秋ですが、冬はなかなか厳しそう。雪も早くやってきた感じで、ついつい肩や背中に力が入ってしまう。この感じ、わかってもらえるかな?しかし天気の悪さではトップクラスの新潟ですが寒さでは、青森とか北海道の人にはとてもかないません。零下20度以下とか、韓国では何度か経験していますが、日本ではめったにありませんものね。

 寒さと言えば、先日、北海道の生田原でマイナス20何度を記録、なんてニュースを聞きましたが、ビビッときた古い鉄道ファンもいるだろうな?と思いました。確か「常紋信号場」の最寄りの町だったはず。大正時代の9600型という機関車がたぶんノロノロと重たい貨物列車を引いて走っていた場所です。昔の地図と比較すると鉄道が激減してしまった北海道、何だか寂しい気がします。私の日本での寒さの最高記録は高校時代の冬山合宿で行った1月の南アルプスの3000m峰のてっぺんか、医局時代の最後のスキーで行った富良野のさらに北、同級生が勤務していた診療所のある士別というところでしょう。旭川まで戻ったら暖かく感じたくらいでした。

 写真は東京、新宿職安通り。韓国でよくあるコンプレッサーで空気を送って踊らせる広告の人形がありました。わかる人、おられますよね?あれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3574 慶州駅前広場

Img_8760 Img_8761 Img_8762 Img_8763

 古い記事に書いたと思いますが、初めて慶州を訪問したのは2000年前後。汽車が駅に着いて人が出てくるとタクシー技士さんがウンカの如く集まってものすご客引き合戦をやっていました。札幌すすきのの風俗の客引き並で、歩いても数人がやがやついてくる、そんな状態に辟易したものです。ガイドブックなんかにも自分の知り合い土産品店に連れていかれて~だの、いろいろ良くない話が出ていましたが、今年の慶州駅、そんなのが一掃されてて静かなものです。さすがに『やめましょう』ということになったのでしょう。

 3枚目、地元のお年寄りが何をするでもなく立っています。ここで気づいたのですがみな帽子をかぶっています。日本でも昔、昭和30年代くらいまでは外出時は帽子というのが多かったと思います。私の小さい頃の写真でもけっこう帽子をかぶっています。使ってはいけない言葉なのでしょうが、「車夫馬丁以外は皆帽子をかぶるものだ」と言っていたじいちゃんの社会科の先生もいました。韓国、そういう昔の風習、特に地方では日本よりもまだまだたくさん残っているように思えます。帽子はまぁ、どうでもいいと思いますが、道徳的な事、これはいいことだよな、と感じるのはトシのせいでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3573 金海旅客ターミナル2

Img_8150 Img_8151 Img_8152 Img_8153 Img_8154 Img_8160 Img_8161 Img_8165

 1時間に1本くらいしかない馬山行き市外バスの待ち時間、ターミナルの中を見たり、外に出てみたり、案外飽きることはありません。もっと田舎へ行くとここで紹介した廣川だの、長項だの、えらく寂れたターミナルもありますが、「どこかへ行く」というハレの場所、皆の「嬉しい気」が漂っているのかもしれません。

 ちょっと前に書いた面白いものはこの次にアップです。ちょっと私も初めて見てびっくりしたポスターです。

 8枚目の案内ディスプレイ、見てみました。私が乗るのは右に少しだけ見えるほうのトンヨン行きか晋州行きでした。中長距離のはご覧のようにほとんど優等ですね。何度も書いていますが、日本のガイドブック、「優等と一般があり、優等は1.5倍~」それくらいの記事しかありませんが、韓国の高速バスのほとんどは「優等」なのです。お金が安いので一般で、なんて言っていると何時間後になるかわかりません。「次のに乗る」というのが韓国のやり方です。

 手元に古い群山の観光パンフがありますが、それにバスの便まで出ています。ソウルと群山の間の高速バス、優等は15~20分おきで42本、一般は120分おきでたったの7本しかありません。初心者の方、一般で、優等で、なんて指定するといくら韓国語が上手でも外人だとわかります。ま、それでも問題ないですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

2011年12月25日 新潟の雪マーク

630

 このクリスマスの3連休、強い冬型気候になって北陸から東北、北海道の日本海側は大雪に、という予報でした。さて、どれくらい降るかな?道路や駐車場、大丈夫かな?なんて思いましたが、新潟市はぜんぜん大した寒波は来ていません。時折雪やあられが降って道が白くなりますが、車の通る道はすぐに溶け、歩道だけうっすら白い、そんなです。

 天気予報の「雪雲の動き」を見ていると、北西から本州にやってくる雪を降らせる雲、どうも佐渡の山脈に当たると消えていくふう。海上で湿気を含んだ風が、標高が上がることにより、温度が下がって雪を降らせるのだとすれば、新潟市はちょうど佐渡の島全体にカバーされている、新潟市に雪を降らせそうな雪雲は佐渡の山で雪を落として消えてしまう。そんな感じです。

 患者さんでも佐渡からの方、おられますが、冬は船の欠航もしばしば。やはり陸で繋がっていない場所は大変です。新潟市民、佐渡の方にはちょっと感謝しないといけません。

 写真は慶北尚州の街の中心部にあった電話ボックスと犬です。

  ここからは韓国語の話、「오징어」という言葉はけっこう初心者でも知っていると思います。食事関係だったり、おつまみ関係だったりで、イカ、主にスルメイカのことですが、昨夜古い韓国の本を見ていたら、これが漢字語だったのを知りました。

 ご存知の方、おられましたか?「烏賊魚」で「オジンgオ」なんです。確かに、「烏耳島」、「烏山」の「オ」で、最後も「魚」の「オ」ですが、真ん中の「賊」という漢字は他であまり見ないので、ぜんぜん浮かびませんし、知りませんでした。固有語だとばかり思っていたのです。これ、韓国政府が発行した大事な本の記載ですので、間違いないでしょう。「オジンオ」は漢字、まだまだ勉強が足りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3572 安いプライベートブランドの水

119

 韓国セブンイレブンの水です。確か一番安くて500Wだったかな?乗り物に乗る時の必需品と言う感じでよく買います。宿の冷蔵庫に無料のが2本とかあったり、ターミナルの売店で買ったり、コンビニで買ったり。最近は700Wとかそれくらい。でも、韓国、店によって同じ商品の値段がいろいろだったりします。個人のクモンカゲ、シュポとかターミナルの売店がコンビニよりも100W高かったり。また、けっこう種類があって、どう違うのか?たぶん飲んでもわからないのでしょうが、600W,700W,800Wだの、いろいろです。

 まぁ、どれも一緒だと思うのでこの時は一番安いこれ。特に美味しくもなく、まずくもありませんでしたが、初めてなので1枚、というわけです。

 昔、旅行掲示板で論争になったことがあるのですが、日本人観光客、1本買って、あとは食事をした食堂のサーバーなんかで水をもらって補給してだのがケチくさいなんて話がありました。別に法に触れるわけではないですが、500Wか600W、私もケチくさいに賛成です。食堂の韓国人もそう思うのではないかな。「安く安く安く」、そればっか考えていると旅行がつまらなくなってしまうのではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »