« 2011年2月13日 - 2011年2月19日 | トップページ | 2011年2月27日 - 2011年3月5日 »

2011年2月26日 (土)

普通の韓国を探して3173 話のタネになった話

203 202 206

 2枚目のデイパックを置いてある席が8号車9番B席、私の場所でした。話には聞いていましたが、まさか自分がここに当たるとは、、、ちょっとびっくりでした。反対方向だと料金が安いんだったと思いますが、けっこう空きもあったのに隣りには若い男子学生さん。早い時間の汽車でしたので話相手にもなってくれないし、、、私は地図を見たり、ノートを書いたり。窓際で無かったので写真も撮れず、ちょっと退屈な2時間半になりました。

 真ん中のテーブルは固定式で、畳まれた部分を開くと3枚目のようにちょっとしたスペースができます。まぁ、いい経験でしたけど、次は普通の席の窓側がいいな、と思っています。

 何度か書いているように、韓国の汽車の中は寝る場所でもあります。はっきりと「大きな声での会話は禁止」という表示もありました。これは昼間も共通ですのでハングルが読めない日本人のグループなど、はしゃぎすぎで叱られる場面、無いといいけどなぁ、というところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 まだまだ聞き取りがダメです

009

 今朝も4時前に起きてしまいました。あったかい布団の中は天国です。「寝られない寝られない」とか、「寝ないと寝ないと」と思うのはマイナス志向。眠くなったらまた寝るし、ということでKBSラジオをつけました。

 女性アナが大学の先生かな?慶北大のなんとか博士に話を聞くコーナーで、「ケッポ」という、たぶん植物の話です。植物も好きですが、韓国語ではまだまだ手が回っていません。さて、いろんな呼び名がある植物であるケッポ、ケッポドゥル、、、何だろうと思いながら話を聞きます。「~ドゥル」は「~たち、~の類」という意味だと思って聞いていましたが、どうも全部合わせて「ケッポドゥル」のようです。寒いけど、辞書を見るか、見ないか?迷ったけど布団から出て小学館の辞典を出しました。

 さて、でも、聞いただけの単語、「ケ」が「アイ」なのか「オイ」なのか?また、日本語の小さい「ツ」はどうやって出てくるのか?いろんなパターンがあります。でも、運がいい今朝はすぐにケッポドゥル、見つかりました。갯버들はネコヤナギでした。途中で出てきた仲間の「キポドゥル」というのは辞書に出ていませんが、やはり柳の類なのでしょう。すぐそばに「柳行李」という言葉までみつかって、ちょっと嬉しい朝でした。これは日本語かな?「ボドゥルコリ」で「柳行李」です。

 しかし、はたとまた気が付きました。日本語だと「猫」柳なのに、韓国語では「犬」柳なんですね。似ているけど違う、2つの言葉の面白い所、また見つけてしまいました。韓国語ノートにはちょっと前にメモした「赤手空拳(적수공권)」もあります。これは日本で言う「徒手空拳」。これも面白いでしょう?

 その後は口蹄疫予防の案内、フィリピン花嫁ジャスミンさん登場の外国人を優しく受け入れよう、同じ人間なのだから、という人権啓発の案内。4時53分に何かの歌、そして56分に愛国歌を4番まで。で、5時にニュースでやはり今日も一番はリビアの話でした。

 年を取ると自分では気づかないでも確実に耳が悪くなります。聞こえが良くても細かい音が聞こえない事もあるでしょう。でも、たくさん聞いて少しずつ、と思います。写真はベッドわきのファンヒーターの上の貯金箱。昨年11月にソウルの北村で買ってきたもので、韓国用小遣いを貯めています。もうすぐ一杯になりますが、さていくらたまっているか?楽しみです。恒常キッポハラ(いつも喜んでいなさい、聖書、テサロニケの手紙より)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3172 ソウルで一番食事代が安い街

237 238 239 240 241 242 243 244

 タプコル公園裏手です。1枚目のコーヒーの自販機に貼ってある広告、お読みになれますか?ガイドブックや観光サイトにも出ているソムナンチュオタン(ソムンナンチュオタン)は有名ですが、その他の店だって安い安い。2000Wで食事ができる街です。7枚目の店の看板はすべてが値段表。ここでも、かなり珍しいホンオ料理も5000Wから食べることができるみたい。

 よく、韓国観光サイトで「一人での食事が~」という話が出ますが、ここら辺で食べるちょっとした勇気があれば、何でも安く、1人で食えるのではないかな?私もじっくり見たのは初めてですが、次回、きっとここら辺での一食、報告できればと思います。

 何で安いかというと、昼間タプコル公園にたむろする(失礼)ハラボジ達がお客さんの中心だからです。年金生活だので小遣いは少ない。地下鉄の優待券でここに遊びに来て、無料給食にあずかるもよし、意気投合したらある人がお金を出してここらの店で一杯。きっとそんなことが毎日あるのだと思います。酒が入っての日帝時代話、独島話を持ち出されると、ちと厄介になりそうですが、前に焼酎2本持ってお話に行ったこともある私。今なら「ハングンマルモルムニダ」で逃げないでも済むかもしれません。これも、ちょっと興味がありますね。

 ともかくこの鍾路3街の裏手のあたり、男性同性愛者の集まる店も多いと聞いていますし、昼間はじいちゃん天国だし。我と思う者は是非、行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3171 下町の夜 ここはどこでしょう?

2921

 ソウルでの私の歩く場所、食べた場所、大体ここで公開しています。ソウルに詳しい方ならそれと合わせてすぐにわかってしまうかもしれませんが、ここ、どの辺でしょう?

10年ぶりくらいに歩いたトンネですが、すぐ近くまではちょくちょく来ています。昔はかなり怪しい雰囲気の店がたくさんありましたが、ほとんど無くなっていました。皆様のコメントに合わせて、ヒント、写真の追加などを考えています。電話番号は見えない、はずです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3170 何でも干してしまう韓国 

105

 10年くらい前の釜山、チャガルチ埠頭に並ぶ露天の飲み屋の店頭です。エイの類でしょうか?かなりの厚さの魚の肉が生干しになってぶら下がっています。今もこの辺、同じような感じでしょうか?鯨肉専門で飲ませる店もいくつかあって、一度食べてみたい、そんな場所です。

 ここでも、日本では見られないコウイカのスルメの話、蘇来浦口、永宗島船着場、格浦漁港、木浦の港のあたり、いろんな魚を干しているという話を書いていますが、とりあえず、余って残った魚は干してみる、韓国ってそんなふうに思えます。舌平目、マゴチ、ハゼクチ、エイ、ハモ、日本では見られないいろんな干物がある国が韓国です。

 また、干したサンマやニシンを生で食べるクヮメギも、あまり日本では一般的とは思えません。冬の厳しい寒さと、でも、天候が良いことなんかも関係あるのかもしれませんが、韓国の魚の干物文化、いろいろ調べてみると面白そうです。

 一般的に知られている、スケソウダラで作るファンテ、イシモチでつくるクルビ。こちらはいろんなところで記述がありそうですが、それ以外の魚の干物、どなたか研究してみる方はおられませんか?

 本日は忙しい土曜日。朝の更新はここまで。皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月25日 (金)

普通の韓国を探して3169 慶州市安康邑 安康市外バスターミナル

069 071 072

 경상북도 경주시 안강읍 안강시외버스터미널です。1枚目、見えにくいですがやはり慶北、「停留場」というのが正式な名前です。3枚目は、未公開の新しい1枚なのですが、安康の玉山書院そばにある浄惠寺址13層石塔。これを見に行った時の写真です。韓国に数ある石塔の中でも13層はこの1基だけ。他のどこの塔にも似ていない見事な造形美を誇る石塔です。

 金浦空港から国内線で浦項。浦項市外バスターミナルから永川行きだったかな?市外バスに乗って良洞民族村経由で安康のこのターミナル。当時の韓国語力はまだまだでしたが、何とかターミナル前で客待ち中のタクシーに交渉して行ってきました。

 釜山のあたりは台風の被害もしばしばですが、ちょっと北へ行った内陸のこのあたり、韓国でも最も自然災害が少ない地方だとのことです。秋のきれいに晴れた日、典型的とも言えそうな慶北の田舎の景色はとてもきれいでした。宮原さんの「誰も歩かなかった韓国」というちょっと変わったガイドブックでこの石塔を知り、是非とも行ってみたかった場所でしたので、感慨もひとしお。慶州の市内、普門リゾートなどへは行っていましたが、私にとっての慶州で一番の名所はこの安康の玉山書院13層石塔です。日本人はあまり行かない場所ですが、宮原さんによれば、欧米人のバックパッカーに人気だとのこと。一時日本語版も出ていたロンリープラネットというアメリカの(?)ガイドブックにもちゃんと出ていました。

 余談になりますが、このロンリープラネット、地図に飛行場の滑走路だの、「キャンプ」という区画がそのまま書かれています。欧米人はいいのかな?あまり売れなかったから問題にならなかったのだと思いますが、これを持って旅行していて何かで申告を受けると面倒なことになりはしないか、心配です。

 慶州も何度か行ったら、南山とかこんな場所もいいと思います。2002年秋の3枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事590 처음처럼 Premium を飲んでみた

339 340

 検索すると、やはりちらほら出ていますね。チョウムチョロムのプレミアムという焼酎。先日飲んでみました。白地のラベルでなく深緑色で高級感を出しているのでしょう。いくらだったか?覚えていませんが、「10年熟成させたオーク蒸留酒」を0.2%ブレンドと書いてあります。

 韓国の焼酎は「希釈式」と昔から書いてありましたが、工業的に作られたアルコール(酒精)を水だの甘味料を混ぜて薄めて調整したものだとか。そこに、蒸留酒としての何か(?)を1%加えて味に深みを出そうという試みなのでしょうが、その「オーク蒸留酒」って何なの?と思いました。「オーク」って普通、樽の材料でしょう?樫の木の類でしたっけ?ですので、「オーク樽で熟成させた蒸留酒」という意味なのでしょうが、じゃぁ、その蒸留酒は焼酎なのか?韓国で言う洋酒(ウィスキー)なのか?それとも焼酎なのか?

 まぁ、そんなのいちいち読んで考えるのは私のような物好きな韓国ファンくらいなんだろうな、、、結局カパカパ皆で飲んで酔っ払うんだろうな、、、と、そんなところでしょう。

 眞露ゴールドはほぼ見かけなくなったし、昔はメインだったと思う「チャムナムトンマルグンソジュ」もなくなったし、「山」ソジュはまだあるのでしたっけ?今のどこでもあるメインは「チャムイスル」と「チョウムチョロム」ですが、「結局いい気持ちに酔っぱらうことができればケンチャナ」なんでしょう、韓国って。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3168 ちょっと寄り道 タプコル公園東門前

228 229 230 231 232 233 234 235 236

 鍾路から楽園商街東出口へ行く道、左にタプコル公園へ入る行き止まりの広い道と言うか、広場みたいなのがあります。その辺の風景です。この一角もあの、深緑色の屋台が出る場所なのですが冬は休みなのかな? テレビでも露天商が、自分も寒いし、寒くてお客さんも来ないので休業しているというニュースを見ましたが、そんななのかもしれません。

 8枚目、湖南チプという2階の店、肉関係、特に生肉が得意な店のよう。どうも2Fだと入りにくく感じてしまいますが、物価の安いこのあたりですので、早めの時間に入ってみようかな?なんても思います。

 タプコル公園、じいちゃんのたまり場として有名です。政治討論あり、囲碁、将棋あり、中には昼間から焼酎での酒盛りもあり。タクシーの技士さんの話では家にいても居づらいから、面白くないから出てくるのだとのことでした。地下鉄は優待で無料だし、、、実際そうなのかもしれません。無料給食があったり、無料の理髪(露天で)があったり、案外ボランティアの盛んな韓国を見ることができる場所でもあります。韓国語の腕試しにいかがでしょう?ちょっと話題などの関係もあり、難度は高そうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記478 リハビリポタリング 新潟市内

003 004 005 006 007 008

 今朝はびしゃびしゃ雨。でも、昨日はいい天気で、気温も18度と4月並みだかで、南風の吹く暖かい日でした。脚はまだ痛いのですが、体重がかからない運動である自転車、2時間ほど市内を乗ってみました。

 1~4枚目は新潟西港。信濃川の河口にできた港です。栗の木川の河口部分に警察だの海上保安庁だのの船を係留する船だまりがあり、そこいら辺からの景色です。天気がいいと光の色も良好、きれいな写真になりました。

 その後はすぐそばの「ピア万代」を見て、柳都大橋で新潟島へ。昼間の繁華街、本町市場だのをぐるぐる。そして数年前に新しくなった中央公民館でひと休み。「盲導犬手洗い所」という看板が自転車置き場に隣接してありましたが、これ、何なんでしょう?水道の蛇口の絵がありますが、実際には無く、ただの2m四方くらいの空き地です。犬の足を洗う場所なのか?もしかしてお手洗いという意味なのか??不明でした。

 ゆっくり走るポタリング、ほとんど疲れません。市内であれば車との差はほとんどなく、バスで出かけるよりも速いくらいです。春のいい日に、自転車で出かけてみることをお勧めします。30分走れば相当遠くまで行けますよ?最初は近所でもけっこう。きっと車に乗っていてはわからない発見があるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

普通の韓国を探して3167 禁煙都市 仁川市延寿区のバス停

547 546 550 548 549

 昨年秋の大韓歯科矯正学会の時の仁川、松島新都市のバス停です。時刻表を見たり、ネットを見たり、仁川空港の案内所で聞いたりしましたが、結局行きはタクシーでメーター無しの45000W。帰りは、会場であった松島コンベンシアという国際会議場の案内の女性の話で303番のバスに乗れば安いし本数は多いし、すぐだとのことでした。

 会場そばのバス停ですが、1枚目、仁川市延寿区は公共の場所はすべて禁煙に、という厳しいポスターがありました。前に紹介しましたがすぐそばのシェラトン仁川も全館客室含め禁煙のホテルでしたし、国際会議場にも灰皿はありませんでした。ケンチャナヨの韓国、どれだけ守れるかは疑問ですが、このヨンス区では自分の家と車の中以外は禁煙ということなのでしょうかねぇ?

 303番のバスの話に戻りますが、3枚目、路線図のとおり、少しだけ松島新都市の中を走った後、新しい仁川大橋を渡って仁川空港まで30分ちょっとでした。韓国語での検索もできるつもりでいましたが、私の韓国力もまだまだだと感じた一件です。まぁ、189キロまで出してくれたじいちゃん技士さんのタクシーが話のタネになったのでよしとしないといけません。 最後の2枚は仁川アジア大会のポスター。前回の広州大会もかなり熱が入っていた韓国ですので、一生懸命運営、そして応援するのでしょう。成功を日本から、祈願いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3166 ハングルが読めると数倍楽しくなる한국여행

222 223 224 225 226 227

 鍾路から楽園商街の東口、5号線鍾路3街駅の方へ行く道です。ヌヌホテル(ヌヌモテル)、エメラルドホテル(エメラルド荘)=現鍾路ビズ、仁寺洞クラウンホテル、ホテルソンビなどに泊まるとよく歩く道ですが、日本語の通用度はかなり低下する繁華街です。

 でも、観光的な、日本語が通じる店には無い味があると考えています。親しみやすい国、似ている国、治安のよい国だからこそ、観光ルートを容易に離れることができます。でも、そのためにはハングルの読みは必須。ゆっくりでもいいから、看板、メニューのハングルを読めるようになれば、韓国旅行、数倍楽しくなること請け合いです。

 本日も休み。自転車に乗るか?車で出かけるか?予想最高気温は16度。春も近い新潟市です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

普通の韓国を探して3165 ヒルトンからソウル駅(地下鉄4号線)への近道

212 213_2 214_2 215_2 216_2 217_2 218_2 219_2 220_2 221_2

 前にも階段とカボチャ畑の写真だけ紹介しましたが、ソウル駅前、南山の中腹にそびえるヒルトンホテルまで、直線距離では200mちょっとですが猛烈な急坂です。少しでも近い道を、ということで主に下りで使うルートです。

 ヒルトンの玄関を出て右へ。車の進入路とは別れ、本館の建物に沿って裏手への道を行くと従業員の入り口、搬入口みたいなのがあり、そこを抜けると左手に、1,2枚目の降り口が見えます。玉ねぎ型の排気筒(2枚目)が目印。まぁ行けばわかります。1枚目のオレンジ色のテープは「警察統制線」とあり、捜査のときの一般人立ち入り禁止の印ですが、代用でしょ?ケンチャナ、ということで階段を下り、駐車場へ。

 3,4枚目はソウル城外、ソウル駅前にあった陽洞遊郭の名残。工事用みたいな階段を下って、左手にある駐車場出口(6,7枚目)を出て右へ。7枚目から8枚目の間は結構距離がありますが写真撮影はしませんでした。道路不法占拠の仮小屋みたいなスーパーでハルモニが商売してる前を過ぎ、右へ下る石段(ここは前にアップしています)を下るとその旧陽洞遊郭の入り口。「シウォッタガセヨ」という小さな声が夕方だと今でもかかることがあります。8枚目の三叉路を道なりに左へ下るともうソウル駅前はすぐ。南大門警察署の脇に出られ、すぐ左にビルの入り口を兼ねた4号線の入り口があります。

 9枚目はどうも火事のあとのよう。黄色いテープが残っていますが、これが本物の警察統制線を示すテープでした。警察のすぐ裏。刑事さん達も驚いた火災だったことでしょう。

 私も、そしてソウルの普通の庶民にも縁が無いヒルトンホテル。みなきれいな服装で出入りしています(カジノへ行く中国人、日本人観光客を除く)。歩いてヒルトンへという人は少ないでしょう。でも、カジノでスッカラカンになった人は歩くかもしれませんので、一種の韓国オケラ街道かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3164 楽園洞入口から楽園商街のほうへ

213 214 215 216 217 218 219 220 221

 1枚目、鍾路3街あたりの鍾路大通り沿い、貴金属の店がそれこそたくさん並んでいますが、その始まりのあたりです。少し3街方面へ進めば3枚目、楽園商街への道。飲食店、モテル、遊興酒店などが集まる大昔からの繁華街になっています。「ヌヌモテル」も見えますね。前に泊まった時、通路があまりに暗くて部屋の番号を間違えてカギをがちゃがちゃやってドアをがたがたさせ、お楽しみ中(?)の中の男性に怒鳴られて慌てたことがありました。裏口は広いけど、ピマッコルからの通路は狭く、いかにもラブホテル風の装飾があり、一見の価値は、、、無いかなぁ。ちょっと高いです。ずいぶん前に6万Wもしましたから。

 4枚目はなんだか可愛い韓国の消火栓。ここのにはガードは無いですが、場所ごとに車から守る工夫がされているのがあり面白いです。「元がなんだか飼い主もわからない小型の雑種犬」、「複雑怪奇な都市ガスの配管」とともに、「消火栓の防御構造」も韓国歩きの面白いテーマになりそうです。

 5枚目、昨日の写真にもありますが、ソウル旧市内で、最も伝統があり、有名だった国一館ナイトクラブのビルです。今もやっているのかな?6,7,8枚目は左へ折れた楽園商街への道。飲食店、遊興業所ばかり。昔の鍾路3街は私娼街もあり、とにかくソウルの遊ぶ場所だったと韓国人の先生から聞いていますが、そんなのの名残がこの辺なのかもしれません。少し前に紹介したプソクコギ、内臓肉などの安い豚の焼き肉店「ソレ」は、ここら辺にもあります。

 ソウルの古い街、ただ歩いて、見ているだけでも楽しい私です。9枚目は手造りの吸い殻専用ゴミ箱。こういうお茶目な韓国人も大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月22日 (火)

普通の韓国を探して3163 쓰레기를 버리는 것은 양심을 버리는 것입니다.

207_2 208_2 209_2 210_2 211_2 007

 ずいぶん前に群山西初等学校の2年生3人を連れて月明山公園の展望台に上った時の話に書いたと思います。今回のタイトルは「ゴミを(その辺に)捨てることは良心を捨てることだ」という韓国の標語です。

 韓国を愛している私ですが、どうも街角のゴミは日本よりも多いように感じます。もちろん、早朝から一生懸命清掃をしている人たちのがんばりも知ってはいますが、「そこら辺にに捨ててしまう」というのは依然、男性、特に中高年には残っている残念な行動かもしれません。

 写真はソウルの鍾路区。飲食店の多い通りの除雪して集められた雪の山ですが、最初は見えなくても徐々に雪が溶けるにつれ、隠されていたごみは濃縮されつつ姿を現します。別に韓国を下に見ているわけではありませんが、残念な点、改善すべき点の一つだとは考えています。

 日本でも雪の中にゴミをというのはあります。かなり前、新潟大の医局時代、留学生の世話係みたいなことをやっていました。国費で来ていたブラジル人の留学生、1年の期間の最後の頃、できるだけ日本のあちこちを見たいということで雪祭りの後の札幌にに連れて行ったことがあります。新潟から小樽行きのフェリーで18時間。当時は5000円くらいだったかな?安く北海道へ行けます。その時の札幌大通公園、まさにこんなでした。雪に埋めればわからないや、ということで捨てられたゴミが雪解けによって姿を現しつつある様子、大袈裟ですが、ブラジル人に対してもちょっと恥ずかしく感じた一件です。25年も前の話ですので、今は改善されているはず、と思いたい私です。

 1枚目は、韓国らしいゴミ、コルベンイ水煮の空き缶。2,3枚目は同じ場所ですが、少し前にマッシーさんからコメント頂いた「凍ってそのままのオーバーイート」が見事に片付けられていました。わかるかな?浮いている様子。4,5枚目はもうすぐ鍾路の大通りというあたり。最後は30分ほど前に銀行へ行くときに撮影した新潟駅南口です。人通りの差による少なさはありますが、雪があるからと言って吸殻だのゴミをそこらに捨てるのは日本であれ、韓国であれ、やめましょう。 本日はオープンデイ、これから来客、そしてお昼です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3162 韓国のタクシーのこと

121

 最初はガイドブック片手でも、韓国の地方を歩く人が増えるのは嬉しいことです。でも、たまに聞かれるのがタクシーのトラブル。でも、やはり外国なのですから多少は違うことがあっても仕方ありません。誤解とか無知から生ずるタクシーの苦情が大半ではないかなと思っています。知人の技士ニム、11時から1時は稼ぎ時なので電話をしてくれるな、という人もいます。意味、わかりますよね。

 写真は馬山駅前。向こう側にタクシー乗り場が見え、客待ちの車が数台。先頭に近い技士ニムは車から出て「鎮海方面」だの、「金海!」だの、行きたい方向を言ってお客を呼んでいます。 運転技士さんが行く方向を決めるタクシーがあるようです。大体、ソウルのホテル前だって、長いこと待ってて近い距離だと拒否されたり、ガックリされたり、技士さんの気持ちもわかります。

 前に神戸で、大きな病院の前で客待ちしていたタクシーに乗った時、「兄ちゃん、2時間待ってたんやで!そんな近いとこじゃ、商売あがったりや。流してるのに乗ってくれんと。」なんて感じでずけずけ文句を言われて恐縮したことがありましたが、流石関西、率直だと思い、すみませんすみませんと謝りつつ関西空港へ行く船の乗り場まで乗りました。 韓国だって一緒です。駅前やホテル前、客待ちしてる車には遠慮が必要です。

 写真の話に戻りますが、こいつぁ、待っている車は載せてくれそうもないね。と思ったら少し先、この写真を撮った場所に数人のお客さんらしい人が集まっています。最後尾の親子連れに「ヨギ?? カカウンゴセカヌンテクシタヌンゴシエヨ?(ここが近くへ行くタクシーに乗る場所ですか?)」と質問。当たりでした。しかしびっくりしたのはその後、そのアジュマが、大声で「この方は外国人でらっしゃるので、乗せてあげてください」と、ちょっと順番を飛び越えて車のドアを開けて技士さんに頼んでくれたこと。親切すぎる行為はありがたかったけれど、順番を飛ばしてまで外国人旅行者を先に乗せる、、、やり過ぎなようにも思えました。周囲の人もしょうがないな、という感じで私を先に乗せてくれましたが、こちらが恐縮してしまいますよね。

 日本人だけでなく、すべての外国の人に親切にしよう、喜んでもらおうという運動が韓国ではあります。ありがたいと思います。観光客の多いソウルはともかく、こんな慶南の地方都市でもそんな扱い、、、田舎のベテランとしてもちょっと驚いた出来事です。

 韓国のタクシーは日本の3分の1か4分の1の料金。ガスの値段は同じくらい。大体1キロ1000Wちょっとです。法律に反していなければ何をやってもいい、日本人、そう思ってしまっている方が多いように思えます。お互い、気持ちよく、できれば、お互いに嬉しくなるような旅行をしたいものです。ちょっとうまく言えませんが、タクシー技士ニム、99%はいい人だと思うのです。基本は「近距離なら流してるタクシーを」です。やむなく、停車してる車の場合は「○○ガヨ?」と聞くのが韓国の常識だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事589 元祖奨忠洞ハルモニチプの包装

259 260 261 263

 私が韓国に関する本を集め始めた20数年前からの有名店、東大入口はチャンチュン洞の老舗で、チョッパル大40000Wの包装を頼みました。皮の部分が多めで、かつ一つ一つの筋肉が小さい前足のほうが美味しいことを知っているので、特、大、中、それぞれの肉の構成について質問したら、ここはそれぞれ取り交ぜて、ということでした。それじゃぁ、量は多少少なくても前足(アプタリ)を多めにお願いしますと注文。レジのアジュマが切ってくれるアジュマに、笑いながら「このお客さん、美味しい所をわかっておられるので、お願い」と言ってくれました。

 広い店内、夕刻でもあり、ほぼ満席。できれば温かいうちにその場で食べたかったのですが、大昔から何度か泊めてもらっているハルモニのお宅に土産にと思っての包装でした。さて、前回の孔徳市場の宮中チョッパルも美味しかったし、韓国でも最も古く有名な店であるここのはどうかな?と期待して移動を開始しました。でも、偶然にも、そのお宅のお孫さんが額をぶつけて怪我をしてしまい、急患センター(応急治療室)へ行くという話になり、久しぶりにお会いした挨拶だけで、この4枚目の袋はそのまま差し上げただけ。もう一度、今度は鐘岩洞のホプ持ち込みで、この店の豚足、食べてみたいです。

 先日、日本の新潟のちょっといい店へ行った際、カニの目利きでは新潟一というご主人の話を聞きました。「カニは冷蔵庫へ入れたらおしまいだ」、とのことです。生きているのを茹でるか蒸すかして、その場ですぐに、ということです。後で食べるからと言って茹でたのを冷蔵庫に入れるだけでも味が落ちるそうです。 ちょっとこれには賛成。前に世話になった柏崎の先生の、「蟹は生きているのを自分で確認したものでないと食わない」という持論同様、当たっていると思います。蒸したての本ずわいを食える韓国、このチョッパルも冷蔵庫へ入れたらお終いなのではないかな?と予想する私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3161 ソウル早朝散歩 鍾路2街から鍾路3街へ

204 205 206 207 208 209 210 211 212

 タプコル公園正門前から鍾路3街のほうへ歩きます。2枚目はソウルの伝統ある外国語学校である、時事YBMのビル。英語はじめ、日本語、最近では中国語、韓国の人、外国語の勉強が盛んというか、沢山の人がいろんな外国語学校へ通っています。時には出勤前の1時間だったり。アメリカ人も勤勉な人が多いですが、韓国人も一緒。勉強する人はすごいですよ。

 3枚目は派出所。最近では治安センターという名前のところもあるようです。ちょっと大きい所は地区隊だったりするのかな?まぁ、韓国、あちこちで警察の人がいますし、地下街やビルでは自前のガードマン(たいていは割合高齢)も多いので、治安に関する不安はあまりありません。

 7枚目は有名な高麗ニンジンの店。正官庄でしたっけ?お金のある人など、かなりの金額を日頃の高麗人参につぎ込んでいます。信じて飲めば効く、そんなふうに思っています。8,9枚目はもう3街近くのあたり。夜中までモテルでテレビを見ていてもついつい早起きして歩いてしまう韓国、元気をもらえる国のように感じています。もう30分か1時間もすればどんどん人や車が増える鍾路の朝の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

2011年2月21日 何故か寒く感じる今年の冬

024

 写真はミノウラ製のつっぱり棒タイプの自転車ラック。2階にある私の部屋に自転車を置くつもりでしたが、流石に壁が汚れる可能性が高いため、チネリは玄関に。ということでデイパックだのヘルメット、帽子だのを置く場所になっています。

 昨年に続き、今年の冬も新潟市付近、天候が悪い日が多かったことと、1月中旬の足の捻挫でほとんどと言っていいくらい自転車に乗っていません。さらには前記の怪我のため、車での通勤が多かったので、完全に運動不足でしょう。幸い、酒の量が減ったため、そんなに肥って、ということはないのですが、何だか寒いのです。 2月になって雪の降る日も減り、割合暖かい日も増えてきましたので、若い人は真冬とは違う、薄めのジャンパーやジャケットで歩いていたり。でも、私はまだ真冬と同じ服装です。

 もしかして??と思い当たるのは「トシ」のこと。たまに行くスーパー銭湯、日帰り温泉などでも、脱衣場で観察すると冬の季節、お爺ちゃんは例外なく股引を履いています。日中も零下の韓国へ行く時だってももひきははかないぞと心に決めている私ですが、なんか、そんなじいちゃんの気持ちがわかるような気もしてしまってます。老化により同じ気温でも若者に比べ、より寒く感じてしまうという変化が自分にもあるとすれば、ちょっと困ったことです。

 もう一つ、できればこっちを信じたい仮説が運動不足です。上記のように、天候、そして脚の怪我でほとんど自転車に乗らない生活が2カ月にもなってしまい、身体の筋肉が減ってきてしまった可能性があります。脂肪を燃やすのも筋肉、そして熱を出すのも筋肉です。運動をしない期間が長引く→筋肉が減る→寒く感じる、そんなのもありそうです。

 昨年の冬まではこんなはずじゃなかった私。先週から自転車での通勤をスタートしました。もう少しで春。通勤だけでなく、休みの日の積極的なサイクリングで、また冬でも寒くならない身体に戻せたらと考えています。

 本日は午後からの仕事の日。かなり忙しい日になりそう。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事588 KE764便、763便 機内食

032 034 363 364

 1、2枚目が新潟発ソウル仁川空港行き、764便、3、4枚目は仁川空港発新潟行きの763便の機内食です。行きはビーフシチューご飯、帰りはタッカルビご飯(勝手に命名)でした。後者は唯一、ニンニクが効いてるメニューかもしれません。あとは、後者ではタクアンの細切りか、写真にあるオイチャンアチ(きゅうりの漬物)、そして生のパイナップルが付くのが違う点。朝と夕方の違いかもしれません。飲み物くらいのサービスでいいから1000円安くしてほしい、個人的にはそんなふうに思っています。まぁ、昔の冷たい食事よりはよくなりましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3160 どんどん進む線路の改良?

094 095 096 097 098 099 101 102 104

 鉄道に興味が無い方には面白くないテーマですが、12月中旬からKTXが馬山まで走るようになり、3時間ほどで行くことができるようになりました。ソウル駅から東テグまで走り、そこで前よりの10両か8両?それくらいが在来線に入り、密陽経由で馬山まで行きます。

 1枚目は密陽を過ぎたあたり。ミリャンも歩いたことがありますが、川の町、水の町という感じで、ゆっくり滞在してみたくなりました。2枚目が三浪津の慶全線分岐。このあたり、やはり新線に付け替えられている部分が大半で、並行する旧線の築堤があちこちで見られます。

 鉄道が高速で走るには、高架化、複線化、電化、そして直線化が必要なのでしょうが、速さだけの追求、車窓風景も楽しみたい日本人観光客にはマイナス面も多いように思えます。翌日乗車した釜山から新慶州経由の専用線もほとんどがトンネルでした。日本でも新幹線開業とそれに並行する在来線の問題がありますが、もともと鉄道の本数が少ない韓国、主役はバスですので大丈夫なのかもしれません。

 6~9枚目は昌原中央駅。この駅も新しい路線の新しい駅のよう。90年代後半に、初めて乗った時には腕木式の信号機も残っていた慶全線も大きく変わってきています。また地図を買わないといけなくなりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して3159 朝の鍾路 タプコル公園前

195 196 197 198 199 200 201 202 203

 昼間はたくさんの観光客、そしてタプコル公園に集う爺ちゃんたちで賑わうこのあたりも朝はがらんとしています。文化財の類も多い公園ですので、夜中は入れないのですね。広い歩道に鍾路警察署のパトカーが置かれています。人通りの少ない時間なのでケンチャナヨなのでしょう。韓国のパトカー、これは2000ccのソナタですが、1600cc、1800ccクラスの小型車であることがほとんどです。日本のパトカーは何でクラウンが多いのでしょう?税金の無駄遣いという意見が出てもおかしくないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

普通の韓国を探して3158 釜山 西面 チェロモテル 40000W

174 175 176 177 178 182 179

 釜山の繁華街、西面。ロッテホテルの南に広がる歓楽街にあるモテルに泊まりました。40000Wです。大都市で、ど真ん中、まぁしょうがない値段でしょう。5、6枚目、わざわざ撮影しましたが、ベッドのマットがずれないように飛び出した部分が脚の側=テレビの側にあり、数センチですが飛び出しています。韓国の家具類、ど派手なデザインだの大きさだの、ちょっと理解できない趣味の物にたまに遭遇しますが、この飛びだした部分、はっきり言って邪魔です。テレビを見るのに座る部分でありながら、堅い分厚い合板がつき出ているので一晩の滞在で数回、尻だの脚だのをここにぶつけました。

 4枚目は釜山のマッコリ、「センタク」。7枚目はエレベータの中にあった注意書きです。愛玩動物禁止はわかるけど、モテルの部屋でカセットコンロを使う人がいるのが韓国なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事587 冷麺は別腹 そんな言葉ありましたっけ?

360 361 362

 新潟へ行くKE763便は夕方18時の出発、最終日も時間はゆうゆう、のはずなのですが、個人で行く時はどうしても早めに空港へいってしまう癖があります。重荷から早く解放されたいというのが第一の理由かも。たまに一人部屋割り増しで紛れ込む団体の時にはソウルの宿を2時だの、2時半、そんな時間ですので、かえって時間を有効に使える感じです。

 テレビを遅くまで見ていて、ちょっと寝坊、もしくは二日酔いで朝飯が遅めになると昼飯も遅めに。となると空港でってことになり、この日は出国後に水冷麺を食べました。出国後のゾーンに、ビョクジェカルビの店があります。カルビもあって、でも、焼いて出てくるタイプだそうですが、なかなか美味しいらしい、という話を耳にしていますのでそこで冷麺をと思って行ってみました。すると、食券売り場のアガシが「ちょっと待ってください。冷麺できるかどうか、聞いてみます。」とのこと。食堂内の無線電話で問い合わせると冷麺は今はダメとのこと。時間は2時過ぎです。もしかして、大鍋に機械で生地を絞り出す、ちゃんとした冷麺だから、お湯を落としてしまうとできない、そんななのかもしれません。

 しかし冷麺食いたいという気持ちは収まらず、通路の反対側の、こちらはもう少し安いフードコートへ行ってみたら、ありました。細かい氷が浮いたスープにひたされた堅めの麺。するする入ってくれます。牛肉スープとトンチミ(大根のムルキムチ)の汁の配合もちょうどよく、美味しいおやつみたいになりました。ぺラッと入ってるスユクもなかなか美味しかったけど、、、やはり次回はビョクジェカルビで食べたいなと考えています。

 この高級カルビ店、ポンピヤンという名前でやや安めの価格設定のレストランもやっているようで、空港の店も、そのクラスかもしれません。また、空港鉄道ソウル駅の地下5階、改札のあるフロアにもポンピヤンが入っています。カルビと冷麺のセットで、確かソウル駅は33000W、空港は35000W。ちょっと高いけど、ビョクジェカルビのお手並み拝見、というところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月13日 - 2011年2月19日 | トップページ | 2011年2月27日 - 2011年3月5日 »