« 普通の韓国を探して3598 韓国あっち行ったりこっち行ったり | トップページ | 普通の韓国を探して3600 行きつけの店 幌張馬車 »

2012年1月16日 (月)

普通の韓国を探して3599 경기도 파주시 광탕면 용미리석불입상

364 366 368 370 371 374 375

 京畿道パジュ市広灘面龍尾里石仏立像というタイトル、90年代にソウル以外を歩き始めた最初の頃に訪問した場所、10数年ぶりに行ってみました。

 昔は仏光洞の小さなターミナルから小さなバスで行ったのですが、今はソウル駅からも直行、ブルーボスの703番1本で行けます。一応、技士ニムに「ヨンミリ石仏立像のところで下ろしてください」と頼んでおいたら、お寺の真ん前が停留所です。ほとんど覚えてない林の中をお寺へ上がり、さらに左上の方へ階段を上ると見えてきます。

 こういうのでも磨崖仏というのかな?自然の石に胴体というか衣を線状に刻んだ上に別に作った仏さまの頭を載せてあるのです。

 まずは一回りしてぐるっと見てからお参り。2枚目に見える石の壇上のお参りする台は石でできていますので靴を脱ぐととても冷たく、手早くお願いしておきました。今でも大したことないですが、韓国の石造物、石塔やら石仏に興味を持つきっかけになったのがこの龍尾里石仏だったと思います。

|

« 普通の韓国を探して3598 韓国あっち行ったりこっち行ったり | トップページ | 普通の韓国を探して3600 行きつけの店 幌張馬車 »

コメント

ソウルから近いところにいいところたくさんありますね。この仏像は面白い作り方ですね。普通磨崖仏は岩に画いたように彫ってありますがこれは頭がしっかり外にでてる感じです。いいですね。行ってみる価値ありそう。面白い!

投稿: かがり | 2012年1月17日 (火) 12時43分

コメントありがとうございます

 ソウル駅から市内バス1本。1時間もかからないでリスが遊ぶ山の中のお寺へ行くことができます。小さな峠を越えるとこの石仏、遠くからでも見えるんですよ。ほとんど歩かないでいいし、天気のいい日の手軽な遠足にいい場所だと思います。その割に行ったという話はききませんが。
 
6枚目の写真にあるように、頭の部分は後から運んで置いたもの。でも、重機など無かった大昔、やはり宗教のありがたさ、信仰の強さを感じる石仏です。

投稿: おとう | 2012年1月17日 (火) 16時23分

こんばんは。面白い石仏の紹介、ありがとうございます。私は興味があると言うより、大きな石仏を見るのが好きです。ただただ、すごいな~、不思議だな~って眺めるだけなんですが。。これも、是非見てみたいですね。それにしても、男女の仏陀??というのは珍しいですよね?

投稿: mizue | 2012年1月17日 (火) 20時03分

こめんとありがとうございます

 前にここでも紹介していますが、有名になった全南雲住寺(運舟寺)の臥仏とともに、夫婦寄りそった珍しい石仏です。前のコメントにも書いたように、ソウル駅から市内バス1本。周囲に他の名所が特にないからからもしれませんが、あまり知られていないようです。

投稿: おとう | 2012年1月18日 (水) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/53752587

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3599 경기도 파주시 광탕면 용미리석불입상:

« 普通の韓国を探して3598 韓国あっち行ったりこっち行ったり | トップページ | 普通の韓国を探して3600 行きつけの店 幌張馬車 »