« とうちゃんの自転車日記542 富山へ行って来た4 | トップページ | 2012年2月1日 大雪です、新潟市も »

2012年1月31日 (火)

普通の韓国を探して3623 歩いているだけで愉しい韓国の普通の町

206 207 208 209 210 211

 韓国と日本、とてもよく似た二つの国です。近代化の時期に一時的に日本が支配していた残念な圧政の時代があったので、当たり前かもしれません。光復後、これまた残念な韓国戦争があり、日本にとってはブースター効果、せっかく自由を得て立ち上がろうとした韓国にはまたも挫折の出来事でした。その後、70年代、80年代、韓国もがんばって発展、そして私の知っている90年代、2000年代があるのですが、街の建物とか家の建物の好み、やはり違うなぁという部分がけっこうあります。普通の韓国の街歩き、ただそのまんまで楽しい、そういう場所がたくさんあります。

 今回の6枚はとある地方都市。少し続けて紹介するつもりですが、ただ街を歩くだけでも楽しい、そんな場所の一つです。どこだか、わかるかな?看板とかに地名があるかもしれませんね。今回は写真をそのまま、お楽しみください。

  4枚目、塩辛専門店の並ぶ通りでしたね。大ヒントになってます。

|

« とうちゃんの自転車日記542 富山へ行って来た4 | トップページ | 2012年2月1日 大雪です、新潟市も »

コメント

1,2枚目のお家、ガウディーも顔負け?^^
中を見てみたいです^^
木も自由に育って、その木も切らずにそのままにしているおおらかさ(?)が韓国らしいですね?^^

投稿: こゆみ | 2012年1月31日 (火) 21時41分

 いいでしょう。このお宅。

 頼まれた建築業者の方も腕を振るっての力作という感じです。そんな遊び心、韓国のがたくさんだと思うんですよね、うん。

投稿: おとう | 2012年2月 1日 (水) 08時07分

こんにちは
日本海側の大雪ニュースが連日報道されておりますが お住まいの辺りはいかがですか?!

この数日の間に2回ほど2月19日のブログへ投稿しましたが未掲載でしたのでこちらへお邪魔いたしました

愛猫は3年前天国へ旅立った愛犬の誕生日を待っていたかのように1月29日早朝旅立ちました
悲しみも寂しさも生きていればこそ!と踏ん張りどころです

上の写真は木浦ですか?!

東明洞の文字と電話番号から検索してしまいました
木浦未体験ゾーンの木浦で興味深い私です
毎年「海割れ」の時期になると‘今年こそは!’と珍島に絡めて木浦を訪ねるつもりでいるのですが中々タイミングが悪いままです

今年は・・・行けたらいいな~

投稿: remo | 2012年2月 1日 (水) 14時13分

 はい、木浦です。旧港の魚市場から裏に出て、歩いたことのない古い街を通って駅へ向かう道です。港の裏、1,2,6枚目の階段の上のタルトンネは前々前回くらいに歩いていましたが、その西側の町になります。

 珍島、なんでしたっけ、本にもなっている郡庁にお勤めの日本人花嫁アジュマのブログがあります。私もメールでいろいろ教えてもらっています。あ、ケイコさんだったかな? 大きな佐渡のような島。金骨山だったかな?珍島邑に向かう道でもすばらしい岩山と中腹のお寺があったり。泊まって歩く価値がある場所だと思います。もちろん、木浦市もです。

 昔、橋がなかった時期に渡し船で渡っていった時代の港、碧波港経由で船で行くのもいいですよ。バスは船の到着時間に接続しているとケイコさんから教わりました。

 休日の5時、あちこちの除雪で疲れたので、ビールが身体にしみます。

投稿: おとう | 2012年2月 1日 (水) 17時00分

ビール美味しいですか( ^ω^ )
お疲れさまでした! 今年は大雪で大変でしょう?!

木浦も何度か行かれているのですね
木浦も魅力的な所なのですね(゚ー゚)
私はソウル・テグ・安東・慶州・釜山・順天・光州・ワンド・青山島・大田・全州・清州・天安・三陟・江陵・束草・春川を周りました(^-^;
韓国の隅々まで行ってみたいと思っていますが、次回は釜山を起点とし鎮海・麗水・珍島・木浦・群山と韓半島を海沿いに辿ってみるつもりです

投稿: remo | 2012年2月 1日 (水) 19時28分

コメントありがとうございます

 ゆっくり歩けるお時間があることがうらやましいです。

 当地からは釜山行がなく、金浦時代はすぐに国内線に乗り換えて慶南、慶北へというスタイルの旅行もしていましたが、どうしても慶南の海沿いは手薄です。今やいろんな方が韓国の田舎を歩いている時代、いくらでも情報はあると思いますが、あえてそんなのを外すのも一興かと思います。時間があれば船を使うのも面白そうですね。

 木浦はほんと、いいです。家からですので写真はまた今度になりますが、是非とも訪問してみてください。

投稿: おとう | 2012年2月 2日 (木) 13時13分

こんにちは(^_^)

私などやっと韓国の入り口に立てたかな?って程度だと思ってます(^^;;
韓国~奥が深いなぁ~(^O^)です

20年前からウリナラを旅されてこられたたかとうさんが羨ましいです(^_^)

田舎…いいですね‼
近年は仁川又は金浦到着後地方へ向かう高速バスに飛び乗る旅ばかりです
行った先々でモーテル泊なので気楽なものです(^^;; サウナ泊りもアリです

船旅も興味深いです‼
常に時刻表とにらめっこで船もとっても気になっているので、次は船で…と思います♪(´ε` )

色々教えて下さい(^_^) m(_ _)m

投稿: remo | 2012年2月 2日 (木) 15時08分

 船には注意が必要です。

 古い記事で書いたかもしれませんが、群山に泊まって朝の渡し船で長項、汽車で保寧まで行ってバスで大川港。さて、そこから船で安眠島へと時刻表でもくろんでいたのですが、バスや鉄道と違って韓国の船の時間、本数、ころころ変わるのです。それに時刻表も月遅れでしょう?最新のを持っていても違っていることがあります。

 まぁ、誰もいない港で数時間船を待つのも一興と言えば言えますが、季節ごとの本数が変わりやすい船の便、注意が必要です。

投稿: おとう | 2012年2月 3日 (金) 11時25分

情報有難うございますo(_ _)oペコッ

2007年6~7月のブログで船のこと書かれてありました

なるほど!!

そうなんです
ご察しの通り2010年4月号を大切に使っています
初めてソウルを飛び出す時に江南のバスターミナルで買った物なんです
その時は4週間かけて地方を周りました
行った先々の些細な事もこの本に書き込んでいたので 時刻は基より再訪の際にも重宝でして・・・(笑)

時間の制約なしに旅する私には手放せなくなってます(苦笑)

韓国の空の下で息を吸っているだけでも幸せで
仰るように待ち時間も楽しくて苦になりません(笑)

船での移動!
挑戦したいです!!(^o^)


投稿: remo | 2012年2月 3日 (金) 16時05分

 2000年前後までは、韓国の汽車の時間、あまりダイヤ改正をしなかったのか、古い観光案内の本などでは汽車の時間が掲載されていました。KTXの部分開業を控えて、線路の付け替え、また、複線化、高架化、電化が行われたため、2002年頃からはどんどん時刻表も変わりました。

 できれば次回、行ったらソウルに一度入って新しい時刻表を買うとよいでしょう。古いのとぜんぜん違ってると思いますので。

 今日は雪のせいでの変更、インフルエンザでの変更があり、あと1人。また降りだした雪の中、歩いて帰ります。明日が忙しいので早く寝ないと。酒も控えめにします。○○さん、早くきてくれないかな。

投稿: おとう | 2012年2月 3日 (金) 18時47分

はい!
次回は思い切って(笑)新しい時刻表を買ってみます(*^-^)

ひょっとして、たかとうさんは「トンイル」に乗られたことおありでしょうか?!
<古い観光案内の本には~>で思い出したのですが、1989年の自由自在・韓国(観光案内本)には、たかとうさんが仰られた交通機関の時刻表が掲載されてます

何気にこの本の時刻表を眺めてましたら「トンイル」なる汽車を発見(驚)

確かに手元の時刻表には仁川ー金浦やKTXの新開通区間の掲載ありません(汗)

韓国~イケイケドンドンですね( ̄ー ̄)ニヤリ


投稿: | 2012年2月 4日 (土) 00時23分

昔は
セマウル>ムグンファ>トンイル>ピドゥルギでした。最初の頃の記事に麗水駅あたりのピドゥルギ号の写真もありますので、ご覧ください。日帝時代の木造客車でした。

投稿: おとう | 2012年2月 4日 (土) 10時03分

トンイル・ビドゥギル(+ +)

やっぱりたかとうさんってスゴイです!!

最近、ブログが楽しみでなりません(^o^)

はい(^o^)
もう一度最初から過去のブログを読ませていただきながら たくさんのことを勉強させていただこうと思います

麗水のところでまた似たような質問してしまうかも知れませんが宜しくお願いいたします(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

投稿: remo | 2012年2月 6日 (月) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/53867725

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3623 歩いているだけで愉しい韓国の普通の町:

« とうちゃんの自転車日記542 富山へ行って来た4 | トップページ | 2012年2月1日 大雪です、新潟市も »