« 2012年1月13日 おはようございます | トップページ | すばらしい韓国の食事644 木浦魚市場でヨンポタン »

2012年1月13日 (金)

普通の韓国を探して3594 仏光洞 ソウル西部バスターミナル

310 311 313 312 314 315 316 317 318

 ソウル、3号線仏光(ブルグヮン)駅の北にある小さなバスターミナル、90年代のガイドブックにはしっかり載っていました。90年代の後半、ここから広灘面の龍尾里石仏を見に行ったことがあるのですが、もう一度同じ道をたどってみることにしました。

 鍾路3街から3号線、仏光駅で降り、構内の周辺地図でターミナルをみつけ、その方向の出口に出ます。あまり変わっていない雰囲気で、記憶をたどって歩くと、すぐ1枚目、わかれ道の間の三角形の敷地のターミナルがありました。コンクリート製のバス乗降場が古びた感じ。また、昔に比べバスも人も少ない感じです。

 各柱に掲示してある行き先表を見て広灘面方面のを探しますが、なかなかみつかりません。そこで、とあるバスの技士ニムに尋ねるとここじゃなく大通りの島式停留所から703番に乗れという指示。路線というか系統が変わったようです。言われた通り横断歩道を渡って停留所へ行くと、703番、ソウル駅から出るけっこうな幹線バスのよう。配車間隔も15分だか、かなりの本数があるので、先に朝飯を食べることにしました。

 2枚目以降、ちょっと寂しいブルガン洞のターミナルの今の様子です。この後703番に乗って思ったのですが、ブルグヮン洞の先の津寛洞だののほう、再開発ですごくアパートが増えています。ソウルが郊外まで広がってきたわけで、それに合わせて小さな京畿道のバスではなく、幹線市内バス(ブルーボス)の路線として703番ができ、ソウル駅とこの仏岩、さらには広灘面、パジュ方面まで走っているのでした。便利になったものです。そのせいで、このターミナル、あまり重要でなくなってしまっているようでした。

 古い時刻表を見ると、ちゃんとソウル西部ターミナルとして掲載されていて、行き先は少ないながらソウルの北西部へのターミナルだったのが、まさに隔世の感というやつです。

|

« 2012年1月13日 おはようございます | トップページ | すばらしい韓国の食事644 木浦魚市場でヨンポタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/53728222

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3594 仏光洞 ソウル西部バスターミナル:

« 2012年1月13日 おはようございます | トップページ | すばらしい韓国の食事644 木浦魚市場でヨンポタン »